夜尿症・おねしょ・おもらしの治療|広島市の鍼灸整体院


おねしょ(夜尿症)・おもらしや、日中にトイレが我慢できなく漏らしてしまう場合の鍼灸整体治療
・今度お泊りすることがある
・修学旅行までに治したい
・おもらしが一度治ったが再発した
・今度こそ治したいと思っている
・薬を飲むことには抵抗がある
といった方が多く来られています。




夜尿症について
おねしょとは、夜寝ているときに、おふとんの中で「おしっこ」をもらしてしまうことをいいます。おもらしともいいます。おねしょは夜眠っている間に作られるおしっこの量と膀胱の大きさとのバランスがとれていないことによって起こります。特に幼児期はおねしょの頻度が高くなりますが、4、5歳ごろまでにはおさまってきます。
原因としては、ホルモン分泌がうまくいってなかったり、膀胱や腎臓に問題があったり、ストレスなどの影響も考えられます。
おねしょは放置される場合が多いですが、おねしょは子供にとって生活面、精神面などにおいて負担になりますのでできるだけ早く改善させてあげたいものです。
鍼灸治療では、夜間に必要以上におしっこがたまらないよう、膀胱の容量が増えるようできるだけ改善を目指していきます。
また、おねしょは母親のお子さんへの接し方も大事ですので、同時にその指導も行います。おねしょをすることは子供にとってもストレスになりますので、おねしょの頻度が高かったり、4、5歳をすぎてもおねしょが治まらない場合は一度ご相談ください。

おもらし、尿が我慢できないについて
また、最近低学年のおこさまで、特に男の子に多いのですが、夜は我慢できるのですが、逆に日中に
我慢できないで漏らしてしまうという子がいます。
学校の行くときや、帰り道などで我慢ができないで漏らすというパターンです。
こういうのもオネショと一緒ですが私たちの治療で良くなるケースがあります。
おもに癖付けさせていきますので自然と治っていくようにご指導もしていきたいと思っています。




免疫の異常があるのに治ってしまった方のケース

免疫の異常など構造的な問題が発症してその変性の影響もあり
その周囲のバランスが崩れてしまいます。
それによってまたまわりがそれをかばったりすることでの影響により
おねしょなどの症状が出ているケースだと感じております。
多いのが脊椎の歪みになります。元々ある脊椎のカーブが
なくなってくることで神経を圧迫する可能性もありますが、
それにより尿意を強くかんじる、おしっこが我慢できないなど、
という症状が出ます。また神経も過敏になるので、
いろんな場所ががしびれたり痛くなるということもおこってきます。
このようなおねしょは積極治療はしなくても治る可能性の
あるものとなります。

ですので大事なのは今出ている症状が、

1、免疫の異常など構造的原因で出ているのか?
2、変性など構造的問題もあるがゆがみなどほかの要因もあるのか?
3、夜尿症といわれたけど全く変性など構造的な原因がなかった

など、それを考察していく事が非常に大事な選択です。

当院で3回治療することで3の原因であれば完治する方もいるでしょうし、
2であっても症状の軽減は狙えるものと思います。

ただただ経過観察だけしている場合は、2・3であったばあいは、
早ければ何度か治療をしていると治っていたのに、
経過観察中に筋肉はやせ細り、さらに固くなってきて、
それが原因でさらに悪化し、積極治療をしたが、2・3の理由が
解決していなかったことで、症状が軽減することなく、
さらに悪化してしまうという方を何人か見てきましたので、
やはり何を選ぶとしても、鍼灸治療を早く開始するという
選択を選ぶことが大事なんだと感じております。

2,3の方の多くはストレスであったり、過敏症であったりします。



【夜尿症でお悩みだった患者様より喜びの声】



ほぼ毎日おねしょをしていたので、親も子も、いつまで続くか
不安でしたが、親切にご指導して頂き、家でのお灸をして、
現在、ほとんどおねしょをしなくなりました。

広島で夜尿症の鍼治療なら 


トップ


友だち追加

トップ

フォームからのご予約は前日までに、直前の場合はお電話か
携帯メール同士でsyoukakudou@ezweb.ne.jpまで
おねがいします。フォームから送信できない場合は
syoukakudou@y9.dion.ne.jpまでメールしてください。






俳優の窪塚洋介さん来院
多数の有名人来院

トップ
治療家の声多数掲載
医師・病院からの推薦も

トップ
日本人で初めて会員認定
中国上海市から表彰

トップ
広島の患者様喜びの声集




















3つの最新記事

トップ

トップ