全身性エリテマトーデス(SLE)の治療|広島市の鍼灸整体院


全身性エリテマトーデス(SLE)について
全体的に調子が悪い
・薬だけでは不安がある
・調子はよかったり悪かったりの繰り返し
・将来的に不安である
・倦怠感が強く何もやる気が出ない
といった方が多く来られています




全身性エリテマトーデス(SLE)は、細胞の核成分に対する抗体を中心とした自己抗体(自分の体の成分と反応する抗体)が作られてしまうために、全身の諸臓器が侵されてしまう病気です。
よくなったり悪くなったりを繰り返し、慢性に経過します。

1万人に1人くらいが発病し、とくに20から30代の女性に多く、男女比は1対10です。
多くの臓器が侵されるため臨床所見も多彩で、関節症状、皮疹(蝶形紅斑、円板状紅斑)、中枢神経病変、腎障害、心肺病変、血液異常などがみられます。

とくに、中枢神経病変、腎障害があると命にかかわる危険性が高くなります。
全身性エリテマトーデスの原因は、抗体を作るはたらきをしているBリンパ球が異常に活性化し、それに伴い産生された自己抗体によって、特有の臓器病変が生じると考えられています。
SLEの原因はまだよくわかっていませんが、動物モデルにみられるように、複数の遺伝的要因が関与することは確実だと思われます。

これは、ヒトでも一卵性双生児でのSLE発症の一致率が約70%と高いことからも裏づけられます。こうした遺伝的素因に、何らかの外因(感染症や紫外線など)が加わって発症するものと考えられています。

また、女性に圧倒的に多いことから女性ホルモンが関与している可能性も示唆されています。
全身の症状として、発熱、全身倦怠感、易(い)疲労感、食欲不振、体重減少などがみられます。
また、皮膚や関節の症状はこの病気のほとんどの患者さんに現れます。
蝶型紅斑(頬にできる赤い発疹で、蝶が羽を広げた形に似ている)が特徴的です。
また、顔面、耳、首のまわりなどにできる円形の紅斑で、中心の色素が抜けてコインのようになるディスコイド疹もみられます。
SLEでは日光過敏を認めることが多く、強い紫外線を受けたあとに、皮膚に発疹、水ぶくれができ、発熱を伴うこともあります。

また、手のひら、手指、足の裏などにできるしもやけのような発疹も特有な症状です。
その他、大量の脱毛や、口腔内や鼻咽腔(びいんくう)に痛みのない浅い潰瘍ができたりします。
関節炎で発病する場合には、手指にはれや痛みがあるために関節リウマチと間違えられることもありますが、SLEでは関節リウマチと異なって骨の破壊を伴うことはほとんどありません。
腎症状としては、急性期に蛋白尿がみられ、尿沈渣(ちんさ)では赤血球、白血球、円柱などが多数出現するのが特徴です(テレスコープ沈渣)。

糸球体腎炎(ループス腎炎)と呼ばれる腎臓の障害は約半数に現れ、放っておくと重篤となり、ネフローゼ症候群や腎不全に進行して透析が必要になったり、命にかかわったりすることがあります。

心臓や肺では、漿膜炎,心外膜炎や胸膜炎の合併が約20%に起こります。
間質性肺炎、肺胞出血、肺高血圧症は頻度としては低いですが、難治性です。
腹痛や吐き気がみられる場合には、腸間膜の血管炎やループス腹膜炎、ループス膀胱炎に注意が必要です。

中枢神経症状(CNSループス)もループス腎炎と並んで、SLEの重篤な症状です。
多彩な精神神経症状がみられますが、なかでも、うつ状態・失見当識・妄想などの精神症状とけいれん、脳血管障害が多くみられます。
貧血、白血球減少、リンパ球減少、血小板減少などの血液の異常もよくみられます。
また、抗リン脂質抗体という抗体がある場合は、習慣性流早産、血栓症、血小板減少に基づく出血症状などの症状を伴い、抗リン脂質抗体症候群と呼ばれています。
日光暴露、感染症、妊娠、外傷、手術、薬剤アレルギーなどのSLEの増悪因子を極力避けるようにすることが大切です。

SLEでは薬剤アレルギーを有することが多いので、原則として主治医以外からの投薬は受けないようにしてください。
また、感染症を起こした場合でも、決してステロイドを中止してはいけません。
これは、長期間にわたるステロイドの内服のために副腎皮質のストレス反応が十分に起きにくくなっているため、中止すると副腎不全を起こしてショック状態になる危険があるからです。
病気の悪化を招いたり、ショックになることがあるので、ステロイドは決して勝手に減らしたりやめたりしてはいけません。
緊急の災害時にはステロイドを一緒にもって避難できるように、普段から少し余分に持っておいたほうがいいでしょう。




全身性エリテマトーデスの鍼灸整体治療
東洋医学では、生命エネルギーを気として診ていきます。血は血液とホルモンも含めて血としています。膠原病は女性の方が発症しやすいことを考えるとホルモンも含めてこの「血」の状態を整えることが必要となります。そして水は人間の体は水で出来ているということは周知の事実かと思いますがリンパ液なども含めて考えているため、免疫系を広く司る組織となります。また5つの臓器の捉え方も若干現代医学と異なります。特に膠原病において重要視すべき臓器は脾・肝・腎なのですが、どの臓器も皆様が慣れ親しんだ現代医学とは認識が若干異なります。
まず膠原繊維を主に司るのが脾であるとしています。そして脾は受け取った食べ物を適切な形(気や血)に変えて全身に送り込む消化機能全体を司る役目も担っています。つまり機能低下が起こると膠原繊維を傷つけ気や血も作れなくなり、体全てがスムーズに働けなくなります。次に肝(かん)ですがこれも現代医学の肝臓の働きだけでなく、全体的な新陳代謝に関わり気・血の調整を行う臓器としています。
ですから肝の機能が低下すると気も血も上手く体内を巡ることが出来ず、自律神経のバランスを乱し当然ながら悪影響を及ぼします。前述したようにホルモンも含めた状態で血ですから、女性ホルモンの問題が大きく関わる膠原病を悪化させる恐れは大いにあります。またストレスの影響を最も受けるのが肝であるとしており、肝の影響が絡んだ症状はストレス度によっても状態が左右される場合が多く見られます。
ストレスと膠原病が結びつかない人も多くいらっしゃるのですが、体の様々な症状がメンタル面と関わっている経験をお持ちの方はいらっしゃるのではないでしょうか。ストレスが掛かると食欲が無くなったり逆に過食になったりなどの反応でも。肝の働きは脾にも影響しますから、消化機能全般にも関わることとなり、長期化されると膠原繊維にダメージが与えられ膠原病へと発展していきます。最後に腎ですがこれも現代医学の尿を作る泌尿器の働きだけでなく、ホルモンや免疫系を広く司り、肝との協調の元働いている臓器としています。
したがって働きが鈍ると免疫系の多くの機能も正常に働けない状態となりますから体にとって多くの障害を起こします。1つ1つの組織や臓器をバラバラに診て、体に出た反応だけを捉えると膠原病は原因不明となり、途端に現代医学で対処法がなくなりますが、すべての臓器や組織を整える当院のような鍼灸治療を取りいれて頂ければ、症状改善はそれほど難しくありません。はり治療には現代医学にない認識が含まれており、それぞれの臓器や組織の関連性を言われてもピンと来ない部分があるかもしれません。しかし、人間の体は機械のように無機質に存在しているのではありません。当院のように深く鍼灸の理念を理解し、適切な治療を行えたなら多くの症状や疾患の改善に役立ちます。膠原病の症状があるのですから必ず原因が存在するのです。
鍼治療に伴う痛みはほとんど無く、それどころかむしろ心地よくて眠ってしまう方の方が多いです。「もっと早く来ておけば良かった」当院で非常に多く聞こえてくるお声です。

針灸治療は免疫の働きを整える力や、炎症を抑える力があります。 また、痛みをとることも可能ですし、内臓の働きを高める力も持っています。 まず、胃腸の調子を整えていき、血流を良くすることで症状の軽減させます。 局所の痛みに対しては、筋肉を柔らかくし、骨格矯正も加え、痛み軽減を目的とします。 全身に様々な症状が出る日常でのストレス緩和に、優しい刺激での全身調整のツボも使います。 針灸治療は万能ではありませんが、しっかりと症状を分析し鍼灸治療していきます。

免疫の異常があるのに治ってしまった方のケース

免疫の異常など構造的な問題が発症してその変性の影響もあり
その周囲のバランスが崩れてしまいます。
それによってまたまわりがそれをかばったりすることでの影響により
倦怠感などの症状が出ているケースだと感じております。
多いのが脊椎の歪みになります。元々ある脊椎のカーブが
なくなってくることで神経を圧迫する可能性もありますが、
身体を支えることができにくくなるので、首・肩がつよくこってしまう
という症状が出ます。また神経も過敏になるので、
いろんな場所ががしびれたり痛くなるということもおこってきます。
このようなSLEは外科処置はしなくても治る可能性の
あるものとなります。

ですので大事なのは今出ている症状が、

1、免疫の異常など構造的原因で出ているのか?
2、免疫など構造的問題もあるが、ゆがみなどほかの要因もプラスしてあるのか?

など、それを考察していく事が非常に大事な選択です。

当院で3回治療することで2の原因であればよくなる方もいるでしょうし、
1であっても症状の軽減は狙えるものと思います。

ただただ経過観察だけしている場合は、2であったばあいは、
早ければ何度か治療をしていると治っていたのに、
経過観察中に筋肉はやせ細り、さらに固くなってきて、
それが原因でさらに悪化し、外科処置をしたが、2の理由が
解決していなかったことで、症状が軽減することなく、
さらに悪化してしまうという方を何人か見てきましたので、
やはり何を選ぶとしても、西洋医学と併用して鍼灸治療を早く開始するという
選択を選ぶことが大事なんだと感じております。

2,3の方の多くはストレスであったり、一時的な問題であったりします。





当院では中国留学者の鍼灸治療経験深い男性院長がどこに行っても治らない
頑固な方の治療をおこないますので、必ずご希望の方は院長の指名にて
治療をお受けください。中国と日本でがっつり学んだ鍼灸治療は頑固な症状に
対しても悪化を防ぎジワジワと回復する治療をおこなっております
さらに状態によっては漢方薬と併用することで症状の緩和を狙います。
是非お悩みの方は院長による鍼灸治療をお試しください。
ただし、多少の刺激は我慢してもらう事が多いので、
鍼が全く怖くてできなさそうであれば、整体もできる矢富の治療がおすすめでもあります。
また自宅でのお灸治療に興味のある方は自宅灸をお教えします。

どうしても鍼治療が怖い方はどうするべきですか?

まずはしっかり問診を取るのですが、
私は間違いなく鍼がダメ、前に余計に悪くなったとかのトラウマ
あのチク感がダメ、ツボにあたっときの痺れる感じもいや、
という方は10人来ましたら1人はきます。
それでも当院の院長は長年の実績からその方にあった刺激を
みつけて完治まで持っていくことがほとんどです。
院長曰く敏感な方ほど早く治るようです。

でもそういう問題ではなく、いくら注意をして治療をしてもらった
としてもぜったいチク感はいや、という強い不安感がいる方が
いましたらそれはそれで鍼の不適応にあたる可能性が
高くなります。可能性で言えばうちに来る患者さんの
30人に1人くらいかな?と想像していますがもう少し多いかも
しれませんし少ないかもしれません。

さて本当にそういう状態であれば鍼をしない方がいいと言えます。
その場合は刺さない鍼と整体というコースをご用意しております。
皮膚が敏感なので刺さなくても効いたりする方が多いのです。
整体も非常に効果的だったりもします。

鍼灸は絶対嫌だけど鍼を刺さないなら行ってみたいという方は
是非お知らせくださいね。


トップ


友だち追加

トップ

フォームからのご予約は前日までに、直前の場合はお電話か
携帯メール同士でsyoukakudou@ezweb.ne.jpまで
おねがいします。フォームから送信できない場合は
syoukakudou@y9.dion.ne.jpまでメールしてください。






俳優の窪塚洋介さん来院
多数の有名人来院

トップ
治療家の声多数掲載
医師・病院からの推薦も

トップ
日本人で初めて会員認定
中国上海市から表彰

トップ
広島の患者様喜びの声集




















3つの最新記事
    [an error occurred while processing this directive]

トップ

トップ