東洋医学・漢方薬専門紹介の鍼灸治療|広島市東区の整体院English



院長の専門疾患鍼灸整体治療について

1、腰や肩から手や足にむけての痛み痺れを主とする症状

以前島根で治療を開始した当時は患者さんが肉体労働者がほとんどであったことから腰痛・神経痛患者さんが多かったのでその症状を和らげるためにさまざまな治療法を考えてきました。


特にその中でも坐骨神経痛に焦点を絞ることで同じ痛み疾患でも
さまざまなタイプがあることがわかってきました。
中国鍼を使い強く刺激をしないといけない時、通電をして神経のツボを刺激しなければいけないとき、はたまた弱刺激で何ミリかの刺入で良い場合、しっかりあとがつくくらいのお灸を使うことで治っていく場合、背中のツボに皮内針をしたほうがいい場合、漢方蒸しを使い冷えを改善していきよくなる場合、骨盤整体をいっしょにしたほうが良い場合、リハビリをしっかりしないとだめなケース・・とさまざまな方法があるのです。


そうなんです十人十色でみんな治療法が違うということがわかってきました。またそれが他の病気を治療するときも同じで非常に役に立つのです。1つの病気を極めていくことでその先がみえるので他の疾患を見る時の臨床能力も伸びてきます。


現在では坐骨神経痛に関しては何人かの治療家と連携して全国各地の鍼治療院へ紹介もできるようになってきています。
(特に東京・大阪方面での紹介依頼が非常に多く東京・大阪の治療院の先生とは現在も強く情報交換をしていますので東京・大阪方面へのご紹介はぜひご相談ください。力になれますと思います。)


広島にての治療活動に本腰をいれるために現在は1回でも早く治るように技術をあげたり、さまざまな坐骨神経痛パターンを2〜3回の治療にて見つけたりと今までの経験をみなおしています。
また広島市において紹介できるリハビリ病院・漢方薬屋さんもできて鍼だけでなく総合的な治療をしていかないと全員の患者さんをよくすることはできないと思っていますので今後は全国の鍼治療院さんと連携を深めるだけでなく広島市においてもさまざまな治療法の先生たちとの交流もしていきたいと思っています。


リハビリでは大腰筋のアップや姿勢力アップに必要な筋肉の構築など、漢方薬では主に内科・婦人病からくる坐骨神経痛に対して悪血をとらないといけない場合とか、また近くのストレッチ教室など運動不足のOLさんたちにすすめてみたりしています。
針が絶対嫌いな方にはこっそりと私がおすすめの整体治療院さんを紹介したりとか・・・

自分だけの治療で治らなくても当院に1度でも来院いただいた患者さんが少しでも改善し治っていくお手伝いをしていきたいと考えております。私の技術だけでも10人に9人の腰痛・坐骨神経痛患者さんは治っていくことでしょう。ただ治らない1人の患者さんを治そうと思えば今の自分の実力ではたりませんし無理があります。さまざまなことを考えながらその1人の方を治していく方法を今後は強く考えていきたいと思います。


また治ったあとも養生を大事にすることでさらに坐骨神経痛を専門とした自分が理想とする治療院つくりに力をいれていきたいと考えています。これらのような頑固な痛みには鍼が即効的に効くことが多く是非にとおすすめしたくあります。

当院では頑固な痛みのメンテナンスとして姿勢の歪みを調整する整体法も2階にて池田先生がはじめております。

座骨神経痛は治る病気です。あきらめていますかたご一報ください。またぎっくり腰には即効的に効くケースがほとんどです。ぜひギックリ腰には早期にお試しください。


2、不妊症・不育症に対する考え方


当院ではさまざまな縁がありまして平成18年5月から広い店舗への移転が決まりました。それまでの場所と違い広い空間での治療が可能となってきましたのでそれま興味があった漢方蒸しの治療も同時におこなうことにしました。


漢方蒸しとの出会いは縁が多くあります。私のいとこが漢方蒸しをほぼ毎日何ヶ月か続けて妊娠したことです。そのいとこも現在はその仕事をおこなっています。その仕事場に行かせていただいたときにまずは独特の香りにびっくりしました。多くのよくなった症例も聞き興味が強くなりました。またその直後に今度は長年漢方蒸しを研究してきた鍼灸師の方が当院に研修にこられました。蒸しりんごの伊藤先生です。そこでさらに漢方蒸しの魅力と強い縁を強く感じました。この2つがちょうど1ヶ月以内で起こった出来事なので・・・さらに縁を感じたものです。そうそうしているうちに当ビルの3階の店舗があいたという情報を得ました。さまざまな縁を強く感じた結果広い店舗に移り漢方蒸しを導入することを決意しました。ここで迷わないのが自分自身恐い所ですが・・・(^^;;)


現在移転しまして漢方蒸導入し5年がたちましたが毎月のように妊娠のうれしい報告をいただくことができました。また考えてはいなかったのですが不妊症の患者さんだけでなく不育症や婦人病の患者さんも多く来られるようになりました。また当院の治療で妊娠されました患者さんにかぎりまして産科の治療もはじめています。つわり・逆子・安産灸と治療を続け産後も産後の肥立ち、育児疲れ、母乳の問題など・・・また生まれてきたお子さんへのカンムシ予防の小児鍼・・・・不妊症で結果がでた患者さんがその後も患者さんとして継続しておこしになっています。


まずは漢方蒸しと鍼でしっかりとした体質改善をおすすめします。良い生理がくるのがポイントです。これをしておかないとたとえ妊娠ができたとしてもその後様々なトラブルに苦労する可能性があります。生理が正常にきて問題がすくなくなってきましたら今度は妊娠率をあげるための漢方蒸しやお灸による周期療法をおすすめします。自宅でもお灸をすることも可能です。


また効果が少なそうであったり卵管などの問題が強い場合などには生理直後に連続でおこなう漢方蒸しや自宅でのお灸をすすめていきます。当院には4名おります女性スタッフが誰か1人はいてくれますので彼女たちに基本的に漢方蒸し・お灸治療はお願いしています。ぜひ不妊症・不育症でお悩みの方ご相談ください。

現在ではさらに骨盤矯正をして鼡径部の通りを良くする治療なども始めております。着床に良いイメージがあります。


どんどんと妊娠・出産報告をいただいております。

患者様の声を参照ください。

また生理直後の漢方蒸しにはかなりの治療力があります。

ぜひおすすめしたいです。


3、眼科疾患(網膜色素変性症・黄班変性など)


私が中国上海に留学して2年間お世話になった担当教官は何金森教授です。何先生はバセドー病専門として主に眼球突出など眼部に針治療をしています。何先生について2年間ご指導を受けたため眼部周辺へ鍼を打つことに対する恐怖感などはまったくありません。ただ上海での鍼治療では太い鍼を眼窩内へいれますので何人かの患者さんは内出血をすることがありました。また曙光病院での研修の際にも眼窩内刺針をおこなっていましたが同様に内出血があります。


さまざなまリスクを考えた場合太い鍼で眼窩内刺針をおこなうことの危険性を強く感じています。また患者さんはアバスチンなど手術を受けたりレーザーなどを受けたりして網膜周辺はかなり敏感な状態で非常に繊細になっています。
しかも日本人は中国人よりも体質的に内出血しやすい印象があります。また鍼に対する知識・考え方など患者さんレベルも中国とは非常に異なりますので鍼に慣れていない日本人に対して、また初めての鍼などで緊張などが強ければ鍼を打つ際目をパチパチさせるなどして内出血率は数倍に伸びることでしょう。(でも最近は中国でも鍼に関しての認識は年々落ちているようで日本と変わらない感じもあります)


そういうリスクがあっても、私が留学していた上海では日本から来る患者さんは後をたちませんでした。その多くはなぜか眼科疾患であったことも鮮明に覚えています。上海だけでなく香港にも眼科鍼灸を受けにいっていたという患者さんも多く耳にし多くの眼科の患者さんが鍼灸に対して期待感を抱いているということを知りました。眼科の難病は西洋医学のみでは治療法が少ないということもその理由としてあるのでしょう。


そんなさい愛知で眼科鍼灸をしている千秋鍼灸院さんと交流をすることができさまざまな情報をいただきましてそれを基本として治療を再度はじめましたところ何例かのケースで視力や視野の向上に成功しました。今後はさらに発展させ研究も続けていくしだいです。千秋鍼灸院さんは今後全国的に眼科鍼灸に対して連携治療院を増やしていくということで非常に私も期待していますし逆に当院からも各地方にご紹介できますので私もぜひともお手伝いしたいです。


実際に19年12月に千秋鍼灸院様へ研修にいってきました。
非常に素晴らしい先生でした。


現在も中国四国地方ではご紹介できる先生がいませんので遠方から当院へ患者さんが来院されております。

できましたら近くで治療をされたほうがよいのでぜひ千秋鍼灸院さんに問い合わせていただきたいです。

特に岡山や四国などから患者さんがこられることが多くありますが。ご紹介したいのでおねがいします。

また平成22年に香港にて眼病治療の研修もおこないました。


4、突発性難聴、耳鳴に対して


最近は突発性難聴や耳鳴も、眼科鍼灸で悟った技術と経験から非常に効果がでてくるようにはなりました。多くの神経疾患(末梢神経由来の)や感覚器疾患(眼・耳・鼻・など)は1つを極めていくと実は治療法が非常に似ているのですね。基本的な補寫を含めた鍼ができるレベルと患者さんそれぞれのタイプを見極める弁証能力があってひとつの疾患をある程度極められるとあとは非常に治療が似ています。基本的鍼灸治療能力が非常に大事だということです。卒業したての鍼灸師さんとかは派手な治療法に惑わされるかもしれませんがしっかりとまずは基本に忠実な治療の勉強をおすすめします。


中国鍼の最大適応は神経疾患であると感じています。特に末梢神経障害です。脳や脊髄である中枢の問題がないのに末梢神経の問題がでるケースです。脳や脊髄からでてくる神経に対しては鍼に対する刺激が可能なポイントですから中枢に問題がない末梢神経疾患であれば、鍼とくに中国鍼の最大適応といえるといえます。またそこからは自律神経もでていますから末梢神経だけでなく自律神経もいっしょに刺激できますから治療効果もさらに絶大なんです。突発性難聴・耳鳴以外にも顔面麻痺なども同様の治療になります。


こういうふうに書くと万能なように思えますが私的には主に病院で検査を受けてしっかりとした原因が見つからないものに対しては最大適応であると感じています。また難聴でもムンプスなどのようにウイルスが原因であっても問題が脳腫瘍などの圧迫とかの中枢に問題がない限り末梢の問題であればすべてが完全ではなくても適応であるとは感じています。もちろん原因不明のほうが効果は高いですが・・ウイルス性にに対してもそこそこは効果はでています。
つまりヘルニアなどに関しても鍼の完全不適応である中枢の腫瘍など脊髄の問題ではなく神経根を刺激しているものなので最大適応とは決していえませんが試してみる価値はじゅうぶんにあるとはいえます。


ですので多くの神経疾患は針の適応になりますのでぜひご相談ください。


19年12月に天津へ研修にいってきました。

ここでの研修が耳鳴の治療を飛躍的に伸ばしました。


5、花粉症には針治療が非常に有効です

当院では8年ほど前から花粉症に力をいれはじめました。当時は島根院で臨床をしておりましたが私の住む地域は花粉症の非常に出やすい地域でしたので毎年のように当院でも来られていました。また島根治療院も杉に囲まれていまして花粉症の患者さんがそれにより悪化して帰るということも多かったのではないかと今は思っています。また両親も花粉症のため何とかしないといけないと思っていたら私もついに花粉症になってしまいました。


そんな感じでスタートした花粉症治療ですが現在では治療法も見つかり多くのケースで症状を軽減させることができるようになりました。
1、鼻周りへの局所の鍼
2、背骨への温灸
3、反応点への刺激
企業秘密的なものもありまして全部は公表できません。1度治療をしていただきその効果をみながら治療を継続するかどうかも決めれます。


基本は週に1度で計3回程度にしています。また重度の花粉症治療の場合は平成20年度に発見した治療パターンにて対応していましてそれなりの効果をだしておりますがまだまだ重度に関しては研究の余地があります。


即効性がある治療法のひとつですのでぜひお試しください。
平均来院回数3回程度で来年度の花粉症にも効果ありの
非常にすばらしい治療です。










【患者様からいただきました声】
広島だけでなく県外からの患者様も多く来院されている治療院です。
詳しくは下をクリックしていただき口コミサイトのエキテンさんをごらんください〜。
喜びの声  

芸能人の写真
著名な芸能人の方やプロスポーツ選手やモデルさんや医師も来院

松鶴堂鍼灸治療院広島本院の口コミをもっと見る


患者さん画像患者さん画像







フォームからのご予約は前日までに、直前の場合はお電話か
携帯メール同士でsyoukakudou@ezweb.ne.jpまで
おねがいします
フォームから送信できない場合は
syoukakudou@y9.dion.ne.jpまでメールしてください。








俳優の窪塚洋介さん
多数の有名人来院

トップ
同業の鍼灸師がすすめる
鍼灸に通いたいですか?

医師・病院からの推薦も


トップ
日本人で初めて会員認定
中国上海から表彰鍼灸院
本場中国直伝の技術


トップ
広島の患者様喜びの声集





















3つの最新記事
トップ

トップ




広島県×鍼灸
広島県×整体
 広島県×マッサージ
2017年2月時点
全部門第1位獲得