〒732-0052 広島県広島市東区光町1丁目11-5 チサンマンション306

営業時間

10:00~19:00 完全予約制
(電話受付時間は10:00~17:00)
土日も診療、当日予約も可能

お気軽にお問合せ・ご相談ください

082-264-7724

鍼灸治療と併用する他の治療法
(鍼灸とどのような治療法を組み合わせていくといいのか?)

鍼灸治療とのどのような治療を併用したほうがいいのか、しないほうがいいのかについて説明していきます。

慢性疾患の方やメンテナンスの方の場合は当院にだけ来られている方も多いですが、なかなか治らないで苦労している方、少しでも改善したい方の場合はいろんなところと組み合わせている方が多いように思えますし、相乗効果もあるところも多いです。

具体的に鍼灸治療と他の治療法をどう組み合わせていくか?について話してみたいと思います。あくまで一例ですので詳しくは来院時にでも聞いていただいても大丈夫です。

皆さん一人一人タイプが違いますので、ぜひ私たち鍼灸師に聞いていただければと思います。正直なところ、治るのであれば当院でなくてもいいですし、別の方法でもいいと思っています。皆さんに合った治療院がみつかり一日でも早く回復されますことを望んでおります。

心配なのは、その治療はあっているのかなとか、別の方法があるのではと思ったりすることもあるので、そのあたりも含めてこのページを参考にして考えていただいたり、質問していただいても大丈夫です。LINEやフォームなどから気軽にご相談ください。当院に1度でも来院していただいている方に限りまして、何でもご質問可能にしております。

皆さんの身体の状態や時期などで、こういうふうにしたほうがいいよというのがあります。当院に来られるほとんどの人が鍼灸に強い興味をもっていたり、過去に鍼灸でよくなったり、知り合いから強く紹介されたり、鍼灸の噂を聞いたりしてうちに来られています。喜ばしいことではあるのですが、必ずしも今の時期に鍼灸をしたほうがいいケースばかしではありません。すぐにでも病院に行ったほうがいいときも多いです。まずは病院に行くべき状態であったり、安静にしてたほうがよかったりなどもありますのでわからないばあいは問い合わせいただくとよろしいかと思います。

このページでは鍼灸とどのような組み合わせがあるのかを書いていきたいと思います。

鍼灸との併用8つの考え方

あなたの症状に合った鍼灸と何を併用していくのか?を解説していきます。

松鶴堂のみにしている
鍼灸接骨院・整形外科のリハビリとの併用
整体やマッサージとの併用
健康食品やサプリメントとの併用
漢方薬局や漢方薬をしている病院との併用
西洋医学との併用
他の鍼灸院との併用
どこにもいかない

1、松鶴堂のみにしている

あなたのニーズに合わせていきます

まずは3回ほど受けてみてくださいと説明しております。それによって何かしらの改善があるのならしばらく続けてみることをおすすめしております。

また3回受けてみたうえでもう少し改善が欲しいなら、教えていただくと更なる鍼灸治療にての対応もしているので、その都度お知らせください。なるべく皆さんの希望するところまでの改善を考えていますのでそれに合わせて鍼灸技術も変えていくことになります。強く改善を狙う場合は、刺激的には強くなってしまうのでそこは応相談のところかと思います。

強い症状を抱えていて松鶴堂のみで受けたいと思っている方は院長ご指名にしていただくのと、治療前に意気込みなどお聞かせください。こちらもまずは様子見で治療することも多く、初めからしっかり治療するのに躊躇する場合もあります。それだけ鍼灸というのは浸透していなく私がやっている強めの刺激の治療はなおさら浸透しておりません。治したいという強い気持ちを伝えていただければ私のほうもしっかり治療する準備はできております。

2、鍼灸接骨院や整形外科のリハビリ

本当にその治療で効果がでるのかな?

当院での鍼灸治療はひどいときだけお願いして、軽いときや我慢できる状態は鍼灸接骨院や整形のリハビリで電気を流してもらったり、揉んでもらったりしているという患者さんもおられます。

特に状態もよければいいのかもしれません。元々当院はぎっくり腰や坐骨神経痛や五十肩などの強い症状の方を2~3回で治すというのが口コミで広がり、軽い症状の方はいかないところというのもあります。

問題なのは接骨院とかで意味もなく電気を流したり、ただもんでいるだけで治療としての意味がないのでは?というときでしょう。時間は有限です。治る時期を見過ごす時があるのです。技術の高い治療院でしたらいいのですが、最近は経験が浅い若手の鍼灸師が治療しているケースが多いので、今の症状は本当に治っているのか?時間がもったいないのではないか?ぜひ見直してみてください。

しっかりと技術を持った整復の技術も持っている接骨院や、整形でも理学療法士さんがしっかりリハビリしているところはもちろんですが問題ないのでそのまま当院と併用されてください。

3、整体やマッサージの治療

国家資格を持っていますか?

まずは整体やマッサージで併用される方もいますが、痛みが強いときや緊急時は松鶴堂に来て、疲れとか、ちょっとした痛みならマッサージに行くという方も多いと思います。これは好みもありますので特に問題はないと思います。ぜひ状態に合わせて併用していただければと思います。

その時に注意点はそこの治療家の先生は国家資格を持っているかどうかになります。昔はタクシーの運転手が3日勉強して整体の民間資格を取ったとか、通信教育で動画をみて始めたとかっていう人もいるくらいです。

国家資格を持っている人はたいていの場合はホームページに提示していたり、受付に出しているのが普通です。厚生大臣の名前も確認するとさらに間違いないでしょう。資格を持っていなくても素晴らしい人がいるかもしれませんが、国家資格を持っている人の場合は最低でも3年以上の教育をもっているので、体を壊される可能性は低くなります。

治すのも大事ですが、安全に受けることはもっと大事です。

 

4、健康食品やサプリメントの併用

私に合っているのかな?

このコロナ禍において急成長しているのが健康食品やサプリメントではないでしょうか?多くの方がさまざまな健康食品をとっていると思います。

コロナになったら怖いとか、癌になったらとか、皆さんも不安になりいろんな健康食品を試していることかと思います。友達からこれがいいよとか、これを飲んでいたら大丈夫とか、ネットでもさまざまな健康食品が紹介されていたりしています。

ただ、これを飲んだら大丈夫という考えは私は良いとは思いません。基本的には毎日の食事、睡眠、運動や入浴、ストレスの管理など、まずはそれをしっかりしたうえで、健康食品を飲まないと、せっかく高いお金を使って飲んでいるのに、腸から吸収されなかったり、肝臓や腎臓で処理できなかったり、治したいところに血管や血流の問題などで治す物質がたどりつかなかったり、するのです。

基本的に日常生活習慣は別ページで説明しているので是非読んでみてください。それをしたうえで何を飲んでいくのか?私はそれが重要だと思っています。私の場合は値段の高い健康食品でなく、その方の弱点を補強したサプリメントをおすすめしております。DHCなどは比較的安価で安全なサプリメントなので聞かれたらおすすめしてます。ビタミンCやD、亜鉛などはこのコロナ禍において必衰かなと思い私は毎日とっております。特にビタミンD3は食事からもとりにくいのでおすすめしています。

最後に健康食品は友人から勧められたことも多いとは思います。その多くはネットワークビジネス関連でしょう。すべてが良くないとまでは言いませんが、勧める理由としては、健康だけでなくお金も関与しております。もし迷われている場合は当院の患者さんの場合は、私に相談していただければあなたに合っているかをお伝えいたしますので相談ください。

5、漢方薬との併用に関して

漢方薬って苦いのでは?

当院ではどこに行っても治らない頑固な症状には鍼灸と漢方薬との併用をお願いしております。鍼灸だけでうまくいくケースもあるのでまずは3回ほどは鍼灸で、その後ゆっくりの改善であったら漢方薬を取り入れることを考えています。

院長は上海に留学して鍼灸と推拿(整体)と漢方薬を学んできました。日本では残念ながら漢方薬は制度上出すことはできませんので、漢方薬を出してくれる医師にご紹介しております。鍼灸と何を併用したらいいですか?と聞かれましたら断然、漢方薬をおすすめしております。最近では通販などでも買えるのでしょうが、ぜひ医院で処方されますことをお勧めします。もちろん当院に来られたことのある患者さんであればご紹介もさせていただいております。ほとんどの漢方薬は保険内ででも処方可能なので、薬局よりは医院をご紹介しております。鍼灸だけでは完治が難しい慢性の頑固な症状などの場合は、ぜひ漢方薬との併用をお願いしております。鍼灸のほうが効果がでやすい場合、漢方薬のほうが効果がでやすい場合、併用したほうがいい場合と3パターンあると思います。どうも漢方薬だけのほうがいいかなと思われましたらご遠慮なく鍼灸をお休みして漢方薬でやってください。皆様が改善することのほうが私は望んでおります。鍼灸でなくても構わないのです。特に漢方薬は同じ中医学の仲間ですので。

6、西洋医学との併用について

薬飲んでるけど大丈夫かな?

もちろんですが、西洋医学との併用に関しては何の問題もありません。ぜひ併用していただいても大丈夫です。特に状態が悪く西洋医学中心で治療されている場合は、鍼灸は補佐として西洋医学で対応しにくい症状に対して補完するかのような鍼灸治療もしております。

また、鍼灸だけでやりたいと思われました場合でも、検査などをまだしていない場合はぜひ検査はしてほしいと考えています。症状がない方でも年1で人間ドックとか、かかりつけのお医者さんを見つけておくこととをおすすめしております。

断薬をしたいということで鍼灸を試してみたいといわれることもありますが、断薬をしていきたい場合は薬剤師さんとか、かかりつけ医にてご確認していきながらすすめていただきたいと思います。薬の種類によってはやめることで問題が出てくる可能性もありますのでご自身の判断でしていくのはおすすめできません。西洋薬と鍼灸の併用で副作用などが出て悪くなることはないのでご安心ください。鍼灸で血流が良くなり鍼灸の効果や薬の効きが強くなるケースはございます。例えば低血糖になったりなどは。そのあたりは血圧、血糖など随時ご確認していただいておくことをおすすめしています。

7、ほかの鍼灸院との併用に関して

2つの鍼灸院に行ってもいいのかな?

基本的に当院だけでいいとは思います。もし併用をしたほうがいい場合としては遠方のため当院の通院が難しい場合になります。月に1度もこれない場合などは、近くの鍼灸院にも通いながら来れるときに当院に来るということになります。

あとは、鍼灸接骨院の時でも説明しましたが、保険を使った鍼灸を症状の軽いときにはいき、当院には状態のひどいときに来るのももちろん大丈夫です。

鍼灸院の掛け持ちは嫌いな先生も多いかと思いますが、私は、患者さんのシーズなど考えてもありだと思いますし、当院も日々忙しくさせていただいているのもあり、予約が取りにくいときもありますので、まったく気にしていませんので併用している場合はお知らせいただければと思います。

あとは鍼灸院のレベルに応じますね。さすがに意味がないと思う鍼灸院もあるかとは思います。まだまだ技術の未熟な若手の先生の鍼灸では保険を使ったものでも意味はないかもしれません。

8、どこにもいかないという選択は?

どうしようかなあ~?

体調が悪いけどどこにもいかず安静にしているという話も聞いたことがあります。検査もたくさんしたり、薬もたくさん飲んだし、いろんな病院にもいったのでもうやることがなくなっている状態です。

そういう方に限って鍼灸や漢方薬はまだ試したことがなかったり、試したことがあっても中途半端にしていた人が多いように思えます。

当院はどこに行ってもよくならない方へ中国から古く伝わってきた家伝の鍼灸治療を提供しております。まだ鍼灸をしっかりと試したことがない方は是非お勧めしたいと考えております。

 

それでもどこがいいかお困りなら

院長の岩崎です。
あなたのお悩みを解決します!​

結局のところはどのような治療法を選んだとしても治ればいいと思っています。一番問題なのは無駄な治療をしたことで時間を失うことです。

顔面麻痺や耳鳴りなどは特にそうですが、発症してから早めの治療が望ましいものです。この時期に無駄な治療を選択してしまい有限の時間を浪費することで治らなくなってしまうのは残念なことになります。

そのためには1つのものにこだわらず、2つ、3つと合わせていくことがおすすめです。鍼灸+漢方薬+西洋医学の3つの組み合わせが私は最高のものであると感じております。これは必ず3つを合わせるという意味でなく2つの場合もあるし、単独の場合もあります。この3つをいかに選んでいくかが大事だと思っています。誰でも西洋医学は選ぶでしょう。でも鍼灸や漢方薬は選択肢に入っていないことが多いのが残念なところでもあります。

あなたにとって良い治療法、よい治療院がみつかりますことを願います。

そして必要ならいろいろと併用もしてみて探してみるのもおすすめになります。

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。
皆様が気におなっている症状があればそちらをクリックしてください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご予約

082-264-7724

<営業時間>
10:00~19:00
(電話受付時間は10:00~17:00)

LINE・フォームは24時間受付です。お気軽にご連絡ください。

松鶴堂鍼灸院

住所

〒732-0052 広島県広島市東区光町1丁目11-5 チサンマンション306

アクセス

広島駅新幹線口から徒歩5分
駐車場:ウオンツの斜め前、沖本眼科の横に大型駐車場あり(有料・25分100円)

営業時間

10:00~19:00 完全予約制
(電話受付時間は10:00~17:00)
時間外はLINEかフォームから