広島で不妊でお悩みのすべての方へ読んでいただきたく思います|松鶴堂鍼灸整体院English

当院の実績や治療法や成功者の声など更にいろいろと
詳しく知りたい場合は下に別サイトを作りましたので
みてください。さらに東洋医学による治療を理解・納得
できますことと思います。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
広島で不妊でお悩みの方へ妊活養生の紹介







不妊症治療の実際


【当院の不妊治療は関係者も自然に妊娠しております】

2人目不妊の当院スタッフも、多嚢胞性・40歳院長妹も自然に
妊娠出産できた治療です。今後もさらに研究をしていきます。


不妊症で悩まれている患者さんは年々増えてきているようです。
また当院に来院されるほとんどの方は何年もの間不妊で悩んで
おられて精神的にも疲れきっています。
当院では不妊患者さんが最近多い傾向ですが、
この考察を以下に書いてみます。

いつから鍼灸治療をはじめるのがベストな時期ですか?
患者さん自身がそれほど悩んでいない場合は、腰痛治療などの
ついでにそろそろ子供が欲しい〜などということで
以前は腰痛とおまけで不妊などを同時に治療するケースの
不妊症治療が多かった気がします。
その当時は非常に妊娠の成功率も高かったです。

それがだんだん時間がたち、強く子供を欲しいと思われてきた
場合、強いストレスを受けていきますので、
逆にプレッシャーも増えてきて妊娠率がおちます。
東洋医学的にはストレスは肝の気滞としています。
気血のめぐりが慢性的に悪いため妊娠は難しくなるのです。
ですので本当はそろそろ子供が欲しいかなと思われますときが
治療を開始するベストな時期
となるのです。

西洋医学的に不妊の明らかな原因が分かっているケースでは?
西洋医学的に異常(卵巣・子宮・卵管・ホルモン値)がある場合は
妊娠までの時間がかかる事が多いです。
東洋医学的にいえば、異常なしの場合は冷えなどの体質改善のみで
いいのですが、器質的異常(西洋医学で病名がある場合を
意味します)がある場合は西洋医学をせずに鍼灸のみでは
妊娠が難しいケースが多いです。
西洋的治療を中心に鍼灸を併用されますのが基本だと思います。
また東洋医学でも鍼だけでは難しく漢方薬との組みあわせや、
ご主人さんの協力も強くすすめております。
東洋医学でいいますとこの悪血や痰湿や水毒のように
実症体質もあるけど、体質が弱いという悪循環の方が多いです。

最近は夫側にも問題がある場合が増えております。
男性側に問題があるケースもあります。
普通は西洋検査のみで判断しますが、西洋検査で精子や
EDなどの異常がなくても、東洋医学的に異常があると
思われることもあります。
例えば体質的に冷え症があったり腎気不足であったりです。
ですので本当は男性側も日常生活の節制やお灸などを
されたたほうがいいと当院では思っています。
もしご主人に理解がある場合は、もちろん妊娠がしやすいですし
ぜひご主人の鍼灸治療もいっしょに開始してみてください。
とくに夫側の治療をすることでよい精子がつくられ、
妊娠への結果が良かったのではと思われるケースもありました。

体外受精をしても結果が出ない場合は?
最後に体外受精をしているのに結果がでないというお話を
よく聞きます。
体質的に非常に弱く病気がちであったりパワーが出ないかたです。
貧血や低血圧など痩せ型。逆に、肥っている方にも多く、
血液をたくさん作り出せない、送り出せないという方。
生理不順を筆頭に生理痛がひどい方も多く、
悪化していくと無月経までに陥ります。
この場合は東洋的に虚という形になることが多く、舌が大きく
歯痕という歯の形が舌の側面についていたり
冷え性が慢性的でむくみなども強く胃腸障害も多くに見られます。
胃下垂である場合も多いです。
またさらに慢性化して不育症にもなられている方が
多いような気がします。


不妊症に対する三陰交のお灸の紹介です。

自宅で毎日三陰交のお灸をされる方用の
説明動画をいれておきました。
ぜひこれを見て参考にしてください。
ただし火傷にはくれぐれも注意してくださいね。

患者さんからのメールから治療の流れを紹介します

1、まずは妊娠までの道のりが大事
0000です。暑い日が続きますがお元気ですか。
ご報告が遅くなったのですがおかげさまで妊娠に至る事が
できました。今まで出血が続き不安な日々でほとんど
横になっていた状態でしたが、ようやく出血もおさまりどうにか
三ヶ月を迎える事ができました。先生に治療していただき体調も
良くなりましたし、色々と相談にのっていただいたのは
とても心強かったです。先生は大変だったでしょうけど。
本当にお世話になりました。このまま順調にと願っています。
また安産灸などご指導いただけたらと思っています。
妊娠したら次の段階の指導しますと言っていただき
お言葉に甘えてメールしてしまいました。
一言お礼も申し上げたくて。
今後共ご指導よろしくお願い致します。

院長考察
私が考える不妊治療のポイントはまずは鍼灸治療によって
良い生理状態を作ることです。そういう状態が始まり
2ヶ月から6ヶ月の間に妊娠率が高まると推測しています。
良い生理状態を作る方法は鍼や灸だけにこだわらなくても良いです。
例えばエアロビクスなどをして骨盤の循環をよくしたり、漢方薬を
使ったり西洋医学をしたり・・・なんでもいいわけです。
当院では次回の生理がくるまでに良い生理状態がくるように
治療をして良い生理がくればあとは卵の動きがよくなるようにとか
骨盤内の循環がよくなるような治療に変更します。
その次に妊娠してから順調に育つようにお母さんの体質改善が
必要です。体質改善には整体、骨盤矯正をおこないます。
特に漢方と鍼灸と骨盤矯正の組合せは確実な
体質改善ができますので強くすすめています。


2、妊娠してから3ヶ月までの道のり(不育症の改善にも)



妊娠反応陽性後の過ごし方

先生お元気ですか。000です。おかげ様で7ヶ月を迎えました。
安産灸のご指導を受けようと思いつつ、暑さで身体がだるく
なかなか外出が出来ない状態でした。
涼しくなったので近いうちに伺いたいと思っています。

院長考察

まずは流産予防が大事です。
私的には妊娠する前からの体作りが大事だと考えていますので
当院でおこなう不妊症の治療とは妊娠させるだけでなく妊娠して
から流産しないようにというのが1番の目的であるといえます。
治療としては妊娠前における鍼灸+漢方+骨盤矯正による
体質改善になります。

不育症の患者さんから強い希望があり、妊娠前からすでに
当院にて治療をしていた方だけに限って
出産まで治療をするケースもあります。

最近では何人かの妊婦さんを継続してみておりますが
皆さん良好な状態を保てています。自律神経が乱れやすい方には
妊娠後も鍼灸は非常に有効な手段なんだなと実感しております。


流産予防として大事なことを下に書いてみます。

1、足の冷え 
特に湿り気が強い冷えは、悪い冷えのタイプになるので
ご注意ください。
足湯 足指まわし 厚めの5本指簿靴下をはく、
足裏カイロなどが有効です

2、食養生
食事は栄養科の高くて消化吸収も早くて温かいものを。
果物や生野菜など身体を冷やす食べ物は少なめで、温野菜
スープ系 土の中の食べ物(茎根っこ系)黒系のものなどを
多くとるなどがおすすめです。 

3、首肩こりの除去  
やはり首肩周りは少しは動いたほうがいいです 
無理しないように。

4、 リラックス・比較的安静(院長最重要ポイント)
1日1回は胎教の目的で好きなことをリラックスできるように、
好きな音楽やアロマテラピーなどはいかがでしょうか?
私は入浴剤などもいいのではとおすすめしています。

3、3ヶ月〜安産への道のり

安定後もつわりや腰痛や自律神経症状や原因不明の症状で
お困りの方も多いものです。
よだれづわり・肋骨や肩腰の痛み・足裏の痛み・
異常なむくみなど症状は多様です。

基本的に治療法は一般の方と同じですが刺激は少なめにしています。
当院では主に首や肩こり腰痛の方が多く軽く鍼をして遠赤外線で
温めることが多いです。
また足のむくみなどは、しっかりと温灸をして
リラックスもかねた施術をしています。

つわりなど非常に苦しむかと思いますが、ぜひ東洋医学を利用して
すこしでも症状が改善されることをお祈りします。



さて最後に安産に向けてです。

000先生

ご無沙汰しております。000です。
その節はお世話になりました。
ご報告が遅くなりましたがH17.00.00に無事男の子を
出産致しました。そちらに通院しはじめは、お腹の状態が良くないと
言われていましたが妊娠前にはお腹の状態も良くなり
「良いお腹です」と言ってもらった事でとても安心でした。
やはり不妊と言う問題は精神的にも辛いもので、なかなか人に相談
できるものではないし、そう理解してもらえるものでもありません。

そのなかで、そちらに通院し体調を見て頂きアドバイスをもらえた
事は大変心強かったです。ありがとうございました。


さて安産にするには私の場合は三陰交のお灸を指示しています。
途中で逆子であるなら至陰のツボもそれに加えますがまず三陰交だけでも十分です。
30週を過ぎたあたりで三陰交に毎日お灸をしていきます。
それまでは2〜3日に1回程度で十分です。
そして出産までに回数を増やしていきます。
1日4〜5回のお灸を1回につき2〜3個します。
そうすると予定日よりはやくに生まれて安産になるという感じです。
安産灸といわれます。

安産のお灸はあまりおこなわれていないようですが確実に効果を
期待できますので知っていて損はないと思います。
ぜひ
安産灸に興味のあります場合はご指導しますのでお問い合わせください。
もちろんですが逆子もお灸がよく効きます。
うちの妻も2回出産で1度逆子でしたが、
お灸で無事戻った経験があります。
逆子治療は26週〜28週など早期が理想。




4、出産後・・・
産後・育児のお母さんの治療、
生まれてきた赤ちゃんのカンムシの治療。


多くの場合妊娠産後を通して骨盤がゆがみます。
また、そのゆがんだ状態のまま育児がはじまるので
ゆがみが強くなったり筋肉が硬直していきます。
それによる手の腱鞘炎や肩こりや腰痛や膝の痛みが
非常に多く見られます。いえるのはみんな運動不足であることです。
育児で大変で自分の時間が持てず、美容院ですらなかなか行けない。
旦那さんの協力も少なければさらに病状はすすみます。
またそのストレスはお子さんにもうつりまして、
お子さんのカンムシもさらに強くなることでしょう。

つまりお母さんの体が不調ですと、まず子供さんも不調になります。
もちろんですがその逆もあります。これはいわゆる悪循環状態です。

まずお母さんの治療が必要です。
お母さんのストレスが多ければ良い育児はできません。
お母さんの症状が治ったら、子供さんのカンムシもずいぶんと
弱くなることに気づかれると思います。
ですので子供さんのカンムシを治す前にお母さんの症状を治さないといけないのですね。

筋肉を緩めて骨盤を整えることで肩こり腰痛だけでなく腹部の悪血の
循環も良くなり、それによってホルモンも良くなるので
是非お勧めします。
特に帝王切開されているお母さんは必要です。


おもに授乳による肩こり・腰痛・腱鞘炎の場合は
早期にお知らせ下さい。




患者様からの連絡
1、不妊症


【患者様からのお声】
■ある日膝をぶつけて、長時間椅子に座って立つ時に股関節の辺りに激痛が走り痛みに耐えていた頃、
娘からの紹介で、鍼を勧められ通い始めました。始めは、半信半疑で通っていましたが、回数を重ねるごとに
痛みが和らぎ、とても楽になり、鍼灸の素晴らしさを実感しています。

それと同時に何より母として喜ばしい事は、、、娘が不妊治療でお世話になり、体外受精でしたが5回程通って
妊娠する事が出来ました。娘は鍼治療だけでなく、自宅で出来る事なども教えてもらっていました。
先生には娘共々感謝しています。 ありがとうございました。


広島で針灸による不妊の治療なら





不妊治療・不育症でお悩みの患者様からの喜びの声は
他にも多数頂いております。詳しくはこちら




不妊症に対する体質改善とは


1、東洋医学の不妊治療はまずは妊娠しやすい
身体をつくるものです。

体質作りは通常は治療回数は週1回程度、
治療期間は2〜6ヶ月間が目安です。


西洋医学的に夫婦ともに問題がないにもかかわらず、どうしても
妊娠しない場合や、何年も西洋医学による不妊治療を続けているのに
いっこうに成果が現れない時など。そういう場合はぜひ
東洋医学による治療を受けてみられることをおすすめします。

西洋医学とは違う方面から考える事で、妊娠への可能性を
探していきます。当然ですがまだ不妊症とはいわれていなくても
子供が欲しいと感じた場合はできるだけはやくに東洋医学による
考え方を学んでいかれてたほうがよろしいかと思います。

西洋医学では、不妊で大事なことは受精卵が着床しない事で
子宮にその原因を求めます。
病巣部分の切除やホルモン調整などを行いますが
東洋医学では子宮だけに原因を求めません。
脾胃の運化が悪く子宮に栄養が届かないとか、冷えで血行が悪く
子宮の動きが悪くなるとか、原因を探りその体質をよくするように
治療がすすめられます。体質をよくすることで全身状態をよくし
全身がよくなれば子宮にもよいだろうとの考え方になります。

東洋医学でいう健康状態とは気血水が滞りなく流れている状態を
指します。
「気」はエネルギーのようなもので、少なければ疲れやすくなったり
滞ればイライラしたりします。
「血」は生理状態を整えます。少なかったら貧血などがおこったり
滞れば生理痛も激しくなります。ひどい場合は生理が何ヶ月も
来ないという現象を生むことも。
「水」は新陳代謝をよくするもので、滞ればむくみにつながり
冷えなどを受けやすい原因を作ります。ひどい場合はホルモン異常を
起こし自律神経失調症につながります。

当院では一般的な不妊治療に加えて一番大事にしているのは良い
お腹を作る事です。硬かったりつっぱっていたり冷たいお腹では
子宮周辺の循環が悪くなります。
西洋薬やホルモン剤などを長期的にとっている場合ほどお腹が硬く
なる傾向があるのでまずはお腹を柔らかくする事からはじめます。
当院では鍼治療のほかにも自宅での温灸を指導しています。
温灸に興味のある方は意外に多いのですが、「鍼は怖いから
鍼灸院にはいけない」とメールなどで質問される事が多くあります。
当院では鍼が嫌いな場合、あてるだけの「てい鍼」や温灸のみで

治療することもあります。
また女性鍼灸師が対応することも可能です。

今までも当院で温灸を指導して妊娠したケースは非常に多く
温灸治療が不妊治療に
ある一定の効果があると
今までの経験的に非常に高く感じています。
ぜひ自宅で温灸をしてみませんか?温灸の場合は
広島県外からの来院も可能ですし。
遠方の方でも最低でも月に1回程度の来院でも
治療は可能です。ぜひおすすめです。


治療以外で感じる事は、かなりの人が
追い詰められているという事です。
精神的にそういう状態は、当然妊娠しにくい状態でもありますので
あまり考えすぎない事も妊娠への早道
になるでしょう。
西洋医学と鍼灸を併用する事で確実に率はあがりますので
できるだけリラックスし、あまり追い詰められないようにした
日常生活を送られることをおすすめします。
そのほうがさらに温灸も効果を発揮するものと思われます。
鍼灸や東洋医学の治療はそういう精神的ポイントに
よく効果を発揮することも多いです。


一般的な不妊治療法について

まずは問診をして脈や舌を見て東洋医学的診断をおこないます。

1、手足の要穴に痛くないよう針をします。そして三陰交などに温灸です。
  温熱刺激を足かお腹に。

2、うつ伏せで腰から仙骨のツボに痛くないよう針を打ちます。
  温熱刺激を足か腰に。

3、必要がある場合には肩こり調整や骨盤調整をします。
 骨盤を整えるのを当院では大事にしています。
 骨盤を整えると便秘など改善しふっくらお腹を作りやすくなります。

4、自宅でお灸をしたい方には温灸をするツボである三陰交に灸点をつけます。

5、最後に生活指導をおこないます。冷え、考え、骨盤に良い運動、
ふっくらお腹作りなどなど・・・

6、針治療以外にも必要があれば漢方蒸し・自宅灸指導も併用します。

7,卵子の動きを良くするために・・・
体質作りが完成したらようやく妊娠への治療を併用しておこないます。
だいたい1〜2ヶ月くらいがんばってやってもらい良い生理がきてから
この治療も加えます。


最後に・・・

不妊症の治療はそれほど強く妊娠を望んでなく軽い気持ちではじめるなら月に1度のみの治療でけっこうです。体質作りを中心に排卵日にあわせて指導したツボにお灸をしていってもらえば良いです。
不妊で悩んでいる患者さんは体質作りに週1で5回程度通っていただき自分である程度コントロールをできると判断した時点で
排卵日にあわせたお灸治療を開始します。
その場合は月に1〜2回のみでけっこうです。

ただし患者さんによっては長年の不摂生で体質がすぐに崩れる方も
いらっしゃいますのでその方は週1で治療を続けていきながら骨盤整体も併用します。基本的には治療回数はできるだけ少なくしています。これは患者さんのやる気と自覚を促すためにも有効で針に依存しない方法でもあります。

結論からいえば鍼灸による不妊治療とは妊娠しやすい体質作りであり
日常生活を正していきリズム良く毎日を過ごさせることが大事といえます。妊娠させる治療ではないと当院では考えています。

妊娠しやすい体質作りが当院の不妊症に対する考え方です。





トップ

フォームからのご予約は前日までに、直前の場合はお電話か
携帯メール同士でsyoukakudou@ezweb.ne.jpまで
おねがいします。
フォームから送信できない場合は
syoukakudou@y9.dion.ne.jpまでメールしてください。



俳優の窪塚洋介さん
多数の有名人来院

トップ
同業の鍼灸師がすすめる
鍼灸に通いたいですか?

医師・病院からの推薦も


トップ
日本人で初めて会員認定
中国上海から表彰鍼灸院
本場中国直伝の技術


トップ
広島の患者様喜びの声集





















3つの最新記事
トップ

トップ



広島県×鍼灸
広島県×整体
 広島県×マッサージ
2017年2月時点
全部門第1位獲得