〒732-0052 広島県広島市東区光町1丁目11-5 チサンマンション306

営業時間

10:00~19:00 完全予約制
(電話受付時間は10:00~17:00)
土日も診療、当日予約も可能

お気軽にお問合せ・ご相談ください

082-264-7724

突発性難聴・耳鳴りの鍼灸治療

 

中国上海では積極的に耳の病気に鍼治療をおこなっていました。
日本ではまず聞いた事はなかったでしょう。
それは日本でこの治療をする鍼灸師が少ないこともあるでしょう。

西洋医学での投薬だけや、何もしないで経過観察しているだけで特別何もしていないのであれば鍼灸によって進行を止めながら、少しづつ良くしていく治療もしてみればいかがでしょうか?
実は鍼は副作用もなく安全な治療ですのでぜひ1度は試してもらいたいと思っています。

実際耳鳴の鍼治療には様々な方法があります。
中国では太い針を用いて耳の周囲にたくさんうちこむように打ったり、脈をみながら日本針にて優しく手足のツボを刺激したり、ささないで皮膚にあてるだけのてい針のみにて治療したり、また首周囲に針を打ってそのあとに電気したりその部分をマッサージしたりなど・・・・

いったいこれだけいろいろなやりかたがあって、結局どういった鍼治療が効果的なんでしょうか??

耳鳴ほど様々な鍼治療のやり方が必要になる疾患はないかもしれません。
実際は西洋医学・東洋医学ともかなり手を焼くケースが多いのです。

このページでは、難関でもある耳の症状に対してどのように対応しているのか?
説明していきたいと思います。

このような悩みの方が多く来られてます

  • 早くに治さないといけない病気であることは知っている
  • 病院だけでの治療では改善しない可能性があることを知っている
  • 病院ではこれ以上の改善は難しいといわれた
  • 一生付き合っていくしかないのでいろいろ考えていたほうがいいといわれた
  • 頭全体が鳴っているようで、病院では耳鳴りではないといわれた

当院で本当に効果のあった耳の症状は

突発性難聴・耳鳴り・メニエール病の3つの症状が多くなります。それに加えて、

低音障害型感音難聴・頭鳴り・耳閉感・鼓膜障害・耳垢・中耳炎・めまい・良性発作性頭位めまい症・前庭神経炎・拍動性耳鳴・聴覚過敏・耳管開放症・血管性耳鳴・騒音性難聴・老人性難聴・音響障害・外リンパろう・脳過敏症・イヤホン難聴・ヘッドホン難聴・ライブハウス難聴

耳鳴りについて

耳鳴とは外界の音刺激がないのに自覚的に感じられる音感覚を意味し、患者のみに聞こえる一種の聴覚障害であります。

一般的に原因には感覚器官の興奮によるものがあり、音を感覚する神経の異常興奮などによるものです。この場合後頚部や側頭部へにむけて緩める施術をすれば早期に回復が期待できます。

もう1つは伝音器官の異常によるもので音を伝える中耳にある耳小骨筋の痙攣や内耳付近の血液の流れを耳鳴として感じます。
この場合は耳の前にある耳門穴を使い内部の循環を良くします。
この耳門穴への鍼は中国で良くおこなわれている方法ですが、刺入には経験が必要で上手く刺入しにくいツボですが必衰でもあります。

まず耳鳴があれば鍼灸院に来るという患者さんも多いのですが、できればまずは専門医への受診をお願いします。理由には腫瘍や脳血管障害の場合も耳鳴はおこるからです。
耳垢が鼓膜にたまることによる原因もあります。
専門医にて脳の原因でなく緊急性はないといわれれば、ぜひ早期に鍼灸治療をお受けください。

検査で異常がでないのにどうして耳鳴りが急に出るのとよく聞かれますが、患者さんのお話を聞くことで以下の時が良く発症するようですので参考に下さい。

もちろんですがその際は西洋医学との併用をお願いいたします。

耳鳴りを治すためのポイント

当院での耳鳴りの鍼灸治療における統計では肩首のコリや仕事・家庭間などストレスから耳鳴が発症するケースが多いように感じています。
またそのほかにも当院でよくみられる原因不明の耳鳴り発症のケースとして、

・患側がわの首や耳後ろあたりの異常なこり

・睡眠不足、食事のしかたなど日常のリズムが大きい方

・イヤホンやライブハウスなどの大音響

・大きなショック・ストレスな出来事があった場合

・薬を急に止めたりした場合、逆に開始した場合など

・うつ病など精神的な症状と同時に発症

・急なダイエットなど

・風邪、ヘルペスウイルスなどの熱病の後

上記のどれかのケースが多いと最近の臨床で感じていますので、それらの治療を一緒におこなっています。逆にいえばこれらが耳鳴りといっしょにある場合はおすすめでもあります。

 

突発性難聴について

当院では耳の症状を得意としていますので、多くの突発性難聴の患者さんが来られています。
3回程度の治療で改善される方は一時的なストレスやリズムの不調、内耳周囲の血流のとだえなどがあり、すぐに治療後、血流が改善してよくなっていくという方です。

また、多少の改善は見られますが、治療回数も10回以上かかってしまうタイプの方はウイルスや強いストレスの方に多いなという印象があります。そのようなケースでは早い段階でしっかりとした鍼治療をおこなうケースがあります。それをすることで普通の鍼灸治療で回復することがなかったであろう方にも効果が期待できるようになってきました。

こちらから提案していく事もありますが、しっかりと治療してみたい方はその旨をさらに強く教えていただくことで初回から院長が持っているすべての技を使っていく事になります。

治療には多少の痛みを伴います。初めての方たいしてはこちらもガッツリ治療していく事には抵抗があります。ですが、時間にとらわれている病気でもあります。ぜひ、お任せいただけるなら
初回からしっかりした治療をしたいので教えてください。

 

鍼灸施術後の聴力検査の結果1

平成29年5月23日

この時期は病院でのステロイド点滴などが主であり、効果も出ていなかった時期

平成29年8月2日

鍼灸施術を開始してから数回後の検査結果、まだまだ回復しないため、鍼灸の刺激をかえる

平成29年9月12日

鍼灸施術を強めに変更したことで、一気に回復されました。体が回復できる状態に来たためでもあります。

鍼灸施術後の聴力検査の結果2

2017年4月27日

当初は、首肩こりが強くて、その改善を狙って施術を開始しました。

2017年5月1日

効果があまり出ていないので自律神経に的を絞り、施術を再度みなおしていく。

2017年5月23日

無事、聴力の回復ができました。しばらくはメンテナンスを続けて再発防止につとめていきます。

鍼灸施術後の聴力検査の結果3

聴力検査の前後比較

鍼灸施術後の検査結果をわかりやすく比較しました。そのかたからいただいた感想は右にのせてあります。毎回このようにすぐに回復してこない場合もありますが、ストレスが強くかかっていない場合は比較的早くの回復が可能です。

鍼灸施術後の感想

なんと5/3の治療後1時間しない間に、わずかながら聞こえ始め3~4回目の治療後にはほぼ完全に聴力が回復しました。さらに、難聴の回復と同時に長年つらかった鼻炎による鼻づまりも楽になり、毎晩使用していた鼻テープも一度も使用する事なく眠れています。

突発性難聴の学術報告

鍼灸雑誌に執筆

鍼灸雑誌に突発性難聴の治療を執筆しました。
普通のツボよりも効果の高い奇穴を使い改善させる方法です。

耳鳴り・突発性難聴の鍼灸治療

耳鳴り・突発性難聴のツボは同じになります。多くの方の聴力改善に成功しております。

突発性難聴と耳鳴りの鍼灸治療

その方に合った刺激による鍼灸施術

悪いところに針をするわけではありません。悪いところから離れた場所に針をすることで自律神経を含めた免疫力や治癒力を増すツボを増やしていきます。

症状の出ている悪いところにツボがあるのは急性期だけの問題であって、ほとんどの症状は慢性化してから当院に来ることになります。

特にこのページでご紹介しているみんなが知らない鍼灸施術ではとくになってすぐに来る方はほぼ皆無でしょう。まずは西洋医学に行ってほしいですし、検査をしっかりしてから来院されるのをお勧めしておりますし、できましたら併用してくることもお勧めしております。
 

中国鍼による董氏楊氏奇穴

耳の症状の鍼灸施術で来院される症状では、西洋医学で効果が少ないから来られるわけであります。

つまり簡単な状態ではないということです。ですので少しでも効果の高い方法として、私が知っている中で鍼灸治療の最高峰である董氏楊氏奇穴のなかからツボを選んでの施術をさせていただいております。

中国家伝で伝わってきたこの方法は特殊であり、効果も絶大でもあります。本当に困った方への第1選択として当院では選んでおすすめしております。

 

刺血療法

刺血というのは、日本では刺絡ともいわれ、古代から発展してきた方法でありますが、現代では血を抜くという行為から敬遠されてきた療法であります。

この療法も本当に困った方や、どうしても少しでも改善したいなど、もしくは私のほうから絶対したほうが良いと感じた時に説明させていただく事があります。

衛生面で注意しながらおこないますので安全性はもちろんお約束できます。

 

聴力の回復に役立つ養生指導

栄養・睡眠・運動・入浴指導

ほとんどの場合は西洋医学と鍼灸を組み合わせておこなうので、ほかの施術を別のところで行うことはありません。

ですのでさらなる改善を求める場合は日常生活の改善が必衰になります。

その中でも大事なのが栄養・睡眠・運動となります。特に体力の乏しい方、すでに慢性の方、もともと耳が弱い方はぜひしてほしいですし、質問などもたくさんしていただいたらです。

中には紙に質問を書いてくれる方がいます。これは非常に助かります。
まずは生活習慣からゆっくり改善していきましょう。

ストレスやリラックスのバランス

ストレスには仕方のないこともあります。嫁姑や仕事上など。また、精神的なものだけがストレスだと思っている方も多いのですが、意外にそうでないもののほうが厄介です。

人間関係などはよくわかっているので、上手に逃げたり、自分でさまざまな症状を出したりしてわかりやすいのですが、好きでやっている仕事が実は過労であったり、睡眠は短いほうが調子が良いと思っていたが酸化ストレスにつながっていたり、1日2食で調子が良かったが実は血糖値の乱高下がおこっていたりなどなど。

ストレスには実は様々なものがあります。実は気づいていないものが原因であることも多いのです。ぜひ生活を今一度見直してみて、これはストレスなのかわからない時はぜひ院長に確認してください。

西洋医学との併用や漢方薬やサプリメント

当院では近隣の病院や薬局などとの連携も行っております。ここをみている医療関係者の中で連携に興味がある方はぜひご連絡いただけると助かります。

高圧酸素治療を行っている病院や、耳鳴りに対してさまざまな手法で治療している耳鼻科など、あなたにあった病院をご紹介しております。

また、漢方薬をおこなっている医院や、大学病院、近くの分子栄養医学をしている医院などもご紹介したり、ご紹介していただいたりもしてもらっています。

鍼灸が有効な場合、漢方薬が有効な場合、西洋医学や栄養医学などが有効な場合、いろいろあると思います。ぜひ興味のある患者さんは聞いていただけるとご紹介いたします。当院に来られていない患者さんへのご紹介は申し訳ありませんがおこなっておりません。

 

突発性難聴・耳鳴りの鍼灸施術の流れ

突発性難聴・耳鳴りの施術メニューの流れをご紹介します。

電話かLINEでのお問合せ

まずは、あなたの症状に対してすぐに鍼灸が効果があるのかを確認しなければなりません。状況に応じては緊急を感じた時はお断りし、医療機関への診療をおすすめしております。
特に耳の疾患は脳との関連があるかもしれませんので、初めての耳の症状はぜひ医療機関にて検査をおすすめします。

あなたの症状に当院での施術が可能だった場合ですが、どの先生が担当するかをまずはお伝えします。そしてその先生の診療時間にあわせて希望時間をお知らせください。
特に希望がない場合は男性院長がまずは対応していきます。

10分前の来院をお願いします

初めてですので早めに向かうことをお勧めしております。

当院は多忙にて、遅刻をしてしまうと次の患者さんも待ってしまいますので、10分前に来ていただく事をお勧めしております。カルテ記入もゆっくりできますので助かります。聴力検査や血液検査やお薬手帳などありましたら拝見します。

初めてでない場合は道にも迷うこともないでしょうから、逆にギリギリで構いません。

 

問診・カウンセリング

カルテ記入をしてもらうのですが、今までの病歴がこの症状の場合は多いことが予想できます。ですので、別紙にて、先に自宅で書いてきていただいて、それをみながらこちらで問診をするという形にしていただけると助かります。

私どもへの質問も一緒に書いていただくとさらに一石二鳥となります。患者さんも伝えたいことがすべて伝わるし、私どもも、施術で必要なところをさらに深堀して聞けますし、お互いにとってすごく助かりますので是非ご協力お願いします。

 

鍼灸施術がはじまります

あなたの身体は西洋医学のさまざまな治療を受けてきた影響でかなり疲れ果ててしまっているかもしれません。

まずは初めの3回の施術であなたに合う刺激量をしっかり見つけていかないといけません。焦らず確実にが理想です。ですので、まずは3回来ていただく事をお願いしていますし、検査をしてから結果も聞かずに来なくなるようなもので、こちらとしても意味のないことをすることにも抵抗がありますので、まずは3回をお願いしております。

 

施術後のご説明

ほとんどの方は西洋医学の治療も受けていることでしょう。その治療も効果がさらに出るように考えて鍼灸施術はおこなわれています。

身体の弱っている方はそれに加えて食事・睡眠・運動などもご指導いたします。自分のペースであわてずにおこなってください。

すでに慢性症状のかたは、施術のペースはあけながらで大丈夫です。2週、3週に1度くらいでじっくりとやらせてください。もちろんですが回復の早い方は週1でのペースがお勧めとなります。

突発性難聴・耳鳴りの鍼灸施術を利用された事例

病院の先生から何をされたの?と聞かれました

突発性難聴の患者さんから

息子 9才が11月12日に耳の不調を訴え、翌日、耳鼻咽喉科に受診し、高音域が100デシベル近い突発性難聴と診断されました。低、中音域も少し聴力低下していました。すぐにステロイドを飲み始め、そして2週間近く入院をし、高気圧酸素療法と星状結節ブロックの治療をしました。退院したときの聴力は少しだけ改善していましたが、耳鳴りも消えていませんでした。入院中にネットで凄腕の院長先生のいらっしゃる松鶴堂をみつけ、藁にもすがる思いで退院翌日に電話し、鍼を打っていただきました。退院後はほぼ毎日通って鍼を打っていただき10日後、病院の診察と聴力検査を受けてみるとなんと、低、中音域は正常範囲に、治りにくいと言われる高音域は40から50デシベルに上がっていました。病院の先生は何をされたの?と聞かれたので鍼を打ってますとつたえました。ビックリされてましたよ。耳の聞こえ自体、本人はよく聞こえると言ってます。耳鳴りはまだ残っていますが、少しずつですが小さな音になってきたと息子は言ってます。お陰さまで元気に学校に通ってます。一時は息子の将来はどうなるのかと悩みましたが、岩崎先生に出会えて本当に良かったです。今度は耳鳴りをやっつける!と岩崎先生はおっしゃってくれてます。期待しています。

ちなみに息子が鍼を打ってる期間に私がひどい咳に悩まされていたのですが、岩崎先生がそれを気にされ、とても小さな鍼のついたシールを私に貼ってくれました。すると2週間も続いてた薬を飲んでもよくならなかった発作的な咳がみるみるよくなりました。私もビックリしました。

鍼って痛いとか怖いイメージがありましたが、鍼って凄い!とイメージが変わりました。

岩崎先生、私たち親子を助けて下さってありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

 

3回でおなりました

耳鳴りの患者さんから

手術の疲労とストレスから耳鳴りがしていました。

薬をもらって飲んでましたが良くならないので

友達の紹介で初めてはりを受けました。

友達は5回の治療で治ったと言っていましたが私は3回の治療で

治りました。悩んでいる方は一度いってみてください。

 

3回治療したら耳鳴りは楽になりました

耳鳴りの患者さんから

病院では突発性難聴やメニエルなど病名を言われ半年ほど治療しましたがよくならなかったのですが知り合いから耳鳴りの治療が上手な先生がいると聞いてここに通うことになりました。

先生が耳の下のつぼを押さえたときに耳鳴りが小さくなるところがあったのがびっくりしました。首凝りと関係があるようでした。3回治療したら耳鳴りは楽になりました。

めまいはもう少しかかるとのことでゆっくりと完治をめざしていきたいとおもいます。耳が静かなことが当たり前のことと思っていたので
治ったときはすごくありがたかったです。

耳鳴りが朝から半分くらいになりました

耳鳴りの患者さんから

あれだけ毎日耳鳴りがひどかったのに今日は朝から半分くらいになっています。がんばって聞こうとしてかすかに聞こえる程度ですが気にしなければほとんど感じることがないときが多くなりました。いつもある左右の違和感が右と左の耳とくらべてみても無い。このことは発症以来1度もなかったことでして。

次の日からも引き続き朝からずっと調子よく起きてからもあまり聞こえず。聞こうと思って探してようやく耳鳴りが少しある程度。夕方に買い物に出かけたときに車の走る音とかが何かに振動し響きあうかのように耳の中で感じました。そのときから何時間か耳の中で何かが反応していて。夜になるといつの間にやら消えていました。

そういえばこれも気になっていたのですが毎朝ある膜をはったような頭の重みみたいなのがないことに気づきました。この症状も実は先生に言っていませんでしたがすごく気になる症状だったのです。確実に緩和している手ごたえがあります。次回もどうぞよろしくお願いします。

いかがでしょうか。

このように、突発性難聴と耳鳴りの鍼灸施術なら、病気の悪化を止めたりや社会復帰などが実現できる方が増えております。鍼灸施術に興味をお持ちの方は、ぜひお気軽にお問合せ・ご相談ください。

今回自分が開発した突発性難聴の治療を自分の母親に施術する機会を
経験することとなりました。まだ治療は定期的に継続中ではありますが、
無事聴力回復したことはあらためて自分が鍼灸治療を継続して
研究してきたことに対して誇りをもてるようになりました。

西洋医学と違い信用の少ない鍼灸治療ですが今後もさらに研究を重ね
さらなる結果を出していきたいと思っております。毎年行く中国での研修も耳鳴り治療のさらなる開発のためでもあります。私も日々精進しがんばっていきたいとおもっております。

私たちは、結果がすべてだと思っています。
一人でも多くの難聴や耳鳴りの患者さんが回復できるようしっかりお手伝いしていきたいです。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご予約

082-264-7724

<営業時間>
10:00~19:00
(電話受付時間は10:00~17:00)

LINE・フォームは24時間受付です。お気軽にご連絡ください。

松鶴堂鍼灸院

住所

〒732-0052 広島県広島市東区光町1丁目11-5 チサンマンション306

アクセス

広島駅新幹線口から徒歩5分
駐車場:ウオンツの斜め前、沖本眼科の横に大型駐車場あり(有料・25分100円)

営業時間

10:00~19:00 完全予約制
(電話受付時間は10:00~17:00)
時間外はLINEかフォームから