橈骨神経麻痺(下垂手)、尺骨神経麻痺の治療|広島の鍼灸整体院


橈骨神経麻痺(下垂手)、尺骨神経麻痺(鷲手)の治療
・最近つかんでいたものを良く落とすようになった
・電気針などをしてみたがその時だけよくなった気がする
・手の冷えも気になってきた
・根本的な治療はないか探している
・本当の意味での治っていくリハビリをしてみたい
といった方が多く来られています。



橈骨神経麻痺(下垂手)とは

橈骨神経麻痺とは手指や手首が伸ばしにくく(垂れ手)になり、
親指と人差し指にしびれや感覚障害を起こすものです。
運動と感覚を主っている橈骨神経の障害である。

原因:
橈骨神経が障害されやすい場所は、脇の下での圧迫、
上腕の外側での圧迫です。上腕の外側が一番障害を
受けやすい場所です。
強く圧迫するような姿勢を一定時間続けると、
気づいたときには腕はしびれ、動かなくなっていたと
いうように発症することが多く、神経が何らかの原因で
障害され、動かなくなります。

一番多いのが、腕の橈骨神経を強く圧迫したことで
起こる末梢性の神経麻痺です。前の晩、腕枕を
ずっとしていたような新婚旅行で発病される方も
多いことからハネムーン症候群とも言われます、
脇の下を挟むような姿勢を続けていた等です。
もうひとつは骨折などによる外傷性の橈骨神経麻痺麻痺
でこれは骨折した骨が神経を傷つけたり、
事故で神経を傷つけたりなどのケースです。
またギブスをはずしたら動かなくなっていたなど
ギブスの圧迫でおこるものもたまに見られます。
また、ガングリオンなどでの神経圧迫もあります。
交通事故後遺症による神経麻痺はさらに重度の時が多いです。
感覚的な手の甲のしびれもありますが、
その多くは動きの障害になります。
手首をそらすことができなくなるのでものをうまく握れないといったことが
患者さんの一番の悩みになります。

尺骨神経麻痺(鷲手)とは

尺骨神経の障害になりますが、主に指先の動きに
問題が出てきます。
小指と薬指が伸びにくくなったり、親指以外の指が
閉じたり開いたりできなくなります。
また、小指や薬指にしびれや感覚障害を起こします。
尺骨神経には圧迫をうけやすい部分があります。
守られていない神経なので事故などで損傷することも多いです。
症状としては服のボタンを上手にできなかったり、
箸をつかむことがしにくくなります。

1つ目は、肘関節(肘部管症候群)です。
肘を酷使するスポーツや作業や事故などでおこります。
また、リウマチや肘の骨折などで肘関節に変形の
ある場合には、特に誘因がなく圧迫症状が現れます。
2つ目は、小指側の手のひらで、長時間手のひら
を圧迫することにより症状が現れます(鷲手)。
具体的には小指と薬指の関節がのびっぱなしになり、
先の関節が曲がっていて、鷲手といわれております。
ひどくなると指先の痛みやしびれも伴います。

神経に問題があるのに治ってしまった方のケース

神経にて損傷など構造的な問題が発症してその変性の影響もあり
その周囲のバランスが崩れてしまいます。
それによってまたまわりがそれをかばったりすることでの影響により、神経痛などの症状が出ているケースだと感じております。
多いのが首の歪みになります。元々ある脊椎のカーブが
なくなってくることで神経を圧迫する可能性もありますが、
身体を支えることができにくくなるので、首・肩がつよくこってしまう
という症状が出ます。また神経も過敏になるので、
手がしびれたり痛くなるということもおこってきます。
このような神経麻痺は、外科処置はしなくても治る可能性の
あるものとなります。

ですので大事なのは今出ている症状が、

1、神経の変性など構造的原因で出ているのか?
2、変性など構造的問題もあるがゆがみなどほかの要因もあるのか?
3、神経麻痺といわれたけど全く変性など構造的な原因がなかった

など、それを考察していく事が非常に大事な選択です。

当院で3回治療することで3の原因であれば完治する方もいるでしょうし、
2であっても症状の軽減は狙えるものと思います。

ただただ経過観察だけしている場合は、2・3であったばあいは、
早ければ何度か治療をしていると治っていたのに、
経過観察中に筋肉はやせ細り、さらに固くなってきて、
それが原因でさらに悪化し、外科処置をしたが、2・3の理由が
解決していなかったことで、症状が軽減することなく、
さらに悪化してしまうという方を何人か見てきましたので、
やはり何を選ぶとしても、鍼灸治療を早く開始するという
選択を選ぶことが大事なんだと感じております。

2,3の方の多くは血行障害であったり、使い過ぎであったりします。




神経麻痺の鍼灸整体治療について

神経に対する血流改善を行い、橈骨神経尺骨神経の
機能を回復させます。全身の調整と局所の症状改善を
目的とした鍼治療をさせて頂いております。
早期治療が大切な病気ですので、発症初期は
病院と並行しての鍼灸治療をお勧めします。

基本的に原因がはっきりしていない場合は整形外科
での検査をしなければなりません。
それでもって原因が不明な末梢性の麻痺であるなら
鍼灸治療の最大適応になります。
特に末梢性なら病院でどこが悪いのかわかることは
ないのでしばらく様子をみようという診断を何か月も
されているケースが多いのでぜひ早期に鍼灸治療を
おすすめしたい次第です。

麻痺も慢性化をたどると末梢性であれ非常に治りが
悪くなりますので。私の治すイメージが顔面麻痺と
似ているのですが、どちらにしても麻痺系の治療の
場合は、体がその状態に慣れてしまう前に治療を
始めてほしいと思っています。発症してから2週間前後が
一番のおすすめ時期になります。検査も一通り
終わっていて診断名がついているからです。

脳疾患であればもちろんすぐということでは私たちの
適応とは言えませんが原因不明の末梢性の麻痺なら
早期に鍼灸をはじめたいです。

当院の思う神経麻痺になり易い特徴としては

・手を使う仕事に多いこと
・手作業の細かい作業をしている
・精神的な圧力がある
・誰かにその状態をみられている

という職業の方が多いと思います。

音楽家、ドクター、美容師、すし職人さんなど

どちらにしてもマヒの症状は鍼灸の適応だと
思っていますのでぜひ早期に治療をはじめて欲しいと思っています。


時間が立てば、立つほど治りにくくなってしまいますので、
麻痺の治療は、一日も早く治療を始めることが大切です。
1か月くらいしてあまりよくならないからと来院されて、
治療開始が遅れると、格段に治り方が悪くなります。
治療の方法ですが麻痺には、鍼治療がとてもよく効きます。


神経に対する血流改善を行い、橈骨神経の機能を回復させます。
橈骨神経の通る経絡である「手の少陽三焦経」の経絡を通します。
筋肉の使い方をアドバイスすることで治療効果の速度を速めます。

麻痺になったらできるだけ早くに治療を行うことが
治療期間を短くするために重要です。

ただし、治療のポイントは自律神経をいかに調整するかです。
治療中はもちろんの事、次回の治療日まで安定
できますように当院では自律神経に良く効くツボを
探しだしそこにシール鍼を置いておくというやり方を
推奨しております。不安からくる諸症状にお困りの
場合は非常に効果的治療です。また鍼が怖い方や
首や背骨の歪みからくる場合もありますのでその場合は
整体治療をメインとしておこなうこともあります。





当院では中国留学者の鍼灸治療経験深い男性院長が麻痺の治療
をおこないますので、必ずご希望の方は院長の指名にて
治療をお受けください。中国と日本で学んだ鍼灸治療は免役に対しても
鍼灸整体治療により悪化を防ぎジワジワと回復する治療を西洋医学と併用することで症状の緩和を狙います。
是非麻痺にお悩みの方は院長による鍼灸治療をお試しください。
また自宅でのお灸治療に興味のある方は自宅灸をお教えします。
可能でありましたら当院連携先の医院で漢方の併用もおすすめします。
漢方鍼灸ともじわじわと続けることで以前と比べて体調がよくなるという
ケースが増えておりますのでぜひおすすめします。



どうしても鍼治療が怖い方はどうするべきですか?

まずはしっかり問診を取るのですが、
私は間違いなく鍼がダメ、前に余計に悪くなったとかのトラウマ
あのチク感がダメ、ツボにあたっときの痺れる感じもいや、
という方は10人来ましたら1人はきます。
それでも当院の院長は長年の実績からその方にあった刺激を
みつけて完治まで持っていくことがほとんどです。
院長曰く敏感な方ほど早く治るようです。

でもそういう問題ではなく、いくら注意をして治療をしてもらった
としてもぜったいチク感はいや、という強い不安感がいる方が
いましたらそれはそれで鍼の不適応にあたる可能性が
高くなります。可能性で言えばうちに来る慢性疲労患者さんの
30人に1人くらいかな?と想像していますがもう少し多いかも
しれませんし少ないかもしれません。

さて本当にそういう状態であれば鍼をしない方がいいと言えます。
その場合は刺さない鍼と整体というコースをご用意しております。
皮膚が敏感なので刺さなくても効いたりする方が多いのです。
整体も非常に効果的だったりもします。

鍼灸は絶対嫌だけど鍼を刺さないなら行ってみたいという方は
是非お知らせくださいね。






困ったときの神頼みとはここのこと
私はいつもは自律神経が弱いのでここの治療院の
5階にある自律神経専門の先生に診てもらっているのですが、
たまに急にぎっくりになったりします。
しかも私の場合腰だけでなくぎっくり背中?にもなります。
この背中が厄介で、いつも困っているのですが、
そんなときにはここの院長先生にバトンタッチして
診てもらっています。
いつも一発で治してくれるので、またなったらすぐに来てねということで、
たすかっております。いつもたすかっています。

広島市で橈骨神経麻痺への鍼灸治療をお探しのかたはこちらへ

トップ


友だち追加

トップ

フォームからのご予約は前日までに、直前の場合はお電話か
携帯メール同士でsyoukakudou@ezweb.ne.jpまで
おねがいします。フォームから送信できない場合は
syoukakudou@y9.dion.ne.jpまでメールしてください。






俳優の窪塚洋介さん来院
多数の有名人来院

トップ
治療家の声多数掲載
医師・病院からの推薦も

トップ
日本人で初めて会員認定
中国上海市から表彰

トップ
広島の患者様喜びの声集




















3つの最新記事

トップ

トップ