変形性股関節症・股の痛み・股関節が痛い・仙腸関節炎の鍼灸治療|広島の鍼灸整体院



変形性の股の痛みに針灸整体治療



股関節が痛い患者さんは中年以降の女性でよくみられます。
病院で治療してもその部分だけしか見ません。
でも股が痛いのですが実はその部分だけが悪いの
ではないのです。腰やお尻や太ももやフクラハギが
原因で痛くなる場合がほとんどです。
ですのでそこだけを温めたり電気を流しても痛みは
一向に良くはならないでしょう。
ですんで股が痛い患者はどんどん増えていくだけになります。
それでそのままほっておいて年数がすすむと本当に関節が
変形して悪くなり動きがどんどん悪くなり歩行困難になってきます。
こうなれば厄介です。治療もかなりの時間がかかります。
股の痛みはできるだけはやくに治療を開始したい疾患です。
股が痛いと動かない、だから太る、太るから軟骨が磨り減る、
磨り減るから痛い・・・
完全な悪循環の完成で股の場合はなかなかこの
悪循環から抜け出すことはできません。

私たちの治療でも針灸を両方おこなわないとなかなか
治らなくなってきます。灸はせんねん灸でも良いのです。
またそのあとリハビリも大事ですからさらに回数もかかって
しまいます。股を治したい場合はできるだけ早く治療を
開始することでしょう。
そしてリハビリをおこなえば完治する方も多いのです。
完全に治らなくなってしまって手術を宣告されるまえにぜひ
鍼灸治療を少しでも早くはじめてください。

股関節が悪い方は実は腰やお尻も悪いです。
少しでも違和感がある時は一緒に腰の治療もします。

鍼灸治療で股を治すコツはそこだけでなく
腰やお尻も治すことだと日々の臨床で感じています。




大腿四頭筋を鍛えると股は痛くない?

股の悪い患者さんの多くは大腿四頭筋が萎縮してしまい
股関節を支持することができないのでさらに股関節に
負担をして痛みが助長されます。
ですので筋力を鍛えれば股の痛みは治ると考えて
トレーニングをします。ですが筋肉の不足もありますが
筋肉が硬縮している原因もありますので
硬くなった筋肉を鍛えることで筋肉が付着している骨の
部分が強い炎症を起こします。いわゆるそれが
股関節周囲にあらわれます。ですのでまずは大腿四頭筋
の硬くなった部分や股関節周りの炎症を取り除かないと
いくら運動をしても痛みがとれないということになります。
ですので針で硬くなった筋肉をほぐし灸で股関節周囲の
炎症を取り除いた後である程度痛みがおさまってから
運動をはじめていくようにしなければなりません。
そうすれば完治への近道になることは間違いないでしょう。
ですが変形のすすんでいる場合はまずは筋肉をゆっくり
鍛えていくことをおすすめします。それによってさらなる
変形を防ぐことができ寝たきりなどの予防にもなります。



変形性股関節症とは?


原理としては膝と同じように考えていただければと思います。
私の経験的には膝よりも股関節のほうが治療開始を早くしない
といけないと感じています。人間歩くことに関しては
100パー必要であり歩かずに安静などは入院でも
しない限りしないのが普通です。といいますか入院しないと
いけないレベルまでおいておくのも危険ですが・・・
最終的には強い歩行障害を残すか手術するかたが多いので
そうなる前にぜひ早期の治療をおすすめしたいのです。
はやければ股関節周囲のスジを緩めるだけで症状が
緩和したという例も多くその場合は完治までも可能な
場合があります。膝も同様に悪いケースがありますので
変形性股関節症と変形性膝関節症は両方出るケースも
ありもちろんですがいっしょに治療する
ことになります。坐骨神経痛との併発もありますのでまずは
調べる必要があります。




股関節と仙腸関節炎の急性期の治療について


筋肉による原因では筋肉の痙攣・硬縮による仙腸関節周囲の
炎症によってスタートしています。ではどの筋肉が痙攣をおこすかですが・・・
大腿内側部分の筋肉は股の内側で股関節周囲は
大腿中央の筋肉で股関節外側の上部は大腿外側の
筋肉で膝裏は大腿後側の筋肉が原因となります。
また股関節周囲の筋肉群のなかでも中殿筋はポイントになります。
大腿筋膜張筋などももちろんポイントです。
筋肉が原因で起こる仙腸関節や股の痛みは鍼灸は最も適応します。
関節周囲が原因なら半月板や軟骨の変性もありますので
まずは専門医にて受診され関節の中の状態を把握しておく必要が
あります。鍼をしても痛みが止まりますがほっておいたら
ますます軟骨の損傷がひどくなることもあり
その場合は鍼灸はあくまで保存療法のひとつとして考え
西洋医学の補佐としてを考えなければなりません。
痛みが止まるとたくさん動かしさらにいためるという
結果はさけなければなりません。
スポーツや仕事や生活習慣をみなおし治すことを優先して
いかないと悪化していきます。また急性期では痛みが強い場合
も多いので安静を指示しテーピングなどの補強も必要です。


股関節と仙腸関節炎の慢性期の治療について

慢性期では痛みが主というより運動制限が主となります。
急性期にしっかりとした治療を受けていないで放置していた場合
何ヶ月かたった後痛みはとれたが仙腸関節や股がまがらなくなったと
いう事があります。痛いのでまがらないということなら
痛みをとればいいのですがそれほど痛くはないが
まがらないというものは少し厄介になります。治療の基本は
針をして関節周囲を緩めた後自宅にてリハビリにて動かして
いくことです。繰り返しおこなうことでゆっくりと股の動きが
よくなってきます。慢性期ではお灸のほうが効果がよく
治療院では熱くない直接灸を自宅ではせんねん灸をします。
針よりも効果があるという患者が多いため必ずすすめています。
当然直接灸ならなお効果が良いです。
また水がたまりやすい股も自宅にてお灸をすることで
たまりにくくなるというデーターも発表されています。
当院では仙腸関節由来の坐骨神経痛の患者さんが多いのですが
年輩の方の多くの坐骨神経痛の患者さんには股の痛みを
訴える方がいます。特に膝の裏が痛いなどというときは
膝が悪いのでなく坐骨神経痛であることも多く
その場合は同時に治療していかないとよくなりません。

また当院でも併用しているのですが股が悪い人のなかには
大腿四頭筋などが萎縮している場合があります。
この場合は中国で学んだ四強穴に針をします。
それによって突っ張った症状がとれるのですが痛くないからと
いってその後仕事すれば
すぐに再発しますのでテーピングでしめて安静を指示しています。



当院では中国留学者の鍼灸治療経験深い男性院長が股の治療
をおこないますので、必ずご希望の方は院長の指名にて
治療をお受けください。中国と日本で学んだ鍼灸治療は免役に対しても
鍼灸整体治療により悪化を防ぎジワジワと回復する治療を西洋医学と併用することで症状の緩和を狙います。
是非股にお悩みの方は院長による鍼灸治療をお試しください。
また自宅でのお灸治療に興味のある方は自宅灸をお教えします。
可能でありましたら当院連携先の医院で漢方の併用もおすすめします。
漢方鍼灸ともじわじわと続けることで以前と比べて体調がよくなるという
ケースが増えておりますのでぜひおすすめします。



どうしても鍼治療が怖い方はどうするべきですか?

まずはしっかり問診を取るのですが、
私は間違いなく鍼がダメ、前に余計に悪くなったとかのトラウマ
あのチク感がダメ、ツボにあたっときの痺れる感じもいや、
という方は10人来ましたら1人はきます。
それでも当院の院長は長年の実績からその方にあった刺激を
みつけて完治まで持っていくことがほとんどです。
院長曰く敏感な方ほど早く治るようです。

でもそういう問題ではなく、いくら注意をして治療をしてもらった
としてもぜったいチク感はいや、という強い不安感がいる方が
いましたらそれはそれで鍼の不適応にあたる可能性が
高くなります。可能性で言えばうちに来る膝痛患者さんの
30人に1人くらいかな?と想像していますがもう少し多いかも
しれませんし少ないかもしれません。

さて本当にそういう状態であれば鍼をしない方がいいと言えます。
その場合は刺さない鍼と整体というコースをご用意しております。
皮膚が敏感なので刺さなくても効いたりする方が多いのです。
整体も非常に効果的だったりもします。

鍼灸は絶対嫌だけど鍼を刺さないなら行ってみたいという方は
是非お知らせくださいね。







【患者様からいただきました声】
広島だけでなく県外からの患者様も多く来院されている治療院です。
詳しくは下をクリックしていただき口コミサイトのエキテンさんをごらんください〜。
喜びの声  

芸能人の写真
著名な芸能人の方やプロスポーツ選手やモデルさんや医師も来院

松鶴堂鍼灸治療院広島本院の口コミをもっと見る


患者さん画像患者さん画像



他にもこちらに患者様の声を載せております。

=======================================

こんな希望・不安も当院ではおうけしております
皆様の希望にお応えしております。こちらをクリック
ぜひ上記以外にも皆様の不安や希望をお知らせください。





フォームからのご予約は前日までに、直前の場合はお電話か
携帯メール同士でsyoukakudou@ezweb.ne.jpまで
おねがいします
フォームから送信できない場合は
syoukakudou@y9.dion.ne.jpまでメールしてください。








俳優の窪塚洋介さん来院
著名な有名人も来院

トップ
同業である鍼灸師がすすめる
鍼灸に通いたくないですか?

治療家の声多数掲載
病院・医師の推薦も

トップ
日本人で初めて会員認定治療院
中国上海市から表彰されました
本場中国直伝の技術で対応


トップ
広島の患者様喜びの声集




















3つの最新記事
トップ

トップ



広島県×鍼灸
広島県×整体
 広島県×マッサージ
2017年2月時点
全部門第1位獲得