緘黙症・コンタクト眼症の角膜炎の治療|広島の鍼灸整体院


コンタクト眼症の角膜炎の鍼灸治療



原因
原因は様々で、外傷やコンタクトレンズによる障害、ウイルスや細菌の感染などがあります。原因不明とされる症例もあります。

症状
流涙
眼の痛み・異物感
視力低下
結膜の充血 など
  
鍼灸整体治療
眼の疾患は院長の得意としている分野でもあり
県外からも来院される方もおられます
鍼灸では眼の周囲や頭のツボを使い
患者さんに合わせて刺激量を調整していきます
治療目的は炎症をおさえることと
機能をアップさせることで症状が改善していきます
県外の方は2回治療をオススメしますので
予約の際にご相談ください

緘黙症(かんもく)について

緘黙症(かんもくしょう)とは、発声器官には
問題がなく、言葉を理解したり、言語能力があ
ると分かっている人が、ある特定の場面や状況
で話すことができなくなってしまう精神疾患の
一種です。よくあるケースでいえば、家庭の中
や家族とは元気よく話せるが、幼稚園や学校で
は無口になり、話すことができなくなってしま
います。これは、言葉の遅れや、発声障害で話
すことができないのではなく、精神的な原因が
最も有力ではないかと言われています。
この緘黙症は、医学的な診断名としては「選択
性緘黙症」と名付けられていますが、日本では
「場面緘黙症」と呼ばれるのが一般的です。能
動的に本人が場面や状況を選んで黙っているよ
うな印象を与えやすいため、誤解を避けるため
に「場面緘黙症」と呼称する人が多いようです。
実際、場面緘黙症のある本人は、話したくても
話すことができません。医学的な診断名が"選択
"性緘黙症となったのも、場所を選ばされざるを
得ないという意味合いで"選択"という言葉が使
われていると考えられます。




緘黙症(かんもく)の鍼灸整体治療について

当院では緘黙症についての鍼灸整体治療を行っ
ています。まず患者さん一人ずつの状態を診察
していきます。それによって、この緘黙症がど
んな原因で発症しているのかを推察し、その原
因に合わせた治療を行っていきます。緘黙症の
症状が長引く原因としてよく挙げられているの
が自律神経のバランスが乱れている状態だとい
うことです。この自律神経は様々な症状の発症
原因としてかなり厄介であり、当院ではまず全
身の自律神経のバランスを整える鍼灸治療とし
て自律神経のバランスを整えること主眼に置い
ています。ストレスは筋肉の疲労からくること
も多いため、首肩や腰の疲れも同時に取り除い
ていくことでより効果的に治療が進むことが確
認されてます。最も大事なことはに緘黙症かん
する機能の血流改善のために、頭の付近に点在
しているの関連したツボへの鍼刺激を行うこと
です。治療に関しては基本的に痛みの強くない
、優しい刺激で行うため、安心して治療を受て
いただくことができます。
緘黙症についてお悩みの方はなんでもご相談い
ただければと思います。






当院では中国留学者の鍼灸治療経験深い男性院長が角膜炎の治療
をおこないますので、必ずご希望の方は院長の指名にて治療をお受けください。中国と日本で学んだ鍼灸治療は免役に対しても鍼灸整体治療により悪化を防ぎジワジワと回復する治療を西洋医学と併用することで症状の緩和を狙います。
是非角膜炎でお悩みの方は院長による鍼灸治療をお試しください。

また自宅でのお灸治療に興味のある方は自宅灸をお教えします。
可能でありましたら当院連携先の医院で漢方の併用もおすすめします。漢方鍼灸ともじわじわと続けることで以前と比べて体調がよくなるというケースが増えておりますのでぜひおすすめします。


どうしても鍼治療が怖い方はどうするべきですか?

まずはしっかり問診を取るのですが、
私は間違いなく鍼がダメ、前に余計に悪くなったとかのトラウマ
あのチク感がダメ、ツボにあたっときの痺れる感じもいや、
という方は10人来ましたら1人はきます。
それでも当院の院長は長年の実績からその方にあった刺激を
みつけて完治まで持っていくことがほとんどです。
院長曰く敏感な方ほど早く治るようです。

でもそういう問題ではなく、いくら注意をして治療をしてもらった
としてもぜったいチク感はいや、という強い不安感がいる方が
いましたらそれはそれで鍼の不適応にあたる可能性が
高くなります。可能性で言えばうちに来る患者さんの
30人に1人くらいかな?と想像していますがもう少し多いかも
しれませんし少ないかもしれません。

さて本当にそういう状態であれば鍼をしない方がいいと言えます。
その場合は刺さない鍼と整体というコースをご用意しております。
皮膚が敏感なので刺さなくても効いたりする方が多いのです。
整体も非常に効果的だったりもします。

鍼灸は絶対嫌だけど鍼を刺さないなら行ってみたいという方は
是非お知らせくださいね。



患者さん画像患者さん画像


トップ


友だち追加

トップ

フォームからのご予約は前日までに、直前の場合はお電話か
携帯メール同士でsyoukakudou@ezweb.ne.jpまで
おねがいします。フォームから送信できない場合は
syoukakudou@y9.dion.ne.jpまでメールしてください。







俳優の窪塚洋介さん来院
多数の有名人来院

トップ
治療家の声多数掲載
医師・病院からの推薦も

トップ
日本人で初めて会員認定
中国上海市から表彰

トップ
広島の患者様喜びの声集




















3つの最新記事
    [an error occurred while processing this directive]

トップ

トップ