小児神経症の治療|広島市東区の鍼灸整体院


小児神経症、不安障害の鍼灸整体治療
イヤイヤをよくいう
・いうことを聞いてくれない
・すぐにむくれた症状になる
・きらい、きらいと連発する
・甘やかしすぎではないかと思っている
といった方が多く来られています




小児神経症について
心理的な要素が原因となって引き起こされる
精神面や身体的な異常の総称。
よく見られる症状として、不安症状や恐怖感
(特定のものや、得体の知れないものに対する強い恐怖)や、
抑うつ感(気分がふさぎ、無気力になる)などがあります。
また突然大声をあげたり、暴れるような特異行動が
みられるケースもあります。

子供にも、神経症と呼ばれるデリケートな病気が存在します。
神経症は、心理的な要素が原因となって引き起こされる、
精神面や身体的な異常を総称した言葉です。

精神面でよく見られる症状としては、各種の恐怖症
(ある種のものごとに対して不必要な恐怖を感じること)を
はじめとして、強迫症状(得体の知れないものへの
恐怖心にかられること)、不安症状(意味もなく悩みを抱くこと)、
抑うつ感(心がふさぎこむこと)などが挙げられます。
また、それによる特異な行動として、意味不明のことを
つぶやき続けたり、突然大声をあげたり、暴れだしたりします。
また、そのような一見して異状と思える様子が見られなくても、
無気力・無関心になり、登校を嫌がって引きこもったり、
食欲をなくして拒食症になったりします。


身体的な症状としては、いわゆる”寝ぼけ”や
夜尿症も神経症の典型的な症状です。
また、なかなか眠らない、やたらと朝早くから目覚める、
よく寝言を言うといったことも、神経症の一種としての
睡眠障害であるとされています。
その他、頭痛、腹痛、嘔吐、下痢、発熱、喘息、チックなど、
神経症の身体的な症状は実に様々であり、枚挙にいとまがありません。
これらの症状の多くは、一つひとつを見た場合、
様々な疾患に見られる一般的な症状であり、直ちに
神経症と判断することは困難ですが、
このような症状のいくつかが、原因不明のまま、
頻繁にあるいは慢性的に見られるときは、医師の診察を受けてみるべきです。
一般的に、神経症の身体的な症状は、精神面の
症状に先立って見られ、より重症になることに
よって精神面の症状が現れてくると考えられています。
不登校やひきこもりの子供については、よくいじめが
原因などと見なされますが、実は、仮にいじめが実際
にあったとしても、それは不登校やひきこもりのきっかけに過ぎず、
本当の原因は神経症であると言われています。
そして、神経症の原因は幼稚園や小学校での
集団生活にあるのではなく、家庭に問題があると考えられています。
親による神経質なまでの過干渉・過関心、あるいは
強圧的態度などが、子供の精神面に悪影響を与えていると見られています。

精神面も自立神経機能も未発達の子どもは、不安や恐怖
、怒りなどの感情を爆発的に表現することがあります。
それが極端な形をとったものが夜泣き、憤怒けいれん
(息止め発作、泣き入りひきつけ)、チックなどで、
これらは小児心身症・小児神経症といわれる症状の一部です。
てんかんは神経症ではなく、明らかな脳波異常を伴う神経疾患です。



小児神経症の鍼灸マッサージ治療
小児鍼という刺さない鍼を使っていきます
子供は敏感ですので肌をなでたりさすったりする
だけでの刺激でも充分なのです

子供の自立神経を刺激し、乱れた心と身体のバランスを整えます。
子供の症状は内的要因と外的要因二つの視点を観察し
治療を行うことで、根本的な解決を導き出します。

当院では自宅でもできるように指導していきます
家でもして頂くことで早く治ることが期待できます。
鍼灸マッサージ治療
小児鍼という刺さない鍼を使っていきます
子供は敏感ですので肌をなでたりさすったりする
だけでの刺激でも充分なのです
小児神経症の治療で大事なのは、小児鍼の
治療はもちろん大事なのですが、親子のスキンシップ的な
治療も大事だとおもっています。

また、そのときに、自宅での養生的なものを自宅でも行えれるように
伝えるのですが、これはいろいろなタイプがありますので
その子のタイプに合わせてお伝えしておりますので、
それは1度目の治療時にて一緒にお知らせします。
子供の将来のために、出来るだけ早く正しい診断をし、
適切な治療、指導を行っていくことが大切です。
これらのことを専門とするのが東洋医学の小児神経治療です。

子供の自立神経を刺激し、乱れた心と身体のバランスを整えます。
子供の症状は内的要因と外的要因二つの視点を観察し
治療を行うことで、根本的な解決を導き出します。

当院では自宅でもできるように指導していきます
家でもして頂くことで早く治ることが期待できます。


詳しくは、疳の虫のページにも詳しく書いていますので
そちらのほうも参照ください。

小児神経症の治療で大事なのは、小児鍼の
治療はもちろん大事なのですが、親子のスキンシップ的な
治療も大事だとおもっています。

また、そのときに、自宅での養生的なものを自宅でも行えれるように
伝えるのですが、これはいろいろなタイプがありますので
その子のタイプに合わせてお伝えしておりますので、
それは1度目の治療時にて一緒にお知らせします。

小児神経疾患について詳しく解説

小児神経疾患とは、脳や神経、筋に何らかの異常がある小児の病気のことを言います。
病気の種類によって様々ですが、小児神経疾患が疑われる症状を紹介します。
一部の例として、自閉症、精神発達遅滞、行動異常、てんかん、脳性麻痺、筋ジストロフィーどの筋疾患、睡眠障害、脳血管障害などがあります。

ひきつけ、頭を痛がる、頭の形がおかしい、首のすわりが遅い、あやしても笑わない、
よく転ぶ、歩き方がおかしい、眼球の動きがおかしい、視線が合わない、食べ物にむせる、手足の力が入らない、
手や首を変な風に動かす、落ち着きがない、できていたことができなくなる、集団で他の人と同じ行動ができない、
聞き分けがない、好きなことをなかなか止められないなど切り替えができない、日中よく居眠りをするなどです。

子供の将来のために、出来るだけ早く正しい診断をし、適切な治療、指導を行っていくことが大切です。
これらのことを専門とするのが東洋医学の小児神経治療です。

小児鍼(小児はり)ではローラー型の子供用のハリで肌を優しく撫でることで、子供の自立神経を刺激し、乱れた心と身体のバランスを整えます。
子供の症状は内的要因と外的要因二つの視点を観察し治療を行うことで、根本的な解決を導き出します。






当院では中国留学者の鍼灸治療経験深い男性院長治療
をおこないますので、必ずご希望の方は院長の指名にて
治療をお受けください。
是非お悩みの方は院長による鍼灸治療をお試しください。
また自宅でのお灸治療に興味のある方は自宅灸をお教えします。
可能でありましたら当院連携先の医院で漢方の併用も
おすすめします。漢方鍼灸ともじわじわと続けることで以前と
比べて体調がよくなるというケースが増えておりますので
ぜひおすすめします。


どうしても鍼治療が怖い方はどうするべきですか?

まずはしっかり問診を取るのですが、
私は間違いなく鍼がダメ、前に余計に悪くなったとかのトラウマ
あのチク感がダメ、ツボにあたっときの痺れる感じもいや、
という方は10人来ましたら1人はきます。
それでも当院の院長は長年の実績からその方にあった刺激を
みつけて完治まで持っていくことがほとんどです。
院長曰く敏感な方ほど早く治るようです。

でもそういう問題ではなく、いくら注意をして治療をしてもらった
としてもぜったいチク感はいや、という強い不安感がいる方が
いましたらそれはそれで鍼の不適応にあたる可能性が
高くなります。可能性で言えばうちに来る慢性疲労患者さんの
30人に1人くらいかな?と想像していますがもう少し多いかも
しれませんし少ないかもしれません。

さて本当にそういう状態であれば鍼をしない方がいいと言えます。
その場合は刺さない鍼と整体というコースをご用意しております。
皮膚が敏感なので刺さなくても効いたりする方が多いのです。
整体も非常に効果的だったりもします。

鍼灸は絶対嫌だけど鍼を刺さないなら行ってみたいという方は
是非お知らせくださいね。


トップ


友だち追加

トップ

フォームからのご予約は前日までに、直前の場合はお電話か
携帯メール同士でsyoukakudou@ezweb.ne.jpまで
おねがいします。フォームから送信できない場合は
syoukakudou@y9.dion.ne.jpまでメールしてください。






俳優の窪塚洋介さん来院
多数の有名人来院

トップ
治療家の声多数掲載
医師・病院からの推薦も

トップ
日本人で初めて会員認定
中国上海市から表彰

トップ
広島の患者様喜びの声集




















3つの最新記事
    [an error occurred while processing this directive]

トップ

トップ