〒732-0052 広島県広島市東区光町1丁目11-5 チサンマンション306

営業時間

10:00~19:00 完全予約制
(電話受付時間は10:00~17:00)
土日も診療、当日予約も可能

お気軽にお問合せ・ご相談ください

082-264-7724

うつ病・パニック障害に対する鍼灸治療

ずっと薬でないと改善しないと
思っていた方へ体に優しい鍼灸
施術と日常生活の変化で鬱や
パニックの悩みを解決しませんか?

臨床歴25年の鬱に強い鍼灸施術があります

鬱について簡単に説明すると、何をやっても楽しくない、一日中気分が落ち込む、食欲がない、眠れないなどという状態が続いている場合、うつ病の可能性があります。うつ病は、精神的や身体的なストレスが重なることにより脳に機能障害が起きている状態です。脳がうまく働いてくれないので普段なら乗り越えられるストレスをよりつらく感じてしまいます。精神的につらいだけでなく、食べれない、眠れないなど生活に支障が出るため、日常生活を送るのがしんどくなります。

病院では薬による治療や認知行動療法などで治療を行います。ゆっくり休養をとることが大切になりますが、早めに鍼灸治療を併用すると症状の改善も早まります。

うつは大きく分けると二つに分かれます。

1,大うつ病

さまざまな種類のストレスがきっかけとなり発症、はっきりと種類がわかれたことにより、このタイプの患者さんが増えている印象です。以前はうつっぽかったり、興味が薄れたり、疲れや不眠などだったら単なる疲れかなと思っていたけど実はすでにうつ病であったという方も多くおられると思います。

2,双極性うつ病(双極性障害)

以前は躁うつ病と呼ばれてた病気です。非常に元気ですごく活発な躁の状態と、何もしたくないという抑うつの2つの極端な状態の波があらわれるのが特徴です。抑うつ状態のときのほうが長い方の場合はうつ病だと思われることもあり、勘違いされやすい方もおられます。

鬱の方への鍼灸治療について

鍼灸治療では、自律神経を整えて、様々な症状を改善させていきます。うつ病は脳の機能と関係の深い自律神経のバランスの崩れが大きく関わっていますので自律神経を整えることが重要と考えます。無理せず早めに治療をはじめられることをおすすめします。当院では個別にしっかりカウンセリングを行いながら、治療をしていきますので一度ご相談ください。また、当院では特に背中のコリや歪みを意識してみております。異様に猫背であったりとか、デスクワークや、釣りなどの趣味とか?そういう原因によって背中がコリはじめうつ病になっていくパターンです。鍼治療でゆるめてからスイダマでコリの形や硬さを変えて骨盤などを調整すれば1回でも効果が出るケースが多いです。ぜひ一度おすすめします。

ただし、治療のポイントは自律神経をいかに調整するかです。治療中はもちろんの事、次回の治療日まで安定できますように当院では自律神経に良く効くツボを探しだしそこにシール鍼を置いておくというやり方を推奨しております。不安からくる諸症状にお困りの場合は非常に効果的治療です。また鍼が怖い方や首や背骨の歪みからくる場合もありますのでその場合はゆがみや疲労の治療をメインとしておこなうこともあります。

パニック障害のお悩みにも鍼灸治療は有効となります。

パニック障害は、不安障害ともいわれています。パニック発作の出るタイミングは人それぞれで理由も出る症状さえもそれぞれで異なります。多いのが呼吸困難や動悸や不整脈で、立ち眩みやめまいの方もおられます。急に出ることから外に出ることや人に会うことができなくなる方もおられます。

最近、有名人がパニック障害であることを告白されたりして、病名も浸透してきましたし、自分も病気だったんだと初めて知る方も増えています。若い人にでることが多いのと断然女性のほうが多い印象です。様々な症状がある中での特徴はそれが発作的にでることです。1つの症状だけよりも2,3混ざって出ることが多いです。はじめは突発的なものであることから意識しなければ一度で治っていたものが、不安に駆られてしまうことで発作がでなくても発作がでるのではないかという不安に襲われるという方のほうが当院では多いような気がします。

でるかでないかもわからない状態を薬を使って様子をみることが主流だとは思うのですが、ぜひこの段階で鍼灸の併用を考えていただきたいと考えています。また、治療だけでなく日常生活の習慣の改善や自律神経とストレスの関連などを知ることで多くの方が当院で改善されています。鍼灸+分子栄養医学+NBM+安保理論と様々な方法を使って自律神経や鬱やパニック障害の改善を考えております。特に中高大学生の子供さんの治療を大事にしております。

 

このような悩みの方が多く来られてます

  • 最近五月病のような感じでやる気が出ない
  • 検査で異常がないのでどこにいったらいいのかわからない
  • 朝になると急にやる気がなくなる
  • 精神的な問題がないのに心療内科をすすめられている
  • 薬を使わない治療で色々試してみたが効果が出ない
  • いきなり立ちくらみや動悸がする時がある
  • 集中力や記憶力が落ちている気がする

来院に来院のある心療内科の症状とは

●うつ病・双極性・パニック 上記にて説明しました
●大人の発達障害(ADHD) 要領が悪いとか、何事にも時間がかかったりなど、幼少時からそうであったと思われますが、最近になって病名がつくようになってきています。自分の努力不足でないことが分かって楽になったという方が多いです。最近来院が多くなっています。
●強迫性障害 ある特定の衝動などにより、それを打ち消すためにおこなう行為をいいます。鍵のかけ忘れの確認や、手を何度も洗うなどが多いです。子供さんの来院が多いです。
●身体表現性障害 頭痛、めまい、動悸、呼吸しにくいなどの症状があるのに、検査では異常がないときに心理的なものが原因で出ている症状と考えていきます。最近多くなりました。
●社交不安障害 人と接したりすることの不安から、様々な自律神経由来の症状が出てきます。それによって人との接点を減らし外に出なくなる方もいます。お子様のケースで家族の方が連れてくるケースがありました。
●適応障害 ある特定のストレスから発症することが多く、休養と環境的な問題にて解決することが多いです。それでも休むことができずに悪化して薬と鍼灸の併用での来院が多いです。
●統合失調症 鍼灸の適応とは考えにくいですが薬との併用をしながら、今の状態よりも少しでも改善したいという家族の依頼から来院される方が多くなります。
●摂食障害、拒食症 同じく鍼灸の適応とは考えにくいですが体調が改善するような鍼灸をおこないます。

うつ病について

うつ病の主要な症状は、うつっぽい気分と、興味が出なくやりたいことがない状態です。

うつっぽい気分とは、以前は原因があって気分が沈んでいたんだけど、最近は特に理由もないのに悪いほうにとらえて鬱っぽくなることを言います。自分の存在の価値がないと感じたり無力感が強いです。それに伴い、疲労感や集中力や記憶力などの低下もみられます。

更にうつ病の特徴としては食欲の減少や増加に伴う体重の変化があり、睡眠も同じく少ないか多いか、というのが基準となります。2週間以上続けば病院に行くべきとの判断にもなっています。

もちろんですが、気分が浮き沈みがある状態において早い段階でそのストレスの原因にも気づき対応していたり、鍼灸治療によってバランスをとっていることで悪化を防げるのは間違いないです。

 

うつの原因としては

うつ病の原因の多くは、まずはストレスがあるでしょう。特に会社か家庭内でのトラブルを疑うべきになります。子供さんの場合は学校や部活などがそれにあたります。ストレスといえば人間関係が疑われるところではありますが、そういうはっきりとしたものでなく、なんとなく嫌だなというものもあったり、コロナ禍のことがいやだったり、受験が近づいてきているとか、天候や災害や、テレビで連日流れるコロナの話などがストレスとなっている方も多く見られます。

が原因となっている例が多いですが、人それぞれであり、気候が原因で罹患する人もいれば、まったく原因がわからない人もます。また、ご自身はストレスを感じていなくても、実際には身体に重いストレスがかかっていることで罹患する人もいます。

 

うつ状態と鍼灸治療について

うつ病になった状態というのはなった人にしかわからない状態だというのはよく聞くことです。過去にうつ病になった方の話では、本当に何も考えることができず、身体が動かなくなるし、何も考えることができないといいます。体の中のエネルギーが枯渇していて、呼吸や睡眠など最低限のことしかできなくなるといいます。

特に仕事にいけない、学校にいけないというのが一番つらい症状となります。まずはしっかりと休養を取るのは大事なわけですが、併用しての鍼灸治療も試していく価値はあるでしょう。

足りなくなったエネルギーを鍼灸治療によってゆっくりと回復させ、食事や睡眠などの基本的なところを少しづつ改善させ、まずは動ける身体を取り戻すのが大事になります。

焦らず焦らず、じっくり回復していきましょう。当院ではそのような患者さんがたくさん来られています。

 

うつ病の治療についての特徴

その方に合った刺激による鍼灸治療

悪いところだけを治療するのではなく、全体の調整をすることが、自律神経を調整するポイントとなります。例えば耳鳴りがするといっても耳のみに問題が出ているわけでなありません。

症状はその方の弱いところにでているわけで、出口に過ぎないのです。病の本質はもっと深いところにあり根っこを治療しないと意味はないのです。

主に手足の様々なポイントを触診することで悪いところ見つけ出し施術はおこなわれます。

 

頭のツボへのアプローチ~頭鍼療法~

自律神経を落ち着かせる治療としてよく使われるのが、頭部になります。頭鍼と呼ばれることもあります。頭に鍼をすることでより深いリラックス感を感じることができます。自分がどれだけ疲れていたのか、イライラしていたのかもかんじられることでしょう。

あと一緒に打つポイントとして、眉間や耳の裏などがあります。精神の安定や安眠を求めてつかわれます。

 

耳つぼへのアプローチ~耳鍼療法~

院長の技の1つに耳ツボがあります。おもに神門というツボを重視しながら、耳にある無数のツボをチェックしていきます。耳は診断にも使われます。耳をみたり触ったりすることでその方のいろんなことがわかったりもします。必要な方には耳に粒を貼り付ける治療も併用します。特に睡眠に問題がある方におこなうのですが、ほとんどのかたが初回にて睡眠が改善されるのが耳つぼのすごいところでもあります。

また、自律神経の興奮が強すぎる場合などはここには書きませんが特殊な耳への技があります。それは必要な方にはこちらから提案させていただいております。

 

うつ病を調整する養生指導

栄養・睡眠・運動・入浴・呼吸指導など

 

規則正しい生活リズムを整えていくことがそのまま自律神経のリズムを整っていくことにつながります。

食事をとる時間帯や、寝たり起きたりする時間帯を一定化することで体内時計の時差が整っていき、それに併せて自律神経のバランスも以前よりは整っていきます。また、質をよくすることでより安定していくので、身体にとって良いものを食べて悪いものを減らしたり、睡眠ではより深く熟睡したりすることで、さらに改善していきます。

また、唯一意識して自律神経を調整できる呼吸を利用して睡眠前に腹式呼吸をすることをおすすめしております。

まずは生活習慣の改善から行ってみてください。

 

ストレスやリラックスのバランス

ストレスとは、ただ単に嫌なことや嫌いなことだけではありません。頭ではストレスだと思っていなくても、身体にとってはストレスだと思うものもあります。好きだからと言って無理しておこなうことで、知らず知らずのうちにストレスが増えるという悪い癖がついてしまっていることがあります。

まずはしっかりと休むということも大事です。そしていろいろ見直していくにつれて、症状も緩和されてきたのなら、その症状は危険信号を知らせていたのかもしれません。

また、どのようにリラックスしたらいいかわからない方もいます。特にまじめな方はそうだと思います。過去にやっていた趣味や楽しいこと、ぜひ思い出してみてください。

 

漢方薬やサプリメント

当院でおこなう鍼灸施術だけでなくて、自宅ででもできる方法も伝えております。

漢方薬に興味がありましたら、漢方医のご紹介もさせていただきますし、サプリメントに興味がありましたら当院にご相談ください。

IBSなど腸内環境が悪く、しっかりと栄養が吸収できなかったり、腸の慢性炎症に悩んでいる場合によくすすめるものや、動脈硬化や脂質異常などで血流が悪く、同じく末梢の慢性炎症になやんでいるときにすすめたいものがあります。

 

初めてのうつ病の鍼灸施術の流れ

初めて当院に来られる方へ、施術メニューの流れなどをご紹介します。

電話かLINEでお問合せ

当院は完全予約制です。まずは電話かLINEで希望曜日、時間帯などをお知らせください。初回は10時から17時開始までのどこかでお願いします。スタッフ紹介などを見て指名などがありましたらお知らせいただくか、症状を教えていただくことでこちらからあなたに合った先生を決めさせていただきます。

 

10分前の来院をお願いします

初めてですので迷うことが考えられます。

早めに向かうようにお願いします。

当院は多忙にて、遅刻をすると次の患者さんの予定が狂ってしまいます。カルテ記入もありますので、ぜひ10分前来院をお願いいたします。

 

問診・カウンセリング

カルテ記入が終わりましたら、問診を始めていきます。

こちらから体の状態を聞いていきますので、いろいろとご相談ください。悩みや質問がありましたら是非お聞かせください。施術の参考にもさせていただきます。

例えば、痛くないようにしてほしいとか、使い捨ての鍼を確認したいとか、付き添いの方に横でいてほしいなど。なんでもいいのでまずは不安解消をしてほしいと思っています。

 

鍼灸施術が始まります

あなたのからだや症状に合わせた鍼灸をおこなっていきます。感じ方は人それぞれです。我慢できる範囲で受けるというのが理想ですが、初めてですから無理していきなり強くすることはありません。まれに、いろいろ鍼灸に行っている方は担当の一番得意な技でしっかりとした刺激のある治療も可能ですが、まずは慣れていただきたいので、弱めの刺激が基本となります。ぜひ安心してお受けください。

 

治療後のご説明

身体をみさせていただいたあとに、それぞれの患者さんにあった養生指導を何点かご指導いたします。

食事・睡眠・運動入浴の3つを基本にしながら、なるべくわかりやすく説明します。回復に従ってさらなる指導をおこなったり、逆にこれはどうですか?などと聞いてくれることが望ましいです。それによってどれだけ理解しているかもわかったりします。

最後にどのように通ったらいいのかの助言もさせていただきますが、基本はまずは3回です。私の鍼治療との相性を感じてほしいのです。いわれたから来たのではなく、よくなると実感したから来てほしいのです。それが私が治すのでなく、自分から自分で治る力へとつながっていきます。

良くなっていく流れもその方や症状によって変わります。すぐに良くなっていくものや、よくなったり戻ったり繰り返す方、一度悪くなってからよくなるかたなど、ありますので、不安にならずにそのながれを感じながら様子を見てください。

そして改善してきたら、まだそのままで通ってもよし、2週など間をあけていってもよし、月に1度でもよしです。最終的には1~3か月に1度の定期メンテナンスをおすすめすることになります。

 

うつ病やパニック障害が改善
口コミサイトからの抜粋

不安神経症(寝つきの悪さ・吐き気やめまい)

社会不安障害 院長の患者さんから

院長先生に診ていただいています。私は高校生ぐらいから不安感を感じるようになり、社会人になり症状が強くなり、寝つきの悪さとひどい時は吐き気やめまいが起きることがあり、長年この症状に悩んでいました。こちらに2年前ぐらいにかよいはじめ、短期間にたった数回、鍼を受けただけで症状は軽くなりとても感謝しております。

症状が楽になり、期間をずいぶんあけてしまうようになったのですが、体調をみながらメンテナンスに2~3か月に1回は通うようにしたいと思っています。

 

息がしづらい、パニック発作、おまけに花粉症の治療

過呼吸 院長の患者さんから

私はもともとうつの傾向があって、ちょくちょく仕事を休んでいました。それからあるできごとがあってショックになりパニック発作がでました。

普段は普通にできている呼吸がしにくいんです。過呼吸だということがあとからわかりましたが一瞬パニクリました。薬の治療で楽にはなるものの発作はよく起こりました。そんな時にこちらを紹介してもらい週1で治療を受けています。すぐに効果は実感できました。

背中にはってもらうシールがきいているのもすぐにわかりました。緊張してもどうも抑えてくれる感じなんです。不思議ですが花粉症もよくなりました。

 

不眠症・寝れない・寝つきが悪いの治療

恐怖性社交不安障害 院長の患者さんから

私は約2年程前に恐怖症性不安障害とお医者さんに告げられそれからというもの,たくさんの症状がでてきはじめ主に酷いものでは頭痛・吐き気・動機・息苦しさという自律神経の乱れからくるものが続いていました。

鍼治療と言うと肩こりや膝が痛いなど、治療のイメージしかなかったのですが、ある日知り合いからこの鍼院を紹介され自律神経にも効果があると聞き最初は半信半疑でした。

ですが少しでも楽になるのならと望みを託し行ってみる事にしました。最初に先生から週1回の3回で試してみましょうとの事でした。ビックリした事に1回目の鍼治療で頭痛・吐き気・動機・息苦しいのが無くなりました!ですが次の日予約前には少し頭痛がするようになり,また2回目行くと無くなりと治療が効いている事が分かりました!今日で3回目が終わり今の時点では吐き気・動機はほぼ無くなりました!今後の自分の調子をしっかり把握するよう先生に指導いただきました!今後はしっかり自分の調子見ながら徐々に残りの問題を軽くしていけるようにしていきたいと思っています。すごく優しい先生ですし,こんなの治るの?!なんてちょっとでも思って入れ方がいらっしゃったら是非1回足を運ばれてみてはいかがでしょうか??オススメ致します!

 

胃潰瘍、様々な症状の治療

自律神経失調症 女性鍼灸師の患者さんから

数年前に胃潰瘍になったのを皮切りに、あちこちにガタがきてしまい、自律神経失調症と診断をされました。

自律神経失調症はよく聞きますが、ネットで調べてみると、病名をつけるにつけられない人に対しての診断名とわかり、私はもうなおらないのか、と絶望感でいっぱいになりました。

何か治療法がないものかと調べていると、松鶴堂で自律神経失調症に対する鍼治療をおこなっていることを知り、藁にもすがるおもいでいくことにしました。

鍼は初めてではなかったのですが、先生のするような鍼治療は初めてで、治療後は身体がポカポカする感じがして、とても気持ちがいいです。一歩一歩焦らず前進しましょうという先生のお話だったので週に1度のペースで通いながら、そろそろ3か月になりますが、本当に変わりました。

眠りが深くなり、体調も一定に保てるようになり、何より前向きな気持ちでいられます。

 

焦燥感、スッキリしないの治療

双極性障害 女性鍼灸師の患者さんから

鍼治療は自律神経には非常に効果的なので通常2〜3日の治療で変化を感じることができると載っていたので、とりあえず3回行って変化があるかみてみようと行ってみました。

以前は気分がスッキリせず焦燥感があったりでホッとくつろいだ気持ちになれないでいましたが、1回目の鍼治療の翌朝なんか平穏な気持ちで起きました。

その後、少しの気分的な波もありましたが、普通の自分に戻ってきたと実感できるようになりました。 薬での治療だけでは限界があると思ったので並行して松鶴堂での鍼治療を続けて本当に良かったと思います。

平穏な気持ちで日々過ごせていることに感謝しています。
 

いかがでしたでしょうか。

自律神経で悩んでいる方は本当に多く来られています。病院でも検査で異常がなかったりするので身体的な症状は心療内科、精神的なものは精神科にとすすめられることも多いと思います。
ですが1度の鍼灸施術と、睡眠や栄養などの改善で一気によくなる方も老いです。首コリが緩まっただけでよくなる方もいるのですが、何年も苦しんでいたが1度でよくなることをみても、もったいなあと感じるのか、今日ここに来てよかったねと思えるのか・・・いつも考えています。

それを考えても鍼灸という方法があるよとこのページで伝わってくれたらと思っています。

このように、当院の自律神経失調症の鍼灸施術なら、仕事復帰や減薬などが実現できます。
当院の施術に興味をお持ちの方は、ぜひお気軽にお問合せ・ご相談ください。

また、うつ病は繰り返すことが多いので、再発を防ぐためのメンテナンスが大切です。まじめな方や頑張り屋さんや理想を強く求めるがあまり無理をして大うつ病にまで発展するのが怖いです。

うつ病の鍼灸治療をして回復した方の多くは、また以前のように、いや以前よりもさらに無理をして行く傾向があります。せめて月に一度はメンテナンスをして自分の病気のことを忘れないでいてほしいと思っています。再発すると二度目はさらに改善が難しくなります。薬もより強いものが求められます。

定期的にリラックスする時間を作ること、なるべく一人時間が望ましいです。そして入浴や睡眠の時間をしっかり確保することが大事になります。

 

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご予約

082-264-7724

<営業時間>
10:00~19:00
(電話受付時間は10:00~17:00)

LINE・フォームは24時間受付です。お気軽にご連絡ください。

松鶴堂鍼灸院

住所

〒732-0052 広島県広島市東区光町1丁目11-5 チサンマンション306

アクセス

広島駅新幹線口から徒歩5分
駐車場:ウオンツの斜め前、沖本眼科の横に大型駐車場あり(有料・25分100円)

営業時間

10:00~19:00 完全予約制
(電話受付時間は10:00~17:00)
時間外はLINEかフォームから