Author:
• 月曜日, 4月 23rd, 2018
Pocket

pcizon

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんこんにちは。

松鶴堂鍼灸治療院です。

 

4月になってもうすぐ1カ月が経とうとしています。

新しい環境でお仕事や勉強を始められた方なんかは、精神的な疲れは

もちろんのこと、身体的な疲れも偏って表れているのではないでしょうか?

 

当院の患者様にも、デスクワークが主体の環境で仕事をされている方において

共通した症状の原因がみられます。そんなデスクワークに拘束されるあまり

引き起こす症状をまとめて「テクノストレス症候群」といいます。

 

この言葉には様々な意味が含まれます。

大きく分けて

・テクノ不安症

・テクノ依存症(ネット依存症)

・VDT症候群(VDT障害)

上記の3つに大別されます。

 

まずテクノ不安症とは、いわゆるPC作業が嫌い!なんて方の事を意味します。

今までパソコン作業とは無縁だった方に多くみられており、会社では必須な

PC作業が苦手なのにやらなければならない・・・そんな方が作業を続けるうちに、

慣れない姿勢を強制することによる首や肩の疲労がいつもより溜まってしまいます。

 こういった患者様は身体的ストレスもさることながら、精神的ストレスの比重が

大きい方がみられる傾向にあります。

 

テクノ依存症とは、俗にいうPC中毒にあたります。

パソコンに向かう姿勢を固定されたまま数時間にわたって使い続ける方が多く、

眼精疲労も強ければ、姿勢の固定に使う首と肩の筋肉に大きな疲労が

溜まっていることが特徴的です。

 

最後のVDT症候群とは(Visual Display Terminal Syndrome)の略称で、

眼を酷使しすぎることにより引き起こされる症状をまとめてVDT症候群と

呼びます。

その主な症状とは

・目が疲れる

・目がかすむ

・視力が落ちる

・目が乾く

・物がぼやけて見える

上記のように眼に関する症状が中心になります。そのため別名では「IT眼症」

と呼ばれているほどです。

もちろん眼症状だけではなく、近い構造である首と肩にも強い疲労がみられます。

 

以上が上記に述べた3つの「テクノ依存症」の分類でした。

最近ではお仕事の関係でPCを使わないといった方の方が珍しく、患者様の数も

テクノ依存症に当てはまる方が非常に多くなってきています。

まだまだ自分は大丈夫・・なんて思われている方も、ご自身の体調を誤解されており、

突然に眼や首・肩の症状が発症する事だってあります。

 

もし今現在の段階でテクノ依存症にお困りの方がいれば、気兼ねなくご相談くださいね。

 

 

関連記事

広島市内でのPC作業やスマホいじりで首肩の疲れがとれない方の鍼灸整体治療なら

Pocket

Author:
• 水曜日, 4月 18th, 2018
Pocket

IMG_0067ok1280-600x400

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんこんにちは。

松鶴堂鍼灸治療院です。

ガン治療などに対してよく耳にする「セカンドオピニオン」という言葉の意味を

ご存知でしょうか?

セカンド(第二の)オピニオン(意見)という意味の言葉ですが、これは今現在で

自身が受けている治療の内容や自身の身体の状態を理解した上で、別の院の医師に

客観的な意見をもらうことで、治療の理解をより深めていく制度の事です。

 

よく勘違いされがちなのが、「Aの先生が嫌いだから転院しようor担当医を変えて

もらおう」といった要望です。これはセカンドオピニオンではありません。

ここで意味している「患者としての権利」というものは、担当医や治療法を好きに

選べる権利という意味ではなく、最適な治療法を選ぶために、今現在で受けている

治療の内容や自身の容態を担当医とは違う医師から意見をもらい、そこから意見を

もらう(第二の意見)事の権利という意味になります。

もう一度言いますが、あくまで意見をもらうことで治療の理解を深める権利です。

 

このセカンドオピニオンですが、ただ意見をもらって終わりではありません。

意見をもらう前に、あらかじめ担当医から紹介状を貰い、自身の検査結果や治療内容を

十分に把握した上でセカンドオピニオンをもらわなければ、 他の医師の意見と

自身の受けている治療の比較ができず、セカンドオピニオンに流されっきりになります。

そうなると現在の担当医で行っている治療に支障が及びますし、なにより患者自身が

混乱してしまいます。

 

これは一般的な病院で行われる治療から我々の鍼灸治療にも言える事ですが、

まず患者さんに治療内容を説明する時には、その治療法を分かりやすく説明します。

それでも専門知識のある患者さんばかりではないので、治療法のすべてを理解して

もらい、納得した上で治療を受けてもらえるという事は、よくある事ではありません。

 

そうすると患者さんの頭の中で「どうしてこんな治療を?」という疑念が、治療を重ねて

いくうちに少しずつ深まってくるのです。

そんな不安や疑念を解消するべくつくられた制度が、このセカンドオピニオンになります。

 

上記の通り、この制度を活用するには医者はもちろん、患者も真剣に病に向き合い、

自身の受けている治療や身体情報を確実に把握するといった熱心さがお互いに

必要になります。うまく活用することで、担当医と患者の信頼も深くなり、

治療を一緒になって積極的に取り組んでいけます。

 

私自身は、こういった患者の知る権利を発揮できる場がもっと増えればいいなと

思っております。鍼灸治療も含めた医学の発展のために、今後はより意識して

いきたいと思います。

関連記事

広島市内での身体の悩みや治療への不安によるご相談なら

 

 

Pocket

Author:
• 水曜日, 4月 11th, 2018
Pocket

849723ba5719615607a1e05c59b2def5_w

 

 

 

 

 

 

 

皆さんこんにちは。

今回はヘアドネーションという制度についてです。

 

ガンを患った患者さんは、治療のために投与した抗がん剤の

副作用により、髪が抜けてしまう方が多いのです。

そこで髪が抜けてしまった方々に、医療用ウィッグ(かつら)を提供している

NPO法人があります。人の髪の毛でウィッグをつくった方が、市販されている

人工毛より再現度が高く、自然に見えることから採用されたそうです。

 

しかし髪の毛であればなんでもいいわけではなく、一定の基準を満たす髪の毛を

提供した場合に限り、ヘアドネーションとして使える髪の毛になるのです。

 

その一定の基準とは、寄付する髪の長さが最低でも31センチ以上だという事です。

最近は芸能人の方も自分の髪を寄付されていて話題になっていますね。

 

私がこのヘアドネーションの制度を知ったのは2年ほど前、子宮頸がんを克服した

友人から教えてもらったことがきっかけです。

昨年の年末に4年ほど伸ばした髪を切ってヘアドネーションしました。

地元で美容師をしている友人も、この活動に協力していて今まで何人ものお客さんの

髪の寄付をお手伝いしてるので私もお願いすることにしました。

 

寄付や募金もそうですが、一人ひとりのちょっとした心配りの積み上がりが、誰かの

運命を大きく変化させる事になっているのです。その一助になれるきっかけに、

髪の毛を介してボランティアが行えるという事を知り、様々な世界もあるのだなぁと

感銘を受けました。

 決して利益を生むような事ではありませんが、困っている方を応援するツールにも

なるため、これからも続けていこうと思います!

 

関連記事

広島市内での頭髪の抜け落ち、脱毛にお悩みの方による鍼灸整体治療なら

Pocket

Author:
• 日曜日, 12月 24th, 2017
Pocket

 

皆さんこんにちは♪

松鶴堂鍼灸治療院の長原です。

 

 

今回は不妊治療に関する「不妊カウンセラー認定試験」を受けに行ってきました。

この試験は一体何なのかというと、不妊治療を行うために必要なカウンセラーとしての

 

スキルを身につける事を目的とした試験です。

 

その内容は生殖に関わる臓腑の解剖学、生理学から婦人科疾患や妊娠、出産に関する

 

知識や不妊治療の最新情報など、盛りだくさんの内容を学ぶことができるのです。

 

 

養成講座を受講したり、試験勉強は大変でしたが、あらためて知ることも多くこれまで

 

の学びをさらに深めることができました。

 

 

試験では私のような鍼灸師のみならず、看護師さん、培養士さん、クリニックの

 

スタッフさんなど・・・全国から様々な方が目的を持って受験に挑まれていました。

 

 

久しぶりの試験の緊張感でしたが、無事に合格することができました( ^ω^ )

 

今回の学びを今後の治療に活かしていけるよう引き続きスタッフ内での勉強もしっかり

 

行い、不妊治療に不安を感じる方や悩みを抱えていらっしゃる方へ少しでもお役に立て

 

るよう努めてまいります。

 

 

そして当院では不妊治療の無料カウンセリングを行っておりますので、お困り事やお悩み事

 

があればお気軽にご相談いただければと思います。

 

Pocket

Author:
• 木曜日, 11月 02nd, 2017
Pocket

3355377

 

 

 

 

 

 

 

皆さんこんにちは。

温活されていますか??

最近では書店に温活用の本がドッと増えていますよね。

普段は治療院のみで行うお灸の温煦作用を、自宅で気軽に

試せるようにと、改良されたのが世に出回っている温活の

方法の一部です!

 

 

そして今回は寒い今だからこそのホットな話題です!

5階の長原先生が当院の治療と併用できるよう、考案し改良した

「あずきホットパック」を冬に向けて増産しました。

 

 

かなりの完成度なのですが、作り方は比較的シンプルです!

さらしを2枚重ねで簡単に縫った袋にあずきと玄米、おこのみで

岩塩や漢方、ハーブなど入れるだけです。

 

治療院では「ホットキャビン」といって飲食店やエステでおしぼりや

タオルを温めておくものにあずき袋を入れて温めておきます。

 

患者さんに鍼を刺して置いておく時間などにお腹や足など色んな所に

置いて温めています。

 

中に入っているものが自然のものなので肌なじみがよく熱が

しっかりと体の中に届きます。簡単に手に入るものしか入っていない

ので、自宅でも簡単に作れます。自宅の場合は温め方法は電子

レンジでチンするだけでOKです。

そして2~3分温めると30分ほど温かさが持続します。

 

私はよく寝る前に2~3分チンしてお布団の中に入れて足元を

温めた後お腹の上にのせたり冷えて気になるところに使ってます。

日中も肩が重いと感じた時は肩に乗せたり腰が重い時は腰に

乗せたりお腹をあたためたり色んな使い方をしています。

 

この長原先生オリジナルのあずきホットパックが気になる方は、

是非とも5階の長原先生か2階の池田先生を指名して治療を

受けてみてくださいね。

 

また当院では、あずきホットパックの設置もですが、

「よもぎ蒸し」というヨモギの蒸気を利用した温活治療も

行っています。興味のある方はお問い合わせいただければと思います!

 

 

関連記事

広島市内での手足や骨盤の冷えに対するよもぎ蒸しやホットパックなら

Pocket

Author:
• 日曜日, 10月 15th, 2017
Pocket

WS000051

 

 

 

 

 

 

 

皆さんこんにちは。

 

皆さん接骨院や鍼灸治療院での施術を受けられていて、よく起こる現象のお話です。

それは「●●が楽になったら、次は××が痛くなったのですが・・」という内容です。

 

実際によく起こる事で、もちろん施術のミスによって起こる現象ではないのでご安心ください。

例えば肩が凝っているなど、身体の一部分に痛みが出ている方でも、全身さわって

みると腰も痛い、太ももの内側もはっている、腕や手のひらも痛い、鎖骨の下にある

筋肉や大胸筋など前側の筋肉もはっていて痛いという方が多いです。

要するに痛みを訴える1カ所を筆頭に、かなりたくさんの場所も疲れている方ですね!

 

これを聞くと

「全身が凝っているというのに、どうして方だけが痛かったんだろう?」

と疑問に思われるかもしれません。

 

それは、脳が身体の複数の痛みを同時に認識することができないような仕組みになって

いるからです。脳が感じる「痛み」という刺激は、脳にとってかなりのストレスになる

ので、人間の身体の一番痛い部分しか「痛い」と感じないようになっているのです。

 

だから肩が凝っていても股関節のストレッチをする、足底を押す、腰やお尻など押すと

いったように、とにかく一度全身を触ってその方の身体の状態を診るようにしています。

 

 

そして、患者さん一人一人の身体の使い方など考え、治療が終わって日常生活のなかで

できるようなストレッチや、トレーニング方法もお伝えするようにしています。

治療が終わったからと言って、今までと同じ生活習慣、同じ身体の使い方をしていたら

いずれは治療に来る前と同じ身体に戻ってしまいますからね。

 

ご自分のお体ですので、誰かに治してもらおうとすべて任せてしまうのではなく

自身の生活環境、養生の仕方を見直していただくことが早く治す、再発をさせない事への

道につながるのではないでしょうか。

 

われわれ治療家は、どう改善したら良くなるのか、患者さんと共に考え、これからも治療

を通じて様々なアドバイスをしていけたらと考えております。

 

 

関連記事

広島市内での全体的な疲労・痛み・辛さでお悩みの方の為の鍼灸整体治療なら

Pocket

Author:
• 木曜日, 10月 12th, 2017
Pocket

1024x753x8e4f48cdf8d9ea7120013b516748c6d0-1024x753_jpg_pagespeed_ic_SZMlLcO6DI

 

 

 

 

 

 

 

皆さんこんにちは。

今回は足指の筋力についてお話させていただきます。

 

足指の筋肉と聞いてパッとイメージしづらいかもしれませんが、

長年かけて悩んだ慢性の膝や腰の痛みの原因が、実は足指筋力の低下によるもの

だったというケースも稀ではありません。

では足指とはどんなものなのかを、簡単にお話しさせていただきます!

 

 

私たちが日常で歩いたり、立ち続けたり、思い切り走ったり、階段を昇ったりと、

主に「脚を使う」事が共通した動作を行う為に大事な筋肉はたくさんあります。

主要な筋肉は腸腰筋、大腿四頭筋、ハムストリングス(大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋)、

前脛骨筋、下腿三頭筋など挙げられますが、中でも立位(立っている状態の意)や歩行に

大きく関係する筋肉は、先ほども挙げた足指の筋肉になります。

 

 

足指の筋力の良し悪しによっては、自身が高齢者になった場合での転倒のリスクが

圧倒的に違ってくるのです。高齢者の転倒と足指の把持力(はじりょく)との関係性は

様々なエビデンスから、その重要性が認識され始めており、その筋力はトレーニングに

よって強化が可能だという事もポイントになっています。

足指の筋力強化を行うことで、単純な歩行速度の増加や片足立ちの時間が延長されたりと、

足を重心とした全ての運動遂行能力の改善がみられることが明らかです。

 

その足指筋力トレーニングの方法を、自宅でも可能なやり方でご紹介したいと思います。

「タオルギャザー」というやり方でして、床に敷いたタオルを、足指を使って

手繰り寄せることで筋力強化や、他の足部全体の筋肉と協調した働きの感覚を獲得する

ことを目的としています。

 

単純に皆さんが足指を動かす為だけに使う筋肉は、詳しくは「長趾屈筋」「長母指屈筋」

といった名前がついており、その2つの筋肉と協力して足の動きや支える力を強化している

筋肉に「前脛骨筋」と「後脛骨筋」という筋肉が存在します。

これらは「足部内在筋」というグループに含まれており、上記4つの筋肉以外にも足の

運動に関わる筋肉はたくさんあります。

なにも足指を曲げたり伸ばしたりだけが足の運動の全てではありません。今回ご紹介した

タオルギャザーでは、その中でも足指を曲げる力を強化するトレーニングの1つという

ことですね。

 

 

足指把持力は高齢者のように、加齢とともに生理的な筋力低下によって起こるケースや、

若年者でも先天的な病気を除いて運動不足や肥満などの生活習慣が原因で筋力の衰退を

招くことは珍しくありません。むしろ増加の傾向であり、若年者の患者さんでも

足指の筋力がないために歩行や身体の使い方のバランスを損ねてしまい、それが腰痛や

首の痛みの原因となっているケースも珍しくありません。

 

 

車や電車での移動が主となっている現代社会では、意識しない間にみるみる衰えてしまう

場所の1つに、この足指の筋肉が挙げられるのも頷けますよね。

 簡単にですが足指という、一見してちっぽけな部位の大事さが少しでも伝わった

かと思います。

 

運動不足でしかも身体の不調が続く・・・なんて心当たりのある方で、気になる方がいれば

是非ともご相談いただければと思います。足指のみならず、その他の骨格を広く推察する

ことで、患者さん一人一人の身体の不調の原因を突き止めさせていただきます!

 

 

 

関連記事

広島市内での足の重だるさ、浮腫における鍼灸整体治療なら

 

 

 

※※※※※※※※※※※※※※※

広島市で本格的な鍼灸整体治療をお探しなら

女性スタッフも在籍している松鶴堂鍼灸治療院

広島市で整体院・鍼灸院をお探しなら

予約受付電話  082-264-7724

診療時間  9:00~18:30 (最終受付18:00)

ご予約ご相談はこちらのお問い合わせフォームから

※※※※※※※※※※※※※※※

Pocket

Author:
• 日曜日, 8月 20th, 2017
Pocket

gatag-00005059

 

 

 

 

 

 

 

皆さんこんにちは。

今回は腰の痛みの中でも後ろに反らすと痛くなる「後屈痛」という類の

腰痛を紹介したいと思います。医学用語では後屈障害型腰痛なんて言ったりします。

これは皆さんが日常で起こる筋肉の疲れによる腰痛、いわゆる「筋筋膜性腰痛症」

ではなく、老化や筋力不足が祟ったことによって起こる背骨の変形が原因の大部分となる

タイプの腰痛です。これによって起こる疾患の中には脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア

など挙げられます。これらの疾患は、腰の後屈時の痛みがメインではなく、背骨から伸び

出ている神経を、変形した骨が圧迫してしまうことで起きる神経障害(しびれや感覚障害など)

が特徴的です。

記事を読まれて「あれ?」とご自身に当てはまる症状をお持ちの方がいれば、まずは病院

にて診断を受けることをおすすめします。

 

大半の原因が背骨の変性とのことですが、骨そのものが変形してしまっては、鍼や整体で

治療することでの骨の形を形成することは不可能です。変形の度合いによっては、手術に

よる外科的治療で背骨の中の椎骨の一部を切開したりと、大掛かりな事になってしまいます。

 

 

当院では、既に発症してしまった方の後屈障害型腰痛の症状を抑える為に、鍼とお灸による

鎮痛作用や軸索反射という原理を用いて対症療法を行っていきます。

そして骨は老化とともに老いて変形をしてしまうのが自然の摂理ですが、大事なことはその

骨の老化を加速させない事です。

そのために指導しているストレッチの中の1つを今回は乗せていきたいと思います。

 

~膝抱えストレッチ~

まずは腰とお尻の間くらいの位置に座布団やクッションを敷いて、仰向けの姿勢をとります。

その後は両膝を両手でかかえて頭の方向へググーッと引き寄せるように、腰を伸ばして

いきます。無理ない程度に伸ばしきったら、そおのままゆっくり10数えてください。

うまくできていれば、仰向けのまま体育座りをするような構図になります。

 

筋肉由来の腰痛でも、今回のような骨由来の腰痛であっても、痛みの急性期(痛みの出始め)は

とても強く痛むので、患部を無理にマッサージしたり、上記のストレッチを試す事は痛みを

増悪させる原因にもなり、最悪の場合は立てなくなってしまいます。

当院のような鍼灸や整体での治療を受けられるのであれば、程度にもよりますが、まずは症状が

引いた時期を見計らって来院されることを推奨いたします。

 

腰痛の事で不安であったりわからない事があれば、いつでもご相談くださいね。

 

関連記事

広島市内での腰を動かした時の痛みにおける鍼灸整体治療なら

Pocket

Author:
• 木曜日, 7月 27th, 2017
Pocket

0x0ss-85

 

 

 

 

 

 

皆さんこんにちは。

松鶴堂鍼灸治療院スタッフの松本です。

 

今回は新しい予約システムのお知らせです。

当院の予約システムにスマートフォンアプリであるLINEから予約が可能に

なりました!

 

LINEのIDは【syokakudo】になります!カッコ記号の【】は除いてsyokakudoと

ID検索から探していただければと思います。

今後とも様々な方法で患者さんに鍼灸治療の魅力を伝えていけたらなと思います。

よろしくお願いいたします。

 

関連記事

広島市内での不妊治療における鍼灸整体治療なら

 

Pocket

Author:
• 木曜日, 7月 13th, 2017
Pocket

 imagesXFZ7Z04L

 

 

 

 

 

 

 

皆さんこんにちは。

 いきなりですが、皆さんは自分の姿勢に自信がありますか?

前向きな姿勢といった比喩表現の意味ではなく、背中をピンと張る方の姿勢です!

 

今回はその正しい姿勢とは?という事についてです。

出かけた先で色んな方を見ていると、実に色んな姿勢の方がいますよね。

とくに目につく姿勢不良といえば、腰や背中が極端に曲がっていたりと、

そうでない方に姿勢の差は特にないように思えてしまいますよね。

 

じつはその極端な姿勢不良の他にも、細かな姿勢の特徴は膨大に存在します。

そのどれもに当てはまらず、姿勢美人でい続けられる方はほんの一握りなのです。

 

今回はその姿勢を決定する要素の中でも核の役割を成している「背骨(脊柱)」に

注目をしてみたいと思います!

正しい姿勢には人間の誰もに備わっている骨と、筋肉のつくる重心のバランスが

とても重要になってくるのです。

 

そして誤解されがちなのが、「背筋は真っすぐ!」という言葉自体は間違いでは

ありません。基本的に真っすぐが望ましいのですが、真っすぐな背筋を保つ為に

背骨は真っすぐではなく、キレイなS字のカーブを描いている必要があります。 

これは頭、首、腕、体幹(胴体)が発達して重くなると同時に、その重さを分散する

ために、成長の過程で背骨がS字に湾曲していくという生理的な現象の表れです。

 

そして当然ながら私たちの身体は、重力に逆らって背骨や骨盤の前後左右のバランスをとりながら

生活をしています。これを聞くと、バランスがとれずに倒れたりする人はいないんだから、

みんなそこそこに良い姿勢なのでは?と思われるかもしれません。

 

 

たしかに姿勢を維持はできていますよね。しかし、姿勢を維持するために最低限に必要な筋肉が

あります。背骨の両サイドにひっついている脊柱起立筋なんかがその代表ですね。

この筋肉は、骨盤と背骨の境になっている仙骨という骨から背骨の両サイドに沿って真っすぐ

伸びていき、後頭部まで発達している、姿勢維持に大事な筋肉の1つです。

 

 

その姿勢維持に必要な最低限の筋肉のみで姿勢を保っていられる方が、真の姿勢美人

ということになります。 言い換えると、必要以上の種類の筋肉をつかって姿勢を維持すると、

余計な部分に力が入ることで骨格が歪み、身に覚えのない疲れや痛みの原因になるという事です。

 

次回は背中の骨格を、今度は具体例も挙げながら姿勢不良の原因と、それが生活にどう影響するか

を説明していきたいと思います。

 

関連記事

広島市内での姿勢の悪さによる背中や腰の痛み、頭痛なら

 

 

Pocket