せき喘息(咳ぜんそく)や風邪予防の治療|広島の鍼灸整体院


咳喘息や風邪予防に対する鍼灸整体治療

・以前はなかったのに最近になって気管支喘息の症状が出始めた
・花粉症の時期から症状がスタートした
・どうも原因が黄砂やPM2,5のようである
・風邪は治ったのに咳が止まらず、咳ぜんそくといわれた
・生活リズムや食生活は悪い方である
・空気の環境の悪いところで仕事をしている
・煙草をよく吸うので気管支炎にはなりやすい方である
といった方が多く来られております。




風邪予防の治療について

気管支炎など「風邪は万病の元」と昔から言われますように、
風邪がひどくなったり、長引くと他の病を引き起こす場合があります。
ですので早めに症状をおさえて治していくことが大切です。

コロナウイルスやインフルエンザのような流行性の風邪は鍼灸の適応であるとは思えませんが、
鼻風邪や慢性風邪や風邪をひきやすいなどという場合は非常に有効であると思います。

またインフルエンザがはやり始めるくらいには、
コロナウイルスやインフルエンザにならないような予防治療も意識しております。

ほとんどの場合は、風に当たったり、寒さが原因でその場合には首の付け根あたり
や足湯や湯たんぽなどで下半身を温めると効果的です。
実際当院でも風邪で治療に来る患者さんも多く、鍼灸の効果を実感していただいております。

風邪のひきはじめや治りかけの場合にも鍼灸をすることで身体が楽になりますので、
風邪かなと思われたときには一度鍼灸の効果をお試しください。

ただし発熱をしている方はご遠慮ください。
院内感染を防ぎたいのでよろしくお願いします。
また熱のある方は直前キャンセルしていただいても大丈夫です。
キャンセルは早い方が助かります。
前日から発熱していおる場合もなるべくご遠慮ください。

院長考察

実際当院では風邪で治療に来る患者さんも多いです。
ほとんどの場合は風寒の原因なので大椎付近を温めると効果的です。ぼんのくびから下のあたりですね。
首を下に向くとぼこっと骨が出るあたりになります。
また風邪のひきはじめや治りかけの場合も針を使う事で楽に治るという事を実感できるでしょう。
風邪で来院される方は常連さんであって、初めての方は
逆に風邪だから行かないといわれる方も多いですが、
本当は風邪をひいているから治療をお勧めしたいところではありますね。



咳ぜんそくの鍼灸整体治療

また咳喘息・気管支炎・気管支喘息に関しては、多くの患者さんが即効的に治ることが多いです。
広島 咳喘息 鍼灸と検索していただければ当院でよくなった方の
ブログなども見る事ができますのでそちらも参考にしてみてはいかがでしょうか?

咳ぜんそく・気管支喘息が鍼で治ったブログ記事の紹介

どこに行っても治らない咳にお困りの方におすすめします。

・1ヵ月以上咳が止まらない方
・ステロイド吸引などして発作は止まったが、軽い咳が長引く
・花粉症の時期を過ぎたのにまだ咳が出る
・気管支が弱くすぐに気管支炎となる
・ワクチンをしているのにインフルエンザにかかりやすい
・蓄膿や皮膚炎なども併発している
・喉に痰が絡みつき外に出にくい
・すぐに風邪をひく、風邪をひいたらしばらく治らない

などなどで、おこまりの方は鍼灸での体質改善をおすすめしております。

院長が長年気管支喘息に苦しんでいましたので、
喘息の治療には特に力を入れております。
おかげさまで現在では喘息の症状は出なくなりました。

まずは気管支の炎症を止めて咳や鼻水を止めていく事。
病気は治っていなくても実は症状を治すことはできるのです。
まずは症状改善のツボを使い、気管支炎や喉周辺の
血流を上げて免疫を高めて炎症を取っていきます。
そのあとに気管支、肺胞や喉などの組織の修復を考えていきます。
しっかり慢性的に傷んだ組織に血流を強く届けることで
ジワジワ治っていきます。深呼吸をしながら治療をしてもらっています。





当院では中国留学者の鍼灸治療経験深い男性院長がどこに行っても治らない
頑固な方の治療をおこないますので、必ずご希望の方は院長の指名にて
治療をお受けください。中国と日本でがっつり学んだ鍼灸治療は頑固な症状に
対しても悪化を防ぎジワジワと回復する治療をおこなっております
さらに状態によっては漢方薬と併用することで症状の緩和を狙います。
是非お悩みの方は院長による鍼灸治療をお試しください。
ただし、多少の刺激は我慢してもらう事が多いので、
鍼が全く怖くてできなさそうであれば、整体もできる矢富の治療がおすすめでもあります。
また自宅でのお灸治療に興味のある方は自宅灸をお教えします。


どうしても鍼治療が怖い方はどうするべきですか?

まずはしっかり問診を取るのですが、
私は間違いなく鍼がダメ、前に余計に悪くなったとかのトラウマが強い方、
あのチク感がダメ、ツボにあたっときの痺れる感じもいや、
という方は10人来ましたら必ず1人はきます。
それでも当院の院長は長年の実績からその方にあった刺激を
みつけて完治まで持っていくことがほとんどです。
院長曰く敏感な方ほど早く治るようです。

でもそういう問題ではなく、いくら注意をして治療をしてもらった
としてもぜったいチク感はいや、という強い不安感がいる方が
いましたらそれはそれで鍼の不適応にあたる可能性が
高くなります。可能性で言えばうちに来る患者さんの
30人に1人くらいかな?と想像していますがもう少し多いかも
しれませんし少ないかもしれません。

さて本当にそういう状態であれば鍼をしない方がいいと言えます。
その場合は痛くない鍼と整体マッサージというコースをご用意しております。
皮膚が敏感なので刺さなくても手技だけで効いたりする方が多いのです。
当院独自の整体マッサージも非常に効果的だったりもします。

鍼灸は絶対嫌だけど痛くない鍼と整体マッサージなら行ってみたいという方は
是非お知らせくださいね。ご予約の際に痛くない鍼でとお知らせくださいね。

トップ


友だち追加

トップ

フォームからのご予約は前日までに、直前の場合はお電話か
携帯メール同士でsyoukakudou@ezweb.ne.jpまで
おねがいします。フォームから送信できない場合は
syoukakudou@y9.dion.ne.jpまでメールしてください。






俳優の窪塚洋介さん来院
多数の有名人来院

トップ
治療家の声多数掲載
医師・病院からの推薦も

トップ
日本人で初めて会員認定
中国上海市から表彰

トップ
広島の患者様喜びの声集




















3つの最新記事

トップ

トップ