顔面麻痺、顔面けいれんの紹介|広島市の鍼灸整体院English


顔が歪みはじめて、耳鼻科に行ったけど、
1週間たっても、治りが悪くてこのままでは、
不安になる事はありませんか?
当院では、もちろん病院に行きながら、
元の顔の形や動きを戻していく方法を
鍼灸治療にてお伝えしていきます。


顔面神経麻痺の鍼灸整体治療の実際




突然いきなり顔の筋肉を動かすことができなくなり(顔面神経の障害)、目を閉じるのがしにくくなり、飲み物が口からこぼれたりして気づきます。多くは西洋医学にて経過を診ることになるのですが中枢性(脳など)の障害でなければ原因不明といわれるベル麻痺やウイルス性のハントでさえもぜひ早期に鍼灸治療の併用をおすすめします。先日も妊婦さんの顔面麻痺患者さんが当院のよくしていただいています連携先の耳鼻科の医師の紹介にて来院されまして、もちろんですがステロイドなどの薬がまったく使えないものですから、ただただ経過をみているだけなので医師の依頼をうけ治療したことがありました。発症後10日で急性での治療であり早く治療できたこともありますが3週間の期間で週に2〜3回の治療にて90パー以上の回復といわれました。同じように妊婦さんでも10症例ありますがどれも好転しましたので自信をもって鍼灸治療をおすすめするしだいです。ただし妊婦さんのように薬を飲めない場合はしかたないですが通常はもちろんですが西洋医学との併用をお願いしております。ほとんどのベル麻痺は軽度でして治っていきますがハントなど重症例ももちろんありますのでその場合は薬を併用していないとおそらく何%か何ヵ月後での改善率が違うのが容易に予想できるからです。結局のところ軽症か重症かがわかるのは結果しだいという事から初期の段階から注意が必要だと思うのです。



それにしても妊婦さん10症例とも好転した時はあまりにも改善の強さに驚いたのですがやはり妊娠時は子供の力もあるのか自然治癒力が違うんだなとつくづく思いました。鍼治療のみで薬を飲んでいなかったから改善率が高かったとは思ってはいません。最近では薬を飲むと自然治癒力がおちるから鍼のみでとよくいわれますがそれには何の根拠もありません。

また最近、鍼をして顔面麻痺が悪くなったという噂があるという話ですがもちろん技術的な問題が大きいと思います。安易に
鍼通電をして共同運動が出現してきたのにさらに通電して顔がどんどん歪んでいったという方もあります。鍼は特に技術の問題が多々ありますので顔面麻痺の得意な治療家が治療をしているかどうかは大事なポイントです。


当院では高度医療である高圧酸素療法や星状神経節
ブロックなどと鍼灸治療との併用を強く望んでおります。

西洋医学がいいとか、鍼がいいとかは治ったのなら
どちらでもいいのですから。できるだけ今の状態より
改善率を高くしたい場合はぜひ併用治療をお勧めします。
まちがいなく鍼灸治療単発でおこなうよりも改善率が高いことを
日々の臨床で強く感じております。



顔面神経麻痺とは?

顔面神経は脳からの情報を顔の筋などに伝える役目をしています。
これが何らかの原因で伝わらなくなり顔面の筋肉をうごかせなくなる
状態を顔面神経麻痺と言います。顔面神経麻痺では
顔の表情を作る筋肉が麻痺するためマブタが重く目を
閉じれず目が乾きます。涙がでないので常に眼球は乾燥しています。
もしくは目がとじれないので涙が流れる場合もあります。
口もまた閉じることができないので水がこぼれたり話しにくくなります。
また当然麻痺側の顔は緊張がなくなり反対側に顔がゆがみます。
また耳鳴を伴うことが多かったり味覚がなくなったり
顎が悪くなる場合もありいろんなケースがあります。

末梢障害による原因としては原因不明説とヘルペスウイルスの
感染が考えられます。原因不明説はベル麻痺と呼ばれ
寒冷刺激やストレスが原因ではとされています。
予後は良好で鍼灸治療との相性も非常に高いです。
ウイルス説では精神ストレスや疲れなどで身体の抵抗力が
低下すると体内にいるウイルスが活発となり
顔面神経は炎症をおこしはれてきます。
はれることで血管など圧迫し神経への栄養が不足になり
浮腫が進行し麻痺となります。いわゆる循環障害であります。
予後はベル麻痺よりは悪いです。


あくまでまずは西洋医学を中心に治療を受けながら
麻痺の回復を目的に鍼灸をおこないます。
ですのでまったく病院にて受診していない顔面神経麻痺
の治療は当院ではできません。

なかには脳血管系など中枢性が原因の重篤な病が
隠れている場合があるからです。


そして
発症後1週間ほどからの鍼灸治療の開始がベストです。
西洋医学での治療だけでもほぼ回復したり安静だけでも治る方も
多いからです。その場合は鍼治療を受ける必要性もないものと思われます。


患者さんからいただいたメール

 はじめまして、0000と申します。
ホ−ムペ−ジをみて、予約させていただきました。
今現在の状況を報告させていただきます。
0月0日より顔面麻痺になりました。持病の為、
今まで000病院で000を処方されていました。
今日から0000病院で耳鼻科と内科で診てもらっています。
本日より、プレドニン500ミリの投与を10日始めることとなりました。
明日、治療方針を決定すると言われました。
針治療との併用を考えております。
 
このように問い合わせをいただきまして遠方の福山市から治療に通っていただきまして
数回の治療に無事完治に近い状態までいきました。


◎顔面神経麻痺の鍼治療とは


麻痺側に対して鍼刺激をおこない筋の萎縮を防ぎ神経と筋肉の伝達を良くします。側頭部や後頭部などへの刺激や手足のツボへも刺激をいれることもあります。
特効穴としては耳裏にあるエイ風穴への置針は効果的であります。目の開閉には眼刺鍼は非常に有効です
中国上海において鍼灸臨床を研修していたときに最も驚いたのは鍼灸に来られる顔面神経麻痺と脳卒中後遺症の患者さんが異常に多かったことです。中国の先生に聞くと鍼灸治療は薬の副作用もなくゆっくりであっても確実に改善していくことを患者さん自身がよく知っているので顔面神経麻痺ではまず鍼灸をするらしいです。薬も漢方薬もしないようです。鍼のみでしていました。中国では漢方薬と併用するケースが多いのに顔面麻痺には鍼のみでいいという見解があるようです。

実際中国では中国バリという太い鍼をおこなうのですが私の感じでは逆に顔が引きつったりと自然な表情が作れない場合もあるのでは?と感じています。ですので当院では太い鍼はおこなわず細い鍼にて効果をだしています。

平成20年での天津での鍼灸研修では顔面麻痺にはこの細くて短い針を使うのよと顔面麻痺が得意な先生に教えてもらいました。中国でも現代では鍼治療を受けるという方がだんだん少なくなってきているようで痛くなく治療するのも大事だということでした。だんだん中国も西洋化してきて西洋医学がかなり重視されている現状でもあります。そういう中でも現在においても顔面麻痺にはやはり鍼というのは間違いない見解のようです。また今回天津にて新たに透刺という技術を習得しました。


まずは顔面麻痺になりましたらすぐに病院に行って検査をしてそしてできましたらその結果をもって当院にて相談していただければと思っています。結果によっては鍼治療を早い段階からはじめる可能性がありますので早めに相談ください。

また外傷・術後などの原因での重度の顔面麻痺でも定期的に通っていただくことでかなり改善するというケースもございますのでまずはご相談を。

おそらく病院で相談されたら針治療は否定されることでしょう。
その理由としては悪化したという報告が患者さんから医師に
伝わるからだと思います。よくなったという報告は医師には
伝わりませんからね。それは逆もありますが。。。

治療家の技術力によってはかなり安定した治療効果を期待できますので
患者さんにとっては悪化は心配だとは思うのですがぜひ当院にて
ご相談していただければと思う今日この頃です。


針治療がよく効く顔面麻痺の症状は
1、額のしわ寄せがしにくい 
陽白穴が効果的
2、兎眼(目の開閉がしにくい・涙がこぼれる)  
上晴明穴と魚腰穴が効果的
3、口が閉じにくく食べ物がこぼれる・口笛が吹けない等 
 鼻のしわを作る奇穴が効果的

これらの症状は非常によく効くつぼを発見しています
ベル麻痺がもちろん効果が高いのですがハントであっても
効果率は高くあります。ただしハントで強い神経障害がある場合
は効果がでにくい場合もあります。例えば以下の状態がある場合です。

・耳鳴りや難聴などにくわえて耳の痛みなどを訴える場合
・味覚障害などの神経障害もある場合



顔面麻痺の後遺症について(共同運動と針治療)

発症してから独自のリハビリや病院で教えてもらった
ものでもやりすぎによって反対側の痙攣がでたり顔が
ゆがんできたり目を動かす時に口が動くというものがあります。
これも急性であれば治療効果がでる場合が多いです。
慢性になればなるほど効果がでないケースが多くみられますので
早期治療がおすすめです。
共同運動の多くはどうしても治したいというもの裏返しだと思います。
治したいのでリハビリの強度を上げることで顔の歪みを作っているのです。
リハビリは必要なのですが強度はあげないようにしてできるだけ
柔らかくするように心がけてください。
また低周波を顔面にかけている方も共同運動になりやすい
というデータがありますのでご注意ください。

さて急性の場合はそれをやめて早期治療で共同運動も治りますが
3ヶ月以上経過したものにおいてはかなり根気がいることが多いです。
リハによって動きは回復されているでしょうが共同運動が強く残っております。
その場合は当院でおこなっているバランス治療をおこなうことで
完治はしないかもしれませんがじゅうぶん楽になったという
報告はたくさん受けております。

当院では強く宣伝していませんがネット上や同業者や医師からも
あそこは顔面麻痺治療がうまいという評価を
いただくことが多くなっております。私もその顔面麻痺が得意だという評判に負けない
ようがんばって治療していきたいと思います。


顔面麻痺が治ったあとは・・・美容鍼をおすすめ

顔面麻痺が病院で完治したよとか、40点満点をとったということになっても
外見上、美容上において気になる部分が残っている方が多くおられます。

当院ではこのあたりの美容外科的な鍼である美容針においても力を
入れております。顔に針をすることで左右のバランスを
整えていきますので動きだけでなく見た目的にも
よくなっていくのが鍼灸治療の長所であると思います。
麻痺は治ったが見た目を少しでもよくしたいという方も
もちろんですが治療をお受けいたします。
もちろん顔面麻痺後の美容鍼も必要があれば院長が対応します。


◎顔面痙攣眼瞼痙攣・チックの鍼治療

痙攣には手足のツボへの置針と痙攣している部分に直接おこないます。
ツボは肝経を中心に配穴します。通電はせず置鍼のみです。
当院では主に眼瞼痙攣の患者が多いのですが3ヶ月以内であれば
効果はかなり期待できます。最近では発症して何年も
たっている症例もありますので3ヶ月以上の症例でも大丈夫なようです。
またチックに関しても当院のバランス治療によってかなり
改善できますので遠方でも御相談ください。

またボトックス治療をしているが何度も打つのが不安だという患者さんも
多く来られていまして針治療のみでボトックスの効果が持続するという
ケースも多々あります。ボトックスの後遺症や副作用に
悩んでおられます場合は1度後相談くださいませ。

治療としましては急性の場合は置針といっしょに顔面の
痙攣ポイントへの鍼治療が効果的です。
慢性の痙攣には顔面部に打つことは少なく手足へのバランス
治療をおこなうことで好転します。

痙攣に対して強く刺激したり低周波を流す事は時に悪化の
原因となるケースもありますので注意ください。
顔面麻痺を治すために低周波治療をしてその後に顔面痙攣に
移行した患者さんも多いです。



患者様の声

1、
お世話になります。以前はひどく出ていたチックの症状が
最近はかなり軽減しています。
今までこんなことはあまりなかったのですが、
かなり楽です。ありがとうございました。また伺います



2、


麻痺の治療が予想以上の効用をもたらしたようです。今後も
1ヶ月に一度くらいは顔の血流を良くするために通おうと思って
います。悩んでいる方、まずは先生に相談されてはいかがですか。
本当にお薦めの治療院です。

広島で末梢性顔面麻痺の鍼治療なら 

3、



顔が動くようになって、また思いっきり笑えるように
なったこと本当に感謝しています。

広島で顔面麻痺の鍼治療なら 

4、


術後の麻痺のため、今月から通わせていただいています。
鍼治療は、全く痛みもなく、いつもリラックスして
お任せすることができます。症状も少しずつ改善しています。

広島で術後の動眼神経麻痺の鍼治療なら 

5、


瞼の痙攣がひどくなり、治療に伺いました。
症状のことなども聞いて下さり、治療して頂きました。
今は瞼の痙攣もなくなりひと安心です

広島で眼瞼マヒの鍼治療なら 

6、


針治療に不安を持ちながらも思い切って来院したところ、
先生やスタッフさんの穏やかな雰囲気に緊張もほぐれ、
もっと早く来るべきだったと後悔・・・
今回で4回目ですが、毎回、じっくり話を聞いて説明して
くださり技術はもちろん精神的にも癒されます。
顔面のこわばりも随分楽になり、
共同運動完治にむけて頑張りたいと思います。

広島で病的共同運動の鍼治療なら 


このほかにも顔面麻痺・麻痺後遺症・ハント症候群の患者様より
たくさんの喜びの声を頂いております。詳しくはこちら

当院では中国留学者の鍼灸治療経験深い男性院長が顔面麻痺の治療
をおこないますので、必ずご希望の方は院長の指名にて
治療をお受けください。中国と日本で学んだ鍼灸治療は免役に対し
鍼灸整体治療により悪化を防ぎジワジワと回復する治療を西洋医学と併用することで症状の緩和を狙います。
顔面麻痺にお悩みの方は院長による鍼灸治療をお試しください。
また自宅でのお灸治療に興味のある方は自宅灸をお教えします。
可能でありましたら当院連携先の医院で漢方の併用もおすすめ。
漢方鍼灸ともじわじわと続けることで以前と比べて体調がよくなる
ケースが増えておりますのでぜひおすすめします。



どうしても鍼治療が怖い方はどうするべきですか?

まずはしっかり問診を取るのですが、
私は間違いなく鍼がダメ、前に余計に悪くなったとかのトラウマ
あのチク感がダメ、ツボにあたっときの痺れる感じもいや、
という方は10人来ましたら1人はきます。
それでも当院の院長は長年の実績からその方にあった刺激を
みつけて完治まで持っていくことがほとんどです。
院長曰く敏感な方ほど早く治るようです。

でもそういう問題ではなく、いくら注意をして治療をしてもらった
としてもぜったいチク感はいや、という強い不安感がいる方が
いましたらそれはそれで鍼の不適応にあたる可能性が
高くなります。可能性で言えばうちに来る顔面麻痺患者さんの
30人に1人くらいかな?と想像していますがもう少し多いかも
しれませんし少ないかもしれません。

さて本当にそういう状態であれば鍼をしない方がいいと言えます。
その場合は刺さない鍼と整体というコースをご用意しております。
皮膚が敏感なので刺さなくても効いたりする方が多いのです。
整体も非常に効果的だったりもします。

鍼灸は絶対嫌だけど鍼を刺さないなら行ってみたいという方は
是非お知らせくださいね。




【患者様からいただきました声】
広島だけでなく県外からの患者様も多く来院されている治療院です。
詳しくは下をクリックしていただき口コミサイトのエキテンさんをごらんください〜。
喜びの声  

芸能人の写真
著名な芸能人の方やプロスポーツ選手やモデルさんや医師も来院

松鶴堂鍼灸治療院広島本院の口コミをもっと見る


患者さん画像患者さん画像




フォームからのご予約は前日までに、直前の場合はお電話か
携帯メール同士でsyoukakudou@ezweb.ne.jpまで
おねがいします
フォームから送信できない場合は
syoukakudou@y9.dion.ne.jpまでメールしてください。








俳優の窪塚洋介さん
多数の有名人来院

トップ
同業の鍼灸師がすすめる
鍼灸に通いたいですか?

医師・病院からの推薦も


トップ
日本人で初めて会員認定
中国上海から表彰鍼灸院
本場中国直伝の技術


トップ
広島の患者様喜びの声集





















3つの最新記事
トップ

トップ




広島県×鍼灸
広島県×整体
 広島県×マッサージ
2017年2月時点
全部門第1位獲得