外反母趾・へバーデン結節の治療|広島の鍼灸整体院


<外反母趾の治療>
・足の親指の骨が外に変形してきた
・痛みで歩くのに問題がある
・ヒールなど先の細い靴が履けなくなった
・指と指の間にも痛みが出るようになった
・テーピングをしているが治る気配がしない
といった方が多く来られています。



母趾の付け根の関節(中足趾節関節)が靴の圧迫などによって
外側に反れ母趾が内側に向いてしまった状態が外反母趾です。
関節や隣指の付け根の足底付近に痛みが起こります。
ほとんどは女性の方がなる症状で、ハイヒールなど窮屈な靴を
履くことでなりやすくなります。靴を履くと痛みがふえること、
見た目的にも大きく九の字に変形することから、
ひどくなると手術になるので、早期の治療開始が望まれます。

セルフチェック
親指の付け根の出っ張りとかかとを結んだ線と親指の前後を結んだ線を紙に書き2本の線の角度を図ります。この角度が15度以上の方は早めの治療をお勧めします。

運動療法
親指の付け根の関節の外反位での拘縮の予防と除去です。
最も簡単な治療は、手で足の親指を内側に曲げてあげることです。
長期間にわたって症状を持っている場合全身に影響が出ている場合が多いです。
顎関節症、五十肩、慢性肩こり、膝痛なども併発することもあります。
こういった症状にも鍼灸治療が非常に有効です。

へバーデン結節について

外反母趾と同じく女性に多い疾患です。

中年以降の女性の指の第一関節である遠位関節に
変形が起こることです。爪のすぐ下の一番目の関節ですね。

細かい指の動作でよく使われる関節です。
ひどくなると変形して曲げたり伸ばしたりはできなく
なりますし、痛みも伴ってきます。
女性は手仕事や家事が多いので指の疾患になる方は多いです。

もちろん変形する前の痛みのある段階にてが治療開始するのが
おすすめです。早い段階で痛みをとることで、
変形を食い止められるからです。
リウマチと違い指のみに現れる変形のため、
痛みさえ取れれば治療終了となります。
その後は変形をしないようにリハビリと運動をしてもらえれば
大丈夫です。

病院では積極的な治療をしないことが多いです。
年のせいだからで終わるときもあるでしょう。
ですので、ぜひ鍼灸治療を早期に受けてほしいです。
指の痛みは腱鞘炎やばね指と同じくらい早く良くなるからです。

またお灸治療も効果が十分あるとも思いますが、
私は針が得意なので鍼で治してしまうことがほとんどです。
お灸はあとが残る場合はあるのでやはり使いにくいですね。
あとが残ってもいいという場合ならお灸でしてしまうこともあります。

関節に問題があるのに治ってしまった方のケース

指の関節にて変形など構造的な問題が発症してその変形の影響もあり
その周囲のバランスが崩れてしまいます。
それによってまたまわりがそれをかばったりすることでの影響により
関節痛などの症状が出ているケースだと感じております。
多いのが骨盤の歪みになります。元々ある脊椎のカーブが
なくなってくることで神経を圧迫する可能性もありますが、
身体を支えることができにくくなるので、足・指がつよくこってしまう
という症状が出ます。また神経も過敏になるので、
指がしびれたり痛くなるということもおこってきます。
このような外反母趾やへバーデン結節は手術はしなくても治る可能性の
あるものとなります。

ですので大事なのは今出ている症状が、

1、関節の変形など構造的原因で出ているのか?
2、変形など構造的問題もあるがゆがみなどほかの要因もあるのか?
3、外反母趾といわれたけど全く変形など構造的な原因がなかった

など、それを考察していく事が非常に大事な選択です。

当院で3回治療することで3の原因であれば完治する方もいるでしょうし、
2であっても症状の軽減は狙えるものと思います。

ただただ経過観察だけしている場合は、2・3であったばあいは、
早ければ何度か治療をしていると治っていたのに、
経過観察中に筋肉はやせ細り、さらに固くなってきて、
それが原因でさらに悪化し、手術をしたが、2・3の理由が
解決していなかったことで、症状が軽減することなく、
さらに悪化してしまうという方を何人か見てきましたので、
やはり何を選ぶとしても、鍼灸治療を早く開始するという
選択を選ぶことが大事なんだと感じております。

2,3の方の多くは使い過ぎであったり、捻挫であったりします。



外反母趾・へバーデン結節の鍼灸整体治療

まずは痛みのある関節の部分の痛みを止めることからはじめます。
炎症を取り除いたり、痛みを緩めたり、緊張を取り除くことで、
まずは急性の強い症状から緩めます。
それから落ち着いてきたら組織の修復や血流増大を考えて、
痛みが再発しないように、さらに治りが強まるようにしていきます。
この段階になると、リハビリやテーピングなども有効となります。
痛みも減っているので矯正がしやすくなるのです。
もちろん、靴を変えたり、歩き方を考えたりと、することは
もちろん大事なことになりますので注意してください。


当院では外反母趾・へバーデン結節がメインで来院されます患者さんは少ないですが肩こりや腰痛などで一緒に治療をするケースは多々あります。
痛みを和らげるためにシール鍼や整体をしたりして痛みを緩和しながら治していきます。最近では小学生など子供の外反母趾で悩まれている方が多いですね。ぜひ積極的な整体治療をお勧めします。


当院では首肩こりや背中のこりをしっかり緩めることに
注目しております。まずは鍼にて緩めてから可能であれば
スイダマを行いそして背骨を調整や整体をすることで自律神経の流れが良くなり症状が緩和していきます。
コリの強い方には悪いツボにシール鍼を貼ります。
背中のコリを緩めることで外反母趾・へバーデン結節に効果があるというのは
あまり知られていないのでまずはお試しください。





当院では中国留学者の鍼灸治療経験深い男性院長の外反母趾の治療
をおこないますので、必ずご希望の方は院長の指名にて
治療をお受けください。中国と日本で学んだ鍼灸治療は免役に
対しても鍼灸整体治療により悪化を防ぎジワジワと回復する治療を
西洋医学と併用することで症状の緩和を狙います。
是非外反母趾にお悩みの方は院長による鍼灸治療をお試しください。
また自宅でのお灸治療に興味のある方は自宅灸をお教えします。
可能でありましたら当院連携先の医院で漢方の併用も
おすすめします。漢方鍼灸ともじわじわと続けることで以前と
比べて体調がよくなるというケースが増えておりますので
ぜひおすすめします。


どうしても鍼治療が怖い方はどうするべきですか?

まずはしっかり問診を取るのですが、
私は間違いなく鍼がダメ、前に余計に悪くなったとかのトラウマ
あのチク感がダメ、ツボにあたっときの痺れる感じもいや、
という方は10人来ましたら1人はきます。
それでも当院の院長は長年の実績からその方にあった刺激を
みつけて完治まで持っていくことがほとんどです。
院長曰く敏感な方ほど早く治るようです。

でもそういう問題ではなく、いくら注意をして治療をしてもらった
としてもぜったいチク感はいや、という強い不安感がいる方が
いましたらそれはそれで鍼の不適応にあたる可能性が
高くなります。可能性で言えばうちに来る慢性疲労患者さんの
30人に1人くらいかな?と想像していますがもう少し多いかも
しれませんし少ないかもしれません。

さて本当にそういう状態であれば鍼をしない方がいいと言えます。
その場合は刺さない鍼と整体というコースをご用意しております。
皮膚が敏感なので刺さなくても効いたりする方が多いのです。
整体も非常に効果的だったりもします。

鍼灸は絶対嫌だけど鍼を刺さないなら行ってみたいという方は
是非お知らせくださいね。


トップ


友だち追加

トップ

フォームからのご予約は前日までに、直前の場合はお電話か
携帯メール同士でsyoukakudou@ezweb.ne.jpまで
おねがいします。フォームから送信できない場合は
syoukakudou@y9.dion.ne.jpまでメールしてください。






俳優の窪塚洋介さん来院
多数の有名人来院

トップ
治療家の声多数掲載
医師・病院からの推薦も

トップ
日本人で初めて会員認定
中国上海市から表彰

トップ
広島の患者様喜びの声集




















3つの最新記事

トップ

トップ