うつ病・産後うつ・統合失調症の鍼灸治療|広島の整体院


うつ病の鍼灸整体治療

何をやっても楽しくない、一日中気分が落ち込む、食欲がない、眠れないなどという状態が続いている場合、うつ病の可能性があります。うつ病は、精神的や身体的なストレスが重なることにより脳に機能障害が起きている状態です。脳がうまく働いてくれないので普段なら乗り越えられるストレスをよりつらく感じてしまいます。精神的につらいだけでなく、食べれない、眠れないなど生活に支障が出るため、日常生活を送るのがしんどくなります。
病院では薬による治療や認知行動療法などで治療を行います。ゆっくり休養をとることが大切になりますが、早めに治療を開始すると症状の改善も早まります。
鍼灸治療では、自律神経を整えて、様々な症状を改善させていきます。うつ病は脳の機能と関係の深い自律神経のバランスの崩れが大きく関わっていますので自律神経を整えることが重要と考えます。無理せず早めに治療をはじめられることをおすすめします。
当院では個別にしっかりカウンセリングを行いながら、治療をしていきますので一度ご相談ください。





鍼灸師の方は下もお読みください。

そううつの鍼灸弁証治療

一、概念


1,定義 癲―抑都症 陰症    精神異常

狂―狂躁症 陽症    言語、行為失調


病の進行
都→抑都症→狂躁症
だんだん酷くなる
湿渇に覆われて→本治


2,特徴
癲―静(陰)
相互変化
狂―動(陽)
?→心神を動かす、乱す→標
内熱清める


二、病因病机

痰濁内伏
(置伝)→生まれてからはあまり無く
、 思春期の項に友作する。(受験、恋愛)

・肝気上逆に伴なって、湿濁も上に上がっていく。
その痰濁がどこに塞がるのかで症状が決まる。

頭―高血圧
心―精神病→痰迷心?
・肝火上炎 気都化火 気虚、陽虚による化火
陽気盛
痰濁+熱 → 痰火擾心

◎湿熱中阻―脾胃湿熱
 湿熱大腸―大腸湿熱
痰熱互結
痰互オ結
痰熱心包―導赤散


三、弁証論治
1,癲証―調気化痰 寧心開穿
神門 内関   壇中  印堂  大衝  豊陵
(寧心開穿)   (調気) (寧心) (調気) (化痰)
三陰交    鳩尾→中カン 四神慈 風池
◎痰濁の位置を確認して、中焦なら鳩尾→中カンがよい

2,狂証
平肝寫火 気都化炎→肝火上大 心肝火旺
清心カク痰 労宮 人中 上カン 大斜+ 行間 豊隆 内庭 上巨虚 天枢






頭痛・むくみ

先日、こんにちは。いつもお世話になっております。0000です。
00受診できなかったためか、少し調子を崩してしまいました。
ここのところ、むくみと頭痛、首筋の痛みが続いています。
ですが、お陰様で以前のようにひどい症状はなくなりました。
00日はお休みをとれそうなので、できれば受診したいと思います。
午前中でしたら何時からでも大丈夫です。
いつも勝手を申しますが、どうぞよろしくお願いいたします。


昨日はありがとうございました。
一週間近く頭痛に悩まされていましたが治療後痛みが無くなりました。
伺った時はガンガンしていたのに帰宅した時にはほとんど痛みも消え今朝も大丈夫です。
あの辛い頭痛が無くて嬉しくてメールしました。
松鶴堂バンザイ〓って感じです。
ありがとうございました。


お世話になります。

前回に治療していただいて
『血がたりない』とのことでした。

その後3日くらいはまだダルさと頭痛が続いていたのですが
頭痛薬も飲まずに今まで過ごせております。

すごく楽になっております。
ありがとうございます!

いまは特に頭痛もだるさもないのですが
体質改善をきちんとしていこうと思ったら
次回はいつ治療にお伺いしたらよいですか?

嫌な症状がでてからお伺いでよいですか?



ただし、治療のポイントは自律神経をいかに調整するかです。
治療中はもちろんの事、次回の治療日まで安定
できますように当院では自律神経に良く効くツボを
探しだしそこにシール鍼を置いておくというやり方を
推奨しております。不安からくる諸症状にお困りの
場合は非常に効果的治療です。また鍼が怖い方や
首や背骨の歪みからくる場合もありますのでその場合は
整体治療をメインとしておこなうこともあります。



当院では中国留学者の鍼灸治療経験深い男性院長がうつ病の治療
をおこないますので、必ずご希望の方は院長の指名にて
治療をお受けください。中国と日本で学んだ鍼灸治療は免役に対しても
鍼灸整体治療により悪化を防ぎジワジワと回復する治療を西洋医学と併用することで症状の緩和を狙います。
是非うつにお悩みの方は院長による鍼灸治療をお試しください。
また自宅でのお灸治療に興味のある方は自宅灸をお教えします。
可能でありましたら当院連携先の医院で漢方の併用もおすすめします。
漢方鍼灸ともじわじわと続けることで以前と比べて体調がよくなるという
ケースが増えておりますのでぜひおすすめします。



どうしても鍼治療が怖い方はどうするべきですか?

まずはしっかり問診を取るのですが、
私は間違いなく鍼がダメ、前に余計に悪くなったとかのトラウマ
あのチク感がダメ、ツボにあたっときの痺れる感じもいや、
という方は10人来ましたら1人はきます。
それでも当院の院長は長年の実績からその方にあった刺激を
みつけて完治まで持っていくことがほとんどです。
院長曰く敏感な方ほど早く治るようです。

でもそういう問題ではなく、いくら注意をして治療をしてもらった
としてもぜったいチク感はいや、という強い不安感がいる方が
いましたらそれはそれで鍼の不適応にあたる可能性が
高くなります。可能性で言えばうちに来るうつの患者さんの
30人に1人くらいかな?と想像していますがもう少し多いかも
しれませんし少ないかもしれません。

さて本当にそういう状態であれば鍼をしない方がいいと言えます。
その場合は刺さない鍼と整体というコースをご用意しております。
皮膚が敏感なので刺さなくても効いたりする方が多いのです。
整体も非常に効果的だったりもします。

鍼灸は絶対嫌だけど鍼を刺さないなら行ってみたいという方は
是非お知らせくださいね。





【患者様からいただきました声】
広島だけでなく県外からの患者様も多く来院されている治療院です。
詳しくは下をクリックしていただき口コミサイトのエキテンさんをごらんください〜。
喜びの声  

芸能人の写真
著名な芸能人の方やプロスポーツ選手やモデルさんや医師も来院



患者さん画像患者さん画像








フォームからのご予約は前日までに、直前の場合はお電話か
携帯メール同士でsyoukakudou@ezweb.ne.jpまで
おねがいします












俳優の窪塚洋介さん来院
多数の有名人来院

トップ
同業である鍼灸師がすすめる
鍼灸に通いたくないですか?

治療家の声多数掲載

医師・病院からの推薦も

トップ
日本人で初めて会員認定治療院
中国上海市から表彰されました
本場中国直伝の技術で対応


トップ
広島の患者様喜びの声集




















3つの最新記事
トップ

トップ


広島県×鍼灸
広島県×整体
広島県×マッサージ
2017年5月時点
全部門第1位獲得
継続中の治療院