更年期障害の鍼灸治療|広島市の整体院



更年期障害の鍼灸整体治療

更年期障害とは、45〜55歳あたりに訪れるもので自律神経失調症と精神症状が
相互に関係しあって起こる不定愁訴の総称のことをいいます


原因
まず社会的な環境因子です。子供の成長に伴って母親の役割が終了し、仕事の量やストレスが増加する事により、精神症状や不定愁訴の原因となっています。
また卵巣機能低下に伴い、卵巣から分泌されるエストロゲンの量が減ることで、脳の視床下部にある自律神経中枢に影響を及ぼすことでおこります。



症状
全身:ほてり、のぼせ、動悸
運動:肩こり、手足のしびれ
精神:イライラ、不安、うつ、意欲低下
生殖:月経異常、不正出血
消化器・吐き気、食欲不振


西洋学的治療
ホルモン補充療法(HRT)が治療として用いられることが多いです。しかしホルモン療法に抵抗を感じられる体質や、他の疾患を併発しているがためにホルモン療法を実行できない場合もあります。

そういった方にも、当院で行う鍼灸治療はオススメになります。薬理作用を働かせることなく、ホルモン調節を行える治療の1つとして実績も多いです。

通り一辺倒な治療ではなく、その方の体質に合わせた治療をおこなうため、ストレスなく通院しやすいです。



鍼灸整体治療
目的:自律神経を整える

免疫機能を高めて自然治癒力をあげる

※西洋の治療との違いは鍼灸では副作用がないことです
鍼灸整体による効果は、全身の血流を促進して細胞への酸素や栄養分の供給をよくすることで症状が改善していきます。
また、リラックス効果もあるので症状が改善されても予防として鍼灸を受けに来られる方もおられます。

食事などの養生
ビタミンB・C、適量なタンパク質や鉄分、カルシウム等が不足しないよう三食きちんとリズムを作って食事を行うことが先決です。その他の日常生活ではその日に溜まった疲れやストレスは、なるべくその日のうちに捌けてしまう工夫も大事です。ただその理想通りにいかないのが現実です。その際は普段から持っている趣味や息抜きの方法を活用して、自身の置かれている環境の宿命や必要以上に感じてしまっている責任感などから少し身を引いていられる時間をつくってみると良いでしょう。


女性ホルモンに対する治療でさらに詳しく書いているページのご案内

広島市で女性ホルモンに対する鍼灸整体治療なら





鍼灸師の方は下をお読みください。


更年期障害(絶経前后諸証)の鍼灸弁証治療

定義 50歳前後に生理不順と様々な変な症状を伴う
              ↓
           肝、腎に関係する
  
    ̄     体温調節


 特徴 ・症状は人によって  性格

    ・肝  内熱
          \
           気滞を伴う
          /
     腎  内寒


 病因病機

       陰↓  肝陽上亢  イライラ 頭痛
      /
 腎     心腎不交  猜疑心 不眠 +肝気都結
      \
       陽↓  脾腎陽虚  下痢 ムクミ

  ◎午前中は陰↓、午後は陽↓も多い
  又、陰陽両虚(寒熱錯雑)もあり。上半身陽↓、下半身陰↓
  
◎腎精不足から肝腎失調に失調に陥る。その后気滞を伴なったものが友生する。

弁証論治
 
 ・陰虚が強いか、内熱が強いか (色は赤い、舌紅、脈,細数)
    でにくい(周期)少   早くでる 多   苔少
  ・肝陽上亢 (腎陰虚を伴なった症状+陽気が昇りやすい症状)
 脉弦

   ・心腎不交  生理,早 色,赤
         +不眠、動悸、不安(猜疑心)
 
      ・腎陽虚  生理,遅,多 色,淡 崩漏になりやすい
        +冷え、むくみ、めまい


 治療

  腎陰虚      三陰交 太谿 復溜 肝兪 胃兪 関元
 
肝陽上亢  陰液を補うこと+内関 太衝 百会 風池 陽陵泉 印堂

  心腎不交 +神門 内関 心兪 ゲキ門 印堂 風池

 ・腎陽虚 ― 気海 関元 中カン 脾兪 腎兪 命門 足三里 三陰交
           +灸法

      小便不利なら  中極 陰陵泉

 ホルモンのバランスを整えるには漢方を使わないと難しい。
 特に陰液を補うのは鍼だけでは無理。瀉法に適しているので。
         文味、八味丸
         鎮肝熄風湯
         天王補心丹
         右気丸



当院では中国留学者の鍼灸治療経験深い男性院長治療
をおこないますので、必ずご希望の方は院長の指名にて
治療をお受けください。中国と日本で学んだ鍼灸治療は免役に対しても
鍼灸整体治療により悪化を防ぎジワジワと回復する治療を西洋医学と併用することで症状の緩和を狙います。
是非お悩みの方は院長による鍼灸治療をお試しください。
また自宅でのお灸治療に興味のある方は自宅灸をお教えします。
可能でありましたら当院連携先の医院で漢方の併用もおすすめします。
漢方鍼灸ともじわじわと続けることで以前と比べて体調がよくなるという
ケースが増えておりますのでぜひおすすめします。



どうしても鍼治療が怖い方はどうするべきですか?

まずはしっかり問診を取るのですが、
私は間違いなく鍼がダメ、前に余計に悪くなったとかのトラウマ
あのチク感がダメ、ツボにあたっときの痺れる感じもいや、
という方は10人来ましたら1人はきます。
それでも当院の院長は長年の実績からその方にあった刺激を
みつけて完治まで持っていくことがほとんどです。
院長曰く敏感な方ほど早く治るようです。

でもそういう問題ではなく、いくら注意をして治療をしてもらった
としてもぜったいチク感はいや、という強い不安感がいる方が
いましたらそれはそれで鍼の不適応にあたる可能性が
高くなります。可能性で言えばうちに来る患者さんの
30人に1人くらいかな?と想像していますがもう少し多いかも
しれませんし少ないかもしれません。

さて本当にそういう状態であれば鍼をしない方がいいと言えます。
その場合は刺さない鍼と整体というコースをご用意しております。
皮膚が敏感なので刺さなくても効いたりする方が多いのです。
整体も非常に効果的だったりもします。

鍼灸は絶対嫌だけど鍼を刺さないなら行ってみたいという方は
是非お知らせくださいね。



ここから下は鍼灸師の方はおよみ下さい。

腰の重だるさの鍼灸弁証治療


風寒湿    リウマチ 筋肉痛

  風湿熱    リウマチ 筋肉痛

  外ホウ    ギックリ ヘルニア   気血失調→腰痛

  捻挫ホウ   打撲    中腰

  慢性腰筋膜労損 ??性の 習慣性
  腎虚(変形症) 退行性変化→気血不足


   腎兪 大腸兪 委中 ― 基本穴

   夾脊穴 (圧痛点、目標に)→ギックリ
    ↓
   両側にも刺針
    0.7〜1寸の間で取穴
   パルス 上下方向


   経筋の問題なので、督脈は使わない






患者さん画像患者さん画像








フォームからのご予約は前日までに、直前の場合はお電話か
携帯メール同士でsyoukakudou@ezweb.ne.jpまで
おねがいします
フォームから送信できない場合は
syoukakudou@y9.dion.ne.jpまでメールしてください。










俳優の窪塚洋介さん来院
著名な有名人も多数来院

トップ
同業である鍼灸師がすすめる
鍼灸に通いたくないですか?

治療家の声多数掲載

医師・病院の推薦も

トップ
日本人で初めて会員認定治療院
中国上海市から表彰されました
本場中国直伝の技術で対応


トップ
広島の患者様喜びの声集




















3つの最新記事
トップ

トップ