〒732-0052 広島県広島市東区光町1丁目11-5 チサンマンション306

営業時間

10:00~19:00 完全予約制
(電話受付時間は10:00~17:00)
土日も診療、当日予約も可能

お気軽にお問合せ・ご相談ください

082-264-7724

院長あいさつ

院長 岩崎和彦(いわさきかずひこ) 

昭和46年9月生まれ(50歳) 大阪市出身

・日本では明治鍼灸大学卒

・中国では上海中医薬大学卒

鍼灸の技を深く学ぶために2つの国で学び、それぞれのいいところを混ぜ合わせ臨床をおこなっていましたが、中国から代々家伝で伝わってきた董氏楊氏奇穴にであってからは今まで学んできたものがさらにレベルが上がった臨床ができています。

ごあいさつ

皆さん、はじめまして、松鶴堂(しょうかくどう)鍼灸院の院長 岩崎和彦 です。

このページでは簡単な自己紹介や、鍼灸師になったきっかけ、どのような鍼灸院を作っていきたいのかなど書いてみたいと思います。

まずは私の資格と経歴と特技についてです。

資格 

鍼灸学士(日本の明治鍼灸大学を卒業して取得しました)

中医師(中国の上海中医薬大学を卒業して取得しました)

上海中医鍼灸学会認定証(卒業後さらなる研修を続けたことが認められました)

分子栄養医学(NBM1~3の全課程修了し卒業)

ほかにも、気功や整体などの資格も持っています。

経歴 

尼崎病院東洋医学研究所で2年、鍼灸師として働いていました。中国留学と開業が目標でしたので勤めていたのは2年のみです。医師や薬剤師さんたちと一緒に働けたのは良い経験になっております。

特技 

今から3年前に、中国の家伝として伝わってきた董氏楊氏奇穴治療に偶然出会うことができて、

それからは、米国などでは有名だが、まだ日本では使い手が少ないこの技術に心奪われ、今まで持っていた技術・理論をすべて捨てて、没頭しております。

元々の性格が何か一つをやり遂げたいという思いが強くて、現在は仕事はそこそこにしながら、この治療の学習と研究と翻訳に時間をかけて学び続けています。

また、分子栄養医学・ライフスタイル医学に関しても強い興味を持ち医師からも学んでおります。

治療では董氏楊氏奇穴治療を、生活指導には分子栄養医学+ライフスタイル医学と、この2つを柱にして学び続けていきたいと思っております。

日本での国家資格

はり師

きゅう師

日本と中国の大学の卒業証書

明治鍼灸大学卒業証書

上海中医薬大学卒業証書

上海鍼灸学会会員

どうして鍼灸師になったのか

少し私の鍼灸師を目指したきっかけを話したいと思います。

幼少時から柔道をやっていまして、肘を怪我したときに鍼灸院に通って鍼を受けていたことが、鍼灸というものがあることを知ったきっかけではありました。

高校3年にて、あるきっかけでプロ野球のトレーナーさんと話す機会に恵まれその当時、特にやりたいことなど何もなかったのと、漠然と手に職をつけて何かに没頭したいという気持ちや、サラリーマンとかでなく自営業に強いあこがれを持ち、正直、学ぶことや将来の仕事などは何でもよかったというのが、鍼灸大学にはいったきっかけでした。

ここまではいわゆるやる気のないタイプの高校生だったって感じですが、大学に入ってからは少しづつ変化してきます。どうせするのならとことん鍼の世界を追求したいと考えてました。

そこで卒業後は中国に修行に行くことにしたのです。どうせいくのなら大学で学びたかったので専科生に入学しました。

今となっては良い選択をしたと思うのですが、その当時はまわりからの意見も厳しいものでした。いってどうなるんだ?そろそろ働くべきでは?親のすねをかじるのはやめたら?中国で資格を取っても日本では関係ないよ、などなど。

いろいろあったのですが、時間のあるうちに、いけるときに行っとかないとということで行かせていただきました。両親には感謝しております。

中国に行ってから、同じ同志とともに学んだおかげで、多くの友人にも恵まれました。帰国後も中国にいた時と同じ思いで、鍼灸を学べていますし、今年で50になりますが、まだまだ気持ちは中国留学時当時のままで、さらに鍼灸の奥深さを学びたいという思いは消えないですね。

鍼灸師になったきっかけは何もしたいことがなかったからでしたが、鍼灸師になってからはより上の鍼灸師を目指すために、より多くの鍼灸の良さに気づくために、そしてその決して答えのない学びを探求するためにになりました。

 

NBM(分子整合栄養医学の学び)卒業証書

野口医師から

野口医師から栄養・睡眠・運動・入浴・呼吸など日常生活の養生を学びました。

NBM基礎・応用コース

分子整合栄養医学の学びのほかにも、自律神経や免疫や血流や代謝などの学びもありました。

NBMマスターコース

各種内臓の働きや、ホルモンなど、鍼灸とも関係の深い機能的生理学のお話を学びました。

大切にしていること

大切に思っていることとしては、無駄な施術はしないということです。わざと施術を長引かせたり、回数券を買ってもらったり、予約を強要したりなどは致しません。

そのためにより強力な施術法である董氏楊氏奇穴を取り入れたり、自宅で自分でできるように生活指導を強めるため分子栄養医学やNBM、ライフスタイル医学を学んできました。

元々東洋医学は予防の医学であり、その方に必要な施術をすると最後まで見なくても、あとは自分で治すことができるよう自然治癒力、免疫力を強化するのが目的だからです。

施術には多少の痛みを伴うかもしれません、また養生も好きなアルコールやタバコなど控えなくてはならないかもしれません。それを実行するかどうかもこちらは強要しません。

ただ、意味のない施術はできるだけしたくないと思っています。経営面としては何度も通っていただくのはいいのかもしれませんが、それよりも患者さんが自立して自分で考えそして自分で治すことができるそういう手助けをしていきたく思います。

ですので、なるべく早くの卒業を目指して施術を行い、そして1~3か月に1度の定期メンテナンスをしていただく事を目標にやっていきたいと思っています。

当院での施術が難しい状態であったり、鍼灸だけでの回復が難しそうな場合は、漢方医やオーソモレキュラー認定医院やサプリメントまでご案内したいとおもいます。

施術だけでなく、その方に合ったほかの方法の提案なども積極的にしていきたいと思います。

 

ご来院をお考えの方へ

当院で治療をして症状が1度で収まったとしても、まずは3回通っていただけれることが理想です。

そのなかで症状を改善したり、原因を突き止めたり、効果を実感していただいたり、その方に合った刺激量などを探していきます。

早ければ1度でも見つかるケースもありますし、3回では足りない場合もあるのですが、3回受けていただく事で何かしらの可能性には気づいていただければそのまま継続していただけたらと考えております。

その後は患者さん自身が満足できる状態になるまで継続していただき、早いからで3回、普通で5~6回、多い方で10回くらいが基本です。

そしていったんは治療卒業をおすすめします。

以前と比べて自分の体がどれだけ変化したか、どれだけストレスなどに適応しているか?など感じとってください。それによってメンテナンスが必要かどうかもわかるはずです。

そして問題のありそうな場合には1~3か月に1回の定期メンテナンスをお勧めしております。東洋医学はもともと予防医学であり、体質改善の医学です。

症状が緩んだとしても原因が改善していなければ再発するかもしれません。

ぜひ、そういう方には治療終了後には定期メンテナンスをおすすめしております。もちろん治療終了後に完全に回復される方も多いはずです。そういうケースではメンテナンスの必要はありません。

何かあった時にまた早めに来院していただけたらと思っています。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご予約

082-264-7724

<営業時間>
10:00~19:00
(電話受付時間は10:00~17:00)

LINE・フォームは24時間受付です。お気軽にご連絡ください。

松鶴堂鍼灸院

住所

〒732-0052 広島県広島市東区光町1丁目11-5 チサンマンション306

アクセス

広島駅新幹線口から徒歩5分
駐車場:ウオンツの斜め前、沖本眼科の横に大型駐車場あり(有料・25分100円)

営業時間

10:00~19:00 完全予約制
(電話受付時間は10:00~17:00)
時間外はLINEかフォームから