院長の治療を受けたい方へ



【院長得意症状のご紹介】


下記にて院長の得意疾患のご紹介をしております。
下記以外にもお困りの症状がありましたらご相談ください。
様々な症状に中国でまなんだ鍼灸治療は素晴らしい
治療効果を発揮できる可能性があります。

腰痛 肩こり 頭痛 ギックリ腰
坐骨神経痛 椎間板ヘルニア
頚椎症 頸椎ヘルニア 
突発性難聴 耳鳴り 
網膜色素変性症 黄斑変性 
花粉症 
顔面神経麻痺
五十肩 変形性膝関節症 変形性股関節症
顎関節症 

起立性調節障害 

 
パーキンソン リウマチ




院長の役目として

1、地域医療としてぎっくり腰など
救急の症状になるべく対応するように
心がけております。土日祝もあけてお
りますのでいきつけ施術院があります
方も、1度でもいいので、当院への
ご利用は可能ですのでお試しください。

2、各先生によってそれぞれ専門的な
分野があります。耳や目の疾患に加え
花粉症・喘息などアレルギー、顔面マヒ
、急性腰痛などは院長がおすすめです。

3、病院でなく鍼を試してみた
いかた、すでに臨床歴も25年を超え
ました。さまざまな症例の経験があり
ます。鍼への強い興味がある方にも
是非院長の方法を受けていただけれ
ばと思っております。

4、鍼が怖い方、鍼に不信感を持って
いる方へ普通でしたら受けようと
考えることがない方への施術というの
は啓蒙活動を考えても最も力を入れ
なければならない分野だと思います。
このような場合は院長の今までの
豊富な経験からより良く調整した
方法を提供する自信があります。
どうしても鍼がだめな場合も当院
独自の優しい鍼とリハビリ整体
の技術もありますのでご安心ください。

当院にはしっかり鍼刺激をおこなう院長の鍼治療と、
優しく痛くなく針をする女性スタッフ治療に分かれております。


院長がおこなう鍼治療の説明〜董氏楊氏奇穴とは〜

長年董氏奇穴は、董景晶(1975没)により73名の弟子に伝えられるまで、漢の時代から長きに亘り董家に伝わる一子相伝の奥義でした。その後、弟子のひとりである楊維傑が中心となって体系付けがなされ、現在、理論のシンプルさと効果発現の速さ・確実性により、中国・台湾・アメリカ・欧州をはじめ、世界レベルでの広がりを見せています。
痛みの治療において患部に鍼を刺さない「遠隔治療」も特徴のひとつであるこの手法を、我々は体系付けの中心となった楊維傑への敬意を込め、「董氏楊氏奇穴」と呼んでいます。
すごく効果性のある治療ですが、まだ日本ではほとんどしれわたっていません。今後は全国どの地域でもこの治療が受けれますように私も微力ながらお手伝いしていきたいと考えております。

この治療法に興味のある鍼灸師の方には一緒に勉強できますように、
年2回ある勉強会へのご案内もさせていただきます。
また、当院に来ていただけたら、有料になりますがどのような治療かの体験も受けることができます。

特徴
・悪いところに直接針をしません。手足や指や頭や顔など離れた場所にします。

・即効性があります。よっぽどの悪い方でない限り数本の鍼ですぐに変化が出ます。

・症状が回復したら治療終了となります。具体的な回数は2回目以降の来院時にお聞きください。
 こちらもなるべく早く治したいので、回数は少ない方が良いです。

・症状によっては毎日でもした方が良いケースがあります。都合によっては
 週1など頻繁に来れない方がいますが、早く治す必要性がある場合は治療間隔は短めがいいです。

・多少の痛みがあります。痛みに弱い方は他のスタッフで対応できますのでお聞きください。

・他の鍼灸院で良くならなかった場合でも院長なら普通に良くなるケースも多いです。

・今までの経験実績から自信をもって鍼治療をしておりますので試す価値はあると思います。

院長の鍼治療にあわせて併用するべきもののとして
院長は修業時代の中国留学のときに漢方薬も学んでおります。
日本の制度上、漢方薬を扱うことができませんので、
当院では漢方薬を出してくれる医師を紹介しております。
また、体質改善を目的としてサプリメントのご提案も可能です。
鍼灸ではできない効能に漢方薬とサプリメントがあります。
特にサプリメントに関しては腸内環境のものと、
血流改善のものの2つをご用意しておりますので、
興味のある方はお知らせいただければと思います。


鍼はしたくないけど院長の治療を受けたい方へ

どこに行っても治らない症状に
お困りの場合はぜひ3階男性院長岩崎
の鍼灸をおすすめします。院長は日本
では学べない針灸・漢方・整体を中国
上海留学にて学び、その後島根・広島
で15年間の開業を経て、東京や大阪
での研修など臨床経験と実績がありま
す。どこかないかお探しの方
におすすめします。多くは広島市から
たくさんの患者さんにお越しになっていただいております。

よくきかれますのが針をしたが効果が
なかったから針はもうしないとか、鍼を
して余計に悪くなった、そういう話を聞く
ことがありますがこれは鍼灸をしてと
いうよりは、誰がしたか、病気の強さ
進行具合が重要な時があります。
誰がどのような方法をし、どうだったか
です。このあたりをもう1度考えてみて、
もう1度院長で試してみるかどうか検討
していただけますとと思っています。

◎痛くない優しい鍼治療をお望みの場合は3階板楠か、
7階の菊本・野田が担当しております。

3階院長岩崎は刺す鍼が専門でおこなっておりまして、
今までの刺す鍼をしたくない方は、他の階の先生に
紹介しております。

女性専門板楠や7階の菊本でしたら刺さない針であるテイシン
と痛くない整体にてもあわせての治療を行えます。

できるだけ弱い針と整体ならどの先生もおすすめではあります。
ですので当院では刺す鍼が嫌な方は院長以外の女性の先生が
対応するということをおこなっております。

過去に院長の刺す鍼が嫌で治療をやめた方もぜひ
他の刺激の少ない女性の先生にて再挑戦してみてください。






友だち追加

トップ

フォームからのご予約は前日までに、直前の場合はお電話か
携帯メール同士でsyoukakudou@ezweb.ne.jpまで
おねがいします。フォームから送信できない場合は
syoukakudou@y9.dion.ne.jpまでメールしてください。



トップ
治療家の声多数掲載
医師・病院からの推薦も

トップ
日本人で初めて会員認定
中国上海市から表彰

トップ
広島の患者様喜びの声集