パーキンソン・多系統委縮症の治療|広島市の鍼灸整体院

病院で改善しないパーキンソンによる
手のふるえや歩きづらい、動きが遅くなる、
筋肉が硬くなるという症状に対して、
当院の鍼治療は有効なのか?

・できるだけ自分のことをしたいと考えている
・日常生活はできるようになりたい
・だんだん悪化していくのをとめたい
・足が震えて歩行困難になる。
・薬が効きにくくなっているのを感じる
といった方が多く来られています。

脳卒中後遺症の鍼灸整体治療はこちらへ


パーキンソン病に関してはパーキンソンにてみられる
諸症状の改善を目的としています。それにより日常生活の
向上をあげることで病気に対する抵抗力をあげ悪化を防ぎます。
若年性の場合はそのまま完治に近い状態まで回復した例もあります。
ただただ経過を観察しているだけでしたら積極的に鍼灸による
リハビリを開始しませんか?多くの方に喜んで頂けております。


パーキンソン病ででお悩みだった患者様より喜びの声



去年の夏ごろから突然手足の震えが出てきて、一時外出も
大変な状態でした。パーキンソンは治療法が無くて、
薬で症状を抑えるだけと言われ最後の望みを託して、思い切って
知人に聞いた鍼灸院へお願いすることにしました

広島でパーキンソン病の鍼治療なら 



パーキンソン病とは?

ドーパミン代謝異常により錐体外路系神経核の変性をきたし
黒質緻密帯および線条体におけるドーパミン不足と相対的な
アセチルコリン系の増加がみられる。しかし根本原因は不明
である。中年以降に多く発生し、からだの運動機能に対して
障害が出てくることで、徐々に体が動かなくなってくる
進行性の錐体外路系徴候を主徴とした神経疾患である
そのため病気が進行してしまい長い闘病生活の末寝たきりに
なる可能性もある恐い病気で医師を含めた多くの方が難病と
とらえています。

ですが最近になって難病ではないと指摘する医師も
多くなってきたようです。 それにはパーキンソン病の原因の
1つに自律神経異常があるとされているからです。
多くの病気は元々自律神経の乱れによって免疫が低下することに
よっておこり自律神経のバランスを整えれば多くの病気は
治るのでは? といわれています。そこで東洋医学である
鍼灸にこの役目を期待できないか?
といわれています。
現在当院でも多くのパーキンソン患者さんにきていただいて
いるのですがほとんどの患者さんに便秘や不眠や無気力など
の自律神経異常が見られます。

パーキンソン病でみられる自律神経異常とはいわゆる
交感神経が興奮するパターンです。交感神経が興奮すれば
アドレナリンが分泌され心臓の鼓動が早まり血管が収縮し血圧が
上がり心身は活動的になります。こういう状態が平素からずっとある
わけです。これでは当然身体は疲れはて脳の異常をひきおこすのは
当然のことでしょう。元々はストレスからくる自律神経失調症ですが
病気がすすめば血流障害がおこりパーキンソン病に発展する
こともじゅうぶん考えられるわけです。
ですのでまずは自律神経を調節することが大事になります。

要略するとパーキンソン病の原因は交感神経の過度な
緊張状態で生じた脳血管の虚血であるといえます
そのなかでもドーパミンが特異的に減少するのはドーパミン
産生細胞は神経細胞の中でも血流を豊富に要求し血液不足
の影響を最も受けやすい細胞のためと解釈できるのです。




パーキンソン病情報館は脳梗塞の患者、家族、友人の
方達のご要望に合った治療院との出会いの一助となること
を目指している全国治療院ポータルサイトです。
当院も登録しております。

治療におけるポイントには

1、猫背やストレートネックなどの問題
同じ姿勢での緊張状態である作業においてパーキンソンはなりやすいです。
多くの方の特徴ですが、猫背やストレートネックの方が多いように思えます。
背中が丸くなっていることで常にお腹が縮んでしまっている
かたにおおいです。ですので、そのあたりの緊張を取る治療も
併用すべきです。もし、座位時の姿勢や長時間のゲームや、
デスクワークでの事務作業やPC作業などに身に覚えの
ある方は鍼灸だけでなく整体も併用したほうをおすすめしております。
特にストレートネックは下向き作業や同じ方角のみを見続けて
いる方も多いので、姿勢の注意は必衰になりますね。

2、食べるものに関して
特にパーキンソンの場合は便秘の方が多いです。
胃腸の症状ですから食べ物も関与しております。
好き嫌いが多い場合や、同じものなどばかし食べている方、
コンビニ食や野菜不足や乳酸菌や食物繊維不足など
思い当たる節がある方はそれを修正すべきです。
社会人の方で食生活が変わった方などがポイントですね。
退職してで自宅でいる方も、偏食が多かったり、
仕事しながらよくお菓子などを食べている場合は
それを治していく事で快便快調になってきたというのは多いですね。

3、ストレスに関して
まじめな方がパーキンソンになる方が多いです。
これは一概にこれだとか見つかりにくいことが多いですね。
総合的な問題でいろんなストレスが重なり合ってでるかたも
多いです。せめて思い当たる中での大きいもの
一つだけでもストレスを緩和できれば一番です。
もし仕事とか嫁姑など、そのようなものが原因の場合は
減らすのは難しいので、楽しいことをご褒美として
与えていく事でリラックスが深まるかと思います。
それにプラスしてよい睡眠が取れれば緩和されていきます。

4、リズムを整えていく事
規則正しい生活をしていない方になりやすいです。
睡眠時間や食事の時間や仕事する時間などを
いつも同じリズムにしていく事で自律神経の乱れを
調整していくのが大事です。
はじめは大きく乱れていますので、まずは治療で整えてからは
自宅でのお灸指導にてさらにリズムが整うように持っていきます。
初めから状態の悪い方は漢方薬との併用も早くから行います。
まずは朝起きれることになること、ここからがスタートですね。

すべてを総合してのバランスが最後のポイントです。
東洋医学では鍼灸や漢方薬などを併用しながら
そのバランスを整えていく医学になります。
多くの方が回復されておりますので、
ぜひ鍼灸治療を試していただきたいと考えております。



パーキンソンの症状を鍼灸で回復させるには?
主な症状に関しての対応
・手足が震える
・筋肉の強いこわばり
・鈍く鈍感になり動きが遅くなる
・歩きだしたら止まらない
・転倒しやすくなり骨折しやすくもなる

パーキンソンの回復には以下の2つの点が大事になります。

1、交感神経緊張状態の緩和

まずは治療の前に必要であるのは継続的なストレスを排除する
ことでしょう。いくら鍼灸で緊張を取り除いても仕事や家庭で
ストレスをためているようでは意味がないのです
パーキンソン病の患者さんはがんばりやさんであり長年に
わたるがんばりすぎが見えないストレスになり
交感神経緊張の持続を促し動脈硬化を促進していきます。
仕事の場合はやめたり仕事をかえることなどで軽減しますが
ストレスの原因が家庭にあるとしたら家族の協力が大事になり、
日頃から自分の時間をもつようにしてよく笑うようになれば
ストレスも軽減されると感じます。またストレス以外にも
薬の長期的な服用もその原因ではないか?ともいわれています
薬の服用に関しても医師と相談していく必要もあるかもしれません。


それらができてから治療となるのですが治療には2種類あります。
家庭でおこなう自宅療法と当院でおこなうものがあります。
自宅ではおもに軽めの体操と食事・睡眠・排尿排便なども
規則正しくしていくことがよいです。
特に便秘改善の場合は水分を多めに補給する事が大事です。
入浴もぬくめで足湯などもリラックス効果があります。
治療ではおもに背中の筋肉の緊張を緩めています。
頚から腰までの夾脊穴を緩めることで神経の興奮をやわらげる
という方法を上海中医の先生に教えてもらいました。
治療は横位にて2回繰り返しておこないます。
具体的には主に第7頚椎周辺、第3胸椎、第7〜12胸椎、
第2腰椎を緩めます。

2、脳虚血状態の回復



この方法が当院でおこなうオリジナル?の頭部への鍼です。
頭部へ鍼を行なう事で頭部の血行をよくします。
これは上海鍼灸研究所で研修を受けている時に教えてもらい
ました。↑の図は当時上海の病院にて研修中に撮影したもの
です。当院ではそのなかでも特に有効なツボを5つのみ選択して
おこないます。特に手足の震顫にはかなり有効であります。
みためは痛そうですが頭部への鍼は意外に痛くありません。
またその下はすぐに頭蓋骨なので実は逆に1番安全な場所でも
あります。頭部へは横刺といいまして鍼を滑らすように横に
刺します。また自宅でも頭部へのマッサージをしてもらうこと
もあります。慣れてくれば頭部のみでなく手足の指ツボを刺激して
も良いでしょう。


パーキンソンの具体的な症状とそれに
どう針灸は対応するのか?


1、表情の変化が乏しく、瞬目が少なく、動作緩慢(寡動)

うつ病に使われている印堂穴や太陽穴を同時につかいます。
起立性低血圧症状が軽いなら頚部のツボ(天柱・風池)にも
同時におこなってます。
パーキンソンの初期症状はうつ病の症状とダブルことが多い
です。また自宅で温灸をしていただいているケースもあります。

2、関節は受動運動に対して歯車用抵抗あり(筋の固縮)

全身の主な筋肉・関節部に対して鍼をします。
当院では特に殿部と上腕部横に対してを中心に緩めます
筋を緩めてリハビリで動かしたり歩くことやパーキンソン体操
を行うことで体の痛みや硬さを改善できると考えています
それによって歩行時の転倒を未然に防げると感じます。

3、誘因なく出現する手の震え(静止時震顫)

頭部の舞踏振顫区に対して刺鍼することによって脳の血流
を良くする。置針時は手の振るえが少なくなる方が効果性が
高いです。第7頚椎周辺のツボ(風門・大序)を取穴
同時に手のツボでもあります曲地や合谷にも刺鍼します。
逆に震顫が強くなって後で楽になるケースも多いです。


4、歩行開始時すぐにあるきだせない(姿勢保持反射障害)

主に腰と臀部のツボを取穴。
大腰筋や殿筋群や梨状筋や大腿四頭筋を緩める。


5、慢性便秘、排尿障害、起立性低血圧、脂漏性皮膚など

手足のツボ(太渓、三陰交、合谷、手3里お・・・)を使い
自律神経の調整をおこなう。最近ではパーキンソン病患者
さんには便秘が多いというデーターがあるそうです。
その因果関係はわかりませんが便秘を治す事が症状の
軽減につながるのは間違いないようです。当院では便秘の
治療には腹部のツボを使っています。ただし腎臓や心臓に
問題のある場合は早期に医師とご相談ください。

脳に問題があるのに治ってしまった方のケース

脳に器質的な問題が発症してその損傷の影響もあり
その周囲のバランスが崩れてしまいます。
それによってまたまわりがそれをかばったりすることでの影響により
震えなどの症状が出ているケースだと感じております。
多いのが血流不足になります。元々ある血液の量が
すくなくなってくることで組織損傷が治らない可能性もありますが、元々ある機能をも減退させるため、さらに震える
という症状が出ます。また神経も過敏になるので、
通常より強く症状を感じるということもおこってきます。
このような目の疲れでは強い外科的な治療をしなくても治る可能性のあるものとなります。

ですので大事なのは今出ている症状が、

1、組織の損傷など構造的原因で出ているのか?
2、損傷など構造的問題もあるが血流などほかの要因もあるのか?
3、脳の問題といわれたけど実は全く構造的な原因がなかった

など、それを考察していく事が非常に大事な選択です。

当院で3回治療することで3の原因であれば完治する方もいるでしょうし、
2であっても症状の軽減はじゅうぶんに狙えるものと思います。

ただただ経過観察だけしている場合は、2・3であったばあいは、
早ければ何度か治療をしていると治っていたのに、
経過観察中に鍼灸治療をせず組織はやせ細り、さらに固くなってきて、それが原因でさらに悪化し、手術をしたが、2・3の理由が
解決していなかったことで、症状が軽減することなく、
さらに悪化してしまうという方を、何人か見てきましたので、
やはり何を選ぶとしても、鍼灸治療を早く開始するという
選択を選ぶことが大事なんだと感じております。

2,3の方の多くは軽い炎症であったり、過敏状態であったりします。

パーキンソンの症状でお悩みの方は最近増えてきております。症状でお悩みの方は一度ご相談ください。



パーキンソン病の中医学での考え方


当院では上記の治療を中心に中医学の考え方を加えた治療を
おこなっております中医学ではパーキンソン症状を肝風内風
に属すると考え腎の精気や陰血が不足した状態と考えてます。
腎は骨をつかさどり髄を生じるという理論によると腎の
精気陰血が不足したら脳を充満させ栄養を与えることができ
なくなる。そのほか腎の不足により肝の精気陰血も衰えてきて
肝陽上亢や肝風内動になる。痙攣麻痺が治りにくいのも
人間の先天の本である腎が衰えたためである。
治療原則は補腎益精と平肝息風でありツボは太渓、
合谷(曲池)などを使います。
肝が強ければ陽陵泉、太衝、肝愈なども加えても良いです。


多系統萎縮症の鍼灸治療

パーキンソン氏病の治療と類似します。
中国鍼による治療が紹介されてから多くの患者さん
が来られております。当院でもパーキンソンの治療に
準じて、同じく頭への鍼と背中への鍼を中心で
治療しております。
鍼を始めてから調子が良くなったとの声を
たくさんいただいていますのでご安心ください。



【多系統萎縮症でお悩みの患者様より喜びの声】



私が気になっているのはふらつきです。
ふらふらしてしんどいのでこの症状を何とかしたいとおもい、
こちらで週1で治療してもらっています。
今回で10回治療が終わったので感想を書こうと思うのですが、
付き添いの家族が言うには前よりはまっすぐ歩いているとか、
治療に行く日は元気だとか言われます。
私はふらふらが午前が楽になったので買い物にいけるようになりました。

広島で多系統萎縮症の鍼灸治療なら 






当院では中国留学者の鍼灸治療経験深い男性院長がどこに行っても治らない
頑固な方の治療をおこないますので、必ずご希望の方は院長の指名にて
治療をお受けください。中国と日本でがっつり学んだ鍼灸治療は頑固な症状に
対しても悪化を防ぎジワジワと回復する治療をおこなっております
さらに状態によっては漢方薬と併用することで症状の緩和を狙います。
是非お悩みの方は院長による鍼灸治療をお試しください。
ただし、多少の刺激は我慢してもらう事が多いので、
鍼が全く怖くてできなさそうであれば、整体もできる矢富の治療がおすすめでもあります。
また自宅でのお灸治療に興味のある方は自宅灸をお教えします。

どうしても鍼治療が怖い方はどうするべきですか?

まずはしっかり問診を取るのですが、
私は間違いなく鍼がダメ、前に余計に悪くなったとかのトラウマが強い方、
あのチク感がダメ、ツボにあたっときの痺れる感じもいや、
という方は10人来ましたら必ず1人はきます。
それでも当院の院長は長年の実績からその方にあった刺激を
みつけて完治まで持っていくことがほとんどです。
院長曰く敏感な方ほど早く治るようです。

でもそういう問題ではなく、いくら注意をして治療をしてもらった
としてもぜったいチク感はいや、という強い不安感がいる方が
いましたらそれはそれで鍼の不適応にあたる可能性が
高くなります。可能性で言えばうちに来る患者さんの
30人に1人くらいかな?と想像していますがもう少し多いかも
しれませんし少ないかもしれません。

さて本当にそういう状態であれば鍼をしない方がいいと言えます。
その場合は痛くない鍼と整体マッサージというコースをご用意しております。
皮膚が敏感なので刺さなくても手技だけで効いたりする方が多いのです。
当院独自の整体マッサージも非常に効果的だったりもします。

鍼灸は絶対嫌だけど痛くない鍼と整体マッサージなら行ってみたいという方は
是非お知らせくださいね。ご予約の際に痛くない鍼でとお知らせくださいね。




またどうしても歩行困難で通院できない方は訪問マッサージをご紹介します。
ご連絡ください。安佐南区・西区が対応しやすいです。


トップ


友だち追加

トップ

フォームからのご予約は前日までに、直前の場合はお電話か
携帯メール同士でsyoukakudou@ezweb.ne.jpまで
おねがいします。フォームから送信できない場合は
syoukakudou@y9.dion.ne.jpまでメールしてください。







俳優の窪塚洋介さん来院
多数の有名人来院

トップ
治療家の声多数掲載
医師・病院からの推薦も

トップ
日本人で初めて会員認定
中国上海市から表彰

トップ
広島の患者様喜びの声集




















3つの最新記事

トップ

トップ