噛みしめ・歯ぎしり・入れ歯・マウスピースの治療|広島の鍼灸整体院

歯ぎしりと噛みしめについて
・寝てるときに歯ぎしりをしている
・マウスピースをしてみたが寝れない
・強く噛みしめる癖がある
・歯が削れて歯ぐきが痛い
・噛みしめで歯が折れたことがある
といった方が多く来られています




噛みしめと歯ぎしりとマウスピースと入れ歯の鍼灸整体治療

歯ぎしりの原因は、ストレスによるものがほとんどです。
仕事や学校、育児や介護、身近な人の死や病気など、精神的、肉体的なストレスが、知らず知らずの間に歯ぎしりを引き起こしているのです。

人は心が落ち着いていなかったり、イライラすると、貧乏ゆすりをしたり歩き回ったりします。歯ぎしりも精神的、肉体的に感じているストレスを発散させようとしているのです。

歯ぎしりを放っておくと、歯が磨り減ってきたり、歯が欠ける、また上下の顎の骨も消耗し、噛むだけで痛みが走るようになってしまうこともあります。そんな症状を防ぐために、マウスピースを付けることがあります。

しかし、歯ぎしりで歯科医に相談してマウスピース(スプリント)を作ってもらったのだけど
顎が痛くなったり、気になって寝れなくなったりというケースがあるようです。

同じように入れ歯、インプラント、歯の矯正にも同じような悩みを持たれている方が多いですね。

もちろんちゃんと調整をしていないからだと思うのですが、何回も調整をしてもあわない、という方が多いのも問題かもしれません。

歯科での治療にプラスして、鍼灸や整体を受けられることをおすすめします。
顎の噛みしめる筋肉を緩めてあげると噛みしめる力が弱くなります。
また、歯ぎしりによって筋肉は疲労しますが、そのまま放っておいてしまうことで、筋肉は凝り固まってしまいます。筋肉は凝り固まることでも痛みを引き起こしてしまいます。


筋肉に鍼をして緩めたり顔の整体をすることで、
マウスピースの効果は上がるのではと考えておりますので、
鍼灸・整体と歯科医での治療を併用していき治していくことをお勧めします。

また、歯ぎしりに対して鍼灸治療や整体は、自律神経を整えていく作用もあります。
精神的、肉体的なストレスの緩和や、全身のバランスを整えたことで歯ぎしりが緩和したというケースもあります。


マウスピースをすることで歯ぎしりがなくなった方。
自分用に何度か調整していただいたマウスピースが必要と思います。


鍼治療をすると歯ぎしりがなくなった方。
もちろんある程度鍼や整体の技術のある先生に治療をしてもらうという条件があります。


どちらかだけで効果がみられるのでしたらいいのですが、
それで歯ぎしりの効果がなかったときは2つを併用すればいいのですね。

歯ぎしりがある方は首肩こりや頭痛などの症状にも悩まされていることが多いのですが、歯ぎしりだけでなく、そちらの症状も鍼灸や整体などで楽になりますのでお知らせください。



関節に問題があるのに治ってしまった方のケース

顎関節にて変形など構造的な問題が発症してその変形の影響もあり
その周囲のバランスが崩れてしまいます。
それによってまたまわりがそれをかばったりすることでの影響により
関節痛などの症状が強く出ているケースだと感じております。
多いのが関節の変形に問題になります。元々ある軟骨が損傷していく
ことで関節が神経などを圧迫する可能性もありますが、
損傷部に栄養をあたえることができにくくなるので、顎まわりがつよくこってしまう
という症状も出ます。また神経も過敏になるので、関節痛だけでなく
顎がしびれたり痛くなるということもおこってきます。
このような顎の問題は、外科処置はしなくても治る可能性の
あるものとなります。

ですので大事なのは今出ている症状が、

1、顎の損傷など構造的原因で出ているのか?
2、歯ぎしりや食いしばりなど構造的問題もあるが、関節の問題などほかの要因もあるのか?

など、それを考察していく事が非常に大事な選択です。

当院で3回治療することで2、の原因であればよくなる方もいるでしょうし、
1、であっても症状の軽減は狙えるものと思います。

ただただ経過観察だけしている場合は、2、であったばあいは、
早ければ何度か治療をしているとよくなっていたのに、
経過観察中に筋肉はやせ細り、さらに固くなってきて、
それが原因でさらに悪化し、外科処置をしたが、2、の理由が
解決していなかったことで、症状が軽減することなく、
さらに悪化してしまうという方を何人か見てきましたので、
やはり何を選ぶとしても、西洋医学と併用して鍼灸治療を早く開始するという
選択を選ぶことが大事なんだと感じております。

2,3の方の多くは筋肉性の問題であったり、リハビリの問題であったりします。




【顎の痛みでお悩みだった患者様より喜びの声】



口を開くと音が鳴ったり痛いことが前からあったのですが、
首筋にまで痛みが及んでひどくなったため、
こちらで施術していただきました。
鍼は初めてでしたが、丁寧な対応や説明で安心して受けられました。

広島で顎の痛みの鍼治療なら 



歯医者にかかるか迷ったのですが、こちらにお願いして正解でした。
口が開けずらく、歯磨きするときも痛みがありましたが、
打ったその日に口が開くようになりました。
広島で顎関節症の鍼治療なら 



1回目の治療後は顎の痛みは半減し、難しかった食事
や歯磨きが楽になりました。昨日2回目の治療をして
頂きましたが、今朝は僅かですが口が開くようです。
広島で開口時の痛みの鍼治療なら 






当院では中国留学者の鍼灸治療経験深い男性院長がどこに行っても治らない
頑固な方の治療をおこないますので、必ずご希望の方は院長の指名にて
治療をお受けください。中国と日本でがっつり学んだ鍼灸治療は頑固な症状に
対しても悪化を防ぎジワジワと回復する治療をおこなっております
さらに状態によっては漢方薬と併用することで症状の緩和を狙います。
是非お悩みの方は院長による鍼灸治療をお試しください。
ただし、多少の刺激は我慢してもらう事が多いので、
鍼が全く怖くてできなさそうであれば、整体もできる福本の治療がおすすめでもあります。
また自宅でのお灸治療に興味のある方は自宅灸をお教えします。

どうしても鍼治療が怖い方はどうするべきですか?

まずはしっかり問診を取るのですが、
私は間違いなく鍼がダメ、前に余計に悪くなったとかのトラウマが強い方、
あのチク感がダメ、ツボにあたっときの痺れる感じもいや、
という方は10人来ましたら必ず1人はきます。
それでも当院の院長は長年の実績からその方にあった刺激を
みつけて完治まで持っていくことがほとんどです。
院長曰く敏感な方ほど早く治るようです。

でもそういう問題ではなく、いくら注意をして治療をしてもらった
としてもぜったいチク感はいや、という強い不安感がいる方が
いましたらそれはそれで鍼の不適応にあたる可能性が
高くなります。可能性で言えばうちに来る患者さんの
30人に1人くらいかな?と想像していますがもう少し多いかも
しれませんし少ないかもしれません。

さて本当にそういう状態であれば鍼をしない方がいいと言えます。
その場合は痛くない鍼と整体マッサージというコースをご用意しております。
皮膚が敏感なので刺さなくても手技だけで効いたりする方が多いのです。
当院独自の整体マッサージも非常に効果的だったりもします。

鍼灸は絶対嫌だけど痛くない鍼と整体マッサージなら行ってみたいという方は
是非お知らせくださいね。ご予約の際に痛くない鍼でとお知らせくださいね。



トップ


友だち追加

トップ
フォームからのご予約は前日までに、直前の場合はお電話か
携帯メール同士でsyoukakudou@ezweb.ne.jpまで
おねがいします。フォームから送信できない場合は
syoukakudou@y9.dion.ne.jpまでメールしてください。









俳優の窪塚洋介さん来院
多数の有名人来院

トップ
治療家の声多数掲載
医師・病院からの推薦も

トップ
日本人で初めて会員認定
中国上海市から表彰

トップ
広島の患者様喜びの声集




















3つの最新記事

トップ

トップ