生理不順の治療|広島市の鍼灸整体院

生理不順について
・規則正しく生理が来ない
・生理痛が強くて学校を休む
・毎月が苦痛で仕方がない
・薬を飲むことに抵抗がある
・根本的に治したいと考えている
といった方が多くこられています。




生理不順について
生理が来ない、生理周期が不順である、
1か月に生理が二回きた、、、など月経に関する
不安をお持ちの方が増えてきています。

このような生理不順が起こる原因は、排卵機能の
問題もありますがストレス、過労、肥満、無理な
ダイエットなどによるホルモンバランスの崩れに
よるものも珍しくありません。

このように月経は環境やストレス、体調が大きく影響しますので
月経は心と身体の状態を現しているといえます。

生理不順を改善させるにはまず根本的な生活環境の改善と
まずは乱れてしまっている女性ホルモンのバランスを
安定させることがポイントになります。

生理不順とは、「周期の25日〜38日で次の生理がくる、
周期のペースがズレても7日以内、1回の生理は3〜7日
続いている」この周期から以外の状態が3カ月続く状態を
いいます。
具体的には24日以内、39日以上の間隔で生理を繰り返す
時や、毎月長くなったり短くなったりすることをいいます。

そもそも生理は、女性ホルモンである卵胞ホルモンと、
黄体ホルモンという2つの生理物質によってコントロール
されています。卵胞ホルモンによって成長した卵子が排卵
され、受精卵を受け止めるための子宮内膜がぶ厚くなります。

その後は、黄体ホルモンによって子宮内膜のぶ厚い状態が
維持されるのですが、妊娠をせずに子宮内膜が不要になった
時、この子宮内膜がはがれて「生理」という形で外に流れ出
ていきます。この一連の周期を生理といいます。

月経・生理の周期や機関が定まらないのは、この女性ホルモン
のバランスが乱れていると考えられます。基本的には先ほど
も挙げた2種類の女性ホルモンである卵胞ホルモン・黄体
ホルモンによってコントロールされています。
そしてその女性ホルモンはというと、脳の視床下部や脳下垂体
という場所で生産し、卵巣に届けるという工場の物流サイクル
のような関係にあります。この三つの器官が関係し合ってい
るので、そのうちのどれかのひとつにトラブルが発生すれば、
すぐに月経・生理に影響がでてしまいます。

放置したまま慢性化すると、妊娠できにくい身体になったり、
肩こり、頭痛、肌荒れが強くなったりと、様々な不調が出る
リスクが上がります。

免疫の異常があるのに治ってしまった方のケース

免疫の異常など構造的な問題が発症してその変性の影響もあり その周囲のバランスが崩れてしまいます。 それによってまたまわりがそれをかばったりすることでの影響により 生理不順などの症状が出ているケースだと感じております。 多いのが脊椎の歪みになります。元々ある脊椎のカーブが なくなってくることで神経を圧迫する可能性もありますが、 身体を支えることができにくくなるので、首・肩がつよくこってしまう という症状が出ます。また神経も過敏になるので、 いろんな場所ががしびれたり痛くなるということもおこってきます。 このような生理不順は積極治療はしなくても治る可能性の あるものとなります。

ですので大事なのは今出ている症状が、
1、免疫の異常など構造的原因で出ているのか?
2、変性など構造的問題もあるがゆがみなどほかの要因もあるのか?
3、生理不順といわれたけど全く変性など構造的な原因がなかった

など、それを考察していく事が非常に大事な選択です。 当院で3回治療することで3の原因であれば完治する方もいるでしょうし、 2であっても症状の軽減は狙えるものと思います。 ただただ経過観察だけしている場合は、2・3であったばあいは、 早ければ何度か治療をしていると治っていたのに、 経過観察中に筋肉はやせ細り、さらに固くなってきて、 それが原因でさらに悪化し、外科処置をしたが、2・3の理由が 解決していなかったことで、症状が軽減することなく、 さらに悪化してしまうという方を何人か見てきましたので、 やはり何を選ぶとしても、鍼灸治療を早く開始するという 選択を選ぶことが大事なんだと感じております。
2,3の方の多くは体質的な問題であったり、一時的な問題であったりします。




生理不順の鍼灸整体治療について

当院で行う生理不順の治療は、鍼灸治療と整体治療を混ぜて
行うケースが多いです。生理不順を解消するために鍼灸治療
を行うことは頻繁にあります。当院でも同じ症状で来院される
患者さんはかなり多いです。
生理不順そのものを正す事はもちろん大事なのですが、それより
も大事な事があります。それは生理不順に至るまでの真の原因
を治療してしまうという事です。

女性ホルモンのバランスを崩している原因がどこから起こって
いるのかを、カウンセリングと検査によって割り出します。
そこで出てくるものは、大半がストレスによるものです。
ストレスとは、精神的ストレスと肉体的ストレスのどちらも
意味します。
仕事をしながらの女性が多い昨今で、女性もまた男性と同様に
ストレスに晒されやすい状況が増えています。
そのストレスによって自律神経が乱れます。自律神経の機能には
血流をコントロールする働きがあり、脳に血液が満足にいかない
と、先ほども挙げた女性ホルモンを作る器官である脳の下垂体と
いう場所がうまく働かず、結果として生理をコントロールする
材料である女性ホルモンがうまく作られなくなります。

そのストレスを生理不順の治療と同時に行うことが大事です。
ストレスの源は患者さんによって違ってくるので、治療と同時に
行うカウンセリングによって、ストレスの源を受け入れて向き合う
ことで、生理不順の原因を少しでも多く排除していこうという
狙いです。生理不順の治療のことで分からないことがあれば、
なんでもご相談ください。


鍼灸整体治療ではおひとりおひとり体質にあった
治療を行い、 心と身体のバランスを整えていくことに
よって生理不順を改善させていきます。
婦人科系の症状でお悩みの方は一度ご相談ください。

ホルモンのお悩みは女性専門の先生である
5階の長原や、7階の松本が担当する事が多いので、
女性の先生が良い場合はお知らせくださいね。






当院では中国留学者の鍼灸治療経験深い男性院長がどこに行っても治らない
頑固な方の治療をおこないますので、必ずご希望の方は院長の指名にて
治療をお受けください。中国と日本でがっつり学んだ鍼灸治療は頑固な症状に
対しても悪化を防ぎジワジワと回復する治療をおこなっております
さらに状態によっては漢方薬と併用することで症状の緩和を狙います。
是非お悩みの方は院長による鍼灸治療をお試しください。
ただし、多少の刺激は我慢してもらう事が多いので、
鍼が全く怖くてできなさそうであれば、整体もできる矢富の治療がおすすめでもあります。
また自宅でのお灸治療に興味のある方は自宅灸をお教えします。


どうしても鍼治療が怖い方はどうするべきですか?

まずはしっかり問診を取るのですが、
私は間違いなく鍼がダメ、前に余計に悪くなったとかのトラウマが強い方、
あのチク感がダメ、ツボにあたっときの痺れる感じもいや、
という方は10人来ましたら必ず1人はきます。
それでも当院の院長は長年の実績からその方にあった刺激を
みつけて完治まで持っていくことがほとんどです。
院長曰く敏感な方ほど早く治るようです。

でもそういう問題ではなく、いくら注意をして治療をしてもらった
としてもぜったいチク感はいや、という強い不安感がいる方が
いましたらそれはそれで鍼の不適応にあたる可能性が
高くなります。可能性で言えばうちに来る患者さんの
30人に1人くらいかな?と想像していますがもう少し多いかも
しれませんし少ないかもしれません。

さて本当にそういう状態であれば鍼をしない方がいいと言えます。
その場合は痛くない鍼と整体マッサージというコースをご用意しております。
皮膚が敏感なので刺さなくても手技だけで効いたりする方が多いのです。
当院独自の整体マッサージも非常に効果的だったりもします。

鍼灸は絶対嫌だけど痛くない鍼と整体マッサージなら行ってみたいという方は
是非お知らせくださいね。ご予約の際に痛くない鍼でとお知らせくださいね。


トップ


友だち追加

トップ

フォームからのご予約は前日までに、直前の場合はお電話か
携帯メール同士でsyoukakudou@ezweb.ne.jpまで
おねがいします。フォームから送信できない場合は
syoukakudou@y9.dion.ne.jpまでメールしてください。







俳優の窪塚洋介さん来院
多数の有名人来院

トップ
治療家の声多数掲載
医師・病院からの推薦も

トップ
日本人で初めて会員認定
中国上海市から表彰

トップ
広島の患者様喜びの声集




















3つの最新記事

トップ

トップ