気管支喘息・脂漏性皮膚炎・アトピーの治療|広島の鍼灸整体院


鍼灸整体治療はアレルギー炎症の鎮静化に効果的

・ステロイド吸入や塗り薬を使うことに抵抗がある
・気管支喘息が根本的に治る方法がないか探していた
・一生治ることはないといわれたけどなんとかしたい
・まだ症状が出てそんなに時間がたっていない
・かなり慢性度がひどいが少しでも楽になりたい
・大事な結婚式や写真撮影が控えている
・顔や首だけでも早くに治したい
という方が多く来られています。

最近はやりの咳ぜんそく・気管支喘息の場合はこちらも参考にて

私は幼少のころから比較的重度の気管支喘息とアトピー性皮膚炎をもっていました。
特に皮膚障害がひどく何度も皮膚科に通院してはステロイド剤を処方してもらったりしました。
年を重ねるにつれて皮膚炎治っていったのですが大学生のころに皮膚炎を再発し、しかもそのあとの上海留学時代にはさらにひどい喘息を再発してしまいました。
上海では地域開発のため毎日のように工事をしていましたので大変空気が悪くまた上海自体が乾燥ぎみの場所でしたので私だけでなく多くの留学生が呼吸障害にかかっていました。
そんななか喘息を治すべく自分で治療を試みたり漢方薬を煎じたりしましたが一向によくなりません。
そこでどうせだったら自分の体で実験しようと考え喘息を上海中医薬大学での卒業論文にしました。
そしてお願いして上海鍼灸研究所の喘息治療を見学させてもらい実際の治療法を会得しました。
針では主に手の肺系や鼻周辺部や頚部や足に針をして30分ほどおいておきます。針の目的は主に急性期におこない咳を止めたり症状の緩和に役立つようです。
逆に慢性にはお灸をします。夏の間にする事が多く三伏灸とよばれています。灸では主に背部にお灸をして免疫を活性化させます。
ただし日本ではもちろんですがあまりあとの残るお灸を敬遠することが多く、自分なりに考え、あまり熱くなくあとのまったくのこらない方法を教えてもらいました。
もちろん若い女性や子供に大きな灸痕を残すのは私もためらいがありますので、あとの残らない方法を選択していますのでどうぞご安心
くださいね。
またこれらの方法はけっして喘息だけでなくアレルギー疾患全般にわたり効果があります。昔はお寺さんとかでお灸をしていたという話を聞きますが今はきかなくなりました。時代の流れですね。
院長のおすすめは鍼とお灸を併せておこなう方法です。
このお灸のおかげで酷い喘息が出てもステロイドを使わずに
治すことができています。



アレルギー疾患について

現在西洋医学の治療には対症療法としては交感神経刺激剤やステロイドや吸入などで根治療法としてはアレルギー性のものに減感作療法がひろくおこなわれている。
そのほかには心理療法や自律神経訓練法があります。このように急性期の症状の強い時はほぼ一定の治療効果をだすがさて根治療法といえばこれといった治療法がないのが現状です。
ただ慢性の緩和期においてもステロイドやいろんな薬を常用する人が非常に多いのでこれは身体に薬の依存性できてしまって薬から離れられなくなるようです。
当然それによる副作用もあり精神的にも薬をのんでいるという不安感に襲われる人もいます。
これはアレルギーの患者さんは発作期になるのを非常に恐れているので身体に悪いことを知りながらも薬を飲みつづけていくしかないのです。
発作期になるのを防いだりまたたとえ発作が出たとしても最小限に食い止めるのが東洋医学の役目だと強く感じています。
アレルギー疾患の多くは長期に及ぶ根気強い治療を必要としているので即効性に治ることのない事から治療は日常生活の過ごし方を含めて副作用のない治療法を選択する必要であり実際に鍼灸がどれだけできるかを下に書いていきます。

気管支喘息について
喘息のメインの症状としては咳や痰かと思います。
あと本人しかわかりませんが、ゼーゼーやヒューヒューという音がなります。
喘鳴(ぜんめい)といわれております。
これがほんとにつらいものです。痰も奥に詰まった感じがして
通りが悪く、吐き出そうとしても出てこないのです。
それが基本的には慢性に至り、再発と緩解を繰り返していきます。
季節性で冬や春に悪化し夏の温かい時は楽な方が多いです。

アトピー性皮膚炎・脂漏性皮膚炎について
痒みを伴う湿疹が様々な場所にでてきます。
主に顔面部や首を中心に肘や膝の関節の裏、
鼠径部や陰部周辺など様々な場所に湿疹が広がります。
ひどくなるとジュクジュクした出血性のものになり、
夜中など寝ているときに掻きむしるので、なかなか治ることもなく
それが慢性的になると、皮膚が象の皮膚のようになる。
ステロイドの長期使用者は色も黒ずんできています。
症状は多岐に渡しますし、程度もそれぞれです。
あまりにも出血がひどい方は対応できない場合もありますが、
できるだけ対応していきたい気持ちもあります。
写真などでは掲載はできないものの、重度の方もよくなったり
しております。鍼灸は漢方よりも即効性があると確信もしております。
また、頭部にできる湿疹の脂漏性皮膚炎は、
これもなかなか治療法がないのですが、アトピー同様に
じゅうぶんに完治を目指せる疾患だと感じております。

治療におけるポイントには

1、猫背やストレートネックなどの問題
多くの方の特徴ですが、猫背やストレートネックの方が多いように思えます。
背中が丸くなっていることで常にお腹が縮んでしまっている
かたにおおいです。ですので、そのあたりの緊張を取る治療も
併用すべきです。もし、座位での姿勢や長時間のゲームや、
デスクワークでの事務作業やPC作業などに身に覚えの
ある方は鍼灸だけでなく整体も併用したほうをおすすめしております。
特にストレートネックは下向き作業や同じ方角のみを見続けて
いる方も多いので、姿勢の注意は必衰になりますね。

2、食べるものに関して
皮膚の症状ですから食べ物も関与しております。
好き嫌いが多い場合や、同じものなどばかし食べている方、
コンビニ食や野菜不足や乳酸菌や食物繊維不足など
思い当たる節がある方はそれを修正すべきです。
社会人の方で食生活が変わった方などがポイントですね。
学生さんで自宅でいる方も、偏食が多かったり、
勉強しながらよくお菓子などを食べている場合は
それを治していく事で便秘が快便になってきたというのは多いですね。

3、ストレスに関して
これは一概にこれだとか見つかりにくいことが多いですね。
総合的な問題でいろんなストレスが重なり合ってでるかたも
多いです。せめて思い当たる中での大きいもの
一つだけでもストレスを緩和できれば一番です。
もし受験とか嫁姑など、そのようなものが原因の場合は
減らすのは難しいので、楽しいことをご褒美として
与えていく事でリラックスが深まるかと思います。
それにプラスしてよい睡眠が取れれば緩和されていきます。

4、リズムを整えていく事
睡眠時間や食事の時間や勉強する時間などを
いつも同じリズムにしていく事で自律神経の乱れを
調整していくのが大事です。
はじめは大きく乱れていますので、まずは治療で整えてからは
自宅でのお灸指導にてさらにリズムが整うように持っていきます。
初めから状態の悪い方は漢方薬との併用も早くから行います。
まずは朝起きれることになること、ここからがスタートですね。

すべてを総合してのバランスが最後のポイントです。
東洋医学では鍼灸や漢方薬などを併用しながら
そのバランスを整えていく医学になります。
多くの方が回復されておりますので、
ぜひ鍼灸治療を試していただきたいと考えております。




喘息に対する熱くないお灸
ぜひお灸をおすすめします。
特に小児や高齢者患者には
あとの残らないお灸をしてます
以前は広島では熱いお灸を呉のほうでやっていたというのを患者さんから聞きました。
現在はやっていないのか?
あまり患者さんからお灸に行ったという話はありません。
さてそういう熱い灸は慢性内臓の病気にすごく効きます。
ですが現在なかなか熱いお灸をしてみたいという患者さんは少なくなりました。西洋医学が発展した今、良い薬ができてお灸までして治したいという人が少なくなってきたのではないかと推測しています。西洋医学の進歩を感じますね。
特に喘息に関しては吸入ができるようになってからはあとの残るお灸をする方が少なくなったようです。
さてそんな中治療を希望される患者さんには、あまり熱くないお灸のほうにウエートをおいて治療をしています。
熱くないお灸だとやってみようかなと思う人が多く、案外熱くなくても治療回数を重ねれば徐々によくなるというデーターがたくさんでてきております。
さてお灸は急性期や発作期にはおこないません。
当然急性期には医師の診断のもと処置をして下さい。
比較的緩和期の夏の時この治療は多くおこなわれています。
夏場にお灸をすることで陽を養い冬に発生する症状を抑えるのが目的です。それによって免疫力は強まり発作予防に役立つということで中国でも頻繁におこなわれています。
お灸の場所は大椎、風門、肺愈、隔愈をとります。
ただし小児喘息の場合は督脈のみで身中、至陽、命門をとります。
自宅ではせんねん灸をして当院ではシールの上からお灸をします。
せんねん灸も注意しないと痕が残りますので、
あとがつくのが絶対嫌だという方は早めに動かすのがコツです。
皮膚の弱い人はもちろん更に弱めのお灸を選択していきます。
熱くないお灸では効果はおちますが回数をかさねればじゅうぶん効果はありますのでご相談ください。
最近はお灸女子という言葉も出てきて、若い女性の方でも
お灸をする習慣も少しはできているようでうれしいですね。

1、子供の小児喘息の鍼灸治療法について

子供の場合は刺す鍼を用いていません。
温めるお灸と刺さない鍼でありますてい鍼治療をおこなっています。
お灸の場所は背中にあります身中、至陽、命門をとります。
また手足にはせんねん灸でやり、熱くなればすぐにどけます。
あとは脈診をしててい鍼という鍼でさすったりあてたりして治療します。
最後に花粉症でおこなうシールの鍼を背中にして終わりです。
可能な場合は灸点をつけ自宅でお灸ができますよう指導しております。

2、大人の気管支喘息の鍼灸治療法について

大人の場合は大丈夫であれば刺す鍼をするようにしております。
ただ敏感な方がおられますのでその場合はてい鍼にて対応もしております。
大事な治療としては座位かうつ伏せにおける背中へのシール鍼になります。
1週間くらい貼っておくという形でおこなっています。
あとは脈診をしててい鍼という鍼でさすったり、あてたりしても治療します。
最後に背中にも鍼したりお灸したりしておわります。


アトピー性皮膚炎・脂漏性皮膚炎の鍼灸整体治療
アトピーには食生活を中心とした養生が必衰ですその上で
鍼灸治療をすると良くなっていきます。
私達はその手助けができますので参考にください。
中国では慢性皮膚炎は皮膚下に熱がこもっている症状であるといって主に内熱であり肺と脾と肝が重要であるといわれています。
アレルギー性鼻炎や花粉症は隔愈が大事であり喘息は肺愈などが大事でありますが、アトピー性皮膚炎では脾愈で特に胃脾が大事であると思われます。
脾や腎は主に慢性病で非常に治りにくいといわれていますが確かに当院でも鼻炎や喘息ほどの即効性に関してはありませんが、
院長のおこなう董氏楊氏奇穴は皮膚病の治療が得意です。
奇跡的な結果を伴う事さえもあるので院長ご指名をお勧めします。
大事なのはゆっくりでもいいので改善していく事です。
たとえ急によくなってもリバウンドですぐに戻る可能性があるからです。
アトピーだけは体質改善しないと何の意味もありません。
ですので自宅養生を中心とした体質改善もぜひ同時期にはじめてください。

1、子供のアトピー性皮膚炎の鍼灸治療法について

子供の場合は刺す鍼を用いていません。棒灸という皮膚から離して温めるお灸と刺さない鍼でありますてい鍼治療をおこなっています。お灸の場所は背中にあります身中、至陽、命門をとります。また手足にはせんねん灸でやり熱くなればすぐにどけます。あとは脈診をしてていしんという鍼でさすったりあてたりして治療します。可能な場合は灸点をつけ自宅でお灸ができ ますよう指導しております。

2、大人のアトピー性皮膚炎の鍼灸治療法について
大人の場合は大丈夫であれば刺す鍼をするようにしております。ただ敏感な方がおられますのでその場合はてい鍼にて対応しております。大事な治療としては座位における背中へのシール鍼になります。熱くなったらとるという形でおこなっています。あとは脈診をしててい鍼という鍼でさすったりあてたりして治療します。
ひどい方には院長の董氏楊氏奇穴や耳鍼も同時におこなっていきます。




【アトピーでお悩みだった患者様より喜びの声】



アトピー性皮膚炎のかゆみが急にひどくなり
困っていたとき受診しました。
鍼は相性もあると聞きますが、わたしにはとても合っており、
一度の治療で軽くなり驚きました。

広島でアトピーの鍼治療なら 



松鶴堂さんで小児針をしていただき、家でのケア方法を
教えてもらい実践したところ、だんだん顔が乾いてきて、
赤みも減ってきました。また、常に痒くて掻いていたのが
殆ど掻かなくなりました。

広島で小児アトピーの鍼治療なら 



アトピーがあり、先生が色々教えてくださりとても勉強になりました
痒みも少し減りました。アレルギーに効くツボも教えてくださり、
ありがとうございました!

広島でアレルギー性皮膚炎の鍼治療なら 

喘息の患者のさんからの声
1、 こんばんは・ 000の000です まだ暑い日が続きますが、
元気にされていらっしゃいますか?
その後の体調の方ですが、梅雨明けと共に、おかげさまで 、
咳や息苦しさはすっかり治まりましたですが、 吸引のステロイドは、
もう少し使って下さい との事で、薬はもう少し使うようです。
先生が、ストレスも発散させた方がよいですよ〜 とおっしゃられた通り、
ちょっとした事にストレスを感じ、 貯めていたようです。
そちらで、施術して頂いた事と、 日帰り旅行で、
日常生活からちょっと離れた事が幸いした様で、
ピーク時がウソの様に咳も止まり楽になりましたありがとうございました
連絡が遅くなってすみませんでした
また、何かの時は、お世話になるかもしれませんが、
その時は、またよろしくお願いいたします
残暑厳しいおり、先生もお身体、お気をつけて下さいね


ぜんそく2
0000についてのアドバイスメールをたくさん
送っていただき、
ありがとうございました。
返信が遅れまして、大変失礼しました。

先生からアドバイスいただいたこと、すべては実行
できていませんが、
そのぶん、我が家で実行しやすい000の改善法も
取り入れて
実践中です。

下の子は先生に小児ハリなどをしていただいた効果
か、
一時的に鼻水が出たのですが、その後、あれだけ長
引いていた鼻水が、すっかり回復しました。
ありがとうございました!
食事療法+エアコンをつかわなくなった効果も多少
はあるのかな、と思っています。

初診から2週間以上経過してしまったので、また先
生に診ていただかなくては、と思っているのですが(^^;)。

家でもお灸や背中のマッサージなど、続けていかな
くてはいけないところなのですが、
なにぶん新学期が始まったばかりで、上の子の入学
とも重なり、毎日バタバタしていて、なかなかできずにいます。

最近になってやっと子どもたちの生活リズムも整っ
てきたので、
そろそろ家での治療もトライしていかなくては…と
思っております。

今は、上の子の咳と鼻水が続いていて、そちらが気
になっています。
喘息の薬を飲んでいるのですが、なかなか改善しま
せん。
本人がいたって元気なので、あまり心配はしていな
いのですが、
いずれは体質改善させたいと思っているので、
下の子の方が一段落したら、先生に診ていただく機
会をつくりたいと思っております。

食事療法の効果なのか、エアコンを使わなくなった
おかげなのか
気温が上がってきたせいなのか、理由ははっきり分
かりませんが、
確かに、最近、家族全員のくしゃみ、鼻水が少なく
なったなーと
感じています。
それと、これは副産物ですが、私と夫は確実に痩せ
たと思います。
私の場合、以前はお腹いっぱいになるまで食べない
と気がすまなかったのに、
最近は腹八分が定番になってきて、そうすると、
大好きなお肉もお酒も、量を取りすぎることがない
ので、
お腹の調子も快調です。
(たくさん食べていた頃は、便秘や下痢をよく繰り
返していました)
ただし、腹八分の食生活に慣れてからは、たまに食
べ過ぎたときの
体の拒否反応がひどくなりました。(胃が痛くな
り、お腹が張り…)


長くなりましたが、以上、ご報告申し上げます。
また近々、下の子を連れて伺いたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします

花粉症のかた、1
本日9時に来院し、治療を受けさせて頂いた者です。

花粉症の治療だけでなく、いろいろなところを刺激して頂いた結果、
花粉症の症状がほぼなくなり、肩こり、胃腸の不具合、
眼精疲労などさまざまな身体のメンテ不良が解消された気がします。

ここのところ雨続きで気分がさえなかったのも、
今日1日ですこぶる快調になりました。

ホントにありがとうございます!





当院では中国留学者の鍼灸治療経験深い男性院長がどこに行っても治らない
頑固な方の治療をおこないますので、必ずご希望の方は院長の指名にて
治療をお受けください。中国と日本でがっつり学んだ鍼灸治療は頑固な症状に
対しても悪化を防ぎジワジワと回復する治療をおこなっております
さらに状態によっては漢方薬と併用することで症状の緩和を狙います。
是非お悩みの方は院長による鍼灸治療をお試しください。
ただし、多少の刺激は我慢してもらう事が多いので、
鍼が全く怖くてできなさそうであれば、整体もできる矢富の治療がおすすめでもあります。
また自宅でのお灸治療に興味のある方は自宅灸をお教えします。


どうしても鍼治療が怖い方はどうするべきですか?

まずはしっかり問診を取るのですが、
私は間違いなく鍼がダメ、前に余計に悪くなったとかのトラウマが強い方、
あのチク感がダメ、ツボにあたっときの痺れる感じもいや、
という方は10人来ましたら必ず1人はきます。
それでも当院の院長は長年の実績からその方にあった刺激を
みつけて完治まで持っていくことがほとんどです。
院長曰く敏感な方ほど早く治るようです。

でもそういう問題ではなく、いくら注意をして治療をしてもらった
としてもぜったいチク感はいや、という強い不安感がいる方が
いましたらそれはそれで鍼の不適応にあたる可能性が
高くなります。可能性で言えばうちに来る患者さんの
30人に1人くらいかな?と想像していますがもう少し多いかも
しれませんし少ないかもしれません。

さて本当にそういう状態であれば鍼をしない方がいいと言えます。
その場合は痛くない鍼と整体マッサージというコースをご用意しております。
皮膚が敏感なので刺さなくても手技だけで効いたりする方が多いのです。
当院独自の整体マッサージも非常に効果的だったりもします。

鍼灸は絶対嫌だけど痛くない鍼と整体マッサージなら行ってみたいという方は
是非お知らせくださいね。ご予約の際に痛くない鍼でとお知らせくださいね。


患者さん画像患者さん画像

トップ


友だち追加

トップ
フォームからのご予約は前日までに、直前の場合はお電話か
携帯メール同士でsyoukakudou@ezweb.ne.jpまで
おねがいします。フォームから送信できない場合は
syoukakudou@y9.dion.ne.jpまでメールしてください。







俳優の窪塚洋介さん来院
多数の有名人来院

トップ
治療家の声多数掲載
医師・病院からの推薦も

トップ
日本人で初めて会員認定
中国上海市から表彰

トップ
広島の患者様喜びの声集




















3つの最新記事

トップ

トップ