クローン病・潰瘍性大腸炎の治療|広島市東区の鍼灸整体院


潰瘍性大腸炎とクローン病の東洋医学の考え方

潰瘍性大腸炎は主に大腸粘膜に潰瘍 やびらんができる原因不明の
非特異性炎症性疾患で厚生省から特定疾患(難病)に指定されている病気です。

増悪と寛解を繰り返し、治ったと思っても再発しやすいという特徴があります。
発病後は、10年、20年、 30年と長い期間にわたって再発を繰り返すことがあります。

クローン病は主に口腔から肛門までの全 消化管に、非連続性の慢性肉芽腫性炎症を生じる原因不明の炎症性疾患で潰瘍性大腸炎と同じく厚生省から特定疾患(難病)に指定されている病気です。

10歳代〜20歳代の若年者に好発します。男性と女性の比は、約2:1と男性に多くみられます。
この二つの疾患に共通する特徴的な症状は腹痛と下痢です。さらに発熱、下血、腹部腫瘤、体重減少、全身倦怠感、貧血などの症状も起こることがあります。

原因として、遺伝的な要因、細菌やウイルスによる感染、食事、腸管の微小な血管の血流障害などが関係すると 言われていますがはっきりした原因は分かっていません。

潰瘍性大腸炎とクローン病の鍼灸整体治療

潰瘍性大腸炎とは
潰瘍性大腸炎とは下痢や粘血便という血液や粘液の混じった
便が出てしまう状態を繰り返す病気のことです。後述する
クローン病と同じく西洋医学では治療困難なうえ、生活に
支障の出てしまう重い症状が特徴的です。
男女での患者比率は特に偏りはありませんが、生活が忙し
かったり、人よりも頑張り屋さんだったり真面目、責任感が
人一倍つよい方に多くみられる疾患です。

大腸の粘膜に障害が出ると腹痛、血便が出たりトイレに頻繁に
行き生活がままならない事も珍しくありません。
また便によって血液が流れ出てしまうため、貧血症状も出たり
します。


潰瘍性大腸炎の鍼灸整体治療とは
潰瘍性大腸炎はストレスによって身体の免疫力が低下して
いる状態で罹患する方が多いとされている疾患なため、その
対策を鍼灸治療や整体治療を混ぜていくことになります。
ストレスというのは肉体的なストレスも含まれており、精神的
なストレスだけではありません。
身体が極度に疲れていたり、その状態からより強いストレスが
加わったり、身体の冷えが増えないようにする事が大事です。
鍼灸整体治療によって身体の疲れを取り、身体全体の調整を
行ってストレスの捌けやすい環境をつくる事を目的としています。
ストレスの発生する状況は患者様によって違ってくるため、
初回の治療ではしっかりと丁寧にカウンセリングを行うことで、
患者様一人ひとりに合った治療法を提供します。
治療のことに関してわからない事があればご相談ください。


クローン病とは
クローン病とは大腸や小腸の粘膜に原因不明の炎症を起こす疾患
をいいます。日本人でも患者数は増えてきており、現代医学では
ハッキリとした治療法が見つかっていないため、罹患した多くの方が
粘膜の炎症によっておこる血便や腹痛に悩まされ、生活に支障が
出ています。
症状が一度落ち着いたかと思えば、また再発・・と繰り返しながら
長い期間を経過していく中で、症状が少しずつ悪化に向かってしまうと
腸の粘膜以外の全身の合併症を引き起こすことも珍しくありません。
おもに10代後半から20代の若い方に発症するケースが多く、日本では
患者数が約4万人以上もいるといわれています。


クローン病の鍼灸整体治療とは
鍼灸整体治療によるクローン病の治療は、低下した腸や体の
機能を回復させるための、消化器やストレスに対応したツボを
使って治療をすすめていきます。
クローン病の症状によって生活の質が落ちていくため、生活を
うまく続けていけるのだろうかという不安、いわゆるストレスの
治療も同時に行っていくことが大切になってきます。
症状が落ち着いてくると、今度は再発予防に向けて身体の機能回復を
定期的に入れていくことで、クローン病による症状の再発を
未然に防ぐことが可能となります。
こういった胃腸症状を中心とした病気の治療は、鍼だけでなく
暖かいお灸や整体を組み合わせていくことで、体質改善をより
効率的に行うことができます。
鍼治療もお灸治療も初めて受けるという方にも安心して治療を
受けていただけるよう、痛みの有無などを丁寧に確認しながら
治療を行うのでご安心ください。




【潰瘍性大腸炎でお悩みの患者様より喜びの声】



少しでも改善をと思って通い始めたのですが、少しどころか
初回から改善ははっきりわかりました。2回、3回と通うほどに
症状はどんどんよくなってきました。
一か月ほど通った頃には普通に生活ができるまでになりました。

広島で潰瘍性大腸炎の鍼治療なら 



最初の率直な感想は全く痛くなく、院長先生が軽く触るだけで
違和感のある箇所に次々と鍼を刺していくので、
凄すぎるこの先生と思いました。まだ、通い始めたばかりですが、
この病気の悩みである下痢の症状も少し落ち着き、回数が減ってきました。

広島の鍼灸で潰瘍性大腸炎なら



【クローン病でお悩みの患者様より喜びの声】



治療では、鍼を頭から足まで数十本打たれましたが、痛みは無く
気持ち良すぎて眠ってしまいそうな程で、治療後は、
体がポカポカと暖かくなり体の巡りがよくなったことを感じました。
また、便についても、下痢をすることは次第になくなり、
回数や便の状態を良好に維持できるようになりました。

広島でクローン病の鍼治療なら 






当院では中国留学者の鍼灸治療経験深い男性院長治療
をおこないますので、必ずご希望の方は院長の指名にて
治療をお受けください。中国と日本で学んだ鍼灸治療は免役に対しても
鍼灸整体治療により悪化を防ぎジワジワと回復する治療を西洋医学と併用することで症状の緩和を狙います。
是非お悩みの方は院長による鍼灸治療をお試しください。
また自宅でのお灸治療に興味のある方は自宅灸をお教えします。
可能でありましたら当院連携先の医院で漢方の併用もおすすめします。
漢方鍼灸ともじわじわと続けることで以前と比べて体調がよくなるという
ケースが増えておりますのでぜひおすすめします。



どうしても鍼治療が怖い方はどうするべきですか?

まずはしっかり問診を取るのですが、
私は間違いなく鍼がダメ、前に余計に悪くなったとかのトラウマ
あのチク感がダメ、ツボにあたっときの痺れる感じもいや、
という方は10人来ましたら1人はきます。
それでも当院の院長は長年の実績からその方にあった刺激を
みつけて完治まで持っていくことがほとんどです。
院長曰く敏感な方ほど早く治るようです。

でもそういう問題ではなく、いくら注意をして治療をしてもらった
としてもぜったいチク感はいや、という強い不安感がいる方が
いましたらそれはそれで鍼の不適応にあたる可能性が
高くなります。可能性で言えばうちに来る患者さんの
30人に1人くらいかな?と想像していますがもう少し多いかも
しれませんし少ないかもしれません。

さて本当にそういう状態であれば鍼をしない方がいいと言えます。
その場合は刺さない鍼と整体というコースをご用意しております。
皮膚が敏感なので刺さなくても効いたりする方が多いのです。
整体も非常に効果的だったりもします。

鍼灸は絶対嫌だけど鍼を刺さないなら行ってみたいという方は
是非お知らせくださいね。



ここから下は鍼灸師のみお読みください。


泄瀉の鍼灸弁証治療

定義  泄瀉(下痢)
      排便回数が増え、形をなさないもの。粥のように薄いもの
       (ひどくなると水様便のようなものもある)。
      湿邪、寒湿、陽虚
     
     泄瀉+しぶり腹(裏急後重)→腹痛、急性の場合、肛門灼熱感、発熱(血液感染等敗血症のような症状)
                       湿熱邪
                       (急性大腸炎)

特徴  泄…外感:胃腸性の風邪⇒湿、稀に湿熱
        内傷(慢性):内臓の働きの失調⇒湿、稀に湿熱

     下…食中毒(飲食)、外感⇒湿熱毒邪(伝染性)
        慢性になると下痢になることがある

病因病機   ポイントは゛湿″何種類あるか。
         ゛無湿不成泄″          *水と物質(土)の入った鍋を火にかける。
                             →火が弱いと水液物質にならず、湿になる(脾の失調)
 
        [脾胃大腸の異常(湿)]
          a.脾が虚すれば、運化ができずに湿を生む。

          b.腎虚(陽気←程度がひどい場合)。
             水を主る、二陰に開キョウす。
             ゛火(=腎陽)不生土″

          c.肝気鬱結による肝脾不和
            (情志不和)

          d.飲食不節…暴飲暴食、不潔

          e.外感湿邪…風湿、寒湿(冬)、暑湿(夏)    *寒湿…関節に入ればRA、胃に入れば泄瀉
            (外感感受)                    *暑湿…津液を損傷し、湿を伴なう。泄瀉・下痢も
                                             みられる。
      
        ●夏の子供の下痢・膨満→ショック状態に陥ることも…。
                         通便、洗腸できれいに邪毒を取り除く。
                         検査を行なう必要あり。

        ●湿は、肺へ行って全身に送られることはない。
          脾にある湿はそのまま大腸・膀胱にたまる。

        ●回数が多いと口渇(熱ではない脱水症状)になることがある。

        ●便色…赤い色 赤白痢
              白い色 湿が強い


弁証論治  @寒熱虚実の区別
            寒…消化されていない(泄瀉)
            熱…色が深く悪臭がある(下痢)
            虚…慢性、元気不足
            実…急性

        A脾気虚…健脾止瀉
         脾陽虚…温陽
          ゛湿邪を取り除く⇒健脾化痰
           患者のタイプによって使い分ける。
             解表、理気、導滞、通便(湿熱による)
                          大腸につまってる
            ●通因通用…通便。                          ●上・中焦→嘔吐  
                     臓腑の機能低下失調はだめ。              下焦…下法
                     熱毒邪を早く体から取り除く。(暴飲暴食等)   ●痰上焦→化痰
             ・大承気湯→通便作用だけではなく毒邪を取り除くため         吐…痰液を取り除く
             ・補剤→元気を補って大便を通腸する

       B治療中は飲食に注意
              急性・慢性…急性でも相対的(普通の状態と比べて)にみると抵抗力は落ちている。
           ●邪気があると、普段虚証の人でも実証。


  [基本穴] 天枢、足三里(健脾化湿)         *気虚…灸
                                   陽虚…灸(灸頭針+附子灸等)気虚よりも必要になってくる
 a.外感  寒湿…合谷(瀉法)、肺ユ(瀉法)…灸
                      *肺は大腸と表裏関係
        湿熱…陰陵泉(瀉法)、曲池(瀉法)、大椎(瀉法)
                      *曲池は内外の熱邪を取りのぞく。
                       大椎は外邪、発熱(中暑など) 解表

 b.飲食   内関(悪心)、中カン(導滞和中)、合谷、大腸ユ *全て瀉法

 c.肝脾不和   太衝(瀉法)、陽陵泉(瀉法)、三陰交(平補平瀉)、肝ユ(瀉法)、脾ユ(補法)
                             *三陰交は肝・脾・腎の調節、湿を瀉す

 d.脾胃気虚   肝・脾・胃の補法、中カン(補法)…灸

 e.腎陽不足   関元、腎ユ、命門、脾ユ、胃ユ…灸
            命門火衰(火不生土)…脾虚の原因は火の原因
                           火→ポイントは命門
                           脾腎同治


 *補足*
       下痢…湿熱毒邪の治療
             上巨虚…通因通用(通便)
             内庭…内熱を清す
             合谷・曲池…大腸にある熱毒邪を取り除く(外にしろ、内にしろ)
             曲池…気分にある邪気を取り除く(高熱)、血分にあっても効く

           ●免疫機能を高める治療
              置針(一時間)。5分ごとに刺激を加えたほうが良い。パルスも。





患者さん画像患者さん画像





フォームからのご予約は前日までに、直前の場合はお電話か
携帯メール同士でsyoukakudou@ezweb.ne.jpまで
おねがいします。フォームから送信できない場合は
syoukakudou@y9.dion.ne.jpまでメールしてください。










俳優の窪塚洋介さん来院
著名な有名人も多数来院

トップ
同業である鍼灸師がすすめる
鍼灸に通いたくないですか?

治療家の声多数掲載

医師・病院の推薦も

トップ
日本人で初めて会員認定治療院
中国上海市から表彰されました
本場中国直伝の技術で対応


トップ
広島の患者様喜びの声集




















3つの最新記事
トップ

トップ