Author:
• 木曜日, 10月 12th, 2017
Pocket

1024x753x8e4f48cdf8d9ea7120013b516748c6d0-1024x753_jpg_pagespeed_ic_SZMlLcO6DI

 

 

 

 

 

 

 

皆さんこんにちは。

今回は足指の筋力についてお話させていただきます。

 

足指の筋肉と聞いてパッとイメージしづらいかもしれませんが、

長年かけて悩んだ慢性の膝や腰の痛みの原因が、実は足指筋力の低下によるもの

だったというケースも稀ではありません。

では足指とはどんなものなのかを、簡単にお話しさせていただきます!

 

 

私たちが日常で歩いたり、立ち続けたり、思い切り走ったり、階段を昇ったりと、

主に「脚を使う」事が共通した動作を行う為に大事な筋肉はたくさんあります。

主要な筋肉は腸腰筋、大腿四頭筋、ハムストリングス(大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋)、

前脛骨筋、下腿三頭筋など挙げられますが、中でも立位(立っている状態の意)や歩行に

大きく関係する筋肉は、先ほども挙げた足指の筋肉になります。

 

 

足指の筋力の良し悪しによっては、自身が高齢者になった場合での転倒のリスクが

圧倒的に違ってくるのです。高齢者の転倒と足指の把持力(はじりょく)との関係性は

様々なエビデンスから、その重要性が認識され始めており、その筋力はトレーニングに

よって強化が可能だという事もポイントになっています。

足指の筋力強化を行うことで、単純な歩行速度の増加や片足立ちの時間が延長されたりと、

足を重心とした全ての運動遂行能力の改善がみられることが明らかです。

 

その足指筋力トレーニングの方法を、自宅でも可能なやり方でご紹介したいと思います。

「タオルギャザー」というやり方でして、床に敷いたタオルを、足指を使って

手繰り寄せることで筋力強化や、他の足部全体の筋肉と協調した働きの感覚を獲得する

ことを目的としています。

 

単純に皆さんが足指を動かす為だけに使う筋肉は、詳しくは「長趾屈筋」「長母指屈筋」

といった名前がついており、その2つの筋肉と協力して足の動きや支える力を強化している

筋肉に「前脛骨筋」と「後脛骨筋」という筋肉が存在します。

これらは「足部内在筋」というグループに含まれており、上記4つの筋肉以外にも足の

運動に関わる筋肉はたくさんあります。

なにも足指を曲げたり伸ばしたりだけが足の運動の全てではありません。今回ご紹介した

タオルギャザーでは、その中でも足指を曲げる力を強化するトレーニングの1つという

ことですね。

 

 

足指把持力は高齢者のように、加齢とともに生理的な筋力低下によって起こるケースや、

若年者でも先天的な病気を除いて運動不足や肥満などの生活習慣が原因で筋力の衰退を

招くことは珍しくありません。むしろ増加の傾向であり、若年者の患者さんでも

足指の筋力がないために歩行や身体の使い方のバランスを損ねてしまい、それが腰痛や

首の痛みの原因となっているケースも珍しくありません。

 

 

車や電車での移動が主となっている現代社会では、意識しない間にみるみる衰えてしまう

場所の1つに、この足指の筋肉が挙げられるのも頷けますよね。

 簡単にですが足指という、一見してちっぽけな部位の大事さが少しでも伝わった

かと思います。

 

運動不足でしかも身体の不調が続く・・・なんて心当たりのある方で、気になる方がいれば

是非ともご相談いただければと思います。足指のみならず、その他の骨格を広く推察する

ことで、患者さん一人一人の身体の不調の原因を突き止めさせていただきます!

 

 

 

関連記事

広島市内での足の重だるさ、浮腫における鍼灸整体治療なら

 

 

 

※※※※※※※※※※※※※※※

広島市で本格的な鍼灸整体治療をお探しなら

女性スタッフも在籍している松鶴堂鍼灸治療院

広島市で整体院・鍼灸院をお探しなら

予約受付電話  082-264-7724

診療時間  9:00~18:30 (最終受付18:00)

ご予約ご相談はこちらのお問い合わせフォームから

※※※※※※※※※※※※※※※

Pocket

Category: 様々な症状
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.
Leave a Reply