花粉症の即効的改善の治療|広島の鍼灸院



花粉症の即効的改善鍼灸治療

10年以上毎年春には鼻水が止まらなかったの
に、1度の施術で症状が半減し、今までは
何だったのか?と悔やむ人が続出の治療

・薬を飲んでいるが効果が少ないか、眠くなる方
・根本的に解決したいと思われている方
・漢方薬を試しているが即効性がない方
・鼻水だけでなく目の症状も強く、目玉を取って
洗いたいとまで思われています方

このような方に当院の治療をお勧めしております。







花粉症とはアレルギー鼻炎で有名ですが、最近では
喉や目など炎症が多岐にわたる方も増えております。
花粉だけでなく黄砂やPM2.5など様々なものに反応を
起こす方もふえております。今後もこういうアレルゲンが
減ることは考えにくいため、根本的解決が必要です。
過剰反応を押さえるために開発されたのがオリジナル
の背中のシール鍼と全身への鍼治療となります。


院長と花粉症治療との戦いはもう15年ほどになります。
私は中国からの留学から帰ってきてすぐ20年前にて、
島根の山奥ではじめての鍼灸院開業をしました。
しかし、島根院の前は大量の杉林だったんです・・・・

ですので春になるとくしゃみ・鼻水に悩まされるという環境
だったので、すぐに花粉症治療の治療法開発に励みました。
そして2、3年である程度の完成品ができ効果も
上がってきました。ただ自分の症状は楽になったものの
重度の方には有効な方法ではありませんでした。

そして改良に改良を重ね現在の治療法にたどりついた
わけです。現在はほとんど鍼治療+シールの鍼のみで
症状を緩和させることに成功しております。

ですので、まずは軽度のかたは当院の鍼治療を
第1選択肢としておすすめていまして、
重度の方はとりあえず西洋医学との併用はいかが
ですか?という感じでお話しております。
薬の副作用がひどく多くの薬剤を使えない方にとっては
鍼治療との併用が間違いなく有効であると
日々の臨床で感じております。
最近よくおかなわれている、舌下減感作療法や、
L-92乳酸菌よりも効果的だと確信しています。

それでも鍼治療となると恐そうだし、信じることも
できないとは思います。
当院では2回目の治療を強要することはありませんので
(次回の予約も取りません)、気軽にまずは1度だけでも
治療をしてみませんか?
刺す鍼がいやな方には、ほんとに過敏な方に限り
刺さない鍼でも対応が可能です。

またさらに重度な方には平成22年度から頭へのお灸
治療を併用してさらに効果がでております。

どういう方法であっても楽になる結果のみを求めたい方には
私から1回目からお灸療法のとりいれを勧めております。
もちろん院長をご指名ください。

治療におけるポイントには

1、猫背やストレートネックなどの問題
多くの方の特徴ですが、猫背やストレートネックの方が多いように思えます。
背中が丸くなっていることで常にお腹が縮んでしまっている
かたにおおいです。ですので、そのあたりの緊張を取る治療も
併用すべきです。もし、座位時の姿勢や長時間のゲームや、
デスクワークでの事務作業やPC作業などに身に覚えの
ある方は鍼灸だけでなく整体も併用したほうをおすすめしております。
特にストレートネックは下向き作業や同じ方角のみを見続けて
いる方も多いので、姿勢の注意は必衰になりますね。

2、食べるものに関して
アレルギーの症状ですから食べ物も関与しております。
好き嫌いが多い場合や、同じものなどばかし食べている方、
コンビニ食や野菜不足や乳酸菌や食物繊維不足など
思い当たる節がある方はそれを修正すべきです。
社会人の方で食生活が変わった方などがポイントですね。
学生さんで自宅でいる方も、偏食が多かったり、
勉強しながらよくお菓子などを食べている場合は
それを治していく事で快便になってきたというのは多いですね。

3、ストレスに関して
これは一概にこれだとか見つかりにくいことが多いですね。
総合的な問題でいろんなストレスが重なり合ってでるかたも
多いです。せめて思い当たる中での大きいもの
一つだけでもストレスを緩和できれば一番です。
もし受験とか嫁姑など、そのようなものが原因の場合は
減らすのは難しいので、楽しいことをご褒美として
与えていく事でリラックスが深まるかと思います。
それにプラスしてよい睡眠が取れれば緩和されていきます。

4、リズムを整えていく事
睡眠時間や食事の時間や勉強する時間などを
いつも同じリズムにしていく事で自律神経の乱れを
調整していくのが大事です。
はじめは大きく乱れていますので、まずは治療で整えてからは
自宅でのお灸指導にてさらにリズムが整うように持っていきます。
初めから状態の悪い方は漢方薬との併用も早くから行います。
まずは朝起きれることになること、ここからがスタートですね。

すべてを総合してのバランスが最後のポイントです。
東洋医学では鍼灸や漢方薬などを併用しながら
そのバランスを整えていく医学になります。
多くの方が回復されておりますので、
ぜひ鍼灸治療を試していただきたいと考えております。



花粉症の鍼灸治療紹介

花粉症には即効性のある背部のシール鍼を!!これだけでも
じゅうぶんに効果が現れますのでびっくりされることも多いです。


1、即効性を期待するならまずはシール鍼治療

毎年2〜3月、11月の時期になると多くの花粉症患者さんが
当院におこしになります。当院では花粉症に関しましては
かなりの実績を残していますので鍼灸院では珍しいのですが
最低でも100症例以上は毎年しております。
またその中の9割以上は効果があるとはっきりいえます。
ポイントは背中のツボにシールの鍼といわれますものを
おいていきます。治療回数は1シーズン1〜5回という感じで、
最近は1回でよくなる方もでてきております。
治療間隔は週に1回で平均は3回来院となっております。

現在はほかの治療院、鍼灸師へのご指導を取りやめ、
完全に当院だけの秘伝とさせていただいておりますので、
同業者さんの偵察来院はお控えいただけましたらと思います。


2、体質改善をおこないじっくりと花粉症体質を治したい方は
東洋医学診断治療を

まずはしっかりと東洋医学的に診断をおこない身体の内部を
把握する事が大事になります。そしてそれに対する治療を
おこないジワジワと改善させていきます。
実際の治療方法は督脈、頭への灸が有効であると中国にて
教えてもらいました。その中でも上部は肺愈、中部は隔愈,
下部は腎愈が大事であるとのことです。
肺愈は気の病に多く使われます。
鼻や目の粘膜のかゆみなどはこのツボが良いです。
隔愈は血の病に多く使われます。
粘膜が赤くただれる炎症反応を取るのはこのツボです。
腎愈は水の病に多く使われます。
痰が多かったりやジュクジュクした粘膜の状態にはこのツボです。
頭に関してはある一定の部位に反応のあるポイントがあります。
治療回数は週1回では5〜10回は必要ですが効果を感じるのは
1回目からでも感じるケースもあります。






当院では中国留学者で鍼灸治療経験深い男性院長が花粉症の治療を
おこないますので、必ずご希望の方は院長の指名にて治療をお受け
ください。中国と日本で学んだ鍼灸治療は免役に対しても有効です。
鍼灸整体治療により悪化を防ぎ、ジワジワと回復させ、西洋医学と
併用することで症状の緩和を狙います。重度の花粉症にお悩みの
方はぜひ院長による鍼灸治療をお試しください。
また自宅でのお灸治療に興味のある方は自宅灸をお教えします。
可能でありましたら当院連携先の医院で漢方の併用もおすすめ
します。漢方鍼灸ともじわじわと続けることで以前と比べて体調が
よくなるというケースが増えておりますのでぜひおすすめします。




花粉症が楽になった報告 1
本日9時に来院し、治療を受けさせて頂いた者です。

花粉症の治療だけでなく、いろいろなところを刺激して
頂いた結果、花粉症の症状がほぼなくなり、
肩こり、胃腸の不具合、眼精疲労などさまざまな
身体のメンテ不良が解消された気がします。

ここのところ雨続きで気分がさえなかったのも、
今日1日ですこぶる快調になりました。

ホントにありがとうございます!


花粉症が楽になった報告 2
岩崎先生、今朝、初診で伺いました 000です。
今朝、花粉症の治療をしていただいてから、鼻水、くしゃみが
今まで出ていたのが、うその様に、ぴたっと止まっており、
驚きと喜びでいっぱいです。ありがとうございました。
また 来週も宜しくお願いします。


花粉症が楽になった報告 3
20年近く花粉症に悩まされていました。
薬を飲むと胃が荒れて困っていました。
去年の今頃の日記を読むと
マスクをしてもしんどかったのに3回目の治療で
かなり楽になっております。
スギだけでなくヒノキや秋の雑草もつらいので
遠いけど通おうと思います。



花粉症がひどくなり久しぶりに治療してもらいました。
治療したその日から夜眠れるようになり、1日2回飲んでいた薬が
朝1回だけでよくなりました。2週間くらいは効果が続き、
ずいぶん楽になりました。ありがとうございます。
広島で花粉症の鍼治療なら 



症状は劇的に改善しました。
鼻は、ほぼ通常期と同じ感じで通っています。
目は、軽くはなりましたが、かゆみは出ますので鼻よりも
効果が少ないかもです。晴れた日にマスクなしで1日外で
過ごすと、やはり鼻も症状が出ますが、明らかに改善している
感じがしてます。

広島で花粉症・アレルギーの鍼灸治療なら 


また花粉症に関してさらに詳しく別サイトにも記載しております。
広島で花粉症でお悩みの方へ


どうしても鍼治療が怖い方はどうするべきですか?

まずはしっかり問診を取るのですが、私は間違いなく鍼が
ダメ、前に余計に悪くなったとかのトラウマが強い方、
あのチク感がダメ、ツボにあたっときの痺れる感じもいや、
という方は10人来ましたら必ず1人はきます。
それでも当院の院長は長年の実績からその方にあった刺激を
みつけて完治まで持っていくことがほとんどです。
院長曰く敏感な方ほど早く治るようです。

でもそういう問題ではなく、いくら注意をして治療をしてもらった
としてもぜったいチク感はいや、という強い不安感がいる方が
いましたらそれはそれで鍼の不適応にあたる可能性が
高くなります。可能性で言えばうちに来る患者さんの
30人に1人くらいかな?と想像していますがもう少し多いかも
しれませんし少ないかもしれません。

さて本当にそういう状態であれば鍼をしない方がいいと言えます。
その場合は痛くない鍼と整体マッサージというコースをご用意して
おります。皮膚が敏感なので刺さなくても手技だけで効いたりする
方が多いのです。当院独自の整体マッサージも非常に効果的
だったりもします。鍼は絶対嫌だけど痛くない鍼と整体マッサージ
なら行ってみたいという方は是非お知らせくださいね。
ご予約の際に痛くない鍼でとお知らせくださいね。

トップ



友だち追加

トップ

フォームからのご予約は前日までに、直前の場合はお電話か
携帯メール同士でsyoukakudou@ezweb.ne.jpまで
おねがいします。フォームから送信できない場合は
syoukakudou@y9.dion.ne.jpまでメールしてください。



トップ
治療家の声多数掲載
医師・病院からの推薦も

トップ
日本人で初めて会員認定
中国上海市から表彰

トップ
広島の患者様喜びの声集