いびき・無呼吸の治療|広島の鍼灸整体院


いびき・無呼吸の鍼灸整体治療
・いびきが大きい
・急に寝ていていびきが止まるときがある
・朝起きた時、頭が重かったり体調がよくない
・いつも体がだるい
・睡眠時間は足りているのに寝た気がしない
といった方が多く来られています。




睡眠時無呼吸症候群とは、眠っている間に呼吸が
止まってしまう病気のことです。この睡眠時無呼
吸症候群の定義は、10秒以上の気流停止(気道の
空気の流れが止まった状態)を無呼吸としていま
す。無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、
若しくは1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼
吸と判断されます。

寝ている間の無呼吸に私たちはなかなか気付くこと
ができないために、検査・治療を受けていない多く
の患者がいると言われているのが現状です。
この病気が深刻なのは、寝ている間に生じる無呼吸
が、起きているときの私たちの活動に様々な影響を
及ぼすこと。気付かないうちに日常生活に様々なリ
スクが生じる可能性があるのです。

本来、睡眠は日中活動した脳と身体を十分に休息さ
せるための行為です。
その最中に呼吸停止が繰り返されることで、身体の
中の酸素が減っていきます。そうすると、その酸素
の不足を補おうと、身体は心拍数を上げます。
寝ている本人は気付いていなくても、寝ている間に
脳や身体には大きな負担がかかっているという事に
なりますよね。この状態では、脳だけでなく肉体的
にも休まず働き続けているような感覚という事なの
で、これだと休息どころではありません。

その結果として、強い眠気や倦怠感、集中力の低下
などが引き起こされ、皆さんの日中の様々な活動に
影響が生じてきます。

首のカーブに異常をきたしている首ストレートネックは喉の
隙間が狭くなり起こる。 閉塞性睡眠時無呼吸症候群は睡眠
時の筋弛緩により、舌根部や軟口蓋が下がり気道を閉塞
中枢性睡眠時無呼吸症候群は脳血管障害、重症心不全
などによる、呼吸中枢の障害で呼吸運動が消失します。


症状
大きないびきが特徴です。ひどくなれば頭痛を伴います。
そのため熟睡感は若い時に比べて少なく感じるでしょう。
呼吸が異常に遅く浅くなったり、突然少なくとも10秒間
(ときには1分間)息が止まった後に、再び呼吸します。


閉塞性睡眠時無呼吸の最も一般的な症状はいびきで、
ゼイゼイと息苦しそうにしたり、ときどき呼吸が止まったり、
突然目を覚ましたりします。
閉塞性睡眠時無呼吸が重症になると、睡眠中に上気道
がふさがって窒息状態を繰り返すため、日中に居眠りが
出るようになります。最終的には、居眠りで日中の仕事に
支障が出るようになり、生活の質も落ちてしまいます。
記憶力が悪くなったり、脳卒中、発作、高血圧などのリスク
が高くなります。閉塞性睡眠時無呼吸の発作が1時間に
20回以上起こる場合は、死亡のリスクが増大しますます。

中枢性睡眠時無呼吸の人は、通常はいびきをかきませんが、
呼吸パターンが異常になります。
呼吸は徐々に速くなった後に次第に遅くなり、短時間止まって
から再び呼吸しはじめるというサイクルを繰り返します。
1回のサイクルは、30秒から2分間続きます。

どのタイプの睡眠時無呼吸でも、
十分な睡眠が取れないために昼間の眠気や疲労、イライラ、
朝の頭痛、思考力や集中力の低下を招きます。
血液中の酸素量が大幅に減少するために脈拍が異常になり、
血圧が上昇します。

どの睡眠時無呼吸でも、重症のまま放置すれば、最終的には
心不全と肺の機能障害が起こります。その場合、心臓は十分
な量の血液を送り出すことができなくなり、肺も十分な酸素の
供給と二酸化炭素の排出を行うことができなくなります。

また昼間の眠気から大きな事故を起こす方もいますので、
ぜひ予防もかねて定期的な治療をお勧めしている次第です。

鼻腔の異常があるのに治ってしまった方のケース

鼻腔の異常など構造的な問題が発症してその変性の影響もあり
その周囲のバランスが崩れてしまいます。
それによってまたまわりがそれをかばったりすることでの影響により
いびきなどの症状が出ているケースだと感じております。
多いのが脊椎の歪みになります。元々ある脊椎のカーブが
なくなってくることで神経を圧迫する可能性もありますが、
身体を支えることができにくくなるので、首・肩がつよくこってしまう
という症状が出ます。また神経も過敏になるので、
いろんな場所ががしびれたり痛くなるということもおこってきます。
このような無呼吸は外科的処置はしなくても治る可能性の
あるものとなります。

ですので大事なのは今出ている症状が、

1、免疫の異常など構造的原因で出ているのか?
2、変性など構造的問題もあるがゆがみなどほかの要因もあるのか?
3、無呼吸といわれたけど全く変性など構造的な原因がなかった

など、それを考察していく事が非常に大事な選択です。

当院で3回治療することで3の原因であれば完治する方もいるでしょうし、
2であっても症状の軽減は狙えるものと思います。

ただただ経過観察だけしている場合は、2・3であったばあいは、
早ければ何度か治療をしていると治っていたのに、
経過観察中に筋肉はやせ細り、さらに固くなってきて、
それが原因でさらに悪化し、外科的処置をしたが、2・3の理由が
解決していなかったことで、症状が軽減することなく、
さらに悪化してしまうという方を何人か見てきましたので、
やはり何を選ぶとしても、西洋医学と併用して鍼灸治療を早く開始するという
選択を選ぶことが大事なんだと感じております。

2,3の方の多くはストレスであったり、一時的な問題であったりします。




首の頚椎を矯正して正常な頚椎のカーブを取り戻すことで
いびき改善し睡眠時無呼吸症候群リスクが軽減します。

睡眠時無呼吸症候群による「いびき」や「睡眠中の無呼吸」
は睡眠の質を低下させ、日中の眠気などにより交通事故
や労働災害起こすこともあります。

また、この病気は高血圧症など生活習慣病の合併症発症
にも関係している為、鍼灸整体治療でいびきや無呼吸のない
快適な睡眠・生活を取りもどせます。

中医学の理論から見ると脂ぽいものが好物で喫煙などで
咳や痰がある方、肥満の方がなりなすいです。


当院では睡眠時無呼吸症候群の鍼灸整体治療を
行っています。
呼吸のリズムが乱れることで起こるこの症状で
すが、原因はストレス等による自律神経のバラ
ンスが崩れることによる事が主です。自律神経
は人間の様々な機能を担っており、睡眠のバラ
ンスや睡眠の際に行う呼吸のバランスもこの自
律神経が調整を行っています。

それが何等かの肉体的・精神的なストレスによ
って侵されてしまうと、睡眠時に必要なリズム
の呼吸が取りづらくなってしまいます。
体内に酸素をうまく取り込めることで、初めて
身体は休まり、筋肉がほぐれ内臓も疲れを癒す
事が可能になります。

その自律神経を整えるために、当院では鍼灸治
療と整体治療を患者さんに提案しています。
治療を行うことで、体中に滞っている血液や
筋肉のコリをほぐしていきます。それによって
自律神経の働きを整えていくことができます。
治療は刺激の強すぎないように調節することが
できます。
睡眠時無呼吸症候群の治療でお困りの方がいれ
ば、なんでもご相談いただければと思います。

鍼灸整体治療することで無呼吸がなくなり眠気などの症状も
改善することで無呼吸の原因治療につながります。


当院では特に首と背中の疲労をしっかり抜くことを重視しております。
ココをしっかり緩めることで無呼吸時の身体のダメージを減らせると
考えているからです。鍼治療をしてからスイダマをすることでしっかりと
疲労を抜き良い睡眠をとれます。月一の身体のメンテナンスにおすすめです。


目に見えない症状や感じていない慢性的な症状が
経過していくことにより、様々な症状がでてきます。
ですのでほっておくよりは、疲労を抜くような治療をする
ことで、少しでもいびきが少なくなったり、
いびきの音量が減ったりすることが望ましいです。

こういう目に見えない症状でのポイントは背中です。
背中を見るともっこりと膨れたようなコリや
膨隆した筋肉に気づくでしょう。
いわゆる肩こりや背中のコリですが、
指が入らないほど、ほぐそうとしてもほぐせないほど
固まっているという方がいます。

こういうかたほど、肩はこっていないといいますね。
感じなくなっているんです。
はじめは感じていたのでしょうが。

こういうのがいずれは循環器系の病気に
なることが多いと考えています。



【いびき・睡眠時無呼吸症候群でお悩みだった患者様より喜びの声】



針は怖かったけど、さほど痛くないので助かりました。
計3回受けまして、とりあえず家族からは好評でした。
横隔膜や肋骨や背中の疲労が関係しているようで
今後も月1でお世話になります。

広島でいびき・睡眠時無呼吸症候群の鍼治療なら 





当院では中国留学者の鍼灸治療経験深い男性院長が無呼吸の治療
をおこないますので、必ずご希望の方は院長の指名にて
治療をお受けください。中国と日本で学んだ鍼灸治療は免役に対しても
鍼灸整体治療により悪化を防ぎジワジワと回復する治療を西洋医学と併用することで症状の緩和を狙います。
是非無呼吸にお悩みの方は院長による鍼灸治療をお試しください。
また自宅でのお灸治療に興味のある方は自宅灸をお教えします。
可能でありましたら当院連携先の医院で漢方の併用もおすすめします。
漢方鍼灸ともじわじわと続けることで以前と比べて体調がよくなるという
ケースが増えておりますのでぜひおすすめします。


どうしても鍼治療が怖い方はどうするべきですか?

まずはしっかり問診を取るのですが、
私は間違いなく鍼がダメ、前に余計に悪くなったとかのトラウマ
あのチク感がダメ、ツボにあたっときの痺れる感じもいや、
という方は10人来ましたら1人はきます。
それでも当院の院長は長年の実績からその方にあった刺激を
みつけて完治まで持っていくことがほとんどです。
院長曰く敏感な方ほど早く治るようです。

でもそういう問題ではなく、いくら注意をして治療をしてもらった
としてもぜったいチク感はいや、という強い不安感がいる方が
いましたらそれはそれで鍼の不適応にあたる可能性が
高くなります。可能性で言えばうちに来る慢性疲労患者さんの
30人に1人くらいかな?と想像していますがもう少し多いかも
しれませんし少ないかもしれません。

さて本当にそういう状態であれば鍼をしない方がいいと言えます。
その場合は刺さない鍼と整体というコースをご用意しております。
皮膚が敏感なので刺さなくても効いたりする方が多いのです。
整体も非常に効果的だったりもします。

鍼灸は絶対嫌だけど鍼を刺さないなら行ってみたいという方は
是非お知らせくださいね。


患者さん画像患者さん画像


トップ


友だち追加

トップ

フォームからのご予約は前日までに、直前の場合はお電話か
携帯メール同士でsyoukakudou@ezweb.ne.jpまで
おねがいします。フォームから送信できない場合は
syoukakudou@y9.dion.ne.jpまでメールしてください。







俳優の窪塚洋介さん来院
多数の有名人来院

トップ
治療家の声多数掲載
医師・病院からの推薦も

トップ
日本人で初めて会員認定
中国上海市から表彰

トップ
広島の患者様喜びの声集




















3つの最新記事
    [an error occurred while processing this directive]

トップ

トップ