無汗症・乏汗症・体臭・加齢臭の治療|広島の鍼灸整体院


体臭の問題について
自分の臭いが気になる
・よくガスがでるので臭いが気になる
・脇のあたりの汗ばみがある
・顔からよく汗が出る方
・周りはそれほど臭わないというが気になっている
といった方が多く来られています





当院に来られる患者さんの汗の異常で多いのは、
汗をよくかくので何とかならないかというものです。
特に手汗や脇汗でも悩みが多いですね。
過剰にかくのもつらいのですが生理学的には熱を体外に発散させているということで
それほど問題視していないように思えます。

逆に汗が出ないという悩みの方があります。
シェーグレンや甲状腺などホルモンの異常から汗が出なくなります。
皮膚の病の方も汗が出なくて、汗が出ると症状が楽になる
ということでシェーグレンやアトピーの方の場合は汗が出るのが治療の
ポイントにもなってきます。

汗をかかないことについて

汗をかかないという患者さんがたまにおられます。

慢性的な病気が原因でみられる症状です。
疾患を挙げると、シェーグレン症候群、汎発性強皮症、尋常性天疱瘡、紅皮症、尋常性魚鱗癬などがあります。

発汗が極度に減少すると乏汗と呼ばれます。
アジソン病、尿崩症があります。

これらの疾患は西洋医学でのコントロールが必要で鍼灸は補佐的におこなうことで効果を発揮します。

よく言われるのは薬だけでコントロールしていた時と比べて汗が出るという事です。
それだけ鍼灸整体に対して効果を実感していただけてもいます。

この理由としては鍼灸整体治療は発汗を促すと言われる自律神経の調整をできるからになります。

またストレスがある状態よりもリラックスしている時の方がいいですので
首肩こりの整体治療を一緒にやった方が良い結果が出やすいことが多かったです。

また胸やのど周囲の違和感がある方もいます。

その場合はその周囲のツボの反応を緩めると汗が出やすい場合がありますのでおすすめします。


無汗症について

汗が出ないと熱が発散できないので体内、皮膚下に熱がこもりやすい状態になります。
汗が出ることでその熱が出ていくので体温も冷えていき、特に夏場の体調コントロールには重要なポイントになります。
ですので、汗をかきにくい方は熱中症、発熱しやすいので夏場は危険です。
汗が出ないので仕方なく冷たいものを取ったり冷房や水ぶろなどで熱をおさえている方が多いです。

そんな患者さんも鍼灸をはじめてから調子がよくなったというのはよく聞く話です。
特にアトピーの方の乾燥肌の方が汗が出るようになって
痒みも収まり、楽に生活できると喜んでいただいております。
このように鍼灸治療をしていたら汗をかくようになったという方が意外とおられます。
発汗異常は自律神経の失調が原因となっている場合があるからでしょう。
鍼で自律神経を調整することで汗の異常も一緒に治療していたのだと思われます。
また、首肩こりもある場合はそれもリラックスさせることにより、
血流も回復し、さらに自律神経も整いますので一石二鳥となります。

また汗の異常は女性に多いのですが、食生活や睡眠などが乱れている人が多いように思えます。
またそれが日常化しすぎて体調の悪さも普通になってき汗の異常となってきます。


体臭や加齢臭や自己臭症などの臭いの治療

汗腺にあるアポクリン腺からの分泌物から臭いを発しています。
これはだれだってでていますが、このレベルが強いのが体臭といわれています。
私の患者さんでいたのですが、ほとんど臭わないのに体臭があるという方がいました。
そういう場合は自己臭症とよんでおります。
何度か治療することで多くの場合に効果を出してきました。
トラウマ的なものがあるのかもしれませんが、治療を受けることで
心の安定につながり、気にならなくなってきたのでしょう。
逆にかなり臭うのにその臭いに気づかない方もいたりします。
嗅覚の問題もあるのかもしれません。

私たち日本人は外国の方に比べてこの体臭の臭いが少ない方が多いです。
逆にいえばそれだけ臭いに過敏になっているのです。
加齢臭は老化の一つであり、身体が酸化していくことになります。
それが強まれば臭いも強くなります。

臭いに関する鍼灸整体治療

さきほどは汗をかかない話をしましたが、臭いが気になる方は汗が多い方が多いです。
ですので鍼灸治療としては発汗の調整のなかでもが汗が出にくくするのが
メインになります。また、よくシャワーで洗い流すことで常在菌が減りますので
臭いの軽減も可能だともいます。
汗をかかない治療の時も説明しましたが、汗をかく場合も首肩こりの
治療を一緒にしたほうがいいです。解毒やデトックスの考えからも
肝臓や腎臓の強化もしたいところですし、お灸や吸い玉も効果的になります。


治療におけるポイントには

1、猫背やストレートネックなどの問題
同じ姿勢での緊張状態である作業において臭いの問題はなりやすいです。
多くの方の特徴ですが、猫背やストレートネックの方が多いように思えます。
背中が丸くなっていることで常にお腹が縮んでしまっている
かたにおおいです。ですので、そのあたりの緊張を取る治療も
併用すべきです。もし、座位時の姿勢や長時間のゲームや、
デスクワークでの事務作業やPC作業などに身に覚えの
ある方は鍼灸だけでなく整体も併用したほうをおすすめしております。
特にストレートネックは下向き作業や同じ方角のみを見続けて
いる方も多いので、姿勢の注意は必衰になりますね。

2、食べるものに関して
特に臭いの問題の場合は便秘の方が多いです。
胃腸の症状ですから食べ物も関与しております。
好き嫌いが多い場合や、同じものなどばかし食べている方、
コンビニ食や野菜不足や乳酸菌や食物繊維不足など
思い当たる節がある方はそれを修正すべきです。
社会人の方で食生活が変わった方などがポイントですね。
退職してで自宅でいる方も、偏食が多かったり、
仕事しながらよくお菓子などを食べている場合は
それを治していく事で快便快調になってきたというのは多いですね。

3、ストレスに関して
まじめな方が臭いを気にする方が多いです。
これは一概にこれだとか見つかりにくいことが多いですね。
総合的な問題でいろんなストレスが重なり合ってでるかたも
多いです。せめて思い当たる中での大きいもの
一つだけでもストレスを緩和できれば一番です。
もし仕事とか嫁姑など、そのようなものが原因の場合は
減らすのは難しいので、楽しいことをご褒美として
与えていく事でリラックスが深まるかと思います。
それにプラスしてよい睡眠が取れれば緩和されていきます。

4、リズムを整えていく事
規則正しい生活をしていない方になりやすいです。
睡眠時間や食事の時間や仕事する時間などを
いつも同じリズムにしていく事で自律神経の乱れを
調整していくのが大事です。
はじめは大きく乱れていますので、まずは治療で整えてからは
自宅でのお灸指導にてさらにリズムが整うように持っていきます。
初めから状態の悪い方は漢方薬との併用も早くから行います。
まずは朝起きれることになること、ここからがスタートですね。

すべてを総合してのバランスが最後のポイントです。
東洋医学では鍼灸や漢方薬などを併用しながら
そのバランスを整えていく医学になります。
多くの方が回復されておりますので、
ぜひ鍼灸治療を試していただきたいと考えております。



乏汗、尿崩症について鍼灸整体治療

尿は腎臓で作られています。
血液を腎臓で濾過し、体に不要な老廃物を水といっしょに尿として排泄しています。
しかし、何らかの原因で体に異常が起こると、尿の量が変化したり、色やにおいが変わるなど、排泄に支障が起こることがあります。

1日の尿の量は、健康な成人で約0,8〜1,5lとされていますが、尿の量は多すぎても少なすぎてもよくありません。
一般に、1日の尿の量が3l以上の場合を多尿といい、0,4l以下を乏尿と言います。



広島市で無汗症・乏汗症でお悩みの方へ





当院では中国留学者の鍼灸治療経験深い男性院長が汗の治療をおこないますので、必ずご希望の方は院長の指名にて治療をお受けください。中国と日本で学んだ鍼灸治療は免役に対しても鍼灸整体治療により悪化を防ぎジワジワと回復する治療を西洋医学と併用することで症状の緩和を狙います。
是非汗にお悩みの方は院長による鍼灸治療をお試しください。

また自宅でのお灸治療に興味のある方は自宅灸をお教えします。可能でありましたら当院連携先の医院で漢方の併用もおすすめします。漢方鍼灸ともじわじわと続けることで以前と比べて体調がよくなるというケースが増えておりますのでぜひおすすめします。



どうしても鍼治療が怖い方はどうするべきですか?

まずはしっかり問診を取るのですが、
私は間違いなく鍼がダメ、前に余計に悪くなったとかのトラウマ
あのチク感がダメ、ツボにあたっときの痺れる感じもいや、
という方は10人来ましたら1人はきます。
それでも当院の院長は長年の実績からその方にあった刺激を
みつけて完治まで持っていくことがほとんどです。
院長曰く敏感な方ほど早く治るようです。

でもそういう問題ではなく、いくら注意をして治療をしてもらった
としてもぜったいチク感はいや、という強い不安感がいる方が
いましたらそれはそれで鍼の不適応にあたる可能性が
高くなります。可能性で言えばうちに来る慢性疲労患者さんの
30人に1人くらいかな?と想像していますがもう少し多いかも
しれませんし少ないかもしれません。

さて本当にそういう状態であれば鍼をしない方がいいと言えます。
その場合は刺さない鍼と整体というコースをご用意しております。
皮膚が敏感なので刺さなくても効いたりする方が多いのです。
整体も非常に効果的だったりもします。

鍼灸は絶対嫌だけど鍼を刺さないなら行ってみたいという方は
是非お知らせくださいね。


トップ


友だち追加

トップ

フォームからのご予約は前日までに、直前の場合はお電話か
携帯メール同士でsyoukakudou@ezweb.ne.jpまで
おねがいします。フォームから送信できない場合は
syoukakudou@y9.dion.ne.jpまでメールしてください。






俳優の窪塚洋介さん来院
多数の有名人来院

トップ
治療家の声多数掲載
医師・病院からの推薦も

トップ
日本人で初めて会員認定
中国上海市から表彰

トップ
広島の患者様喜びの声集




















3つの最新記事
    [an error occurred while processing this directive]

トップ

トップ