〒732-0052 広島県広島市東区光町1丁目11-5 チサンマンション306

営業時間

10:00~19:00 完全予約制
(電話受付時間は10:00~17:00)
土日も診療、当日予約も可能

お気軽にお問合せ・ご相談ください

082-264-7724

五十肩・四十肩に対する鍼灸治療
(肩関節周囲炎・石灰沈着腱板炎・頚肩腕症候群など)

 

どうして五十肩といわれてすぐに良くなることを
あきらめていたのに、1度の治療で改善する
ケースが何度も普通におこるのか?
当院は五十肩からおこる痛みやしびれに対しての
動き改善の治療を得意とする治療院だからです。
鍼灸の怖い方にはできるだけ痛くなくする方法も
ありますので敏感な方は安心してご相談ください。

五十肩は深部にほとんどの原因があります。
その深部に対してしっかりアプローチできるのか?
当院では以前はこの深部への治療を特殊鍼法と言っていました。
特殊な長い鍼で深部を直接アプローチしていたのです。
現在はさらに発展して直接痛みのある部分ではなくて
手足のツボを使って治療することが増えてきました。

それによってしっかりと悪い原因部分を捉えることで、
痛みが緩和していくことを感じることでしょう。

ひどくなった五十肩は1度で治療は終了しないとは思いますが、
何度か続けることでじわじわと改善していくことは感じてもらえると思います。

ぜひ鍼灸による五十肩治療を体感していただけましたらと思います。

五十肩の具体的な症状とは

  • 1
    肩周囲の様々な場所に痛みが出る
  • 2
    夜、就寝中に痛みで目が覚める(夜間痛)
  • 3
    痛みによって肩関節の動きがつらくなる
  • 4
    ひどくなると動きが悪いだけでなく、動かなくなる(拘縮)
  • 5
    さまざまな日常生活ができなくなる、洗濯、家事、仕事

このような悩みの方が多く来られてます

  • 頭を洗いにくくなってきてる服を着替えるのが難しくなってきた
  • 頭を洗いにくくなってきてる
  • 高いところのものをとれなくなってきた
  • 車の運転に問題が出てきた
  • 夜中に痛みで目が覚めることがある

当院に良くこられる五十肩の原因は

原因不明の筋肉性の四十肩・五十肩(上腕二頭筋・腱板由来のもの)がほとんどになります。
軽いときは肩関節周囲炎、頚肩腕症候群、疼痛性肩関節制動症、凍結肩、ひどくなれば肩関節拘縮、腱板損傷と呼ばれることもあります。
まれに以下のような病名がつけられます。烏口突起炎、上腕二頭筋長頭腱腱鞘炎、肩峰下滑液包炎、変形性腱板炎(外傷性腱板炎・腱板不全断裂)、石灰沈着性腱板炎、臼蓋上腕靭帯障害(不安定肩関節症)

不適応の五十肩としては、脊椎の腫瘍由来のもの、糖尿病末期、閉塞性動脈疾患などがあります。当院でも年間に数例病院に直行してもらうケースもありました。

五十肩について

五十肩には積極的な鍼灸治療が必要になります。肩が痛くて、すぐに治るかなと思っていたらだんだん肩があがらなくなったり、服の着脱や、物を持ったりするときに肩がずきっとするのは五十肩になっているかもしれません。

醜くなるとじっとしていてもズキズキうずきますし、寝ることもできないくらいにまでなる方もいる怖い症状です。

特に筋肉が固まってスジばって肩が上がらないというやつは早急に鍼をして関節が固まるのを防がなければなりません。またひどい激痛の場合には頚椎症でおこなわれる鍼麻酔も使うことでまずどんなタイプの五十肩でも対応可能です。

はじめのうちは筋肉や腱の問題なので早期に回復しますが、だんだんひどくなり関節に問題が及んでくると、固まってきて、1度固まってしまえばそれをはがすのは至難の業で3ヶ月以上の療養とリハビリ+針治療が必要で非常に苦しみます。

よくほっといたら1年で治るからとかいいますが、必ず1年で治る保障もないですしまた痛みは取れたが肩が上がらなくなったという話もよく聞きます。

それは治ったといえるのでしょうか?

痛みが消えても動かなくなるのは治っていないと考えたほうがいいでしょう。確かに針治療は硬くなった筋肉に針をしっかり打ち込むので治療中はある程度の痛みを伴いますが・・・

痛いといいましても注射のような感じでなく、ずしんと重い響きですので普通に我慢はできる範囲内です。

ただし敏感な患者さんも多くおられるのは事実そのあたりの刺激の調節が鍵になるので過敏な方もご安心くださいね。

当院は四十肩・五十肩の治療に自信をもっております。

五十肩のリハビリについて

治療だけでなくてリハビリも大事です。

多くの方は肩だけ見ているのですが、原因の多くにストレートネックや猫背まで関係しております。治療後に痛みが取れてきたら、ぜひ動かしていきましょう。

多くの原因として歪みや運動不足があるからです。急にやりすぎると元に戻りますので、ゆっくりとやっていくのがポイントです。肩が固まっているので、氷をイメージしながら、その氷の角を取って丸みを持たせるように動かしていきます。

この角のようなものをとることで、夜中の激痛からまずは解放されることになります。

それからはその丸みを持った氷を小さくしていく事で、その分、肩の動きがよくなっていきます。それを繰り返すことで、完治を目指します。

まずは3回で激痛から解放、それから7回でリハビリをし、計10回くらいを基本として完治までの最短距離を目指します。

 

五十肩の適応・不適応について

肩関節にて変形など構造的な問題が発症してその変形の影響もあり
その周囲のバランスが崩れてしまいます。

それによってまたまわりがそれをかばったりすることでの影響によ
神経痛などの症状が出ているケースだと感じております。

多いのが背骨の歪みになります。元々ある脊椎のカーブが
なくなってくることで神経を圧迫する可能性もありますが、
身体を支えることができにくくなるので、背中・肩がつよく
こってしまうという症状が出ます。また神経も過敏になるので、
手がしびれたり痛くなるということもおこってきます。
このような五十肩は外科的処置はしなくても治る可能性の
あるものとなります。

ですので大事なのは今出ている症状が、

1、関節の変形など構造的原因で出ているのか?

2、変形など構造的問題もあるがゆがみなどほかの要因もあるのか?

3、五十肩といわれたけど全く変形など構造的な原因がなかった

など、それを考察していく事が非常に大事な選択です。

当院で3回治療することで3の原因であれば完治する方もいるでしょうし、
2であっても症状の改善は狙えるものと思います。

ただただ経過観察だけしている場合は、2・3であったばあいは、
早ければ何度か治療をしていると治っていたのに、
経過観察中に筋肉はやせ細り、さらに固くなってきて、
それが原因でさらに悪化し、外科的処置をしたが、2・3の理由が
解決していなかったことで、症状が軽減することなく、
さらに悪化してしまうという方を何人か見てきましたので、
やはり何を選ぶとしても、鍼灸治療を早く開始するという
選択を選ぶことが大事なんだと感じております。

2,3の方の多くの原因は筋肉性のコリであったり、猫背であったりします。

 

どうして五十肩でも鍼灸が効くのか?

五十肩とは別名肩関節周囲炎とも呼ばれていますが、
ほとんどのかたはそういう病名は知らないでしょう。

どうして五十肩と呼ばれるようになったかですが平均して
50代前後に多く発症するからといわれております。
最近では40代から起こる四十肩も増えてきてます。

ですので20代であれ80代であれ50肩と言います。
スマホの影響か最近は肩の痛みが若年化してきたなと感じます。

20代の人に五十肩ですよというとショックを受けるので
40代前半までは当院では腱鞘炎とか肩関節周囲炎と
言いますがようは同じなのです。最近では四十肩とも言います。

症状としては肩が痛い、腕を上げれないという
感じで急性期は夜の痛みまでもでます。
でもたいていは何ヶ月かしたら自然に治るといわれているの
ですが10年以上も痛いという方もいますのでほっておかずに、
早期の治療が必要となります。

まずは痛みを半分にすることが大事で、そうしておけば悪化は防げれます。

治療をまったくせずともほっておいても治る場合もありますが、
1~2割の人はほっておくと確実に悪化しますので厄介です。
悪化すれば鎮痛薬もきかないので当院でも3回で治るといえなく
治療も10回以上かかりますので、なかなか患者さんの気力体力も
続かず患者さん自身が途中で治療を継続するのを断念します。

ですので悪化するまえに治されることをまずはおすすめします。

急性期では痛みが強く筋肉も痙攣しているので炎症が強く
病院にいっても安静と痛み止めを指示されますが実は
この時期に針治療をしたほうが良いのです。

病院で針治療をしたいといっても反対されるでしょうが、実は
この時期での治療がポイントです。
早期治療が早期回復につながります。

理由としてはこのまま放置しても痛みはとれていくのですが、
安静にして動かさないから関節が固まり拘縮します。
逆に病院で動かしなさいと指示されて悪化したりする人もいて厄介です。
 

慢性の時期の治療でも効果はありますがやはり治るまで時間がかかります。
急性の痛いときはただの筋痙攣ですから筋の治療をすれば
拘縮せずにすむからです。

50代あたりでは筋肉も萎縮し関節も硬くなってきます。
ですが気持ちは若いままで身体の手入れなどせず
使いっぱなしにしていると肩関節自体不安定となり
骨と骨が衝突したり骨と筋肉が引っ付くところで摩擦がおきます。
それで肩関節に炎症が起こります。ゴルフをしている方に多いですね。

ですので急性期で一番大事なのは動かさないで安静に
することにより関節の炎症を少なくすることなのですが
ほっておいたら拘縮するから悪くなった筋肉・関節へ針を打ち
早期に痙攣をとく必要がでてくるのです。

そうしておけば肩が上がらないということはなくなります。
急性期では安静と針治療を併用することで、まずはすごい痛みは
軽減していくでしょう。

まったく薬が効かないような慢性期になると少し話が変わります。
すでに痛みの悪循環が形成されていますからそれを破壊する
のに最低5~6回かかります。そして痛みをとるのに5~6回
やりという感じです。動くまでにはさらに治療が必要です。
慢性期でも薬で効果があるパターンは軽いので2~3回で
治ることもあります。薬が効くかどうかが治療のポイントになります。
いわゆる悪循環があるかどうかがわかります。

わりかし激痛の急性期の五十肩に対する鍼治療について、急性期では
筋肉の痙攣による炎症によってスタートしています。
ではどの筋肉が痙攣をおこすかですが・・・だいたい2つにしぼられます。

腕の力こぶができる三角筋・上腕二頭筋か、肩の中にある腱板と
呼ばれる筋肉群です。三角筋のほうはある程度のはっきり
した原因・症状があるので治療しやすいのですが、腱板の方は
年令による変化によるものが多いのですが、
なんの前触れもなく急に痛くなるのでびっくりします。

とくに石灰が沈着している場合は激痛をともないます。
痛みが強いため早急に専門医にて診察を受け石灰に
よるものがあるかどうかはみてもらうべきです。

上腕二頭筋によるもの、腱板によるもの筋肉の場所は
違いますが治療方針は同じになります。まずは筋肉に
鍼を打ち込み筋を和らげて疼痛を緩和することです。

痛みが強い場合は通電をしたりお灸を加えるケースもあります。
またアルコールの飲み過ぎや冷えなども関係するケース
もありそちらの治療も必要となる場合もあります。

痛みが少ないが動きの悪い慢性期の五十肩の鍼治療について
急性期では該当する筋肉へしっかり鍼を打つだけで
治っていくのですが慢性期にはいるとそうはいきません。

ただ鍼を打つ程度ならすぐにぶりかえしてきます。
ですので鍼を打ってからどうリハビリしていくか・・・
鍼を打ってからさらにお灸もしっかりして根元を治していくか・・・
鍼通電を行うことで一気に回復するケースもあるし・・・
強めの鎮痛の穴を使うか?・・・

つまり悪循環になっていますので単純にはいきません。
治療も週1回を1~2ヶ月くらいはかかるものと考えなければなりません。

慢性期では痛みが主というより運動制限が主となります。
急性期にしっかりとした治療を受けていないで放置していた場合、
何ヶ月かたった後痛みはとれたが肩があがらなくなったという事があります。

痛いのであがらないということなら痛みをとればいいのですが
痛くはないがあがらないというものは少し厄介になります。
治療の基本は針をして、そして関節周囲を緩めた後自宅にて
動かしていくことです。

繰り返しおこなうことでゆっくりと肩の動きがよくなってきます。
ただリハビリをしすぎると痛みが悪化する時もありその
場合は安静にしてもらいます。

 

四十肩・五十肩の鍼治療についての特徴

その方に合った刺激による鍼灸施術

軽い痛みや急性の痛みなどは普通に鍼治療をしていけば、普通に改善していくでしょう。早く治したいという要望がない限りわざわざ鍼に来る方も少ないとは思います。よほど鍼のファン患者さんでない限り、施術法はマッサージでも接骨院でも何を選んでも特に問題はないものと思っています。

ですが、頑固になってどこに行っても効果がないような五十肩にまでなってしまったら話は変わっていきます。当院ではひどい方には遠隔施術という、痛いところに直接打つのでなく、遠く離れた場所に打つことで痛みを緩和していきます。

 

董氏楊氏奇穴

強い痛みを抑えるためには鍼灸施術もレベルをあげてやる必要が出てきます。

当院は董氏楊氏奇穴という他院ではおこなわれていない特別な鍼灸施術があります。ですので本当に痛みや痺れで困っていてどうにかしたいとお考えの方は必ず院長の指名にてお受けください。

 

すいだま(カッピング)

慢性疲労の強い方や、肩の痛みなど痛みの強い方などに当院ではまずはすいだま(カッピング)をしてみて効果を確認してみることがあります。

ただ、かなり好みの問題もあります。皮膚のタイプによってはしないほうがいい方もいますので、気になる場合は事前にお知らせください。

また一度することで、効果もはっきりわかることから、2回目からはしない方もでてきますので、特に他院ですいだまをしたことがあり、そのときによくなかった経験のある場合はおしらせください。

四十肩・五十肩を調整する養生指導

栄養・睡眠・運動・入浴指導

痛みで大事なのはやはり運動になってくると思います。多くのかたは痛みが強くて動かすことも、苦痛すぎる場合もあるでしょう。その場合は無理をしないである程度痛みが緩和してから勧めるケースもあります。痛みの強い場合は休息が必要です。仕事量などを減らしてまずは体の回復を待ちましょう。

そして回復後はもちろん自宅で動かしてもらいながら鍼灸を併用して回復が早くなるようにしていきますし、リハビリ鍼灸といってますが、もちろんそのほうが回復も早くなるし、施術回数も少なくなってきます。肩の拘縮がひどく動かない方は必衰になりますね。

 

ストレスやリラックスのバランス

痛みが強いだけでストレスは強くなることでしょう。じっとしていても痛い方はなおさらです。睡眠不足にもなりますし、薬も効かない方も多いです。

ですが、何か楽しいことなどしているときは痛みが和らぐという方も多いです。それに関しては調べておいて1日1回はストレスを軽減させ調子のよい時を作っておくのも大事になります。

 

漢方薬やサプリメント

痛みが強いときは薬も効くことが少ないかと思います。本当にひどい方はまずは薬の効きをよくするための施術も初めのほうでは必要になります。

鍼灸によって血流が良くなることで、薬の吸収が良くなったり、薬の代謝が良くなったりすることで、薬の良いところが残りますので効果が高まるのです。

もちろん体調も良くなっているわけですから、薬の効きが良いということは治っていく流れになっています。もちろん漢方薬も同じです。

 

四十肩・五十肩の鍼灸施術の流れ

施術メニューの流れをご紹介します。

電話かLINEでお問合せ

まずは自分の痛みやしびれが鍼灸の適応かどうかの確認になります。もちろん緊急性の場合は病院へ行かなければならないのですが、ふだん感じたことのない初めての痛みや痺れであり、痛み以外にも吐き気やめまいなど変な症状も併用してたらまよわず病院へ行ってください。

もちろん技術としての対応はできるのでくるのはいいのですが、どのような状況かは必ずお伝えください。急いでなければ少し落ち着いてから来ていただくと間違いはないです。

女性患者さんの場合はできましたら肩の出やすいシャツなどを持ってきて
いただくと脱がれる必要もありませんので恥ずかしい方などは
必ず肩の出やすいシャツなど持参ください。

恥ずかしくない場合や男性の場合はタオルで隠しておこなっています。

もちろん女性鍼灸師も在籍しておりますので、五十肩がまだ軽度で
したら女性施術家をご指名いただきましたらと思います。

 

10分前の来院をお願いします

痛みの施術で来る方は、こちらとしてもなるべく痛みをとった段階で終わりたいので、時間的にしっかり余裕をもってきてもらいたいです。あらかじめ渋滞するかもと予測したうえで向かっていただけましたらたすかります。

 

問診・カウンセリング

鍼灸の適応なのか、適応でないのかを見極めないといけません。多くの場合は慢性であり、頑固なので、いろんなところに行っては検査したり治療されたりしているのでこちらも安心なのですが、まったくこういうところに来るのが初めての場合はしっかり見極めないといけないです。

もちろん必要であれば病院への受診を先にすすめることもあります。

 

鍼灸施術を始めます

目標としてはもちろんですが、痛みやしびれの改善になります。ほぼ全員になりますが患者さんがうちに求めているのは痛みを取り除いてほしいということになるかと思います。

鍼灸という少し怖いと思われている方法に自分からくるわけですから、こちら側としてもしっかり結果が出てくるようにやっていきます。

 

施術後のご説明

痛みの施術はいろんなパターンを出します。多くの症状の軽い方は、そのままゆっくりと痛みが取れてきてそのまま治るでしょう。3回程度の施術で終了となります。

難しいケースではよかったり悪かったりを繰り返しつつも治ってきますので3~6回くらいで終了となるでしょう。どちらのケースでもいえるのですが、痛くなった原因も追究していきたいですので、少し間をあけながら終了を目指していきますし、治ってからも1~3か月に1度くらいのメンテナンスをお勧めしております。イメージとしては歯医者の歯石とりでしょうか。

さてもちろんですが本当に難しい方も来ます。なかなか改善もしにくいですが当院でおこなっている董氏楊氏奇穴なら改善の可能性もあります。10回以上かかるでしょうし、完全に治るかはわかりませんが試す価値はじゅうぶんあると思います。お試しください。

大事なことは、

とりあえず痛みの強いときは動かさないで安静にしてみる、
あせってリハビリして無理に動かすことで悪化する方も多く来られます。
痛みが落ち着いてから、リハビリをはじめてもらえればです。

とくにぶら下がりや、強く引き裂いたり、引っ張るようなことをして
夜間痛が強まった方を多く見てきました。

強く動かしたい気持ちは置いておき、焦らずじっくり治せば治っていきます。

 

五十肩の鍼灸施術を利用された事例

とりあえず夜は寝れるようになった

五十肩の患者さんから

私は肩がいたくて腕が上がりませんでした。

最近では反対の肩もいたくなるわ、夜も痛みで目が覚めるわ、と最悪な状態が続きました。

整形ではレントゲンとられ湿布出されて、マッサージではひたすら強くもまれて・・・余計にひどくなりました。

そして前から噂を聞いていた針治療に挑戦しました。初めの3回はそれほど効果の実感はしなかったですが、とりあえず夜は寝れるようになったので信用できました。

今ではずいぶんと上がるまでに回復して、今は後ろにあげるときに痛みがあります。もう少し完治までは時間かかりそうですが満足です。

 

好きなゴルフができます

五十肩の患者さん

長年、五十肩に悩んでいましたが、妻に勧められて受診しました。鍼治療初めてのことで心配でしたが、岩崎先生の体質に合った鍼の加減でストレス無く治療を受けることが出来ました。今では完治して好きなゴルフのハンディアップを目指しています。

岩崎先生に感謝です

 

痛みがすぐに和らぎました

四十肩の患者さん

整形外科で、四十肩の初期だけど痛みがないからなるべく動かした方がいいと言われ、朝晩ストレッチをしていたら、1ヶ月程してじっとしていても痛くなり、夜中も痛みで起きるようになったので、こちらでとにかく痛みをとってもらおうと鍼治療に伺いました。

以前、肩こりがひどい時に友人から紹介されて来たことがあり、痛みに対して鍼が即効性があるのは知っていました。今回も痛みがすぐに和らいだので、とても助かりました。これからは痛みに注意しながら上手にリハビリするようにと指導もしてもらえ、とても心強く感じました。また治療中に咳き込んでいたら、アレルギーに効くツボにも鍼を刺してもらい、嘘のように咳が止まったのには驚きました。とても頼りになる治療院です。
 

劇的に効きました

五十肩の患者さん

岩崎先生に五十肩にてで鍼をうってもらってます。先生は問診は少なめで検査という検査もしないのですが、経験上?悪いところがわかるようです。指で触って悪いところをさぐるのが検査のようで、いつも的確なところを探されるのでそのたびびっくりすることがおおいです。簡単なのは悪いところに打ってもなおるのでしょうが、私の場合は1回目は効果がなかったのですが、2回目には別の方法でしてもらい劇的に効きました。

それ以来は、いつもぎっくり腰とか1度でなおしてもらってます。いろんな体質の方がいるらしく、1度そのかたのタイプを見極めれば毎回1度でいけることがほとんどのようです。鍼灸や整体の業界でも有名な先生らしくいつも感心しています。ありがとうございます
 

腕がかなり楽に動くように

五十肩の患者さんから

五十肩で整形外科に行ってリハビリをしたところ、関節まで痛みが拡がって、ゆっくり眠れない状態でした。

関節の炎症が治まってから、治療に通い始めました。

院長先生の治療を週に1回のペースで4回ほど受けましたが、腕がかなり楽に動くようになりました。まだ関節と腕の筋肉に若干の違和感はありますが、痛みはなくなっていますので、先生に相談しながら、もう少し治療を続けたいと思います。

先生、よろしくお願い致します。

 

3回で治るまでに回復

五十肩の患者さん

腕を上げると肩に痛みがでていましたが、1回目の肩、肩甲骨への針治療で痛みが半分になりました。その後、回復に向かいの二の腕に痛みが出て、二の腕、肩へ針治療をしました。3回目の治療でほぼ治る見込みです。

行ってよかったです。

 

3回で痛みは半減しました

五十肩の患者さんから

1月頃から右腕、肩が痛みだし手が上げられないほどでした。しばらく我慢してましたが痛みはなくならず、3月下旬に院長先生の治療を受けました。鍼治療は初めてで少々緊張しましたが、鍼を刺すとき嫌な痛みは全くなくリラックスして治療を受ける事ができました。

正確な手際よい治療で現在3回ほど通いましたが 、最初に比べて痛みは半減しました。腕もだいぶ上がるようになりました。

治療院の場所も広島駅からほど近い便利なところですし、院内も清潔です。

完治するまでもうしばらくお世話になろうと思っています。

 

いかがでしょうか。

このように、当院の頑固な五十肩の鍼灸施術なら、社会復帰や早期回復などが実現できます。
施術に興味をお持ちの方は、ぜひお気軽にお問合せ・ご相談ください。

当院では五十肩治療を開業当初から得意領域に決めましてすでに
25年以上がすぎました。開業当初は結果を求めすぎて
強い刺激にての治療が多かったように思えます。

逆に若さか即効的治癒率も高かったような気がしております。
当時は太い中国針を多用していましてかなり効果はありましたが
その分効果がでなかったことも多かったように思います。

現在は修正に修正を重ねて改良をかさねできるだけ痛くなく弱い
刺激で早く的確に治すように心がけるようになりました。
即効を求めすぎて1~2度で治すことは以前に比べて逆に減り
ましたが確実に3回目以上の統計を見ると以前よりは効果率は
確実に毎年あがっています。5回以上来院されました統計では
さらにはっきりとした効果がでています。

患者さんも五十肩が治ったと、驚くことが多いほどです。
治療家としては即効で治そうとする姿勢が大事なのはもちろん
ですがさらに大事なのは患者さんの状態をよく把握しそのかたに
あった治療法や治療期間を考えることも大事だと思うのです。

治療家と患者さんがすこし力を抜きどちらとも余裕をもって
治療をおこなうことで治療効果もあがるんだということが
経験をつむことで25年以上たってわかりました。

ただ自分にとって五十肩治療は生涯にわたる永遠のテーマ
であることに変わりはなく患者さんに喜んでいただけますよう
さらに日々臨床を深めていきたいと思っています。

 

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご予約

082-264-7724

<営業時間>
10:00~19:00
(電話受付時間は10:00~17:00)

LINE・フォームは24時間受付です。お気軽にご連絡ください。

松鶴堂鍼灸院

住所

〒732-0052 広島県広島市東区光町1丁目11-5 チサンマンション306

アクセス

広島駅新幹線口から徒歩5分
駐車場:ウオンツの斜め前、沖本眼科の横に大型駐車場あり(有料・25分100円)

営業時間

10:00~19:00 完全予約制
(電話受付時間は10:00~17:00)
時間外はLINEかフォームから