逆流性食道炎・胸やけの鍼灸治療|広島市東区の整体院


胃食道逆流症・逆流性食道炎の鍼灸整体治療

胃内容(酸やペプシンを含んだ胃酸)や胆汁酸や膵液を含んだ十二指腸内容が、胃から食道に逆流することによって起こる食道の炎症性疾患です。

原因は現在のところ明らかではありませんが、
精神的ストレスや、過労などの身体的ストレスが原因といわれておりそうした緊張状態が食道のさまざまな機能に影響を与え、逆流症状を起こしているのではないかと考えられています。

主な症状には胸やけやげっぷ、胸痛、つかえ感などがあります。
このように食道付近で起こる症状以外に声がかすれる、 のどの痛み、慢性の咳嗽性疾患、中耳炎など食道外で起こる症状が現れることもあります。

西洋医学的な治療では薬物療法など内科的治療が主体となります。


鍼灸整体治療ではストレスによる機能の低下を改善し、回復を高め、治癒へと導きます。
同時に逆流しやすい食品の制限や肥満の解消などライフスタイルの改善も必要です。


胃食道逆流症は最近増えてきております。症状でお悩みの方は一度ご相談ください。





当院では中国留学者の鍼灸治療経験深い男性院長治療
をおこないますので、必ずご希望の方は院長の指名にて
治療をお受けください。中国と日本で学んだ鍼灸治療は免役に対しても
鍼灸整体治療により悪化を防ぎジワジワと回復する治療を西洋医学と併用することで症状の緩和を狙います。
是非お悩みの方は院長による鍼灸治療をお試しください。
また自宅でのお灸治療に興味のある方は自宅灸をお教えします。
可能でありましたら当院連携先の医院で漢方の併用もおすすめします。
漢方鍼灸ともじわじわと続けることで以前と比べて体調がよくなるという
ケースが増えておりますのでぜひおすすめします。



どうしても鍼治療が怖い方はどうするべきですか?

まずはしっかり問診を取るのですが、
私は間違いなく鍼がダメ、前に余計に悪くなったとかのトラウマ
あのチク感がダメ、ツボにあたっときの痺れる感じもいや、
という方は10人来ましたら1人はきます。
それでも当院の院長は長年の実績からその方にあった刺激を
みつけて完治まで持っていくことがほとんどです。
院長曰く敏感な方ほど早く治るようです。

でもそういう問題ではなく、いくら注意をして治療をしてもらった
としてもぜったいチク感はいや、という強い不安感がいる方が
いましたらそれはそれで鍼の不適応にあたる可能性が
高くなります。可能性で言えばうちに来る患者さんの
30人に1人くらいかな?と想像していますがもう少し多いかも
しれませんし少ないかもしれません。

さて本当にそういう状態であれば鍼をしない方がいいと言えます。
その場合は刺さない鍼と整体というコースをご用意しております。
皮膚が敏感なので刺さなくても効いたりする方が多いのです。
整体も非常に効果的だったりもします。

鍼灸は絶対嫌だけど鍼を刺さないなら行ってみたいという方は
是非お知らせくださいね。

ここから下は鍼灸師のみお読みください。

嘔吐の鍼灸弁証治療

定義  食べたものが胃から口を通して逆流してきたこと。 *アク逆は音だけ。
     嘔…音だけ。アク逆と似ている。
     吐…内容物の逆流

特徴  胃失和降、胃気上逆→和中行気(和胃降下)
     中焦…脾・胃 (消化と関係)
         脾(陰土)は温・燥を好み、湿を嫌う。温燥性の薬を好む。脾は昇清。
         胃(陽土)は潤を好み、燥を嫌う。湿性の薬を好む。胃は降下。

    ・肝腎陰虚…六味丸(寒) これは脾胃(脾気虚)には良くないので、沙参、本香や灸などを加える。
            *腎陰陽を補う薬は、脾(後天の元気)を補う薬を入れる必要あり。


病因病機   [実]
         ・外邪…風、寒、湿、暑ーアク逆から。→犯す胃               *胃の病理  ・寒邪犯胃
              濁邪ーすべての汚れたもの(不潔)。→犯す胃                   ・嘔吐
                                                             
         ・飲食不節…暴飲暴食
                 生冷のもの、油っこいもの→食滞
                 不潔
                 生理現象

         ・気うつ…肝胃不和、憂思傷脾(考えるのが過ぎると消化器系によくない)→胃気失調   *肝胃不和…肝気鬱結+胃気上逆
               (ストレス)

         [虚]
         ・脾胃虚弱→脾気虚→痰濁中阻                           *後天…脾+
                 (補気)
         ・脾胃虚弱→胃陰不足→胃失潤降(胃の和降機能を失う) 重症になると癌  *良…肺結核、栄養不足
                 (養陰) *養陰…脾胃が弱ってるので量が難しい       悪…癌、肝硬変
         舌…鏡面舌
         ●食べられないので嘔(音だけ)のみがみられる。

        [実+虚]
          *ポイント*
            胃気逆上(標治)+胃気逆上になる原因を治す(本治


弁証論治    ・虚、実
          ・和胃降気 
            基本穴…内関・中カン・足三里(解熱、降気)

 1)傷食嘔吐  和胃降気+導滞
            下カン、センキ、足三里、復結+内関(瀉法)  *内関は標治。

            便秘…胃と腸のつまりから発生、よって下に向って働かせる。
               (さっぱりしない、粘っている便の人なども下へ流す。)
                天枢・上巨虚・内庭→通便作用                             *内庭は熱のある場合に。                                           通腑行気→胃腸の邪気を取り除く。             *通腑行気に大承気湯
                                    胃の病変でも大腸から治し胃を通(治)す。

 2)痰飲嘔吐  脾胃虚から発生。
          虚証が多い(陽虚)ので
           章門、公孫、中カン、豊隆、胃ユ、脾ユ

 3)肝気嘔吐  内傷病 
  (肝脾不和) 疏肝理気
            陽陵泉、太衝、内関  *内関…嘔吐、寧心安定

 4)外邪嘔吐   2〜3日間の急なもの。
  (胃腸性風邪)  大椎、外関、合谷、内庭、中カン

            ・寒邪…解表和中:大椎、外関、合谷、風池、肺ユ、風門
            (灸)
           ・熱邪…瀉法
           ・中暑…針だけ。高熱には瀉血
                    小便短→利湿:三陰交、陰陵泉、中極
           ・湿邪…胃腸を犯す→利尿:陰陵泉、和胃行気:足三里(平補平瀉)
            (むくみのような湿とは違う)



【患者様からいただきました声】
広島だけでなく県外からの患者様も多く来院されている治療院です。
詳しくは下をクリックしていただき口コミサイトのエキテンさんをごらんください〜。
喜びの声  

芸能人の写真
著名な芸能人の方やプロスポーツ選手やモデルさんや医師も来院

松鶴堂鍼灸治療院広島本院の口コミをもっと見る


患者さん画像患者さん画像









フォームからのご予約は前日までに、直前の場合はお電話か
携帯メール同士でsyoukakudou@ezweb.ne.jpまで
おねがいします
フォームから送信できない場合は
syoukakudou@y9.dion.ne.jpまでメールしてください。











俳優の窪塚洋介さん来院
著名な有名人も多数来院

トップ
同業である鍼灸師がすすめる
鍼灸に通いたくないですか?

治療家の声多数掲載

医師・病院の推薦も

トップ
日本人で初めて会員認定治療院
中国上海市から表彰されました
本場中国直伝の技術で対応


トップ
広島の患者様喜びの声集




















3つの最新記事
トップ

トップ



広島県×鍼灸
広島県×整体
 広島県×マッサージ
2017年2月時点
全部門第1位獲得