松鶴堂スタッフの中国研修記|広島市の松鶴堂鍼灸整体院                         English

松鶴堂スタッフの中国研修記



2015年3月19日から約10日間ほど中国は北京で行われた
オリエント主催の中国研修旅行に行ってきました。

中国各地から著名な老中医の先生方を呼んで集中的に行われた
セミナーはとても有意義でたくさんの刺激をもらいました。
研修の後半はいくつかの病院を見学し、中国での臨床の現場を実際に
この目で見てきました。今回あらためて中国において鍼灸という
ものが身近な存在であることを実感することができました。

研修の合間に世界遺産で有名な「故宮」「万里の長城」を
訪ねました。
1週間という短い中国滞在でしたが、今回の研修の旅を
少し紹介したいと思います。






朝8時から夕方の6時までびっしりつまったセミナー

4日間で計16名の先生方による講義、実技の講習が行われました。
このように集中したセミナーを受けるのは初めてで、頭がいっぱいに
なりすぎてついていけるかなと不安もあったのですが、いざ始まると
先生方の興味深いお話や実技に見入ってしまい、あっという間に
一日一日が過ぎていきました。これまでの学びが深まり、
新しいヒントももらえ、非常に充実した4日間でした。


今回の研修では2日間のフリータイムがありました。
1日目は世界遺産である「故宮」に行ってきました。
ラストエンペラーの舞台でもある故宮のある場所は天安門広場をはじめ
とても広くて、入口から出口まで1時間以上かかります。
ここにある何もかもが超一流品ばかりで、かつて繁栄した明や
清の時代の皇帝の暮らしぶりを垣間みることができました。


テレビでよくみる毛沢東の絵が飾られている天安門。
この肖像画は有名な画家によって何年かに一度書き換えられるそうで、
ガイドさん曰く今回の画はあまり良い出来ではないそうです。


こんなりっぱな宮殿ですが、一つ気になったことがありました。
天井は高くがらんとしてだだっ広い空間、タイルや石のような床、
風も強く寒さの厳しい北京でこんな大きな宮殿に住むのは寒すぎる!???
どうやって暖をとっているのか?暖めるような器具もなさそうだし、
ストーブを置いたところでどれだけ大きなストーブがいるか。。。

不思議に思い、ガイドさんに聞いてみたところ、、、
なんと宮殿に床暖房が組み込まれているとのことでした。
なるほど。。。それは快適な宮殿暮らしですネ。。。

故宮を見終わった後、鍼灸道具を買いに東直門にある店に行きました。
日本では手に入らない鍼灸道具たち。。。
見ているだけでも楽しくて気づいたら3時間も経っていました。(><))

今回手に入れた道具を一部紹介します。。。




★棒灸あんま棒・・・中に棒灸を入れてあたためながら皮膚の上をコロコロ転がします。
一度試してみましたが、とても気持ち良い!!!
のですが、灰も一緒に落ちてくるのが難点です。
★長鍼・・・30cm以上ある長い鍼。古代九鍼の一つ。
実際には使う機会はなさそうですが持ってるだけでうれしい気がします。


久しぶりの海外で初めての北京はとても新鮮でした。
今回は研修旅行で予定ぎっしりだったので、なかなか現地の中国人との交流が
できませんでしたが、次回はもっとローカルな場所に行って中国人の
リアルな生活を感じてみたいです。毎朝公園では太極拳や気功や武術の練習などをしている人たちがたくさんいるらしく早起きして公園に行くのもいいですね。 中国語がまったくしゃべれなかったので次回行く時は簡単な会話程度は話せるようになっておきたいなと思う今日この頃です。

トップ

フォームからのご予約は前日までに、直前の場合はお電話か
携帯メール同士でsyoukakudou@ezweb.ne.jpまで
おねがいします。
フォームから送信できない場合は
syoukakudou@y9.dion.ne.jpまでメールしてください。



俳優の窪塚洋介さん来院
多数の有名人も来院

トップ
同業の鍼灸師がすすめる
鍼灸に通いたいですか?

医師・病院からの推薦も


トップ
日本人で初めて会員認定
中国上海から表彰
本場中国直伝の技術


トップ
広島の患者様喜びの声集





















3つの最新記事
トップ

トップ



広島県×鍼灸
広島県×整体
 広島県×マッサージ
2017年2月時点
全部門第1位獲得