Author:
• 金曜日, 5月 17th, 2019
Pocket

6840882

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんこんにちは。

松鶴堂鍼灸治療院です。

そろそろスポーツ等で身体を動かすことが気持ちのいい気候になってきましたね。

いつもは運動不足な方でも、これを皮切りに運動を始めよう!なんて思われるかも

しれませんね。 たしかに暖かい季節に身体を動かすと気持ちがいいですよね。

 

ただし運動不足な方や、体調の不調次第では、こむら返りを起こしやすくなって

いるので要注意です。

 

この「こむら返り」とは、いわゆる足が「つる」現象のことです。

原因は主にミネラル不足、筋肉疲労、冷えになります。

この症状、運動不足な方に多いと思われがちですが、運動量の足りている方でも

起こってしまうリスクがあるんです。それが上記のミネラル不足や筋肉の疲労に

つながります。

 

人間が汗をかくことは常識ですよね。

それと同様に、足がつるということ自体は健康な人でも起こることがあります。

あまり頻繁に起こるようだと病気が原因の可能性もあります。足がつる病気で

代表的なものには下記のようなものがあります。

 

〇糖尿病
〇脊柱管狭窄症
〇閉そく性動脈硬化症
〇椎間板ヘルニアや変形性腰痛症などの腰痛
〇腎疾患(腎臓病)
〇肝硬変

もし頻繁に足がつるようでしたら上記に挙げた病気の可能性もあるので、病院で

診てもらいましょう。夜中や朝方に足がつる方は多く、就寝中にこむら返りの激痛で

目を覚ましてしまう方がいます。

これには日ごろの食生活(ビタミン・ミネラル不足など)、夜間に気温が低下することや、

布団による重み、日中の足の疲労などが関係してくるようです。

妊娠中にはじめて足がつるのを経験する人もいるように、足がつるのは妊娠中の

マイナートラブルです。

妊娠による骨盤のゆがみや鼠径部を圧迫されることにより足の血流がわるくなることが

関係しているようです。日ごろから運動をしている人がつる原因としては筋肉疲労をはじめ、

汗をかくことにより水分とミネラルが急激に不足することなどがあげられます。

薬の副作用が原因で足がつる場合もあります。

足がつる予防としましては、、

 

〇ミネラル・水分をしっかり摂る

〇日頃から適度な運動をする

〇足腰を冷やさない

などがあげられます。

特に足がつる予防に役立つビタミン・ミネラルは下記のようなものがあります。

マグネシウム(アーモンド、ひじきなど)

カルシウム(牛乳、切干大根など)

ビタミンB1(卵、豚肉など)

ビタミンE(ナッツ類、抹茶など)

 

長くなりましたが、こむら返りという症状は見てのとおり日常の様々な面から

対策が可能であり、頻発する方とそうでない方の差というのは、おそらく日常での

過ごし方で規則正しい運動や食生活を心がけているかどうかが大きいようです。

筋肉のつった感じ、けいれんが頻繁に起こる方は生活を見直すことはもちろんですが、

当院へご相談いただければと思います。

 

Pocket

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.
Leave a Reply