営業時間

10:00~19:00 完全予約制
(電話受付時間は10:00~17:00)
土日も診療、当日予約も可能

お気軽にお問合せ・ご相談ください

082-264-7724

慢性閉塞性肺疾患(COPD)・肺気腫の息切れと呼吸困難と止まらない咳、ひっかかる痰に対する鍼灸治療

止まらない咳や吐けない痰をほったらかし
にしていませんか ?
1度なってしまったらもう治らないものだと思われていませんか?ぜひご相談お待ちしております。

慢性の肺疾患には意外に鍼灸が効果的なことに多くの方が気づいていないのです。ほとんどの場合で効果を実感できます。鍼灸治療でまずは咳の回数が減り、痰が吐き出しやすくなり、呼吸が楽になってくるのが特徴です。

肺気腫、COPDとは

人間が生きていくためには口や鼻で空気(酸素)を吸い込み、その空気は気道や肺胞と流れて、最終的には血液にはいり、必要なくなった二酸化炭素を逆の流れで排出するという呼吸をずっと止まることなくおこなっております。

ですが、気道や肺胞に問題を生じることでこの呼吸に問題がでてきます。まずは吸いにくいという症状が出てきます。だんだん悪化すると自発呼吸ができなくなるので人工呼吸器につながれているドラマなど見たことあるのではないかと思います。

吸えなくなった状態が肺気腫であり、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の1つとなります。

COPDの主な原因としては

高齢者で男性に多く、喫煙者であったり喫煙者の近くで過ごしていた方であったりします。自分はまったく吸っていなかったとしてもタバコの害を受けていることもあり(受動喫煙の副流煙)、いろいろ問題がでてきて、現在ではいろんな場所が禁煙となってしまっています。年々、大気汚染や森林破壊もすすんでいくので今後もCOPDが増えていくと予測されています。

COPDの症状としては

慢性的に肺や心臓の機能が低下していくと安静時はまだいいのですが、歩行や階段などの動きを繰り返すことで呼吸がしにくくなります。(労作時呼吸困難)他にも肺気腫の方に多い口すぼめ呼吸や(口をすぼめないと呼吸がしにくくなる)、咳や痰ももちろんでてきます。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)が悪化すればどんどんと機能が落ちてきますのでそうならないためにできるだけ早くに鍼灸での予防を強くすすめます。悪化した状態での鍼灸は効果が期待できないケースもあります。

気道での障害がどんどん悪化していけば緩やかにですが呼吸の機能が低下していく病気です。慢性肺気腫・慢性気管支炎などの総称でもあります。症状としては息切れ・長く続く咳・痰を特徴とします。このCOPDは主にタバコを一定期間、長く喫煙暦のある40歳以上の方に発症しやすい傾向があります。

疾患の早期は無症状なのですが、症状の進行により慢性の咳・痰・ゼーゼーなど息や咳をする際に音が鳴る喘鳴という症状や、動作時の息苦しさなどが生じてしまいます。症状が増悪すると、たとえ安静にしていても呼吸が困難に感じ日常生活に支障をきたします。40才以の喫煙者・息切れなどの自覚症状を感じる場合は、早期診断の為まずは病院で診てもらう事を勧めます。

COPDで肺胞という肺の中にある空気を喚起する為の組織が壊れたり、細気管支に炎症を起こしてしまうと、肺機能の低下が起こります。残念ながら、一度でも破壊されてしまうと、変化を起こした肺を元に戻すことはできません。しかし早期発見をしたり、症状を鍼灸治療によって緩和することは可能なので、進行の予防に努めるようにしましょう。

 

このようなCOPDでの悩みの方が来られてます

  • 長年喫煙しているが辞めれない
  • 近くに喫煙者がいるが注意できない
  • マンションで他の住人がバルコニーでタバコを吸っているのが気になる
  • 薬を使うと眠たくなって仕事や勉強ができなくなる
  • 口をすぼめないと呼吸がしにくい
  • 生活リズムや食生活は悪い方である
  • 以前より歩けなくなってきた
  • 何か予防ができないか探していた

呼吸補助筋をいかに緩めていくかが大事

鍼灸治療としては呼吸補助筋への施術を意識していきます。肺の裏側である背中をいかに緩めるかです。この部分の筋肉は咳を繰り返すことで硬くなっています。この硬くなっている状態がさらに悪循環で咳を長引かせるのです。喉にへばりついた痰もしかりです。咳を繰り返すことで背中の筋肉がその都度動くので筋肉も疲れてくるのですね。それが原因でぎっくり腰やぎっくり背中になりうちに来る方も多いです。そしてその痛みをとりながら原因が咳にあるわけでその席の治療もしたら咳が和らいできて信用をいただきCOPDの治療を開始することが多いです。

COPDの方の多くに肩や背中や胸の筋肉に異常があります。そこに的確な鍼刺激をおこなうことで咳が緩んできます。冷えている方は温めながら鍼をするのもコツですね。当院が編み出した座っておこなう円皮鍼治療は多くの方が受けているので受けたことがある方はその効果がどのくらいあるかを知っていると思います。当初は花粉症でのみおこなっていたのですが、今は幅広い症状に使っている技術です。そのなかでも長引く咳や止まらない咳によく聞くので重宝しています。

また、慢性度が強くなるとお灸をすることもあります。座位でやったり寝てやったりしますが、お灸に興味のある方はぜひお知らせください。

 

肺気腫の鍼灸治療に対して

当院では肺気腫の方も来られるのですが、もちろん西洋医学の補助としてきたり、悪化するのを防ぐための予防としての治療となります。ひどくなると少し動いただけでも息切れがするかたや、咳や痰の症状が続いていたり、風邪にかかるといつもの症状がさらに悪化したり、たくさん息を吸い込むのができなくなり口すぼめでゆっくり少なく吸う事しかできなくなります。

その多くは喫煙者になります。最近では多くの病院で禁煙外来ができております。すえる場所もだんだん少なくなり、たばこ税も増えて、辞めていく方は増えている感じですが、今まで吸っていた分が帳消しになることはありません。ですので予防の意識は大事になります。

肺気腫は肺胞が壊れる病気で通常ガス交換が行われる場所ができなくなるのがポイントです。すべてが一気に壊れるのでなく少しづつこわれます。喫煙者の肺をみると影ができて真っ白になっているのですが、その部分が壊れています。実際に肺を見るとしぼんで黒くなっているそうです。肺胞がそういう状態になっているということはその前にある気管支も悪くなっているのが想像できるでしょう、気管支は万年慢性炎症にてボロボロになっていて、呼吸がぜーぜーする喘鳴も伴います。

病院での治療もひどいときにはステロイドや気管支拡張剤、咳痰を緩める薬がメインで根本的に壊れた肺胞を修復する方法はありません。ですので薬を最小限に抑えながらも、鍼灸を中心とした別の方法を加えて予防することが大事だと考えています。その中でも呼吸補助筋を緩める円皮針は優れた治療だと感じています。

止まらない咳と引っかかる痰の対処法

最近はCOPDでもそうですし、咳喘息や慢性気管支炎の方もそうなのですが、長引く咳や喉にへばりついた痰で苦しんでいる方が増えたと感じています。

これにはコロナの影響が大きいと感じています。特に最近のコロナでは緊急の状態になる方はほとんどいなくて、そのかわりにしつこい症状をだすことが多くて困っています。咳や痰以外にも嗅覚や味覚の消失、ブレインフォグ、アレルギーの悪化、上咽頭炎や後鼻漏、中耳炎など人によって出る症状はたくさんありますが、その多くは咳と痰で喉の症状かなと感じています。風邪といえば風邪になるのですが、なんせしつこいのが特徴ですね。

咳をしていると周りの目が気になるという方も多いでしょう。仕事によっては咳をしているとマイナスの印象になり大変な職業もあります。ですのでこの咳を何とかしたいということで来院する患者さんは多いです。咳で患者さんが来る鍼灸院は他では少ないもですが。

この咳や痰は副交感神経が優位になると悪化します。アレルギー症状も一緒ですね。ですので多くは夜に悪化しますし、ひどい方は横になって寝れない方までいます。のんびりリラックスしているほうが症状がでるのはかなりの苦痛であります。また、このような咳であっても私がおこなっている呼吸補助筋を緩める円皮針は有効です。当院オリジナルの技で院長限定なので治療を受けるときは院長指名にてご連絡いただければと思います。

 

どうして医師は鍼灸を受けることに反対するのか?

本当にそのかたに鍼灸技術はあるのか?

間違った鍼灸技術では?

鍼灸師側の原因でCOPD・肺気腫が悪化するパターンも私は多いと感じるので、医師が鍼灸を受けるのに反対するのもあながち間違っていないと感じます。よくあるのが悪そうなところに鍼をしての電気鍼とか、太い鍼を頭にぶすぶすたくさん打っての局所への過剰刺激、鍼灸院でないところで受けた鍼灸治療、またちゃんとした師匠から学んだ方ならいいかもですが、鍼灸学校だけでの勉強の方や我流でしている方が多いので注意してほしいところです。薬を飲んでる方など重度のCOPD・肺気腫の方へ、臨床経験が少ない先生の治療は決しておすすめはしておりません。当院ではしっかり院長から研修を受けた鍼灸師による鍼灸治療を受けることができます。

 

患者さんへの間違った治療計画とセルフケア

高価なサプリメントは必要なのか

当院に来る前に行っていた治療院で指導されていた治療計画によって、症状が悪化している方がいます。特に初回はすごく安くて丁寧に治療をして高額な回数券を売り、2回目以降は手を抜くようなやり方でおこなうところがあると聞いたことがあります。

また、高価なサプリメントをすすめられた方は注意ください。そのサプリメントがあなたの症状を改善できるかは関係なく商売として販売しているところもあります。大事なことはあなたに合ったセルフケアをご指導することです。当院では希望された方にセルフケアの指導もおこなっております。実はここが一番重要なのかなとも思っています。ただし、セルフケアを希望されない方もいます。その場合は最低限の助言をすることを意識しております。

 

良くなった方は医師には言わない

鍼灸はやめておいたほうがいいです

私たちもそうですし、医師もそうですが、良くなった情報を聞くことは稀です。例えば患者さんも医師での治療で治ったわけでないのに鍼灸で治ったとはなかなか言えるものではありません。ですので、悪くなった人だけが医師にすがるように言われます。これは逆もしかりです。鍼灸をして悪くなったという情報しか耳に入らなければ鍼灸の知識のない医師なら受けないほうがいいというのは普通のことだと思ってください。

でも実際は当院ではほとんどの方がよくなっているのです。早期に治療ができれば普通に改善するので医師に反対されても安心して来院してください。ただし、理由があって今の時期は鍼灸はよくないといわれていることもあるのでその際は当院にご相談ください。何を目的で鍼灸をするのかによって変わります

 

結局、鍼灸や整体で治るのか治らないのか?が皆さんが確認したいところだとは思うのですが、鍼灸技術がもちろん大事なのと、それにともなうリハビリを含めた養生指導、どちらも必衰になります。症状が出て2~3週間くらいならほとんどの場合は治っていくのでしょうが、1か月以上たったものは、どんどんと効果率は落ちていくことになります。特にストレスが強かったり、生活リズムが不規則であるほど治りは鈍くなります。

できるだけ早く治療を始めること、間違ったセルフケアはすぐにやめること、不摂生な日常生活をあらためること、それらがうまくいけば1か月以上たっているものもよくなる場合があります。また、1か月以上がたっていても、実はある程度のところまで治っていて、ただとまっているというケースもあります。これは1年たっていてもすぐに効いてきます。途中までいい感じだったのに、セルフケアで失敗したパターンなのですが、少しの指導で回復できますのであきらめずに1度受けてみてください。治りそうなものは私のほうからおしらせします。

COPD・肺気腫の治療についての特徴

その方に合った刺激による鍼灸治療

まずは咳や痰が出やすい体質に対して全体的な調整を行う施術をしていきます。

特に意識しているのは肝臓腎臓における解毒排水、肺における気を全身に巡らせていくことです。

肝腎と肺の機能を活性化させていくことで、ゆっくりと改善していくのに気づく方も多いです。

院長がおこなう董氏楊氏奇穴では日本では使われていない特殊なツボを使うことでその役割を最大化させていきます。

 

背中や耳へのアプローチ~シール鍼療法~

この背中への施術法は、完全に私のオリジナルと言えます。自分の身体を使ってさまざまな実験をしているうえで、見つけたやり方になります。

当初は花粉症をメインで使っていたのですが、そこから応用してCOPD・肺気腫などにも使うようになっております。

症状が出るのを抑える作用があるようで、強い炎症を鎮めたり、興奮を和らげたり、とくに咳に対して有効な結果が出ております。

また、董氏楊氏奇穴による耳の穴も併用していきます。

 

お灸や刺血療法

この治療法も私が10年ほど前に喘息がすごくひどくなり、自分の鍼灸で効果が出なくて半年ほどアレルギークリニックに通いずっと薬を飲みつづけないといけないと医師から宣言されたのですが、そのときに自分でお灸を試した経験があります。

中国で学んだ三伏貼という方法で夏の暑い時にやると効くということでやってみました。お灸で化膿してしまったのですが、運がよかったのかそれで本当に良くなってしまいました。化膿してしまうお灸なのであまりすすめられないですが、興味のある方はお知らせください。

あと、刺血という方法もあり、耳の上から血を抜くという方法もあります。主に皮膚炎で使うことが多く、これもひどめの方にすすめることがあるのですが、強い痒みが軽減したという成功例がたくさん増えております。この施術も興味があればお知らせください。

 

COPD・肺気腫を調整する養生指導

栄養・睡眠・運動・入浴指導

自律神経の症状と同じくアレルギーに対しても規則正しい生活は重要になります。

特に子供のアレルギーや親元を離れてからでてきたアレルギーは栄養の部分で問題があることが多くて、好き嫌いが強かったり、同じものばかし食べていたり、外食やインスタントものばかしで、腸内環境が悪くなり、炎症ができやすい体質になっているケースが多いです。

まずは悪いものを減らして、よいものを増やすことからスタートしましょう。

 

ストレスやリラックスのバランス

ストレスが慢性的に多いかたは、副腎からストレスホルモンといわれるコルチゾールが多量に出ることになります。

それによってなんとかなっているのですが、ストレスが改善しない生活が続いていくと副腎疲労がおこり、いずれはホルモンが排出しなくなってきます。それにより体の大掃除もできなくなってきますので炎症が起こりアレルギーが出やすくなってきます。

また、そんな身体を何とかしようと副交感反射がおこりバランスを取り合おうとすることがアレルギー症状を引き起こすこともあり、ストレスとリラックスの関係は非常に大事になります。

 

漢方薬やサプリメント

アレルギーは体質の病ともいわれてますから、鍼灸よりも漢方薬のほうが必要かなと思われる方も多く来られます。その際には、漢方医を紹介しております。

また、アレルギー検査もできる内科医の紹介もできますのでご相談ください。

腸内環境をよくするサプリメントなども体質改善には大事になってくると思います。

はじめてのCOPD・肺気腫施術の流れ

初めて当院に来られる方のために、施術メニューの流れをご紹介します。

電話かLINEでお問合せ

当院は完全予約制です。まずは電話かLINEで希望曜日、時間帯などをおしらせください。初回は10時から17時開始までのどこかでお願いします。スタッフ紹介などを見て指名などがありましたらお知らせいただくか、症状を教えていただくことでこちらからあなたに合った先生をきめさせていただきます。

 

10分前の来院をお願いします

初めてですので迷うことが考えられます。

早めに向かうようにおねがいします。

当院は多忙にて、遅刻をすると次の患者さんの予定が狂ってしまいます。カルテ記入もありますので、ぜひ10分前来院をお願いいたします。

 

問診・カウンセリング

カルテ記入が終わりましたら、問診を始めていきます。

こちらから体の状態をきいていきますので、いろいろとご相談ください。悩みや質問がありましたら是非お聞かせください。施術の参考にもさせていただきます。

例えば、痛くないようにしてほしいとか、使い捨ての鍼を確認したいとか、付き添いの方に横でいてほしいなど。

なんでもいいのでまずは不安解消をしてほしいとおもっています。

 

鍼灸施術が始まります

あなたの身体や症状に合わせた鍼灸をおこなっていきます。感じ方は人それぞれです。我慢できる範囲で受けるというのが理想ですが、初めてですから無理していきなり強くすることはありません。まれに、いろいろ鍼灸にいっているかたは担当の一番得意な技でしっかりとした刺激のある治療も可能ですが、まずは慣れていただきたいので、弱めの刺激が基本になります。ぜひ安心してお受けください。

 

治療後のご説明

身体をみさせていただいた後に、それぞれの患者さんにあった養生法を何点かご指導します。

食事・睡眠・運動入浴の3つを基本にしながら、なるべくわかりやすく説明します。回復に従ってさらなる指導もおこなったり、逆にいろいろ聞いていただくことで理解も深まり、さらなる改善にもつながります。

最後にどのように通ったらいいのかの助言もさせていただきますが、基本はまずは3回です。私の鍼灸治療との相性を感じてもらいながら、言われたから来たのではなくて、少しでも変化に気づいていただいてきてほしいと思っています。それが治してもらうというのでなく、自分から治っていくということにつながります。

良くなっていく流れも人それぞれで、すぐに変化を感じる方もいれば、よくなったり悪くなったりしながらだんだん良くなってくる方もいたりと個人差がありますので、焦らずじっくりと受けてほしいと思います。そして改善してきたら、少しづつ間をあけながら、いずれはメンテナンスにつながるように、1~3か月に1度くらいの割合での来院をおすすめしております。

COPD・肺気腫の鍼灸施術を利用された事例
口コミサイトエキテンさんからの抜粋

お灸と鍼で症状がほぼなくなりました

慢性の喘息の患者さん 院長の鍼灸治療

かれこれ8年前から院長先生には、ぜんそく治療でお世話になっています。私は風邪が引き金になり、呼吸困難から始まって、日中、夜間とひどく咳き込み、それが何か月も続く状態でした。病院にかかり、ステロイド吸入をしていますが、副作用が気になっていました。

それを院長先生に話すと、先生は自分もぜんそくがあり、ぜんそくの治療は得意だと言われました。直接灸はより効果が高いということで、ステロイド吸入は最少の量にして、メインは院長先生がしてくださる背中への直接灸(背中に直接もぐさを置いて火をつけます。)です。この直接灸はとても心地よいです。風邪をひくことも少なくなりました。

ただ、今回はウィルス感染によるひどい咳き込みで、肋骨にひびが入ったのでないかと思うほどの激痛でした。さらに、痰がきれず、副鼻腔炎にもなり苦しみました。先生に相談したら治せるということで、集中して通い、見事、全く薬も飲まず、直接灸と鍼で治していただきました。病院よりも駆け込む所はいつも松鶴堂で、ずいぶん助けていただいています。ありがとうございました。

少しづつ醜い咳が治まり、、

肺気腫の患者さん 院長の鍼灸治療 

まさか鍼で肺気腫に効果があるとは思っていなかったです。疑心暗鬼とまではいいませんが、そんな状態で鍼を受けたことを申し訳なく思っています。先生はそんなものですよといってくれましたが。

あの背中のシールが効いたとおもいます。すぐに効果がでたのにはびっくりもしましたが。もちろん肺気腫が治るとは思っていないですが、好きだったゴルフが再開できたことが喜びです。もっと早くはじめればよかったですね。

ゴルフの時に息切れがしなくなったのにほんと私でなく周りが驚いています。

呼吸が楽にできました

肺気腫の患者さん 院長の鍼灸治療

6月に健康診断でCTをとった結果、肺気腫といわれました。長年の喫煙で何かあるとは思っていましたが。ショックは強かったです。それから禁煙外来をすすめられて通院中です。

症状は特にないのですが、ずっと気になっていたのはのどにへばりついている痰です。この痰はずっとここに住みついています。もう慣れてしまいましたので気にはならないです。

でも病名がついてから急に呼吸が浅くしかできないことに気づけました。気にしないとこういうことも気にならないんですね。鈍感な自分が怖いです。

鍼灸も恐る恐るでした。妻から良い鍼灸院があるときいてきたものの、全く信用はしていなかったです。ですが結果には驚いています。呼吸が楽になっているんです。どうしてかわからないですが先生がいうには背中が異様に硬かったそうです。それを緩めただけなのに息が吸いやすくなったのはびっくりですし、今後の期待もできました。

長年喘息で悩んでいたのに、、

喘息・蓄膿の患者さん 院長の鍼灸治療

44歳で無事に元気な男の子を出産することができました。

不妊治療の病院のスケジュールに合わせて、鍼灸治療して頂いたので自分のペースでできました。院長先生に鍼灸治療をして頂いたほかに、ツボに印をつけてもらって自宅でお灸をしたり、よもぎ蒸しをしました。

院長先生の腕は本当に信頼できるので、いつも頼りにしています。不妊治療中や妊娠してからも、高齢出産ということもあり心配や不安な事だらけでしたが、院長先生に治療の都度、的確なアドバイスを頂いた事で身体だけでなく気持ちも楽になって、安心して出産する事ができました。

副院長先生にも、初回のカウンセリングや院長先生ご不在の際に治療して頂きましたが、丁寧で優しく腕もよいので安心して受けることができました。他にも骨盤矯正をお試しでさせてもらったり、スタッフの方がいつも笑顔で対応して下さったりと、とても良心的で安心して通いやすい鍼灸治療院です。場所も広島駅から歩いてすぐなので便利です。

よもぎ蒸しもとても効果が実感できるので、不妊で悩まれている方には、鍼灸治療と一緒に受けられる事を特におすすめしたいです。

持病の喘息や副鼻腔炎も一緒に診て頂きましたが、背中や頭の上にして頂くお灸はとても効果がありすぐに楽になります。長年喘息などで辛い思いをされている方は、すぐにでも一度ご相談されることをおすすめします。

何か体調不良があった時は相談できるところがある、というだけで気持ちも楽です。これからも子供と一緒に、産後の体調管理や持病の治療など、母子ともにお願いしたいと思っています。

不妊や持病で辛い思いをされている方に本当におすすめの鍼灸治療院です。

鍼シールはすごいです

COPDの患者さん 院長の鍼灸治療

COPDで発作がひどく知人の紹介で来院しました。

すぐに効果は実感できました。背中に針シールをしだしてから、夜の咳が軽くなり、熟睡できたのです。私は遠方から通っていたのでなかなかすぐに行けなかったこともあり、このシールが取れないようにといつも治療後にテープで固定していたほどこの鍼が効いていることを実感しています。

まずは眠れたことに感謝です。眠るってこんなにいいことなんだって、眠れなくなって気づきました。しばらくお世話になります。

 

いかがでしょうか。

最後にもうひとつ面白いデータがあります。当院で鍼灸と整体の治療を受けていた方には不思議なことに翌年、翌翌年と咳や痰の症状がでなくなってきてる方が多くおられるのです。なかには完全に治ったという報告も受けております。よくアレルギー症状は原因となる物質と免疫力との天秤で表現されることもあり、継続的に鍼灸を受けていくことで免疫力がうわまったからではないかといわれています。もともとは症状改善が目的であり完治は難しいと思っていたのですが、今は完治を目指しても施術しております。もし根本的に改善を求めるなら、症状が治まった後でも月に1度の定期的な鍼灸治療を受けてみてください。特に子供の喘息には大人になるまでは定期的な治療を継続することで、大人になってからの喘息を予防でき、お子様に感謝されることでしょう。鍼灸は夢のある施術法だなと実感しております。

このように、当院のCOPD・肺気腫の鍼灸施術なら、もちろんその時の症状を改善させることもできますし、将来的には粘膜強化や免疫コントロールも実現でき今以上に悪化するのを防ぐことができます。結果的には、症状がかなり軽減された方もいました。COPD・肺気腫への鍼灸施術に興味をお持ちの方は、ぜひお気軽にお問合せ・ご相談ください。

 

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご予約

082-264-7724

<営業時間>
10:00~19:00
(電話受付時間は10:00~17:00)

LINE・ネット予約は24時間受付です。お気軽にご連絡下さい。

松鶴堂鍼灸院

住所

〒732-0052 広島県広島市東区光町1丁目11-5 チサンマンション306

アクセス

広島駅新幹線口から徒歩5分
駐車場:ウオンツの裏、沖本眼科の向かえに大型駐車場あり(有料・25分100円)

営業時間

10:00~19:00 完全予約制
(電話受付時間は10:00~17:00)
時間外はLINEかフォームから