更年期・更年期障害の治療|広島市の鍼灸整体院



更年期・更年期障害の鍼灸整体治療
・病院に行ってもただ更年期といわれただけ
・ホルモン治療は副作用がある
・薬を飲んでいてもつらい
・漢方薬が効かない
・聞いていた症状よりも2倍辛く感じる
・常にイライラしている
といった方が多く来られています。


一般的な更年期の解説

更年期は、個人差はありますが、一般的には46歳〜55歳くらい、閉経をはさんだ約10年くらいです。
この時期は年齢と供に卵巣の機能が衰えることで、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が減少しホルモンバランスが乱れ、
そのため、からだのあちこちに不調があらわれることがあります。
更年期を迎えた女性の約70%は、何らかの悩みを抱えていると言われています。


更年期にあらわれる不調は実にさまざまです。

からだの不調
・ホットフラッシュ(急なのぼせや発汗)
・下半身の冷え
・動悸
・めまい
・胸の締めつけ感
・頭痛
・耳鳴り
・肩こり、腰痛
・疲労感
・閃輝暗点(せんきあんてん)など

こころの不調
・イライラする
・不安になる
・憂鬱な気分になる
・眠れないなど

 更年期は、家事や仕事、子供の進学や結婚、親の介護など、生活環境に変化が多い時期です。
ホルモンのアンバランスに、こうした不安や悩みなどのストレスが加わり、それが精神面の不調にあらわれることも多いようです。
 更年期障害は、からだがホルモンバランスの変化になじめば治ってしまうと言われています。
西洋医学では更年期障害と診断されれば、治療には「ホルモン補充療法(HRT)」が主に用いられますが、ホルモン療法に抵抗を感じられる方や体質、他の病気のためホルモン療法を使用できない場合があります。

鍼灸では

鍼やお灸で、身体本来が持っている自然治癒能力が最大限に発揮されます。
自律神経がバランスを取れた状況ですと、身体の循環が上手く働きますので、ホルモンバランスの乱れやストレス環境による悪化症例でも症状の改善が期待できます。
また、中医学の考え方では“上熱下寒”や“鬱証”などを主に、症状に合った治療法で対応します。



更年期について更に詳しく解説

更年期障害とは、45〜55歳あたりに訪れるもので自律神経失調症と精神症状が
相互に関係しあって起こる不定愁訴の総称のことをいいます


原因
まず社会的な環境因子です。子供の成長に伴って母親の役割が終了し、仕事の量やストレスが増加する事により、精神症状や不定愁訴の原因となっています。
また卵巣機能低下に伴い、卵巣から分泌されるエストロゲンの量が減ることで、脳の視床下部にある自律神経中枢に影響を及ぼすことでおこります。


全身:ほてり、のぼせ、動悸
運動:肩こり、手足のしびれ
精神:イライラ、不安、うつ、意欲低下
生殖:月経異常、不正出血
消化器・吐き気、食欲不振


西洋学的治療
ホルモン補充療法(HRT)が治療として用いられることが多いです。しかしホルモン療法に抵抗を感じられる体質や、他の疾患を併発しているがためにホルモン療法を実行できない場合もあります。

そういった方にも、当院で行う鍼灸治療はオススメになります。薬理作用を働かせることなく、ホルモン調節を行える治療の1つとして実績も多いです。

通り一辺倒な治療ではなく、その方の体質に合わせた治療をおこなうため、ストレスなく通院しやすいです。

治療におけるポイントには

1、猫背やストレートネックなどの問題
多くの方の特徴ですが、猫背やストレートネックの方が多いように思えます。
背中が丸くなっていることで常にお腹が縮んでしまっている
かたにおおいです。ですので、そのあたりの緊張を取る治療も
併用すべきです。もし、勉強時の姿勢や長時間のゲームや、
デスクワークでの事務作業やPC作業などに身に覚えの
ある方は鍼灸だけでなく整体も併用したほうをおすすめしております。
特にストレートネックは下向き作業や同じ方角のみを見続けて
いる方も多いので、姿勢の注意は必衰になりますね。

2、食べるものに関して
胃腸の症状ですから食べ物も関与しております。
好き嫌いが多い場合や、同じものなどばかし食べている方、
コンビニ食や野菜不足や乳酸菌や食物繊維不足など
思い当たる節がある方はそれを修正すべきです。
社会人の方で食生活が変わった方などがポイントですね。
学生さんで自宅でいる方も、偏食が多かったり、
勉強しながらよくお菓子などを食べている場合は
それを治していく事で快便になってきたというのは多いですね。

3、ストレスに関して
これは一概にこれだとか見つかりにくいことが多いですね。
総合的な問題でいろんなストレスが重なり合ってでるかたも
多いです。せめて思い当たる中での大きいもの
一つだけでもストレスを緩和できれば一番です。
もし受験とか嫁姑など、そのようなものが原因の場合は
減らすのは難しいので、楽しいことをご褒美として
与えていく事でリラックスが深まるかと思います。
それにプラスしてよい睡眠が取れれば緩和されていきます。

4、リズムを整えていく事
睡眠時間や食事の時間や勉強する時間などを
いつも同じリズムにしていく事で自律神経の乱れを
調整していくのが大事です。
はじめは大きく乱れていますので、まずは治療で整えてからは
自宅でのお灸指導にてさらにリズムが整うように持っていきます。
初めから状態の悪い方は漢方薬との併用も早くから行います。
まずは朝起きれることになること、ここからがスタートですね。

すべてを総合してのバランスが最後のポイントです。
東洋医学では鍼灸や漢方薬などを併用しながら
そのバランスを整えていく医学になります。
多くの方が回復されておりますので、
ぜひ鍼灸治療を試していただきたいと考えております。




更年期の鍼灸整体治療
目的:自律神経・ホルモンバランスを整える

免疫機能を高めて自然治癒力をあげることで、
更年期にでてくる症状が落ち着いてくるということになります。
多くの場合は漢方薬との併用もおすすめしております。
多くの症状は上下の問題にあります。
下は冷えて少ない、上は熱くて多いという流れになります。
その流れを変えていく事が病気が治るということになります。

まずは強い症状が落ち着いてくることから始めます。
それからバランスを整えていく。それを繰り返していく事で
自分自身で体調を整えていく事ができるようになります。

特に以下の症状が強い場合はしんきゅうがお勧めです。
・ホットフラッシュ
・頻脈、動悸
・肩こり、頭痛
・イライラなど情緒不安なかた


※西洋の治療との違いは鍼灸では副作用がないことです
鍼灸整体による効果は、全身の血流を促進して細胞への酸素や栄養分の供給をよくすることで症状が改善していきます。
また、リラックス効果もあるので症状が改善されても予防として鍼灸を受けに来られる方もおられます。

食事などの養生は特に大事
ビタミンB・C、適量なタンパク質や鉄分、カルシウム等が不足しないよう三食きちんとリズムを作って食事を行うことが先決です。その他の日常生活ではその日に溜まった疲れやストレスは、なるべくその日のうちに捌けてしまう工夫も大事です。ただその理想通りにいかないのが現実です。その際は普段から持っている趣味や息抜きの方法を活用して、自身の置かれている環境の宿命や必要以上に感じてしまっている責任感などから少し身を引いていられる時間をつくってみると良いでしょう。

ホルモンに問題があるのに治ってしまった方のケース

ホルモンの問題が発症してその損傷の影響もあり
その周囲のバランスが崩れてしまいます。
それによってまたまわりがそれをかばったりすることでの影響により
更年期などの症状が出ているケースだと感じております。
多いのが血流不足になります。元々ある血液の量が
すくなくなってくることで組織損傷が治らない可能性もありますが、元々ある機能をも減退させるため、さらに更年期
という症状が出ます。また神経も過敏になるので、
通常より強く症状を感じるということもおこってきます。
このような更年期では強い外科的な治療をしなくても治る可能性のあるものとなります。

ですので大事なのは今出ている症状が、

1、組織の損傷など構造的原因で出ているのか?
2、損傷など構造的問題もあるが血流などほかの要因もあるのか?
3、更年期といわれたけど実は全く構造的な原因がなかった

など、それを考察していく事が非常に大事な選択です。

当院で3回治療することで3の原因であれば完治する方もいるでしょうし、
2であっても症状の軽減はじゅうぶんに狙えるものと思います。

ただただ経過観察だけしている場合は、2・3であったばあいは、
早ければ何度か治療をしていると治っていたのに、
経過観察中に鍼灸治療をせず組織はやせ細り、さらに固くなってきて、それが原因でさらに悪化し、手術をしたが、2・3の理由が
解決していなかったことで、症状が軽減することなく、
さらに悪化してしまうという方を、何人か見てきましたので、
やはり何を選ぶとしても、鍼灸治療を早く開始するという
選択を選ぶことが大事なんだと感じております。

2,3の方の多くは軽い神経炎症であったり、過敏状態であったりします。

更年期の症状でお悩みの方は最近増えてきております。
症状でお悩みの方は一度ご相談ください。



産後骨盤の女性ホルモンに対する治療でさらに詳しく書いているページのご案内
広島市で産後骨盤の女性ホルモンに対する鍼灸整体治療なら






当院では中国留学者の鍼灸治療経験深い男性院長治療
をおこないますので、必ずご希望の方は院長の指名にて
治療をお受けください。中国と日本で学んだ鍼灸治療は免役に対しても
鍼灸整体治療により悪化を防ぎジワジワと回復する治療を西洋医学と併用することで症状の緩和を狙います。
是非お悩みの方は院長による鍼灸治療をお試しください。
また自宅でのお灸治療に興味のある方は自宅灸をお教えします。
可能でありましたら当院連携先の医院で漢方の併用もおすすめします。
漢方鍼灸ともじわじわと続けることで以前と比べて体調がよくなるという
ケースが増えておりますのでぜひおすすめします。


どうしても鍼治療が怖い方はどうするべきですか?

まずはしっかり問診を取るのですが、
私は間違いなく鍼がダメ、前に余計に悪くなったとかのトラウマ
あのチク感がダメ、ツボにあたっときの痺れる感じもいや、
という方は10人来ましたら1人はきます。
それでも当院の院長は長年の実績からその方にあった刺激を
みつけて完治まで持っていくことがほとんどです。
院長曰く敏感な方ほど早く治るようです。

でもそういう問題ではなく、いくら注意をして治療をしてもらった
としてもぜったいチク感はいや、という強い不安感がいる方が
いましたらそれはそれで鍼の不適応にあたる可能性が
高くなります。可能性で言えばうちに来る患者さんの
30人に1人くらいかな?と想像していますがもう少し多いかも
しれませんし少ないかもしれません。

さて本当にそういう状態であれば鍼をしない方がいいと言えます。
その場合は刺さない鍼と整体というコースをご用意しております。
皮膚が敏感なので刺さなくても効いたりする方が多いのです。
整体も非常に効果的だったりもします。

鍼灸は絶対嫌だけど鍼を刺さないなら行ってみたいという方は
是非お知らせくださいね。


トップ


友だち追加

トップ

フォームからのご予約は前日までに、直前の場合はお電話か
携帯メール同士でsyoukakudou@ezweb.ne.jpまで
おねがいします。フォームから送信できない場合は
syoukakudou@y9.dion.ne.jpまでメールしてください。





俳優の窪塚洋介さん来院
多数の有名人来院

トップ
治療家の声多数掲載
医師・病院からの推薦も

トップ
日本人で初めて会員認定
中国上海市から表彰

トップ
広島の患者様喜びの声集




















3つの最新記事

トップ

トップ