施術スタッフのご紹介|広島市東区の松鶴堂鍼灸マッサージ院                              English




院長
岩崎和彦(いわさきかずひこ)
院長岩崎臨床歴25年の軌跡を紹介

どこに行っても治らなかった方、
本場の鍼灸治療を受けてみたい方へ
おすすめしております。
トップ


大阪市城東区出身
京都明治鍼灸大卒
上海中医薬大学専科卒
上海にて中国の資格である中医師取得
柔道2段(20年間してました)
楊式太極拳(王老師に師事)
日本の鍼灸師資格である鍼灸学士取得
上海中医学会会員(日本人で初)
上海鍼灸学会会員(日本人で初)
上海留学での功績が認められました
卒論では喘息治療の発表をしました
(卒業証書、中医鍼灸師証明)


院長経歴紹介

トップ

高校生までは大阪で過ごす、その当時日本では唯一であった京都の4年生明治鍼灸大学(現、明治
国際医療大学と学校名がかわりました。)
に入学し3年時に上海中医薬大学に短期留学。3年の終了時に国家資格を受験し鍼灸師資格を取得する(上写真)
3年時に留学した上海にてカルチャーショックを感じる。東洋医学の奥深さ・難しさ・複雑さを感じ中国留学することをこの時に決意。また大学まで柔道をしており京都の初段の部で3位に入賞し弐段になる。柔道はずっと弱かったですが続けていたことで身体のさばき方がわかり現在の痛み治療や身体の歪み矯正に対する技術にも応用できているのではと自分なりに思っている。地味な修行は鍼灸に必衰ですね



トップ

明治鍼灸大学卒業後
鍼灸学士取得
卒業証明(上写真)
4年生では主に留学をひかえているため
中国語や中国医学の基礎理論を独学。
明治鍼灸大学卒業後は兵庫県立尼崎病院東洋医学科
に2年勤務するかたわら某整形外科で準勤務。
このとき日本における東洋医学(鍼灸・漢方)のあり方に
ついて学ぶ。研究助手をつとめ研究の重要性を理解する。
西洋医学の治療や漢方薬の重要性も知る。
病院にて鍼灸臨床もおこない病院における
鍼灸の大事さを知る。また強く鍼灸と漢方の融合性を
感じ東洋医学の大事さを知る。
この時期に将来は東洋医学総合治療を
実践したいと深く思う。またこの時期は留学を
控えた時でしたので非常に非常に貧乏でした。
周りの同級生は鍼灸師としてすでに
がんばって治療していましたので嫉妬・コンプレックスも
ずいぶんありました時期ですが今思えばこの時期の
努力したことが今の財産になっております。



トップ

日本の上海中医薬大学専科(3年)に入学し
2年分の単位を日本において取得する。
上海中医薬大学の学生証(上写真)
その当時推拿や気功に興味をもっており
上海中医薬大学日本校の孫先生から推拿や気功
を学ぶ上海でおこなわれた世界気功学会にも参加する。
中国に行くか日本でこのままどこかで働くかを毎日
考えていました。今思うと中国にいって大正解であった
と思うのですが・・・ウジウジとかんがえることで
自分にとっても1番だらしなかったなと思う時期です




トップ

結局夢をあきらめられず仕事をやめて中国・上海に
渡り上海にて上海中医薬大学専科3年目をむかえる。
講義では中医学理論、鍼灸、漢方薬、古典などを
1年間学ぶ。臨床では鍼灸経絡研究所でバセドオ病、
パーキンソン、喘息、インポテンツ、頻尿の臨床を学ぶ。
曙光病院では主に脳・神経系疾患の治療法を学ぶ。
南京西路の漢方医院にて中医診断学(脈・舌)を学ぶ。
また上海中医薬大学の単位を取得し卒業テストに
合格し卒論である喘息についてもみとめられて無事卒業。
卒業証明(上写真)
上海中医薬学会から中医鍼灸師として認定もいただく。
今までの人生のなかで最高であったと思える1年でした。
もっと借金をしてもう少し楽な留学生活を送るのも
よかったかもですが貧乏な生活を送ることで逆に
一般の中国の本当の生活がみれたのかと思うと
やはりお金がなくてよかったのかなと思うのです。
まあお金があれば生活は楽になりましたけどね・・・
とくにクーラー・冷蔵庫のない夏は苦しかったですね。
それにしてもさらにさらに貧乏時代でした。


トップ

その後さらに1年延長し中医薬学会からの斡旋において
上海の病院において研修をおこなう。

上海中医薬学会証明
(上写真)
鍼灸は地段医院にて主に運動器疾患の鍼灸治療を学ぶ。
上海市中医医院にて中国整体・推拿治療を学ぶ。
王老師から楊式太極拳を学ぶ。
また湖南省や広州などに旅を兼ねて病院の見学に赴く。
2年間中国上海で中医学・日常生活を満喫する。
なんとか無理して中国の滞在を1年延ばしたことで
この1年のおかげで今の私があるのだと思うのです。
太極拳をしっかり学んで修行した経験が現在
氣というものを理解でき治療にそれをいかせているんだ
という自負があります。幼少から続けていた柔道が
ここで太極拳・気功修行とまじわり私にとっての
治療家としての体つくりの基礎ができたものと思います。


また、中国在学時には毎年あった上海鍼灸学会に参加。
日本人鍼灸師への簡単な通訳や手伝いをおこなう。
上海岳陽医院にて椎間板ヘルニアの推拿研修に参加。
北京の望京医院にて糖尿病に対する中国鍼法の見学。
帰国後の現在も年に1回中国(北京・天津)に出かけています。
中国研修は毎年正月の休みを利用して行なう予定です。
日本に帰ってからも3年くらいはいろんなツテが
残っていましたのでそれを利用していろんな場所
での研修ができました。これによって坐骨神経痛の治療を
会得できたのも今となっては財産です。



トップ

平成11年4月日本に戻り、島根赤名の地で開業する。
島根では痛み疾患が多かったのでそこでの経験から
ギックリ腰などの痛み疾患には非常に強くなる。
ギックリ腰なら松鶴堂というフレーズが地元民から産まれる。
平成15年には広島県三次市へ出張所をオープンし
さらに臨床を続けていく結果広島全域から、三次まで
患者さんが来院される。三次の患者さんより広島の
患者さんが増えるに従い三次閉院し広島市新幹線口に
平成16年6月移転。広島と島根にて中国鍼灸の普及のため
活動開始。さらに平成18年7月に7階から3階に
移転しよもぎ蒸し治療をスタート。この時期は
ホントあわただしい7年間だったと思います。島根、三次、
広島7階店舗と3店舗を開けては閉めてと身体的にもつらい
時期ではありましたが若かったのか身体はもちました。
今は40もすぎ休まないとだめなおっさんですが・・・



トップ

平成19年度は刺さない針スタート、主に婦人病に力をいれる。
愛知の眼科鍼灸専門の千秋鍼灸院さんと連携治療をはじめる。
眼科鍼灸の中でも加齢性黄班変性症の鍼治療に力をいれる。
年末には北京・天津へ鍼灸の勉強にでかけ様々な治療法を研修。
平成20年以降も毎年1回の中国研修は継続していきます。
(うちは奥さんが中国人なので里帰りも兼ねているからできること
なんでしょうね。)自分で言うのも何ですがこの時期の
8年目から技術が急速に進歩します。現在進行形です。
広島ではさまざまな患者さんが来られていましたので
毎日毎日が修行のようなものでした。



トップ

平成21年8月からは女性部門スタート。
23年度4月には女性治療専用の部屋を別場所7階に
副院長として鍼灸師吉村典子を雇い任せています。
開業当時スタッフは1名でしたが現在は5名に
なりさらに有限会社松鶴堂として法人化しました。

トップ

平成25年4月に3部屋めになりますが2階にオープンしました。
3階は治療専門の空間、7階は女性だけがはいれる女性専門、
そして2階を整体+針灸としてメンテナンス重視の部屋としております。
多くの患者様のニーズにお応えできますよう更に精進します。
そして平成27年には4部屋目の5階506をオープン。
5階は慢性疲労の方やストレッチが必要な方などに。
そして29年2月現在に至ります。



スタッフ紹介


男性院長の他に
女性スタッフ6名、男性スタッフ1名にて診療しております。
当院は女性患者さんが多いため常時2人の
女性スタッフが必ず常勤しているよう、
できるだけ注意しております。



トップ


左から   吉村 典子(よしむら のりこ)
7階にて女性患者さん専門治療室でおこなっております。
美容治療の中ではお顔の施術が得意です。
また女性の悩みに対する治療、不妊治療も得意です。
予約枠が少ないですので早めの予約が必要です。
経験豊富な女性の先生に鍼治療をしてほしいなら吉村先生です。


向かって右、主任スタッフ鍼灸師
板楠 幸恵 (いたくす ゆきえ)

平成21年4月から広島院に勤務。
学生時から当院にて研修しており
ましたので即戦力にて大活躍しております。
刺さない針である優しいてい鍼治療を
まかせております。赤ちゃん・子ども治療が得意。
さするだけの小児鍼も任せております。
刺さない鍼治療をご希望なら板楠へ


中央
 鍼灸師 池田彩華(いけだ あやか)


鍼灸整体部門を担当しております。
エステサロンでの修行経験もあります。
鍼が怖い方にはボキボキしない整体治療もおこなっております。
症状を根本から治療したい方、骨盤や姿勢が気になる方は池田先生がお勧めです。
主にメンテナンス重視の鍼灸+整体が得意です。
男性の美容鍼や鍼灸整体治療もしております。


産後の骨盤矯正や妊婦さんの治療ならおすすめです



鍼灸マツサージ師 長原由美子(ながはら ゆみこ)

自律神経・鍼灸整体・ストレッチなど


広島県で生まれ、広島県で育つ。
東京の大学を卒業後、飲食業、IT関連の職業を経た後、アメリカのバーモント州にて幼稚園から中学校にて教育活動を行う。帰国後は、かねてから興味のあった「癒し」を追求すべくボディワークに
携わる。タイに住み込み、タイ古式マッサージをひと通り習得した後、数カ所のサロンで経験を積む。さらなる治療技術を求め、
鍼灸マッサージ師の資格を取得し、さらに臨床経験を重ね現在に至る。
直感で良いと感じたことは貪欲に学び、実践に取り入れ、
患者様ひとりひとりにあった治療、型にとらわれない治療法を
日々実践している。
アメリカ滞在時、電気もガスも水もない生活に触れ、
自然と共に生きる心豊かな暮らし方に目覚める。
生き方、考え方が与える身体への影響の大きさを実感し、
ライフスタイルの重要性も伝えていきたいとジャンル問わず
幅広く活動中!


〜資格等〜
■厚生労働省認定はり師
■厚生労働省認定きゅう師
■厚生労働省認定あん摩マッサージ指圧師
■JFace認定美容鍼灸師
■日本刺絡学会会員

〜鍼灸以外の得意技〜

★タイ古式マッサージ

★サムンプライ(タイ・ハーブマッサージ)  

★フットマッサージ

★オイルマッサージ

★チネイザン(気内臓療法)

★トークセン(木槌療法)

★カッサ

★楽健法(足踏みマッサージ)


〜メッセージ〜

ストレッチ整体を取り入れた鍼灸治療、不妊治療、
自律神経、美容鍼を得意としております。
(当院のハリウッドスタイル上田式美容鍼は長原が担当しております)
どんなお悩みでも真剣にフォローさせていただきますので遠慮なく
お気軽にご相談ください。

ストレッチやハリウッド式美容鍼ならおすすめです




鍼灸師 松本汐路(まつもと しおじ)



2・3・5・7階にて女性のお悩み、自律神経失調を担当します。
また、骨盤矯正や美容鍼も行います。
じっくりお話を聞いてほしい方、症状をうまく説明できるか
心配な方などは松本先生がおすすめです。

女性の方で自律神経など心のお悩みなら松本を


鍼灸師 音西優里子 (おとにし ゆりこ)



鍼灸師の音西優里子(おとにし ゆりこ)と申します。
12年ほど出身の長崎県にある会社で社会人を経験して、香川県に
ある四国医療専門学校に入学しました。学生時代からいろんな
鍼灸の流派の勉強会や、手技の勉強会に通い、卒業後香川県に
残りリラクゼーションで働き、整体やストレッチ、足つぼなどを
施術してきました。
それと並行して、介護施設へ整体をしに行く仕事もしていました。
この経験が、いろんな年齢層の方の身体を触らせていただき、
色んな対位で施術を行う経験に繋がっていると思います。
香川県にいる間は、400年続く漢方鍼灸院で週に1度お弟子として
修行させてもらい、あらゆる症例を見せていただき、
施術する貴重な経験も積ませてもらいました。
私の治療スタイルは、鍼灸、整体やストレッチ、足つぼなど
組み合わせて不調を改善していくものです。問診に加えて
脈やお腹をみせてもらって痛みや不調が出ている一部だけでなく
身体全体を診て治療を行っていきます。
鍼が苦手な方は、刺さない鍼もございますので安心して
施術を受けていただけます。
整体は、うつ伏せが苦手な方など、できない体位などありましたら
できる対位で施術を行えますのでお知らせください。
自身で行えるストレッチや運動法、食事指導などできる限り
お答えしますのでお気軽にお申し出ください。
私は、これから一生、身体が元気に動く限り治療家でいたいという
夢があります。東洋医学は奥深くとても魅力的な治療法です。
臨床をしながらあらゆる治療法の勉強を続け
常に、進化し続ける治療家でありたいと思っています。
そのために、日々精進していきます。
よろしくお願いします。

治療のための本格的なマッサージなら音西を


不妊専門 大鴻(おおこう)志麻
トップ

【毎週火曜午前のみ受付】

不妊患者さんの中でも第2子不妊、第3子不妊、不育症
40代の患者さんを担当していただいております。
本人自身も不妊経験があり、現在育児中です。
不妊カウンセラーを希望なら大鴻先生をお勧めします。
また安佐南区においての訪問マッサージも担当しておりますので、
歩行困難の高齢者さんが家族にいる方はお知らせください。



男性鍼灸師スタッフ

小林哲也

はじめまして。小林哲也と申します
鍼灸師になり7年目になります

広島国際大学を卒業後スポーツクラブに就職してインストラクター
として地域の方々のサポートをして参りました。
そこで感じたことは、健康を維持するところで「ここが痛い」とか
「最近病気になって」という声を聞くことがありました。
なので身体を治す技術を身につけて治療をしていきたいと
思うようになりました。

退職後はカープのトレーナーの方々を輩出している
IGL医療専門学校に入学しました。卒業後は鍼灸接骨院、
福祉施設、整形外科などで経験を積み1年後には独立しました。

独立後は保険を使った出張治療を始めました。
歩行困難な高齢者の方々を対象に治療にあたりました。
病名としては、パーキンソン病、脳梗塞後遺症、
ガンによる後遺症の方々が多かったです。
往診と同時に高校の野球部のトレーナー活動も行っておりました。
活動内容は練習のサポート、治療、コンディショニングケア、
トレーニング指導です。

現在は、保険は扱わず実費による個人の往診と2つの治療院と
契約しておりそこからの依頼があれば院に伺い
治療を行っております


治療内容は
・鍼灸(症状の度合い、嫌い、苦手な方には行いません)
・筋膜整体(リラクゼーション目的のマッサージではありません)
・マシンを使わないトレーニング
・PNFストレッチ
・エステ・ボディメイク
・栄養指導

私と関わってくださる方々を幸せにするために
全力でサポートして参りますので今後とも宜しくお願い致します


【小林先生の訪問治療についてはこちらから】




トップ

フォームからのご予約は前日までに、直前の場合はお電話か
携帯メール同士でsyoukakudou@ezweb.ne.jpまで
おねがいします。
フォームから送信できない場合は
syoukakudou@y9.dion.ne.jpまでメールしてください。