〒732-0052 広島県広島市東区光町1丁目11-5 チサンマンション306

営業時間

10:00~19:00 完全予約制
(電話受付時間は10:00~17:00)
土日も診療、当日予約も可能

お気軽にお問合せ・ご相談ください

082-264-7724

変形性膝関節症に対する鍼灸治療
(膝関節炎・鵞足炎・О脚・腸脛靭帯炎など)

何度も膝に水がたまることを繰り返してきたのに
急に水がたまらなくなり、よくなることができたのか?
それは痛みの原因を膝の関節のみに限定せず、
腰や股関節や太ももなど幅広く原因を追究したことにあります。

膝や股関節が痛い患者さんは中年以降の女性でよくみられます。
病院で治療してもその部分だけしか見ません。

でも膝や股が痛いのですが実はその部分だけが悪いの
ではないのです。腰やお尻や太ももやふくらはぎが
原因で痛くなる場合がほとんどです。

ですのでそこだけを温めたり電気を流しても痛みは
一向に良くはならないでしょう。
ですんで膝や股が痛い患者はどんどん増えていくだけになります。

それでそのままほっておいて年数がすすむと本当に関節が
変形して悪くなり水がたまったりしてきます。

こうなれば厄介です。治療もかなりの時間がかかります。
膝の痛みはできるだけはやくに治療を開始したい疾患です。
膝が痛いと動かない、だから太る、太るから軟骨が磨り減る、

磨り減るから痛い・・・

完全な悪循環の完成で膝や股の場合はなかなかこの
悪循環から抜け出すことはできません。

私たちの治療でも鍼灸を両方おこなわないとなかなか
治らなくなってきます。灸はせんねん灸でも良いのです。

またそのあとリハビリも大事ですからさらに回数もかかって
しまいます。膝を治したい場合はできるだけ早く治療を
開始することでしょう。

そしてリハビリをおこなえば完治する方も多いのです。
完全に治らなくなってしまって手術を宣告されるまえにぜひ
鍼灸治療を少しでも早くはじめてください。

そして痛みが治まれば当院のリハビリ整体をおすすめします。
それにより再発を防ぎ太ももの筋肉を鍛え、

完治に道ぶくことも可能でしょう。

膝や股関節が悪い方は実は腰やお尻も悪いです。
少しでも違和感がある時は一緒に腰の治療もします。

変形性膝関節症の具体的な症状とは

  • 1
    膝の痛みと水がたまること
  • 2
    立ち上がり、歩きはじめなど動作の開始時のみに痛む
  • 3
    痛みによって膝関節の動きがつらくなる
  • 4
    正座や階段の昇降が困難となる
  • 5
    変形が目立ち、膝がピンと伸びず歩行が困難になる

このような悩みの方が多く来られてます

  • 膝の軟骨がないからもう治らない
  • 膝が変形してO脚して歩くたびに激痛が出る
  • 何度も水が溜まっては抜くというのを繰り返してきた
  • そろそろ根本的に治さなくてはと思っている
  • 正座ができるようになりたい
  • ヒアルロン酸やサプリメントはしているが変わらない

当院に良くこられる膝痛の原因は

原因不明の筋肉性の膝の痛み(大腿四頭筋・大腿筋膜張筋由来のもの)がほとんどになります。
ひどくなれば変形性膝関節症で軟骨がすり減り水が溜まっている状態になります。
それ以外でも軽いときはスポーツなど使い痛みのようなもの、鵞足炎、オスグッド病、成長痛などだが、ひどくなれば、半月板損傷、膝靱帯損傷、膝離断性骨軟骨炎、膝蓋骨脱臼、腓骨神経麻痺など構造的な強い問題があることもあります。
不適応の膝の痛みとしては、疲労骨折、関節リウマチによる強い腫れ、大腿骨顆部壊死、痛風などがあります。当院でも年間に数例病院に直行してもらうケースもありました。

変形性膝関節症について

変形性膝関節症は加齢によっておこる膝関節の変性の疾患です。
65歳以上に多く発症しほとんどが女性の患者さんになります。

肥満体系の人が断然に多く病院においてもダイエットや
運動を強くすすめているのですが、それをすることで
かえってひどくなるという患者も多くなかなか一筋縄ではいきません。

患者さんそれぞれの膝の病態を把握しそれぞれのカリキュラム
を作成し治る手段を考えていきます。
治療や予防は1つではないのです。皆さん違います。

膝関節痛の特徴としては立ちあがりや歩行時に痛くなると
いう運動開始時痛です。なかなかはじめの段階では
ギックリ腰と違いじわじわと痛くなる傾向があり
筋肉がこわばったりつったり不快感を感じる程度で
ゆっくりと悪化していきます。骨の変形がはじまるとどこが痛いの
かがはっきり見えてきます。特に多いのが膝の皿周辺の痛みです。

内側が多いのですが外側の上あたりの場合も多いです。
痛みが悪化すると次は動かしにくくなります。
ひどくなると階段の上り下りに問題が出てきます。

正座ができないとか足を伸ばせないとかいう感じです。
またそれ以外の特徴としては水がたまるという事があり病院で
何度も水をとってもらっている患者さんも多いです。

当院でもよく水を抜いてくれという患者さんがきます。
鍼灸院では水はとれないので病院をすすめているのですが
ほとんどの患者さんは水を病院で抜いた後に針治療をすることで
水がたまらなくなることがほとんどであそこにいけば水が
たまらんという感じで紹介していただいています。

ですので何も知らない患者さんが水を抜いてくれときて
少し困ることもあります。

 

膝痛のリハビリについて

さてなぜ針をすると水がたまらなくなるかですがもともと
なぜ水がたまるかを考えないといけません。

関節に炎症があるのでそれを冷やすために水がたまるのです。
つまり水は炎症を止めるので身体は治そうとして水が出るのです。
それを抜いてをくりかえすのでしまいには水がでなくなり
さらに変形し痛みます。ですので一度水を抜いたら
ほったらかしにしてもすぐに水がたまることが多いので
鍼灸治療によって関節の炎症をとり水を抜くのでなく
たまらなくすればいいのです。

それが針をすると水がたまらなくなるという原理になります。

そのあとには適度なリハビリを繰り返しながら、
鍼灸治療をしていく事で、傷の修復につながり
慢性的な炎症も沈静化していきます。

筋力が充実してくればいずれは完治というところまで行くと思います。
ただ、膝だけでなく、腰などにも問題がある方もいますし、
膝をかばって仕事するような場合はずっと繰り返すことが多いのも事実です。

 

膝痛の適応・不適応について

膝関節の変形など構造的な問題が発症してその変形の影響もあり
その周囲のバランスが崩れてしまいます。

それによってまたまわりがそれをかばったりすることでの影響により
関節痛などの症状が出ているケースだと感じております。

多いのが軟骨のすり減りになります。元々ある軟骨が
なくなってくることで神経を圧迫する可能性もありますが、

身体を支えることができにくくなるので、太もも・ふくらはぎが
つよくこってしまうという症状が出ます。また神経も過敏になるので、
足がしびれたり痛くなるということもおこってきます。

このような変形性膝関節は手術はしなくても治る可能性の
あるものとなります。

ですので大事なのは今出ている症状が、

1、膝の変形など構造的原因で出ているのか?

2、変形など構造的問題もあるがゆがみなどほかの要因もあるのか?

3、変形性膝関節症といわれたけど全く変形など構造的な原因がなかった

など、それを考察していく事が非常に大事な選択です。

当院で3回治療することで3の原因であれば完治する方もいるでしょうし、
2であっても症状の軽減は狙えるものと思います。

ただただ経過観察だけしている場合は、2・3であったばあいは、
早ければ何度か治療をしていると治っていたのに、
経過観察中に筋肉はやせ細り、さらに固くなってきて、
それが原因でさらに悪化し、手術をしたが、2・3の理由が
解決していなかったことで、症状が軽減することなく、
さらに悪化してしまうという方を何人か見てきましたので、
やはり何を選ぶとしても、鍼灸治療を早く開始するという
選択を選ぶことが大事なんだと感じております。

2,3の方の多くは軽い膝関節炎であったり、筋肉の委縮の問題であったりします。

 
 

どうして変形してても鍼灸が効くのか?

大腿四頭筋を鍛えると膝は痛くない?

膝の悪い患者さんの多くは大腿四頭筋が萎縮してしまい
膝関節を支持することができないのでさらに膝関節に
負担をして痛みが助長されます。

ですので筋力を鍛えれば膝の痛みは治ると考えて
トレーニングをします。ですが筋肉の不足もありますが
筋肉が硬縮している原因もありますので
硬くなった筋肉を鍛えることで筋肉が付着している骨の
部分が強い炎症を起こします。いわゆるそれが
膝関節周囲にあらわれます。ですのでまずは大腿四頭筋
の硬くなった部分や膝関節周りの炎症を取り除かないと
いくら運動をしても痛みがとれないということになります。

ですので針で硬くなった筋肉をほぐし灸で膝関節周囲の
炎症を取り除いた後である程度痛みがおさまってから
運動をはじめていくようにしなければなりません。

そうすれば完治への近道になることは間違いないでしょう
ですが変形のすすんでいる場合はまずは筋肉をゆっくり
鍛えていくことをおすすめします。それによってさらなる
変形を防ぐことができ寝たきりなどの予防にもなります。

多くの患者さんに寝たきりにならなくて
良かったという半分冗談のような感謝の声を
たくさんいただいております。

 

膝痛の鍼治療についての特徴

その方に合った刺激による鍼灸施術

軽い痛みや急性の痛みなどは普通に鍼治療をしていけば、普通に改善していくでしょう。早く治したいという要望がない限りわざわざ鍼に来る方も少ないとは思います。よほど鍼のファン患者さんでない限り、施術法はマッサージでも接骨院でも何を選んでも特に問題はないものと思っています。

ですが、頑固になってどこに行っても効果がないような膝痛で水がたまった状態にまでなってしまったら話は変わっていきます。当院ではひどい方には遠隔施術という、痛いところに直接打つのでなく、遠く離れた場所に打つことで痛みや腫れを緩和していきます。

 

董氏楊氏奇穴

強い痛みを抑えるためには鍼灸施術もレベルをあげてやる必要が出てきます。

当院は董氏楊氏奇穴という他院ではおこなわれていない特別な鍼灸施術があります。ですので本当に痛みや痺れで困っていてどうにかしたいとお考えの方は必ず院長の指名にてお受けください。

 

すいだま(カッピング)

慢性疲労の強い方や、膝の痛みなど痛みの強い方などに当院ではまずはすいだま(カッピング)をしてみて効果を確認してみることがあります。

ただ、かなり好みの問題もあります。皮膚のタイプによってはしないほうがいい方もいますので、気になる場合は事前にお知らせください。

また一度することで、効果もはっきりわかることから、2回目からはしない方もでてきますので、特に他院ですいだまをしたことがあり、そのときによくなかった経験のある場合はおしらせください。

膝痛を調整する養生指導

栄養・睡眠・運動・入浴指導

痛みで大事なのはやはり運動になってくると思います。多くのかたは痛みが強くて動かすことも、苦痛すぎる場合もあるでしょう。その場合は無理をしないである程度痛みが緩和してから勧めるケースもあります。痛みの強い場合は休息が必要です。仕事量などを減らしてまずは体の回復を待ちましょう。

そして回復後はもちろん自宅で動かしてもらいながら鍼灸を併用して回復が早くなるようにしていきますし、リハビリ鍼灸といってますが、もちろんそのほうが回復も早くなるし、施術回数も少なくなってきます。肩の拘縮がひどく動かない方は必衰になりますね。

 

ストレスやリラックスのバランス

痛みが強いだけでストレスは強くなることでしょう。じっとしていても痛い方はなおさらです。睡眠不足にもなりますし、薬も効かない方も多いです。

ですが、何か楽しいことなどしているときは痛みが和らぐという方も多いです。それに関しては調べておいて1日1回はストレスを軽減させ調子のよい時を作っておくのも大事になります。

 

漢方薬やサプリメント

痛みが強いときは薬も効くことが少ないかと思います。本当にひどい方はまずは薬の効きをよくするための施術も初めのほうでは必要になります。

鍼灸によって血流が良くなることで、薬の吸収が良くなったり、薬の代謝が良くなったりすることで、薬の良いところが残りますので効果が高まるのです。

もちろん体調も良くなっているわけですから、薬の効きが良いということは治っていく流れになっています。もちろん漢方薬も同じです。

 

膝痛の鍼灸施術の流れ

施術メニューの流れをご紹介します。

電話かLINEでお問合せ

まずは自分の痛みや腫れが鍼灸の適応かどうかの確認になります。もちろん緊急性の場合は病院へ行かなければならないのですが、ふだん感じたことのない初めての痛みや腫れや熱感であり、痛み以外にも吐き気やめまいなど変な症状も併用してたらまよわず病院へ行ってください。

もちろん技術としての対応はできるのでくるのはいいのですが、どのような状況かは必ずお伝えください。急いでなければ少し落ち着いてから来ていただくと間違いはないです。

女性患者さんの場合はできましたら膝の出やすい短パンなどを持ってきて
いただくと脱がれる必要もありませんので恥ずかしい方などは
必ず膝の出やすい短パンなど持参ください。

恥ずかしくない場合や男性の場合はタオルで隠しておこなっています。

もちろん女性鍼灸師も在籍しておりますので、膝痛がまだ軽度で
したら女性施術家をご指名いただきましたらと思います。

 

10分前の来院をお願いします

痛みの施術で来る方は、こちらとしてもなるべく痛みをとった段階で終わりたいので、時間的にしっかり余裕をもってきてもらいたいです。あらかじめ渋滞するかもと予測したうえで向かっていただけましたらたすかります。

 

問診・カウンセリング

鍼灸の適応なのか、適応でないのかを見極めないといけません。多くの場合は慢性であり、頑固なので、いろんなところに行っては検査したり治療されたりしているのでこちらも安心なのですが、まったくこういうところに来るのが初めての場合はしっかり見極めないといけないです。

もちろん必要であれば病院への受診を先にすすめることもあります。

 

鍼灸施術を始めます

目標としてはもちろんですが、痛みや動きの改善になります。ほぼ全員になりますが患者さんがうちに求めているのは痛みを取り除いてほしいということになるかと思います。

鍼灸という少し怖いと思われている方法に自分からくるわけですから、こちら側としてもしっかり結果が出てくるようにやっていきます。

 

施術後のご説明

痛みの施術はいろんなパターンを出します。多くの症状の軽い方は、そのままゆっくりと痛みが取れてきてそのまま治るでしょう。3回程度の施術で終了となります。

難しいケースではよかったり悪かったりを繰り返しつつも治ってきますので3~6回くらいで終了となるでしょう。どちらのケースでもいえるのですが、痛くなった原因も追究していきたいですので、少し間をあけながら終了を目指していきますし、治ってからも1~3か月に1度くらいのメンテナンスをお勧めしております。イメージとしては歯医者の歯石とりでしょうか。

さてもちろんですが本当に難しい方も来ます。なかなか改善もしにくいですが当院でおこなっている董氏楊氏奇穴なら改善の可能性もあります。10回以上かかるでしょうし、完全に治るかはわかりませんが試す価値はじゅうぶんあると思います。お試しください。

大事なことは、

とりあえず痛みの強いときは動かさないで安静にしてみる、
あせってリハビリして無理に動かすことで悪化する方も多く来られます。
痛みが落ち着いてから、リハビリをはじめてもらえればです。

とくに階段の上り下りや、正座をしたり、膝の痛みが出る姿勢をして
腫れが強まったり夜間痛が強まった方を多く見てきました。

強く動かしたい気持ちは置いておき、焦らずじっくり治せば治っていきます。

 

膝痛の鍼灸施術を利用された事例

激痛でいつも膝を触っていました

膝痛の患者さんから

膝の痛みとダイエットで通院しております。

最初は激痛で何時も手が膝を擦っておりましたが、今は気が付くと手が膝から離れてる事が多くなってきました。

 

運動を再開できそうです

膝痛の患者さん

辛い膝裏の痛みが、楽になりました。

ランニング中に痛みが出始めて以降、毎回痛みを感じるようになり、運動自体を制限するようにしていました。

針治療をして回復してきたので少しずつ運動を再開できそうです。

 

正座もできるように

膝痛の患者さんから

長年悩んできた腰痛と膝痛、治らないのかもと諦めていましたがとても良い状態まで回復しました。

出来なかった正座も、日常生活での様々な動作も楽に出来るようになりました。

 

かなり緊張しましたが、、、

膝痛の患者さん

仕事で移動する事が多く、慢性的である腰と膝が痛くて悩んでいました。治療院にほぼ行ったことがなく、かなり緊張してしまいましたが治療が始まるとリラックスする事が出来ました。

痛みの原因、今後の改善方法を詳しく教えてくださったので心強かったです。

 
 

涙を流し歩いた時も

膝痛の患者さんから

3年位前より右ひざより痛みが強く、バスの乗り降りもなかなかできなく治療に通いはじめて、普通に歩けるようになりました。当時は歩く時も涙を流し歩いた時もあります。まだ、痛みは多少ありますが、挫折せず治療に通った自分と、時間外にもかかわらず鍼治療していただいた岩崎先生に感謝しております。

 

,いかがでしょうか。

このように、当院の頑固な膝痛の鍼灸施術なら、社会復帰や早期回復などが実現できます。
施術に興味をお持ちの方は、ぜひお気軽にお問合せ・ご相談ください。

当院では膝痛治療を開業当初から得意領域に決めましてすでに
25年以上がすぎました。開業当初は結果を求めすぎて
強い刺激にての治療が多かったように思えます。

逆に若さか即効的治癒率も高かったような気がしております。
当時は太い中国針を多用していましてかなり効果はありましたが
その分効果がでなかったことも多かったように思います。

現在は修正に修正を重ねて改良をかさねできるだけ痛くなく弱い
刺激で早く的確に治すように心がけるようになりました。
即効を求めすぎて1~2度で治すことは以前に比べて逆に減り
ましたが確実に3回目以上の統計を見ると以前よりは効果率は
確実に毎年あがっています。5回以上来院されました統計では
さらにはっきりとした効果がでています。

患者さんも膝痛が治ったと、水が溜まらなくなったと、
驚くことが多いほどです。
治療家としては即効で治そうとする姿勢が大事なのはもちろん
ですがさらに大事なのは患者さんの状態をよく把握しそのかたに
あった治療法や治療期間を考えることも大事だと思うのです。

治療家と患者さんがすこし力を抜きどちらとも余裕をもって
治療をおこなうことで治療効果もあがるんだということが
経験をつむことで25年以上たってわかりました。

ただ自分にとって膝痛治療は生涯にわたる永遠のテーマ
であることに変わりはなく患者さんに喜んでいただけますよう
さらに日々臨床を深めていきたいと思っています。

 

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご予約

082-264-7724

<営業時間>
10:00~19:00
(電話受付時間は10:00~17:00)

LINE・フォームは24時間受付です。お気軽にご連絡ください。

松鶴堂鍼灸院

住所

〒732-0052 広島県広島市東区光町1丁目11-5 チサンマンション306

アクセス

広島駅新幹線口から徒歩5分
駐車場:ウオンツの斜め前、沖本眼科の横に大型駐車場あり(有料・25分100円)

営業時間

10:00~19:00 完全予約制
(電話受付時間は10:00~17:00)
時間外はLINEかフォームから