疲労骨折に対する治療|広島の鍼灸整体院


疲労骨折・オーヴァーユースの治療について
・痛みがあるのに我慢してしていた
・オーバーユースでシンスプリントが悪化した
・常にテーピングを巻き続けている
・骨を触っていると形がいびつに感じる
・常に熱感や腫れをともなっている
といった方が多く来られています




オーバーユースとは

一度では骨折に至らない程度の力が 骨の同一部位に繰り返し加わることによりおこります。症状としてはこっせつしたところの局所の疼痛、骨折部位の腫れ・膨らみ、
運動の始まりに痛みが強くでる治療の一番は安静になります。


鍼灸では疼痛部位の周辺にうつことで自然治癒力を高めるようにしていきます。
また、筋力トレーニングにより周囲の筋肉を鍛えて疲労骨折部位への負担を減らすための指導も行っていきます。


予防

基礎体力の向上、柔軟性の向上、バランス感覚の習得
筋力アップ、日ごろのハードな練習による疲労を蓄積させない

疲労骨折とは、同じの骨の場所に負荷がかかることで疲労が蓄積
されることで起こる骨折です。よくたとえとしては金属疲労が言われます。
同じ部分が何度も繰り返し負荷がかかることで金属であれ折れやすよと
いうことです。金属でも折れるのですから骨もおれますよね。

一般的に骨折といえば巨大な外力によりボキッとおれますが、
疲労骨折は小さい力の積み重ねでありますから、すぐには折れず、
まずは、骨が腫れ、そしてひびが入り、それから折れるという流れです。

スポーツ選手に多く、どのスポーツでも折れる可能性を含んでいると思います。
当院で多く診るのは、サッカーの中足骨骨折や、陸上の脛骨骨折です。
バレーやスキー選手の骨折も見たことがあります。

慢性的な使い過ぎであったりするオーバーユースが原因なので、
なかなか休むことができない選手にとっては治りが悪く、
何度も自然に治っては、また折れての繰り返しになる場合があり、
選手生命の危機までに達することがあります。

中高生のきつい練習をしている学生さんや、その中でも女性の方に
多いです。合併する症状として、無月経や食事がとれない方が多く、
それが栄養不足にもつながり、血液不足になり、さらに慢性化する
原因になるので、まずは休むことが優先されます。
そしてしっかり栄養を取ることももちろんおすすめになります。

単純なところでは、アスファルトでの練習や、蛙飛び、
靴が悪い、リストバンドなど負荷をかけすぎている、
おんぶしてのダッシュ、階段昇降、急な坂道での反復練習、
などなど原因がはっきりしている場合は、ほかの練習法をすることで
治った子もいるので、早めに相談していくのをお勧めします。

あとなんでもそうですが、フォームが悪い子は怪我しやすいです。
野球の場合は投げる時の肘や肩の角度など、
確かに変化球の切れなどはよくなるのかもしれませんが、
成長途中の中高学生などは注意すべきで、
体幹などを意識してフォームを作り直すのも怪我の予防になると思います。

よく折れる場所としては

・中足骨 足の指、甲の骨です。このあたりに痛みがあるときは疑うことになります。この部分を支点にして動かす、サッカーやバレーなどの選手によく見られます。    

・脛骨(すね) ランニングが競技の学生さんに多く見られます。
    また、ジャンプなどを頻繁に繰り返す競技の子もなりやすいです。
 
・肋骨 肋骨の中でも下のほうので、脇腹付近の10〜12が折れやすいです。
    これはスポーツだけでなく、普段の生活でも折れやすい部位であります。 


骨に問題があるのに治ってしまった方のケース

骨にて変形など構造的な問題が発症してその変形の影響もあり
その周囲のバランスが崩れてしまいます。
それによってまたまわりがそれをかばったりすることでの影響により
神経痛などの症状が出ているケースだと感じております。
多いのが背骨の歪みになります。元々ある脊椎のカーブが
なくなってくることで神経を圧迫する可能性もありますが、
身体を支えることができにくくなるので、背中・肩がつよくこってしまう
という症状が出ます。また神経も過敏になるので、
足がしびれたり痛くなるということもおこってきます。
このような疲労骨折は手術はしなくても治る可能性の
あるものとなります。

ですので大事なのは今出ている症状が、

1、関節の変形など構造的原因で出ているのか?
2、変形など構造的問題もあるがゆがみなどほかの要因もあるのか?
3、疲労骨折といわれたけど全く変形など構造的な原因がなかった

など、それを考察していく事が非常に大事な選択です。

当院で3回治療することで3の原因であれば完治する方もいるでしょうし、
2であっても症状の軽減は狙えるものと思います。

ただただ経過観察だけしている場合は、2・3であったばあいは、
早ければ何度か治療をしていると治っていたのに、
経過観察中に筋肉はやせ細り、さらに固くなってきて、
それが原因でさらに悪化し、外科的処置をしたが、2・3の理由が
解決していなかったことで、症状が軽減することなく、
さらに悪化してしまうという方を何人か見てきましたので、
やはり何を選ぶとしても、西洋医学と併用して鍼灸治療を早く開始するという
選択を選ぶことが大事なんだと感じております。

2,3の方の多くは筋肉性のコリであったり、オーバーユースであったりします。




オーバーユースの疲労骨折に鍼灸整体治療

早期であれば骨折ではなくて骨の腫れや軽いヒビだと思います。
この段階で治療ができればすぐに治ることがほとんどです。
注意するのは1回で痛みが取れたとしても、ヒビは残っています。
日々の修復には2〜3週間は早くてもかかるでしょうから、
痛みが治ったことが、骨が治ったとは思わないようにしてください。
痛みと炎症が取れるツボを使えば1回で治療終了も可能です。

次に何度か繰り返している慢性的なヒビや腫れです。
これは、痛みが早くにとれたとしても、治療的には
修復に力をいれるべきです。ですので、少し長めの治療をしたりします。
使うツボも骨に効くというツボを選んでいきます。
また、温灸などの組み合わせも有効です。
治療に加えてストレッチやリハビリなどが必要な場合もあり、
その場合は福本が専任となりますので予約時にお知らせください。
もちろん超音波などの併用を考えて病院との併用を
選ばれてもいいかと思います。

最後に骨折までしていて安静にしている方への治療となりますが、
もちろん早期復帰に向けての痛み、炎症、修復、筋肉の質の改善など、
すべてのものを組み入れて治療していきます。
この辺りは院長は得意ですのでがっつりとした治療をしていきます。


トレーニングと休息のバランスは非常に重要でしょう。
ただトレーニングを積まないとスポーツは上達しないし、
休めば筋力も落ちるしということで、
だましだましというのが実情です。
うちでは、このだましだましの状態であれば、
もちろん治療をすすめたいのはやまやまですが、
そこでの治療よりも、本当にダメな時に受けてほしいというのもあります。
そこで我慢してしまうと取り返しがつかないと思うからです。
多くの選手はだましだましで練習しているからです。
ですので、当院を最後の砦として覚えていただければとおもいます。
それによって、骨折とか断裂とかを防ぐことができると思います。


当院では首肩こりや背中のこりをしっかり緩めることに
注目しております。まずは鍼にて緩めてから可能であれば
スイダマを行いそして背骨を調整することで自律神経の流れが
良くなり症状が緩和していきます。
コリの強い方には悪いツボにシール鍼を貼ります。
背中のコリを緩めることで効果があるというのは
あまり知られていないのでまずはお試しください。





当院では中国留学者の鍼灸治療経験深い男性院長の治療
をおこないますので、必ずご希望の方は院長の指名にて
治療をお受けください。中国と日本で学んだ鍼灸治療は免役に
対しても鍼灸整体治療により悪化を防ぎジワジワと回復する治療を
西洋医学と併用することで症状の緩和を狙います。
是非お悩みの方は院長による鍼灸治療をお試しください。
また自宅でのお灸治療に興味のある方は自宅灸をお教えします。
可能でありましたら当院連携先の医院で漢方の併用も
おすすめします。漢方鍼灸ともじわじわと続けることで以前と
比べて体調がよくなるというケースが増えておりますので
ぜひおすすめします。


どうしても鍼治療が怖い方はどうするべきですか?

まずはしっかり問診を取るのですが、
私は間違いなく鍼がダメ、前に余計に悪くなったとかのトラウマ
あのチク感がダメ、ツボにあたっときの痺れる感じもいや、
という方は10人来ましたら1人はきます。
それでも当院の院長は長年の実績からその方にあった刺激を
みつけて完治まで持っていくことがほとんどです。
院長曰く敏感な方ほど早く治るようです。

でもそういう問題ではなく、いくら注意をして治療をしてもらった
としてもぜったいチク感はいや、という強い不安感がいる方が
いましたらそれはそれで鍼の不適応にあたる可能性が
高くなります。可能性で言えばうちに来る患者さんの
30人に1人くらいかな?と想像していますがもう少し多いかも
しれませんし少ないかもしれません。

さて本当にそういう状態であれば鍼をしない方がいいと言えます。
その場合は刺さない鍼と整体というコースをご用意しております。
皮膚が敏感なので刺さなくても効いたりする方が多いのです。
整体も非常に効果的だったりもします。

鍼灸は絶対嫌だけど鍼を刺さないなら行ってみたいという方は
是非お知らせくださいね。


トップ


友だち追加

トップ

フォームからのご予約は前日までに、直前の場合はお電話か
携帯メール同士でsyoukakudou@ezweb.ne.jpまで
おねがいします。フォームから送信できない場合は
syoukakudou@y9.dion.ne.jpまでメールしてください。






俳優の窪塚洋介さん来院
多数の有名人来院

トップ
治療家の声多数掲載
医師・病院からの推薦も

トップ
日本人で初めて会員認定
中国上海市から表彰

トップ
広島の患者様喜びの声集




















3つの最新記事
    [an error occurred while processing this directive]

トップ

トップ