寒暖差・日光・擦過アレルギーに対する鍼灸治療


寒暖差・日光・擦過アレルギーの鍼灸整体治療
・室内に入ったら急に咳が出てくる
・天気の分かれ目で症状が出る
・春とか秋は調子が悪い
・紫外線に皮膚が弱い
・雨が降ったりすると調子が悪い
ていう方が多くこられています。




寒暖差アレルギーという言葉をご存じでしょう
か?この寒暖差アレルギーとは、寒い場所と暖
かい場所を急激に行き来したことにより、全身
の血管が広がったり縮まったりを繰り返して、
身体の一部にかゆみや鼻づまりなどの症状が出
る状態のことをいいます。
鼻づまりのほかには、鼻水、くしゃみといった、
いかにもアレルギー反応による症状と似た症状
が出ることも特徴的です。それゆえにアレルギ
ー性鼻炎と間違われて解釈されてしまうことが
しばしばあります。

この寒暖差アレルギーは別名で血管運動性鼻炎
とも呼ばれており、疾患の類ではありません。
寒暖差による激しい血管運動がおこった時に症
状が出ると言われてはいるのですが、詳しい原
因ははっきりと特定されていません。なぜかと
いうと、気温等の変化に限らず症状が出る場合
も多く報告されているからです。
つまり、何らかの外的要因によって、鼻粘膜の
自律神経のバランスが崩れることによってアレ
ルギー性鼻炎と似た症状が出るのです。

体温より低いもの、たとえば冷たい風や氷雨などにあたると
蕁麻疹などの症状を引き起こすアレルギーの一種で、
ひどくなると呼吸困難を起こし、死に至ることもあります。

寒冷アレルギーの原因は温度差です。
寒冷刺激により温度差が生まれることによって自律神経の働きに影響を与えます。
自律神経が乱れるとさまざまな不調を引き起こすのです。

症状としては、アレルギー性鼻炎、皮膚炎、頭痛
呼吸困難、倦怠感、食欲不振などがよく見られます。
寒冷アレルギーは体内に侵入したアレルゲンが原因で発生するものではないので物理的要因が取り除かれたら症状は改善します。

治療におけるポイントには

1、猫背やストレートネックなどの問題
多くの方の特徴ですが、猫背やストレートネックの方が多いように思えます。
背中が丸くなっていることで常にお腹が縮んでしまっている
かたにおおいです。ですので、そのあたりの緊張を取る治療も
併用すべきです。もし、座位時の姿勢や長時間のゲームや、
デスクワークでの事務作業やPC作業などに身に覚えの
ある方は鍼灸だけでなく整体も併用したほうをおすすめしております。
特にストレートネックは下向き作業や同じ方角のみを見続けて
いる方も多いので、姿勢の注意は必衰になりますね。

2、食べるものに関して
アレルギーの症状ですから食べ物も関与しております。
好き嫌いが多い場合や、同じものなどばかし食べている方、
コンビニ食や野菜不足や乳酸菌や食物繊維不足など
思い当たる節がある方はそれを修正すべきです。
社会人の方で食生活が変わった方などがポイントですね。
学生さんで自宅でいる方も、偏食が多かったり、
勉強しながらよくお菓子などを食べている場合は
それを治していく事で快便になってきたというのは多いですね。

3、ストレスに関して
これは一概にこれだとか見つかりにくいことが多いですね。
総合的な問題でいろんなストレスが重なり合ってでるかたも
多いです。せめて思い当たる中での大きいもの
一つだけでもストレスを緩和できれば一番です。
もし受験とか嫁姑など、そのようなものが原因の場合は
減らすのは難しいので、楽しいことをご褒美として
与えていく事でリラックスが深まるかと思います。
それにプラスしてよい睡眠が取れれば緩和されていきます。

4、リズムを整えていく事
睡眠時間や食事の時間や勉強する時間などを
いつも同じリズムにしていく事で自律神経の乱れを
調整していくのが大事です。
はじめは大きく乱れていますので、まずは治療で整えてからは
自宅でのお灸指導にてさらにリズムが整うように持っていきます。
初めから状態の悪い方は漢方薬との併用も早くから行います。
まずは朝起きれることになること、ここからがスタートですね。

すべてを総合してのバランスが最後のポイントです。
東洋医学では鍼灸や漢方薬などを併用しながら
そのバランスを整えていく医学になります。
多くの方が回復されておりますので、
ぜひ鍼灸治療を試していただきたいと考えております。



寒暖差アレルギーの鍼灸整体治療について


当院では寒暖差アレルギーの鍼灸整体治療を行っ
ています。そして東洋医学の診察に基づいた適切
な治療方針に従って行っています。人間のそもそ
もの身体機能として、寒い場所と暖かい場所に行
き来する際には、体温の調節のために全身の血管
が拡張と収縮を繰り返すことは正常の範囲内なの
です。問題はこの変化に対してついていけてない
体内環境の方が、この寒暖差アレルギーが発症す
るということです。
なぜ変化についていけないのかは、自律神経の乱
れにあると言われています。身体の血管の拡張具
合は自律神経によって調節されています。
この自律神経が乱れることで、体温の変化に対し
て過剰に血管を拡張させてしまったり、身体のあ
る一部分だけを血管拡張させてしまったりと、お
かしな血管運動の信号を送ってしまうのです。

鍼灸治療では、そんな血管運動を正しく行うため
の治療を行っていきます。手足に点在している自
律神経の調節に役立つツボ大して鍼とお灸で刺激
を与えていくことで、自律神経の働きを整えるこ
とができます。
寒暖差アレルギーについてお悩みの方はなんでも
ご相談いただければと思います。


寒冷アレルギーの対策として重要なのは、とにかく体を冷やさないことです。
寒冷アレルギーによる症状でお悩みの方はご相談ください。
鍼灸整体では身体の内部を温める目的で自宅でも行うことで効果が早く実感できます。






当院では中国留学者の鍼灸治療経験深い男性院長治療
をおこないますので、必ずご希望の方は院長の指名にて
治療をお受けください。中国と日本で学んだ鍼灸治療は免役に対しても鍼灸整体治療により悪化を防ぎジワジワと回復する治療を西洋医学と併用することで症状の緩和を狙います。
是非お悩みの方は院長による鍼灸治療をお試しください。
また自宅でのお灸治療に興味のある方は自宅灸をお教えします。
可能でありましたら当院連携先の医院で漢方の併用もおすすめします。
漢方鍼灸ともじわじわと続けることで以前と比べて体調がよくなるというケースが増えておりますのでぜひおすすめします。





広島市で温熱・寒冷・日光・擦過アレルギーへの治療をお探しの方へ

どうしても鍼治療が怖い方はどうするべきですか?

まずはしっかり問診を取るのですが、
私は間違いなく鍼がダメ、前に余計に悪くなったとかのトラウマ
あのチク感がダメ、ツボにあたっときの痺れる感じもいや、
という方は10人来ましたら1人はきます。
それでも当院の院長は長年の実績からその方にあった刺激を
みつけて完治まで持っていくことがほとんどです。
院長曰く敏感な方ほど早く治るようです。

でもそういう問題ではなく、いくら注意をして治療をしてもらった
としてもぜったいチク感はいや、という強い不安感がいる方が
いましたらそれはそれで鍼の不適応にあたる可能性が
高くなります。可能性で言えばうちに来る患者さんの
30人に1人くらいかな?と想像していますがもう少し多いかも
しれませんし少ないかもしれません。

さて本当にそういう状態であれば鍼をしない方がいいと言えます。
その場合は刺さない鍼と整体というコースをご用意しております。
皮膚が敏感なので刺さなくても効いたりする方が多いのです。
整体も非常に効果的だったりもします。

鍼灸は絶対嫌だけど鍼を刺さないなら行ってみたいという方は
是非お知らせくださいね。


トップ


友だち追加

トップ

フォームからのご予約は前日までに、直前の場合はお電話か
携帯メール同士でsyoukakudou@ezweb.ne.jpまで
おねがいします。フォームから送信できない場合は
syoukakudou@y9.dion.ne.jpまでメールしてください。






俳優の窪塚洋介さん来院
多数の有名人来院

トップ
治療家の声多数掲載
医師・病院からの推薦も

トップ
日本人で初めて会員認定
中国上海市から表彰

トップ
広島の患者様喜びの声集




















3つの最新記事

トップ

トップ