腓骨神経麻痺・ガングリオン嚢胞・垂れ足の治療|広島の鍼灸整体院


腓骨神経麻痺(マヒ)の鍼灸整体治療
リハビリを続けているがよくならない
・足がさがったままである
・原因は不明といわれて治療方法がない
・電気をあてても効いた気がしない
・足の筋力がだんだんおいてきている
といった方が多く来られています。




すねの前と外側の筋肉を動かす腓骨神経が、
ふくらはぎの外側から足の甲にかけて、
圧迫・絞扼(=締め付けられること)されて運動神経麻痺が
生じて痺れや痛みや筋力低下が起きる疾患です。

腓骨神経麻痺とは、下腿の外側から足背、それか
ら足の指にかけての感覚が障害されることによっ
て、その部分がしびれたり触った感じの感覚が鈍
くなってしまう状態をいいます。
足首と足指が背屈で出来なくなり、下垂足という
状態にもなる事があります。
常につま先が垂れ下がった状態になります。

この腓骨神経麻痺の原因として最も多いのは、腓
骨頭部といって、膝の外の側からの圧迫により生
じるものです。よくあるケースでは、ギプス固定
をしているときに、腓骨頭部が後ろから圧迫され
ると起こります。
その他にある原因としてはガングリオンなどの腫
瘤、腫瘍、ケガ腓骨頭骨折やその他の膝の外傷な
どによっても生じることはあります。
仕事でしゃがみ込む姿勢での作業が多い人や、
寝る姿勢が窮屈な場所でいつも腓骨神経を圧迫しているとか
の方は特になりやすいので注意が必要です。

膝関節の後ろの方で、坐骨神経から腓骨神経とい
う神経の枝分かれを出して、膝下から外側に分布
して支配する神経を出しています。大本の坐骨神
経から分岐し、腓骨神経が膝外側にある腓骨頭と
いう場所の後ろを巻きつくように走行します。

そこは、神経が繊細な造りになっており、骨と
皮膚・皮下組織の間に神経が存在するために、外
部からの圧迫により簡単に麻痺が生じます。
このように痺れや感覚障害が一度起こると、なか
なか容易には症状緩和が望めなくなります。その
対策として、後述する鍼灸治療をおすすめします。


原因

横寝の姿勢
横寝の姿勢は膝の外側が床やふとんに長時間押しつけられ腓骨神経が圧迫をうけます。
すると、神経の伝達が悪くなり運動神経麻痺を起こします。

症状

すねの前と外側の筋肉の筋力低下です。これらの筋肉の筋力低下に
より足首を手前に反らしにくくなったり外側に返しにくくなったりします。

また、感覚神経障害によりスネから足の甲にかけての
シビレ・痛み・感覚鈍磨が起きることもあります。

神経に問題があるのに治ってしまった方のケース

腓骨神経にて損傷など構造的な問題が発症してその変性の影響もあり
その周囲のバランスが崩れてしまいます。
それによってまたまわりがそれをかばったりすることでの影響により
足の麻痺などの症状が出ているケースだと感じております。
多いのが首の歪みになります。元々ある脊椎のカーブが
なくなってくることで神経を圧迫する可能性もありますが、
身体を支えることができにくくなるので、首・肩がつよくこってしまう
という症状が出ます。また神経も過敏になるので、
足がしびれたり痛くなるということもおこってきます。
このような腓骨神経麻痺は手術はしなくても治る可能性の
あるものとなります。

ですので大事なのは今出ている症状が、

1、神経の変性など構造的原因で出ているのか?
2、変性など構造的問題もあるがゆがみなどほかの要因もあるのか?
3、腓骨神経麻痺といわれたけど全く変性など構造的な原因がなかった

など、それを考察していく事が非常に大事な選択です。

当院で3回治療することで3の原因であれば完治する方もいるでしょうし、
2であっても症状の軽減は狙えるものと思います。

ただただ経過観察だけしている場合は、2・3であったばあいは、
早ければ何度か治療をしていると治っていたのに、
経過観察中に筋肉はやせ細り、さらに固くなってきて、
それが原因でさらに悪化し、手術をしたが、2・3の理由が
解決していなかったことで、症状が軽減することなく、
さらに悪化してしまうという方を何人か見てきましたので、
やはり何を選ぶとしても、西洋医学と併用して鍼灸治療を早く開始するという
選択を選ぶことが大事なんだと感じております。

2,3の方の多くは普通の神経痛であったり、一時的な問題であったりします。





鍼灸整体治療

当院では腓骨神経麻痺の神経麻痺に対する鍼灸治
療を行っています。この鍼灸治療とは痛くない鍼
とお灸を混ぜる治療で、WHO(世界保健機関)にも
その効果が認められている治療法です。この腓骨
神経麻痺疾患に対しても効果が何件にもわたって
確認されており、改善の期待は十分にできます。

腓骨神経によって支配されている前脛骨筋、長
腓骨筋、などを鍼やお灸で刺激を与えることで、
腓骨神経からの指令で動いている筋肉に刺激を与
えて、腓骨神経への血流を促し神経の機能を回復
を促します。
神経の機能が鈍くなると、支配している筋肉や
関節が硬くなるので、そこを柔らかくするために
鍼灸治療で血流を促進して、痛みや神経障害を
改善に導いていきます。
症状が緩和されてきたと同時に、今度は筋力が
弱ってしまっているので、リハビリ治療も同時
に行います。同時に整体マッサージリハビリ治
療も加えていきます。それによって筋と神経伝
達の回復を促していきます。
腓骨神経に繋がる坐骨神経が臀部や大腿後面で圧
迫されることで腓骨神経麻痺を引き起こしている
可能性もありますので臀部や大腿後面にも鍼灸施
術を行っていきます。
腓骨神経麻痺の治療についてお悩みの方はなん
でもご相談いただければと思います。

神経を圧迫・絞扼している部位のツボ、足首にある腓骨神経の
ルート上のツボを組合せながら治療を行い神経内血流の増加
による神経機能の回復を目指します。

また、運動療法として
「足首を手前に返す動き」と「外側に返す動き」を
行うと回復が早まりますし再発予防にもなります





当院では首肩こりや背中のこりをしっかり緩めることに
注目しております。まずは鍼にて緩めてから可能であれば
スイダマを行いそして背骨を調整することで自律神経の流れが
良くなり症状が緩和していきます。
コリの強い方には悪いツボにシール鍼を貼ります。
背中のコリを緩めることで効果があるというのは
あまり知られていないのでまずはお試しください。

当院では中国留学者の鍼灸治療経験深い男性院長治療
をおこないますので、必ずご希望の方は院長の指名にて
治療をお受けください。中国と日本で学んだ鍼灸治療は免役に
対しても鍼灸治療により悪化を防ぎジワジワと回復する治療を
西洋医学と併用することで症状の緩和を狙います。
是非お悩みの方は院長による鍼灸治療をお試しください。
また自宅でのお灸治療に興味のある方は自宅灸をお教えします。
可能でありましたら当院連携先の医院で漢方の併用も
おすすめします。漢方鍼灸ともじわじわと続けることで以前と
比べて体調がよくなるというケースが増えておりますので
ぜひおすすめします。


どうしても鍼治療が怖い方はどうするべきですか?

まずはしっかり問診を取るのですが、
私は間違いなく鍼がダメ、前に余計に悪くなったとかのトラウマ
あのチク感がダメ、ツボにあたっときの痺れる感じもいや、
という方は10人来ましたら1人はきます。
それでも当院の院長は長年の実績からその方にあった刺激を
みつけて完治まで持っていくことがほとんどです。
院長曰く敏感な方ほど早く治るようです。

でもそういう問題ではなく、いくら注意をして治療をしてもらった
としてもぜったいチク感はいや、という強い不安感がいる方が
いましたらそれはそれで鍼の不適応にあたる可能性が
高くなります。可能性で言えばうちに来る患者さんの
30人に1人くらいかな?と想像していますがもう少し多いかも
しれませんし少ないかもしれません。

さて本当にそういう状態であれば鍼をしない方がいいと言えます。
その場合は刺さない鍼と整体というコースをご用意しております。
皮膚が敏感なので刺さなくても効いたりする方が多いのです。
整体も非常に効果的だったりもします。

鍼灸は絶対嫌だけど鍼を刺さないなら行ってみたいという方は
是非お知らせくださいね。


患者さん画像患者さん画像


トップ


友だち追加

トップ

フォームからのご予約は前日までに、直前の場合はお電話か
携帯メール同士でsyoukakudou@ezweb.ne.jpまで
おねがいします。フォームから送信できない場合は
syoukakudou@y9.dion.ne.jpまでメールしてください。






俳優の窪塚洋介さん来院
多数の有名人来院

トップ
治療家の声多数掲載
医師・病院からの推薦も

トップ
日本人で初めて会員認定
中国上海市から表彰

トップ
広島の患者様喜びの声集




















3つの最新記事
    [an error occurred while processing this directive]

トップ

トップ