頚肋・ろくさ症候群の治療|広島市の鍼灸整体院


頚肋・ろくさ症候群の治療
・腕がしびれる感じがする
・電車の釣り革が持てない
・胸あたりが痛い時がある
・腕が痛かったりだるかったりする
・検査をしたが特に異常はないといわれた
といった方が多く来られています



頚肋・ろくさ症候群とは
胸郭出口症候群の一つで
鎖骨と第1肋骨の間で神経が圧迫されて起こります。

肋鎖症候群は名前の通りですが、肋骨と鎖骨の間を通る神経や
血管が何らかの原因によって圧迫されてしまう事で起こる疾患
です。肋骨と鎖骨の隙間が狭くなることにより発症するので、
撫で肩の女性や、仕事上で腕を挙げることを中心とした力仕事
を生業にしているの方に多く見られ、発症してしまった際の
症状は、腕や手に痛みや痺れがみられ、症状が進行した場合
では手の冷たい感じや感覚障害などに発展してしまいます。

この肋鎖症候群とは、胸郭出口症候群という疾患のうちの1つ
と考えられており、首から伸びる腕神経叢という太い神経の
束が肋骨、鎖骨の間のどこかで締め付けられるかで疾患名が
変わりますが、発症の原因は先ほども挙げたように仕事で腕
や肩の筋肉を酷使したり、首の筋肉の緊張が常に起きている
ような方に起きやすい疾患です。
胸郭出口症候群には、肋鎖症候群だけでなく他には過外転
症候群や斜角筋症候群などがあります。

この肋鎖症候群(胸郭出口症候群)は、主に20代から30代
の首が長く撫で肩の女性に多いと先ほど挙げましたが、罹患率
が男性の約2から3倍です。女性は男性に比べると、首回りの
筋力が少ないにも関わらず首が不安定なので、筋肉の緊張を
起こしやすいためと言われています。
また最近ではスマホの使い過ぎによって首の疲労が加速して
いるとの報告があります。

原因

筋力低下
運動前のストレッチ不足
ラケットやクラブの不適切なスウィング
筋肉の酷使や長時間のデスクワークによる猫背

症状

初期段階では首や肩上部肩甲骨周辺に凝り
次の段階では物がつかめづらいや首を後ろ斜めに反らす時に痛み
さらにひどくなると痛みやしびれ

胸椎に問題があるのに治ってしまった方のケース

胸椎にて変形など構造的な問題が発症してその変形の影響もあり
その周囲の胸椎のバランスが崩れてしまいます。
それによってまたまわりがそれをかばったりすることでの影響により
神経痛などの症状が出ているケースだと感じております。
多いのが胸椎の歪みになります。元々ある脊椎のカーブが
なくなってくることで神経を圧迫する可能性もありますが、
身体を支えることができにくくなるので、背中・肩がつよくこってしまう
という症状が出ます。また神経も過敏になるので、
手がしびれたり痛くなるということもおこってきます。
このような肋鎖症候群は手術はしなくても治る可能性の
あるものとなります。

ですので大事なのは今出ている症状が、

1、胸椎の変形など構造的原因で出ているのか?
2、変形など構造的問題もあるがゆがみなどほかの要因もあるのか?
3、ろくさ症候群といわれたけど全く変形など構造的な原因がなかった

など、それを考察していく事が非常に大事な選択です。

当院で3回治療することで3の原因であれば完治する方もいるでしょうし、
2であっても症状の軽減は狙えるものと思います。

ただただ経過観察だけしている場合は、2・3であったばあいは、
早ければ何度か治療をしていると治っていたのに、
経過観察中に筋肉はやせ細り、さらに固くなってきて、
それが原因でさらに悪化し、手術をしたが、2・3の理由が
解決していなかったことで、症状が軽減することなく、
さらに悪化してしまうという方を何人か見てきましたので、
やはり何を選ぶとしても、鍼灸治療を早く開始するという
選択を選ぶことが大事なんだと感じております。

2,3の方の多くは筋肉性のコリであったり猫背であったりします。



頚肋・ろくさ症候群の鍼灸整体治療

鍼灸整体ではひどい痛みをだしている
患部の神経の興奮を鎮め自己治癒能力を高めます。

当院の鍼灸治療では対象の神経と関連のある筋肉を緩めたり、
整体治療によって骨や筋肉の配列を正しい位置に戻すことで
神経と血管が通るトンネルのような組織が圧迫を再び受けない
ように治療をしていきます。元々が筋肉の緊張によるものが
多い疾患なため、日常で仕事などの関係で筋肉に負担が加わり
やすい方は、一度の治療で症状がおさまっても、再び筋肉への
負担がかかることで症状の再発リスクが高いです。
そのため症状の緩和と戻ることをジワジワと繰り返しながら
にはなりますが、中期〜長期的な治療計画によって、確実に
症状緩和と再発防止を実現しているケースが多いです。

症状が落ち着いてきてからは、当院で行っている整体治療も
併せて行うことでより効果的に治療とリハビリを進めることが
できますので併用をお勧めしています。
また日常生活での姿勢やストレッチの指導で、より持続性の
ある治療とリハビリテーションを目指します。
放っておいたり、症状が進行したまま更なる筋肉や頚部への
負担が増えることで、筋肉が萎縮して動きが悪くなったり、
腕を挙げること自体が困難になってしまったりと、生活に
大きなダメージを与えてしまいますので、症状の強い間は
早期治療をお勧めしています。


また首の周りの筋肉の凝りや張りに対して
治療を行うことで血液の流れを回復させからだの
新陳代謝の活性化、細胞の分裂促進を促し炎症の回復を助けます。

さらには姿勢のバランスを
正しくさせることで症状の悪化・再発を防ぎます。

鍼灸と矯正を行うことで
治療効果はさらにあがっていきます。






当院では中国留学者の鍼灸治療経験深い男性院長が治療
をおこないますので、必ずご希望の方は院長の指名にて
治療をお受けください。中国と日本で学んだ鍼灸治療は免役に対しても
鍼灸整体治療により悪化を防ぎジワジワと回復する治療を西洋医学と併用することで症状の緩和を狙います。
是非お悩みの方は院長による鍼灸治療をお試しください。
また自宅でのお灸治療に興味のある方は自宅灸をお教えします。
可能でありましたら当院連携先の医院で漢方の併用もおすすめします。
漢方鍼灸ともじわじわと続けることで以前と比べて体調がよくなるという
ケースが増えておりますのでぜひおすすめします。

どうしても鍼治療が怖い方はどうするべきですか?

まずはしっかり問診を取るのですが、
私は間違いなく鍼がダメ、前に余計に悪くなったとかのトラウマ
あのチク感がダメ、ツボにあたっときの痺れる感じもいや、
という方は10人来ましたら1人はきます。
それでも当院の院長は長年の実績からその方にあった刺激を
みつけて完治まで持っていくことがほとんどです。
院長曰く敏感な方ほど早く治るようです。

でもそういう問題ではなく、いくら注意をして治療をしてもらった
としてもぜったいチク感はいや、という強い不安感がいる方が
いましたらそれはそれで鍼の不適応にあたる可能性が
高くなります。可能性で言えばうちに来る坐骨神経痛患者さんの
30人に1人くらいかな?と想像していますがもう少し多いかも
しれませんし少ないかもしれません。

さて本当にそういう状態であれば鍼をしない方がいいと言えます。
その場合は刺さない鍼と整体というコースをご用意しております。
皮膚が敏感なので刺さなくても効いたりする方が多いのです。
整体も非常に効果的だったりもします。

鍼灸は絶対嫌だけど鍼を刺さないなら行ってみたいという方は
是非お知らせくださいね。

トップ


友だち追加

トップ

フォームからのご予約は前日までに、直前の場合はお電話か
携帯メール同士でsyoukakudou@ezweb.ne.jpまで
おねがいします。フォームから送信できない場合は
syoukakudou@y9.dion.ne.jpまでメールしてください。






俳優の窪塚洋介さん来院
多数の有名人来院

トップ
治療家の声多数掲載
医師・病院からの推薦も

トップ
日本人で初めて会員認定
中国上海市から表彰

トップ
広島の患者様喜びの声集




















3つの最新記事

トップ

トップ