こむら返り・ふくらはぎの痛みの治療|広島の鍼灸整体院

こむら返り・ふくらはぎの痛みの鍼灸整体治療
・夜中に足がつって目が覚めることがある
・寝てる時におとずれるあの激痛がこわい
・妊娠中のかたによく起こる症状である
・最近では足の裏までつったりする
・慢性的な座骨神経痛でよく痛くなる
といった方が多く来られています。


こむらがえりの一般的な解説
一般的には「こむらがえり」と呼ばれますが、医学的病名は「腓腹筋痙攣(ひふくきんけいれん)」と言います。腓腹筋とは、「こむら」、つまり、「ふくらはぎ」のことで、ふくらはぎの筋肉がけいれんして過剰に収縮した状態がこむらがえりです。ふくらはぎに起こることが多いのでそう呼びますが、ふともも、すね、足の甲、足の指などの筋肉でも起こります。


こむらがえりが起こるとき
こむらがえりというのは、ふくらはぎの筋肉が高度に収縮してしまう。つまり収縮と弛緩のバランスが取れない状態になっているものをいいます。ギューッと縮ぱなしになり、強く痙攣しているので激しい痛みとなります。

足がつる原因として次の3つが考えられます。
・筋肉の疲労
日ごろ運動不足なのに突然運動を始めたり、長時間運動をした場合、筋肉を動かすために必要なエネルギーが補給できていないことがあります。これが筋肉の収縮やけいれんを引き起こします。
・足の冷え
冷えると血管が収縮して、血流が悪くなります。すると、筋肉の血液量が減って栄養素やエネルギーが不足するうえに、熱を作り出そうと筋肉が収縮するため、足がつりやすくなります。
・ミネラルの不足
ミネラルとは五大栄養素の一つで、カルシウム、ナトリウム、カリウムなどがあり、筋肉の動きや神経の伝達を調整しています。
体内では作ることができないため、食べ物からとる必要がありますが、これらが不足すると筋肉の伸縮に異常をきたすことがあります。

鍼灸では
こむらがえりは身体の疲れのサインでもあります。
日頃からはり灸治療をすることにより身体の疲れを取り除きます。
また疲労した筋肉に直接はり灸をすることで、筋肉の血行が良くなり、筋肉がエネルギーを取りやすくさせます。


また、自律神経のバランスを整えるツボに鍼やお灸で刺激を与え、内臓機能の調整、免疫機能調整、全身の血流促進と体のバランスを整えます。
下肢に向かう血液や神経は腰部や臀部を通る為、下肢の血液循環や神経伝達機能を整えるために腰部や臀部にもアプローチしていきます。


腰臀部や下肢へのストレッチやマッサージも取り入れて筋肉の柔らかさ、柔軟性も出していくことでこむら返りが起きづらい体へ予防施術も行っていきます。



更に詳しく解説
よく、夜中にふくらはぎのひきつりや痙攣が起こるというお話を
きくことがあります。腓腹筋という筋肉になりその筋肉のけいれんであります。
稀に足の裏がつるといったかたもいます。
姿勢の問題や冷えや運動不足などいろいろあると思います。
また普段運動不足の方が急に山登りなどをしてなることもあります。
ですが、全く原因がなくてというケースもあります。
栄養素の問題のときもありますのでまずは検査をするのもおすすめです。

原因

筋肉の緊張
運動を長時間続ける
体力が落ちている
同じ姿勢を続ける
冷房などで冷える
水分(ミネラル)不足

なりやすい人
妊婦
透析患者
高齢者

いずれの場合も体の中の血液量が
不足していることが考えられます

応急処置
@足の力を抜いて片手でけいれんしている足の膝を押さえる
Aもう一方の手で足の5本指全部を持って自分のほうへつま先をゆっくり持ってくる(この時、息を吐きながら行う)
Bふくらはぎの筋がジワッと伸びていることを確認する


ふくらはぎの痛みやしびれの鍼灸整体治療

筋肉の血流を良くして
筋肉をスムーズに動かすことと

寒い季節での冷えが原因でなることが多いので
冷えに対する治療も同時に行います

個人差もありますが鍼灸整体治療にて上手にふくらはぎの
緊張に対し治療ができましたら筋肉の病には鍼灸は最大適応ですので
一回の治療で症状が改善される方もおられますのでおすすめです。

また、こむら返りと一緒に腰なども原因になることが多いので、
骨盤のゆがみや腰痛などもあればもちろんですが同時に行っております。



具体的な鍼灸整体治療のイメージとしては
まずはふくらはぎの緊張や痛みを取り除いていきます。
まずは歩いたり動かしたときに痛みや硬さや緊張やつった感覚
などが減ればいいですね。それが結果的に夜中にふくらはぎがつるという
現象をなくしてくれると思います。

次には動きの回復ですね。ストレッチをするようにしたり、
リハビリをすることで、痛みが減ったり戻ったりを繰り返しますが、
以前よりも楽になるということを実感できるようになるかと思います。
峠を越えるとさらに楽になることでしょう。

最後には組織の修復や再発防止になります。
ふくらはぎの悪くて硬くなった筋肉が血流のよい柔らかい筋肉に
なることをめざします。この段階に来れば運動などの
リハビリがポイントになるかとは思います。
それが再発防止になりますので、症状が治まったときがゴールではなく、
ぜひもう一歩先までを目指していただけましたらと考えております。

ヘルニアがあるのに治ってしまった方のケース

ヘルニアの影響もありその周囲の腰のバランスが崩れてしまいます。
それによってまたまわりがそれをかばったりすることでの影響により
神経痛などの症状が出ているケースだと感じております。
多いのが骨盤の歪みになります。元々ある腰のカーブが
なくなってくることで神経を圧迫する可能性もありますが、
身体を支えることができにくくなるので、ふくらはぎがつよくこってしまう
という症状が出ます。また神経も過敏になるので、
足がしびれたり痛くなるということもおこってきます。
このような腰椎ヘルニアは手術はしなくても治る可能性の
あるものとなります。

ですので大事なのは今出ている症状が、

1、腰椎ヘルニアのみの原因で出ているのか?
2、腰椎ヘルニアもあるがゆがみなどほかの要因もあるのか?
3、腰椎ヘルニアといわれたけど全くヘルニアが原因でもなかった

など、それを考察していく事が非常に大事な選択です。

当院で3回治療することで3の原因であれば完治する方もいるでしょうし、
2であっても症状の軽減は狙えるものと思います。

ただただ経過観察だけしている場合は、2・3であったばあいは、
早ければ何度か治療をしていると治っていたのに、
経過観察中に筋肉はやせ細り、さらに固くなってきて、
それが原因でさらに悪化し、手術をしたが、2・3の理由が
解決していなかったことで、症状が軽減することなく、
さらに悪化してしまうという方を何人か見てきましたので、
やはり何を選ぶとしても、鍼灸治療を早く開始するという
選択を選ぶことが大事なんだと感じております。

2,3の方の多くはこむらがえりであったり筋肉痛であったりします。





当院では中国留学者の鍼灸治療経験深い男性院長がどこに行っても治らない
頑固な方の治療をおこないますので、必ずご希望の方は院長の指名にて
治療をお受けください。中国と日本でがっつり学んだ鍼灸治療は頑固な症状に
対しても悪化を防ぎジワジワと回復する治療をおこなっております
さらに状態によっては漢方薬と併用することで症状の緩和を狙います。
是非お悩みの方は院長による鍼灸治療をお試しください。
ただし、多少の刺激は我慢してもらう事が多いので、
鍼が全く怖くてできなさそうであれば、整体もできる矢富の治療がおすすめでもあります。
また自宅でのお灸治療に興味のある方は自宅灸をお教えします。

どうしても鍼治療が怖い方はどうするべきですか?

まずはしっかり問診を取るのですが、
私は間違いなく鍼がダメ、前に余計に悪くなったとかのトラウマが強い方、
あのチク感がダメ、ツボにあたっときの痺れる感じもいや、
という方は10人来ましたら必ず1人はきます。
それでも当院の院長は長年の実績からその方にあった刺激を
みつけて完治まで持っていくことがほとんどです。
院長曰く敏感な方ほど早く治るようです。

でもそういう問題ではなく、いくら注意をして治療をしてもらった
としてもぜったいチク感はいや、という強い不安感がいる方が
いましたらそれはそれで鍼の不適応にあたる可能性が
高くなります。可能性で言えばうちに来る患者さんの
30人に1人くらいかな?と想像していますがもう少し多いかも
しれませんし少ないかもしれません。

さて本当にそういう状態であれば鍼をしない方がいいと言えます。
その場合は痛くない鍼と整体マッサージというコースをご用意しております。
皮膚が敏感なので刺さなくても手技だけで効いたりする方が多いのです。
当院独自の整体マッサージも非常に効果的だったりもします。

鍼灸は絶対嫌だけど痛くない鍼と整体マッサージなら行ってみたいという方は
是非お知らせくださいね。ご予約の際に痛くない鍼でとお知らせくださいね。


患者さん画像患者さん画像


トップ


友だち追加

トップ

フォームからのご予約は前日までに、直前の場合はお電話か
携帯メール同士でsyoukakudou@ezweb.ne.jpまで
おねがいします。フォームから送信できない場合は
syoukakudou@y9.dion.ne.jpまでメールしてください。







俳優の窪塚洋介さん来院
多数の有名人来院

トップ
治療家の声多数掲載
医師・病院からの推薦も

トップ
日本人で初めて会員認定
中国上海市から表彰

トップ
広島の患者様喜びの声集




















3つの最新記事

トップ

トップ