脊柱管狭窄症・間欠性跛行の治療|広島の鍼灸整体院

脊柱管狭窄症の鍼灸整体治療

・最近歩くたびに痛みが出る間欠性跛行の頻度が増えてきている
・間欠性跛行で歩ける距離が減ってきた、休憩しないと歩けない
・痛み止めの薬やブロック注射もきかなくなってきている
・手術をしたほうがよいといわれたができるだけしたくない
・足の裏に何かが貼りついたように感じる
・また前みたいに孫といっしょに家族で旅行に行きたい
・前のように山登りができるようになりたい
といった方が多く来られております。

腰椎ヘルニア・坐骨神経痛についてはこちら

また脊柱管狭窄症に関して院長が過去にまとめたページのご紹介。
以下のページでも参考にしながら来院されるかどうかをご検討ください。

脊柱管狭窄症治療について



脊柱管狭窄症について

脊柱管とは背骨の中にある空洞で、
その中には太い神経の束が通っています。
そこから神経がのびて、体のあちこちに伸びていきます。
ケガや姿勢のゆがみ、加齢などで脊柱管が狭くなり、
神経が圧迫されてしまうのが脊柱管狭窄症です。
足腰の痛みやしびれが主な症状で、
重症化すると間欠性跛行になり歩くことも困難になります。
腰部でみられる事が多いのですが、胸や首でもおこるケースがあり、
その場合には腕にもしびれや痛みの症状がみられます。

間欠性跛行について
よく見られる症状に間欠性跛行があります。
しばらく歩くと痛くなるので座って休憩したり、前かがみの状態にすることです。
団体旅行などができにくくなるので、それを目標に来られる方もおられます。

治療を続けていく事で改善していく方も多いのですが、
注意しないといけないのは血管性の問題からくる
足のしびれなどです。これらの場合は病院での治療や
生活習慣の改善が強く求められます。注意して鑑別がいりますね。

一般的に良く見られる狭窄症からくる間欠性跛行では、
両側性であり、腰を曲げると改善するのが特徴です。
血管性の場合は詰まっているほうだけが症状が出るので
片側の場合が多く、血行障害からくる冷えなどが出ます。




どのようにして鍼灸整体治療で脊柱管狭窄症が改善するのか?
鍼灸ではまず、長期間圧迫され過敏になっている神経を
おちつけ、辛い症状を取り除いていきます。
次に圧迫の原因となる、体のゆがみや筋肉のアンバランスを
整えていき、痛みがでにくい体を作ります。

事故などで骨折や骨がずれてしまっているケースでは
手術が必要になりますが、多くの方は
体の使い方や筋肉の固さにより、じわじわと圧迫が始まっています。
そのタイプの方には鍼灸がおすすめです。

つらい痛み、しびれ。
病院での治療に行き詰まりを感じておられる方、
鍼を試してみてはいかがでしょうか?

まずは痛みの軽減から始めていきます。
腰かおしりか太ももか下肢かどこが一番痛いかですね。
それに加えて狭窄部分の背骨は必ず緩める必要があります。
主に頭部や手のツボを使うことが多いです。
それにより痛みの緩和や炎症が減っていきます。
そのあとに筋肉の緊張を緩めて動かしやすくすることを
はじめていきます。骨・関節から靱帯・筋肉と
緩める場所を加えていきます。

それによって以前はできなかった動きや、間欠性跛行による歩行なども
無理なくできてきますのでまずは痛みから。それから動きと
広げていく事で改善していきます。

また痺れの強い方もここまでは同じになります。
さらにしびれているところを特定しての治療が必要になります。
あまりにも慢性的になった痺れは治すことも難しくなりますが、
軽減であればじゅうぶんできますのでお知らせください。

当院の院長は長年の経験と実績から多くの狭窄症の治療をしてまいりました。
以前は東京や大阪まで月に1回は出張治療までしていまして
1回の治療でも強い効果を出し続けていますので、
お困りの方は是非お知らせください。


脊柱管狭窄症があるのに治ってしまった方のケース

狭窄症の影響もありその周囲の脊椎のバランスが崩れてしまいます。
それによってまたまわりがそれをかばったりすることでの影響により
神経痛などの症状が出ているケースだと感じております。
多いのが骨盤の歪みになります。元々ある腰のカーブが
なくなってくることで神経を圧迫する可能性もありますが、
身体を支えることができにくくなるので、腰・お尻がつよくこってしまう
という症状が出ます。また神経も過敏になるので、
足がしびれたり痛くなるということもおこってきます。
このような狭窄症であれば手術はしなくても治る可能性の
あるものとなります。

ですので大事なのは今出ている症状が、

1、狭窄症のみの原因で出ているのか?
2、狭窄症もあるがゆがみなどほかの要因もあるのか?
3、狭窄症といわれたけど全く狭窄症が原因でもなかった

など、それを考察していく事が非常に大事な選択です。

当院で3回治療することで3の原因であれば完治する方もいるでしょうし、
2であっても症状の軽減は狙えるものと思います。

ただただ経過観察だけしている場合は、2・3であったばあいは、
早ければ何度か治療をしていると治っていたのに、
経過観察中に筋肉はやせ細り、さらに固くなってきて、
それが原因でさらに悪化し、手術をしたが、2・3の理由が
解決していなかったことで、症状が軽減することなく、
さらに悪化してしまうという方を何人か見てきましたので、
やはり何を選ぶとしても、西洋医学と併用して鍼灸治療を早く開始するという
選択を選ぶことが大事なんだと感じております。





【脊柱管狭窄症でお悩みだった患者様より喜びの声】



広島で脊柱管狭窄症の鍼治療なら 



広島で腰椎分離症の鍼治療なら 



広島で腰椎ヘルニアの鍼治療なら 





当院では中国留学者の鍼灸治療経験深い男性院長がどこに行っても治らない
頑固な方の治療をおこないますので、必ずご希望の方は院長の指名にて
治療をお受けください。中国と日本でがっつり学んだ鍼灸治療は頑固な症状に
対しても悪化を防ぎジワジワと回復する治療をおこなっております
さらに状態によっては漢方薬と併用することで症状の緩和を狙います。
是非お悩みの方は院長による鍼灸治療をお試しください。
ただし、多少の刺激は我慢してもらう事が多いので、
鍼が全く怖くてできなさそうであれば、整体もできる矢富の治療がおすすめでもあります。
また自宅でのお灸治療に興味のある方は自宅灸をお教えします。


どうしても鍼治療が怖い方はどうするべきですか?

まずはしっかり問診を取るのですが、
私は間違いなく鍼がダメ、前に余計に悪くなったとかのトラウマが強い方、
あのチク感がダメ、ツボにあたっときの痺れる感じもいや、
という方は10人来ましたら必ず1人はきます。
それでも当院の院長は長年の実績からその方にあった刺激を
みつけて完治まで持っていくことがほとんどです。
院長曰く敏感な方ほど早く治るようです。

でもそういう問題ではなく、いくら注意をして治療をしてもらった
としてもぜったいチク感はいや、という強い不安感がいる方が
いましたらそれはそれで鍼の不適応にあたる可能性が
高くなります。可能性で言えばうちに来る患者さんの
30人に1人くらいかな?と想像していますがもう少し多いかも
しれませんし少ないかもしれません。

さて本当にそういう状態であれば鍼をしない方がいいと言えます。
その場合は痛くない鍼と整体マッサージというコースをご用意しております。
皮膚が敏感なので刺さなくても手技だけで効いたりする方が多いのです。
当院独自の整体マッサージも非常に効果的だったりもします。

鍼灸は絶対嫌だけど痛くない鍼と整体マッサージなら行ってみたいという方は
是非お知らせくださいね。ご予約の際に痛くない鍼でとお知らせくださいね。


トップ


友だち追加

トップ

フォームからのご予約は前日までに、直前の場合はお電話か
携帯メール同士でsyoukakudou@ezweb.ne.jpまで
おねがいします。フォームから送信できない場合は
syoukakudou@y9.dion.ne.jpまでメールしてください。






俳優の窪塚洋介さん来院
多数の有名人来院

トップ
治療家の声多数掲載
医師・病院からの推薦も

トップ
日本人で初めて会員認定
中国上海市から表彰

トップ
広島の患者様喜びの声集




















3つの最新記事

トップ

トップ