小中学生のオスグット・ランナー膝・ジャンパー膝の鍼灸整体治療


オスグット・ランナー膝・シュラッター病と鍼灸整体治療

10〜15歳の成長期の子供が、サッカーやバスケット、テニス、バレーなどジャンプしたり、走ったりボールをけるスポーツをし過ぎることにより発症します。


成長期は急激に骨が軟骨から成長する時期です。

この時期に、激しい運動をすることで膝付近の筋肉の付着部分が引っ張られ、膝下の骨が隆起したり、剥がれてしまったりすることによって炎症がおこり痛みが発生します。休んでいると痛みが無くなりますが、スポーツを始めると痛みが再発します。

実際には膝の周りだけでなく、股関節や、腰、肩まで柔軟性 がなくなって固くなっていることが多いです。


成長期特有の疾患で、成長が終了すると多くは治癒しますが、症状を悪化させないために、大腿四頭筋のストレッチングやアイスマッサージなどを行い、痛みが強いときのみ、内服や湿布をします。


予防として運動前と運動後に適切なストレッチや整体を行い、
柔らかく柔軟な筋肉と関節を保つことで、怪我をしにくく、疲労をためにくい身体づくりをすることが重要です。



オスグットによる炎症や痛みを抑えるのは鍼灸整体治療の得意とするところです。
また筋肉に弾力性を持たせ、関節に柔軟性を持たせるための施術も松鶴堂で行っております。


日頃から運動されている方でしたら、お身体のメンテナンスとして定期的に鍼灸整体治療を受けられるのもおすすめです。

メンテナンスするようになってから「怪我しなくなった」、 「身体が柔らかくなった」などの効果も実感していただけることがあります。


お気軽にご相談ください。


当院では中国留学者の鍼灸治療経験深い男性院長がオスグットの治療をおこないますので、必ずご希望の方は院長の指名にて治療をお受けください。中国と日本で学んだ鍼灸治療は免役に対しても鍼灸整体治療により悪化を防ぎジワジワと回復する治療を西洋医学と併用することで症状の緩和を狙います。
是非オスグットにお悩みの方は院長による鍼灸治療をお試しください。

また自宅でのお灸治療に興味のある方は自宅灸をお教えします。可能でありましたら当院連携先の医院で漢方の併用もおすすめします。漢方鍼灸ともじわじわと続けることで以前と比べて体調がよくなるというケースが増えておりますのでぜひおすすめします。



どうしても鍼治療が怖い方はどうするべきですか?

まずはしっかり問診を取るのですが、
私は間違いなく鍼がダメ、前に余計に悪くなったとかのトラウマ
あのチク感がダメ、ツボにあたっときの痺れる感じもいや、
という方は10人来ましたら1人はきます。
それでも当院の院長は長年の実績からその方にあった刺激を
みつけて完治まで持っていくことがほとんどです。
院長曰く敏感な方ほど早く治るようです。

でもそういう問題ではなく、いくら注意をして治療をしてもらった
としてもぜったいチク感はいや、という強い不安感がいる方が
いましたらそれはそれで鍼の不適応にあたる可能性が
高くなります。可能性で言えばうちに来る患者さんの
30人に1人くらいかな?と想像していますがもう少し多いかも
しれませんし少ないかもしれません。

さて本当にそういう状態であれば鍼をしない方がいいと言えます。
その場合は刺さない鍼と整体というコースをご用意しております。
皮膚が敏感なので刺さなくても効いたりする方が多いのです。
整体も非常に効果的だったりもします。

鍼灸は絶対嫌だけど鍼を刺さないなら行ってみたいという方は
是非お知らせくださいね。



  


患者さん画像患者さん画像








フォームからのご予約は前日までに、直前の場合はお電話か
携帯メール同士でsyoukakudou@ezweb.ne.jpまで
おねがいします
フォームから送信できない場合は
syoukakudou@y9.dion.ne.jpまでメールしてください。










俳優の窪塚洋介さん来院
著名な有名人も多数来院

トップ
同業である鍼灸師がすすめる
鍼灸に通いたくないですか?

治療家の声多数掲載

医師・病院の推薦も

トップ
日本人で初めて会員認定治療院
中国上海市から表彰されました
本場中国直伝の技術で対応


トップ
広島の患者様喜びの声集




















3つの最新記事
トップ

トップ