帯状疱疹後神経痛・ヘルペス神経痛の治療紹介|広島の鍼灸院


帯状疱疹後神経痛の鍼灸整体治療について

帯状疱疹とは

帯状疱疹は、水痘・帯状疱疹ウイルスによって起こる感染症
ヘルペスとも呼ばれるがいわゆる水ぼうそうのウイルスのこと


症状として頭痛、腰痛、だるさの後にピリピリした痛みが起こります。
そして、数日後に痛みの部位に赤く小さな水疱ができます
その後、神経の筋道にそって疱疹ができて激しい痛みを
伴うのが『帯状疱疹』、ヘルペスとよびます。


西洋医学的治療

抗ウイルス剤と痛みを抑える非ステロイド系の抗炎症剤
ガンマグロブリン投与、ビタミンB12の内服
顔面の場合は星状神経節ブロック注射
3週間前後で症状は消えるが治療中は安静が必要



ヘルペスに対する鍼灸の効果


低下している免疫力を鍼灸治療で回復させつらい痛みをなくす
局所の血流を増加させ交感神経の緊張を緩める
経絡の気と血を疏通することにより痛みをコントロールする
免疫機能を高めてウイルスの活動を抑制し,それにより鎮痛効果を現す

体の中に熱をため込みやすい傾向があり食慾が旺盛になるパターンが多い
老廃物は通常だと便か尿に排泄されるのですが、時に汗からも
出て行くが肺の気が弱っていると毒素に皮膚が負けてヘルペスの
様な症状が出てくる。
よってまず熱を鍼で取り除いた上で熱が出る原因となった
蔵の気を整えて症状が出ている箇所の経絡を調整します。



日常生活の注意

痒くても掻かない
飲酒や熱い風呂への入浴は避ける
暴飲暴食は避けて正しい食生活をするなる
身体を休めてストレスや疲労をためない


東洋医学的治療

急性期の帯状疱疹の発病は外因が毒邪の侵入であり、
内因が肝胆の湿熱などである。湿熱と毒邪が皮膚に停滞する
ために疱疹や痛みを引き起こします。
@気滞血お:疱疹がなくなっても激しい痛みが止まらないです。
しばしば両脇の脹痛、不眠、胸脇苦滿などの症状を伴います。
A寒湿滞絡:気候が寒くなり、特に冷たい風にあたると痛みを
誘発したり増強したりする。しばしば四肢の冷え、寒がりを伴います。
B気血両虚:痛みはひどくないが、なかなか治らないです。
疲れると痛みがひどくなり、休むと軽減します。顔色が悪い、
疲労倦怠、食欲不振など。



《中医学的考え方》

中医学では、湿熱によると考えられる。疲労やストレスがたまったり、免疫力が低下すると発症する

発疹は熱邪があり、水疱がは湿邪があると考えます。
痛みは、患部に気血が滞るために生じるもの
帯状疱疹後神経痛は「蜘蛛瘡」(ちじゅそう)といわれ、
激しい痛みに加えて便秘・口渇・頻脈を 伴うことが多く、
精神的な苦痛も大きいようです               
              

具体的な症状別の鍼灸治療法

1.初期の灼熱性疼痛と水泡の出現時期においては

当院ではこの時期は西洋医学での治療が大事だと思っております。
補助的に針灸をされますならぜひ併用ください。 

痛みの緩和を狙いハリ治療をおこないます。



2.水泡などが緩和してきて神経痛が残ってきた時期

当院ではこの時期において鍼灸治療を推奨しております。
上手に神経領域において鍼治療をして痛みの集中している
部分に温灸治療をすることで症状が緩和するスピードが
はやまりますのでぜひおすすめします。


3.皮膚は完全に治って数か月たつが疲労の強い時や
 雨の日などに痛むことがある時期
帯状疱疹後神経痛といわれるケースなのですが
この時期では西洋医学治療では特にこれといったものが
ないように思えます。積極的鍼灸治療において完全治癒を
狙うのも良いのではないかともいます。
鍼よりも温灸がすごく効きますので自宅でできますようご指導も可能です。




【ヘルペス・帯状疱疹でお悩みだった患者様より喜びの声】



治療は、はりやお灸をしてもらいました。
針は痛いところに響き、お灸は悪いところに浸透する感がありました。
自然と痛みも引いてきて、夜も寝れないほどでしたが、
普通に寝れるまで回復しました。

広島でヘルペス後神経痛の鍼治療なら 



当院では中国留学者の鍼灸治療経験深い男性院長がどこに行っても治らない
頑固な方の治療をおこないますので、必ずご希望の方は院長の指名にて
治療をお受けください。中国と日本でがっつり学んだ鍼灸治療は頑固な症状に
対しても悪化を防ぎジワジワと回復する治療をおこなっております
さらに状態によっては漢方薬と併用することで症状の緩和を狙います。
是非お悩みの方は院長による鍼灸治療をお試しください。
ただし、多少の刺激は我慢してもらう事が多いので、
鍼が全く怖くてできなさそうであれば、整体もできる矢富の治療がおすすめでもあります。
また自宅でのお灸治療に興味のある方は自宅灸をお教えします。




どうしても鍼治療が怖い方はどうするべきですか?

まずはしっかり問診を取るのですが、
私は間違いなく鍼がダメ、前に余計に悪くなったとかのトラウマが強い方、
あのチク感がダメ、ツボにあたっときの痺れる感じもいや、
という方は10人来ましたら必ず1人はきます。
それでも当院の院長は長年の実績からその方にあった刺激を
みつけて完治まで持っていくことがほとんどです。
院長曰く敏感な方ほど早く治るようです。

でもそういう問題ではなく、いくら注意をして治療をしてもらった
としてもぜったいチク感はいや、という強い不安感がいる方が
いましたらそれはそれで鍼の不適応にあたる可能性が
高くなります。可能性で言えばうちに来る患者さんの
30人に1人くらいかな?と想像していますがもう少し多いかも
しれませんし少ないかもしれません。

さて本当にそういう状態であれば鍼をしない方がいいと言えます。
その場合は痛くない鍼と整体マッサージというコースをご用意しております。
皮膚が敏感なので刺さなくても手技だけで効いたりする方が多いのです。
当院独自の整体マッサージも非常に効果的だったりもします。

鍼灸は絶対嫌だけど痛くない鍼と整体マッサージなら行ってみたいという方は
是非お知らせくださいね。ご予約の際に痛くない鍼でとお知らせくださいね。






患者さん画像患者さん画像






フォームからのご予約は前日までに、直前の場合はお電話か
携帯メール同士でsyoukakudou@ezweb.ne.jpまで
おねがいします











俳優の窪塚洋介さん来院
著名な有名人も多数来院

トップ
同業である鍼灸師がすすめる
鍼灸に通いたくないですか?

治療家の声多数掲載

医師・病院の推薦も

トップ
日本人で初めて会員認定治療院
中国上海市から表彰されました
本場中国直伝の技術で対応


トップ
広島の患者様喜びの声集




















3つの最新記事
トップ

トップ