五十肩・四十肩の肩の痛みの鍼灸治療|広島の鍼灸整体院   English





どうして五十肩といわれてすぐに良くなる
ことをあきらめていたのに、1度の治療で改善
するケースが何度も普通におこってしまうのか?
当院は五十肩からおこる痛みやしびれに対して
の治療を専門とする治療院です。




四十肩・五十肩の鍼灸整体治療


五十肩には積極的な鍼灸治療が必要になります

肩が痛くて、すぐに治るかなと思っていたらだんだん肩が
あがらなくなったり、服の着脱や、物を持ったりするときに
肩がずきっとするのは五十肩になっているかもしれません。

醜くなるとじっとしていてもズキズキうずきますし、
寝ることもできないくらいにまでなる方もいる怖い症状です。


特に筋肉が固まってスジばって肩が上がらないというやつは
早急に鍼をして関節が固まるのを防がなければなりません。
またひどい激痛の場合には頚椎症でおこなわれる鍼麻酔も使うこと
でまずどんなタイプの五十肩でも対応可能です。50肩には
針灸治療をまずは試しましょう。

はじめのうちは筋肉や腱の問題なので早期に回復しますが
だんだんひどくなり関節に問題が及んでくると、固まってきて
1度固まってしまえばそれをはがすのは至難の業で3ヶ月以上
の療養とリハビリ+針治療が必要で非常に苦しみます。
よくほっといたら1年で治るからとかいいますが、
必ず1年で治る保障もないですしまた痛みは取れたが肩が
上がらなくなったという話もよく聞きます。

それは治ったといえるのでしょうか?
痛みが消えても動かなくなるのは治っていないと考えたほうがいいでしょう。

確かに針治療は硬くなった筋肉に針をしっかり打ち込むので
治療中はある程度の痛みを伴いますが・・・
痛いといいましても注射のような感じでなく、ずしんと
重い響きですので普通に我慢はできる範囲内です。

ただし敏感な患者さんも多くおられるのは事実そのあたりの
刺激の調節が鍵になるので過敏な方もご安心くださいね。


当院は四十肩・五十肩に自信をもっております。



五十肩の針治療とは?
五十肩とは別名肩関節周囲炎とも呼ばれていますが
ほとんどのかたはそういう病名は知らないでしょう。
どうして五十肩と呼ばれるようになったかですが平均して
50代前後に多く発症するからといわれております。

ですので20代であれ80代であれ50肩と言います。
スマホの影響か最近は肩の痛みが若年化してきたなと感じます。
20代の人に五十肩ですよというとショックを受けるので
40代前半までは当院では腱鞘炎とか肩関節周囲炎と
言いますがようは同じなのです。最近では四十肩とも言います。
症状としては肩が痛い、腕を上げれないという
感じで急性期は夜の痛みまでもでます。
でもたいていは何ヶ月かしたら自然に治るといわれているの
ですが10年以上も痛いという
方もいますのでほっておかずに早期の治療が必要となります。
まずは痛みを半分にすることが大事で、そうしておけば悪化は防げれます。


治療をまったくせずともほっておいても治る場合もありますが、
1〜2割の人はほっておくと確実に悪化しますので厄介です。
悪化すれば鎮痛薬もきかないので当院でも3回で治るといえなく
治療も10回程度かかりますので
なかなか患者さんの気力体力も続かず患者さん自身が
途中で治すのを断念します。
ですので悪化するまえに治されることをまずはおすすめします。

急性期では痛みが強く筋肉も痙攣しているので炎症が強く
病院にいっても安静と痛み止めを指示されますが実は
この時期に針治療をしたほうが良いのです。
病院で針治療をしたいといっても反対されるでしょうが実
はこの時期での治療がポイントです。
早期治療が早期回復につながります。
理由としてはこのまま放置しても痛みはとれていくのですが
安静にして動かさないから関節が固まり拘縮します。
逆に病院で動かしなさいと指示されて悪化したりする人もいて厄介です。
慢性の時期の治療でも効果はありますがやはり治るまで時間がかかります。
急性の痛いときはただの筋痙攣ですから筋の治療をすれば
拘縮せずにすむからです。

50代あたりでは筋肉も萎縮し関節も硬くなってきます。
ですが気持ちは若いままで身体の手入れなどせず
使いっぱなしにしていると肩関節自体不安定となり
骨と骨が衝突したり骨と筋肉が引っ付くところで摩擦がおきます。
それで肩関節に炎症が起こります。

ですので急性期で一番大事なのは動かさないで安静に
することにより関節の炎症を少なくすることなのですが
ほっておいたら拘縮するから悪くなった筋肉・関節へ針を打ち
早期に痙攣をとく必要がでてくるのです。そうしておけば肩が
上がらないということはなくなります。急性期では安静と
針治療を併用することでまずはすごい痛みは軽減していくでしょう。

まったく薬が効かないような慢性期になると少し話が変わります。
すでに痛みの悪循環が形成されていますからそれを破壊する
のに最低5〜6回かかります。そして痛みをとるのに5〜6回
やりという感じです。動くまでにはさらに治療が必要です。
慢性期でも薬で効果があるパターンは軽いので2〜3回で
治ることもあります。薬が効くかどうかが治療のポイントになります。
いわゆる悪循環があるかどうかがわかります。



わりかし激痛の急性期の五十肩に対する鍼治療について

急性期では筋肉の痙攣による炎症によってスタートしています。
ではどの筋肉が痙攣をおこすかですが・・・だいたい2つにしぼられます。
腕の力こぶができる三角筋・上腕2頭筋か、肩の中に
ある腱板と呼ばれる筋肉群です。三角筋のほうはある程度の
はっきりした原因・症状があるので治療しやすいのですが
腱板の方は年零による変化によるものが多いのですが
前触れもなく急に痛くなるのでびっくりします。
とくに石灰が沈着している場合は激痛をともないます。
痛みが強いため早急に専門医にて診察を受け石灰に
よるものがあるかどうかはみてもらうべきです。

上腕2頭筋によるもの、腱板によるもの筋肉の場所は
違いますが治療方針は同じになります。まずは筋肉に
鍼を打ち込み筋を和らげて疼痛を緩和することです。
痛みが強い場合は通電をしたりお灸を加えるケースもあります。
またアルコールの飲み過ぎや冷えなども関係するケース
もありそちらの治療も必要となる場合もあります。


痛みが少ないが動きの悪い慢性期の五十肩の鍼治療について

急性期では該当する筋肉へしっかり鍼を打つだけで
治っていくのですが慢性期にはいるとそうはいきません。
ただ鍼を打つ程度ならすぐにぶりかえしてきます。
ですので鍼を打ってからどうリハビリしていくか・・・
鍼を打ってからさらにお灸もしっかりして根元を治していくか・・・
鍼通電を行うことで一気に回復するケースもあるし・・・
強めの鎮痛の穴を使うか?・・・
つまり悪循環になっていますので単純にはいきません。
治療も週1回を1〜2ヶ月くらいはかかるものと考えなければなりません。

慢性期では痛みが主というより運動制限が主となります。
急性期にしっかりとした治療を受けていないで放置していた
場合何ヶ月かたった後痛みはとれたが肩があがらなくなったという事があります。
痛いのであがらないということなら痛みをとればいいのですが
痛くはないがあがらないというものは少し厄介になります。
治療の基本は針をして、そして関節周囲を緩めた後自宅にて動かしていくことです。
繰り返しおこなうことでゆっくりと肩の動きがよくなってきます。
ただリハビリをしすぎると痛みが悪化する時もありその
場合は安静にしてもらいます。




肘、指、手首の痛み、
手にかけての痺れ感、ばね指の治療



これらの場所はかなりの確率で慢性に至ります。
それは患者側もたかが指と思っていますし私達治療者側も
そう感じなかなか積極的な治療をしないことが多いからです。

ですがされど指です。慢性化にいたるにつれて痛みだけでなく
動かしにくくなります。そうなってから慌てだしますがなかなか
バネ指まで悪化するとこちらの治療も大変になります。
できればバネ指まで進行する前の状態いわゆる腱鞘炎の時に
治療を受けていただくと助かります。

また捻挫の後遺症もなかなか大変ですが鍼が有効です。

手の痺れは鍼と灸の併用両方が効果的です。
手の痺れはおもに手の内側側に問題がありますのでそこに針をします。

腱鞘炎は断然に子育て中のお母さんによく見られます。
この場合は単に使いすぎですぐになおるので、早期におすすめです。
また楽器(特にピアノやギター)をされている方や料理人の方など
職業病でも多くあります。しっかりと鍼を打ちリハビリをしてしっかり
治されることをおすすめします。こちらから針と併用して
おこなっていただくためリハビリ病院を紹介するケースもあります。

もちろん事務作業で紙をめくるような仕事にも多いですね。


これらの指の治療で大事なのは・・・
しっかりと該当する部分とその部分と関連しているで
あろう筋肉群に上手に針を打つことであります。
また指と関係するポイントとして肘あたりと肩ビキと
いわれる肩甲骨間が悪いケースがあります。
そのあたりのコリを上手にとっておかないと再発する
のでしっかり鍼をうっておくべきです。
また局所部分にはチクッとするようなお灸やシール針
も有効になります。肩コリをしっかりとっておくのももちろん
大事ですし姿勢が悪い場合は骨盤調整も必要でしょう。
たかが指といえ診ないといけないポイントは広いので
なかなか自然には治らないですよね。
ですので手術しても再発するケースが多いんだと思います。


患者様の声

>暑中お見舞い申し上げます。
>たいへんご無沙汰してお礼を申し遅れてしまい失礼致しました。
昨年11月に、兄、0000の紹介で治療して頂き、また、
00先生をご紹介頂きました。
岩崎先生の治療でとても効果があり、帰京して12月に
一週間毎に4回 00先
>生の治療を受けた頃には痛みが治まりました。
とりあえず1月、2月と治療を受けましたが、半年間悩まされ
続けた五十肩の痛みから岩崎先生の治療後、
ほぼ一ヶ月で解放され驚きと共に感謝の気持ちで一杯です。
ご紹介頂きました00先生も本当に丁寧に治療して下さる
とても真面目な先生で、こちらでも良い先生に出会えて感謝致しております。
本当にありがとうございました。お礼がたいへん
遅れてしまいましたことを、重ねてお詫び申し上げます。
時節柄、どうかご自愛くださいませ。



肩2

松鶴堂様


9月24・25日に左肩の50肩で治療をして頂いた福岡の000です。

簡単に経過報告をさせて頂きます。

治療後1週間ほどは、重だるい感じがしていました。先生の1週間後に効く
様に鍼を打ったとのお話通り、丁度1週間時点では痛みも消え、肩の稼動範囲
も治療前に比べて驚く程広くなりました。

現在、2週間が経過し、リハビリを続けています。といっても、ネット等で調べ
た運動に自己流のアレンジしたものですが。1日2〜3回に分けて続けています
が、少しづつ稼動範囲が広がっている感触があります。

先生に福岡の鍼灸院も紹介頂きましたし、体調と相談しながらしばらくは気長に
リハビリを続けていくつもりです。

本当にお世話になりました。

肩3

以前(2003年)左肩関節症でお世話になり お蔭様で1度でよくなりました。
時々まだ痛みが出ますが 慢性期には肩を鍛えるとのアドバイスで 
うまくコントロール出来る様になりました、感謝しております。

今回のぎっくり腰(右側)も数日前のストレッチで腰曲げた時にギクッと
痛くなっていたのがこれもまた1度で治りありがたいかぎりです。

痛みが出たら松鶴堂と私の中ではあります。

福山と遠方ですのでたびたび通えませんが

またよろしくお願いします。

腱鞘炎1
いつもお世話になっております。患者の0000です。
先日は、お正月明けのお忙しい時にもかかわらず、
00の診療をしていただき、本当にありがとうございます。
00の方は、おかげ様で、ほとんど痛みが消えたそうです。
昨年の00月中頃に痛めて、最初はすぐに治ると思って放っておきましたが、
治るどころかだんだん痛みがひどくなり、年末に整形外科へ行きました。
すると、レントゲンを撮って、骨に異常がないので、
そのうち治るだろうと言われたそうです。
しかし、年が明けても痛みはひどくなるばかり…。
私が先生の鍼治療をすすめました。
夫も、先生だったら痛みを取ってくださるかもしれないと思い、
藁をもすがる思いで受診しました。
すると、本当に痛みがほとんどなくなり、 車や自転車の運転にも差し支えなくなりました。
こんな事なら、初めから先生の所へ行けばよかったと言っていました。
趣味の000にまた000るので、心から感謝しています。
私の方は、頭痛や首がつる症状はなくなりましたが、
しもやけも、よくなってきました。 (今週はとても寒いですが、しもやけは大丈夫です)
診療を受けた後、一日中体がポカポカしていて、 内臓の調子が良いように感じました。
私の場合、色々な体の不調は、冷えから来ているのかな? という気がしてきました。
また来月、時間が取れたら、受診したいと思います。
本当に、いつもありがとうございます。
先生も、毎日患者さんの治療にお忙しいことと思いますが、 お体にお気をつけてください。

このほかにも四十肩・五十肩・ばね指の患者様より
たくさんの喜びの声を頂いております。詳しくはこちら




患者様からの報告

1、頚椎ヘルニア、五十肩

【患者様からのお声】
■病院で治療をしていましたが、改善されなかったのでお世話になりました。
まだ、2回の通院ですが明らかに痛みが軽減されています。
鍼は初めてでしたが、違和感もなく気持ちよく施術していただいております。
今後も通院は続きますが、この調子で完治してくれたら本当にありがたく思います。

広島の針による頚椎ヘルニア、五十肩の治療なら


2、手の痺れ、四十肩

【患者様からのお声】
■追突され、首のヘルニアになり病院へ通っても整体へ通っても全く良くならず、
しびれから握力も低下し生活に支障が出るほど悪くなっていた頃、知人から紹介して
もらい通わせてもらっています。今では握力も最低だった数値から倍にまで回復し大変
良くなってきています。いつもありがとうございます。

広島の針による五十肩、手のシビれの治療なら


■広島駅の北口から近くにあるので交通の便は良いと思います。
ビルの中にひっそりとある隠れ家のような鍼灸院ですが、施術はとても良いです。

長年肩凝りに悩まれていて、頭痛やしびれなど、我慢できなくなると、最終手段でいつも
利用させていただいてます。最初は、鍼治療に対して恐怖心がありましたが、岩崎先生は
手際よく鍼を打ってくれるので痛みもないし、途中で寝てしまうくらいです。
その日から身体が楽になりますが、翌日は更に身体が楽になります。

広島の鍼灸による四十肩、手がしびれる症状の治療なら


3、胸郭出口症候群、五十肩

【患者様からのお声】
■とても腕がいい先生です。胸郭出口症候群で治療をしてもらい始めましたが、今では、
生活に支障がないほどにすっかり元気にしていただきました。色々な不調に対し、親身に
なって相談に乗ってくださり、適切な治療とアドバイスを下さいます。経験が豊富なところも
信頼できます。今では、夫婦で定期的にお世話になっています。

広島で鍼灸による胸郭出口症候群、五十肩の治療なら



当院では中国留学者の鍼灸治療経験深い男性院長の治療
をおこないますので、必ずご希望の方は院長の指名にて
治療をお受けください。中国と日本で学んだ鍼灸治療は肩に
対しても鍼灸整体治療により悪化を防ぎジワジワと回復する治療を、
状態によっては西洋医学と併用することで症状の緩和を狙います。
是非お悩みの方は院長による鍼灸治療をお試しください。
また自宅でのお灸治療に興味のある方は自宅灸をお教えします。
慢性的な原因に関しては当院連携先の医院で漢方の併用も
おすすめします。漢方・鍼灸ともじわじわと続けることで以前と
比べて体調がよくなるというケースが増えておりますので
ぜひおすすめします。



どうしても鍼治療が怖い方はどうするべきですか?

まずはしっかり問診を取るのですが、
私は間違いなく鍼がダメ、前に余計に悪くなったとかのトラウマ
あのチク感がダメ、ツボにあたっときの痺れる感じもいや、
という方は10人来ましたら1人はきます。
それでも当院の院長は長年の実績からその方にあった刺激を
みつけて完治まで持っていくことがほとんどです。
院長曰く敏感な方ほど早く治るようです。

でもそういう問題ではなく、いくら注意をして治療をしてもらった
としてもぜったいチク感はいや、という強い不安感がいる方が
いましたらそれはそれで鍼の不適応にあたる可能性が
高くなります。可能性で言えばうちに来る患者さんの
30人に1人くらいかな?と想像していますがもう少し多いかも
しれませんし少ないかもしれません。

さて本当にそういう状態であれば鍼をしない方がいいと言えます。
その場合は整体マッサージという手技だけのコースをご用意しております。
皮膚が敏感なので刺さなくても手技だけで効いたりする方が多いのです。
当院独自の整体マッサージも非常に効果的だったりもします。

鍼灸は絶対嫌だけど整体マッサージなら行ってみたいという方は
是非お知らせくださいね。ご予約の際に整体のみでとお知らせくださいね。





最後に・・・

当院では五十肩治療を開業当初から専門領域に決め
ましてすでに20年以上がすぎました。開業当初は結果を求めすぎて
強い刺激にての治療が多かったように思えます。

逆に若さか即効的治癒率も高かったような気がしております。
当時は太い中国針を多用していましてかなり効果はありましたが
その分効果がでなかったことも多かったように思います。

現在は修正に修正を重ねて改良をかさねできるだけ痛くなく弱い
刺激で早く的確に治すように心がけるように
なりました。
即効を求めすぎて1〜2度で治すことは以前に比べて逆に減り
ましたが確実に3回目以上の統計を見ると以前よりは効果率は
確実に毎年あがっています。5回以上来院されました統計では
さらにはっきりとした効果がでています。
患者さんも五十肩が治ったと、驚くことが多いほどです。

治療家としては即効で治そうとする姿勢が大事なのはもちろん
ですがさらに大事なのは患者さんの状態をよく把握しそのかたに
あった治療法や治療期間を考えることも大事だと思うのです。
治療家と患者さんがすこし力を抜きどちらとも余裕をもって
治療をおこなうことで治療効果もあがるんだということが
経験をつむことで20年以上たってわかりました。

今回縁がありまして平成20年の正月にて北京・天津にて
五十肩の研修をうけにいったのですが五十肩に
関しては中国の有名な鍼灸病院でさえもすでに学ぶべき所は
なくなっていました・・・自分の技術はすでに人から教えてもらう
というよりすでに伝えていく段階にはいったのかもしれません。
ただ自分にとって五十肩治療は生涯にわたる永遠のテーマ
であることに変わりはなく患者さんに喜んでいただけますよう
さらに日々臨床を深めていきたいと思っています。








【患者様からいただきました声】
広島だけでなく県外からの患者様も多く来院されている治療院です。
詳しくは下をクリックしていただき口コミサイトのエキテンさんをごらんください〜。
喜びの声  

芸能人の写真
著名な芸能人の方やプロスポーツ選手やモデルさんや医師も来院

松鶴堂鍼灸治療院広島本院の口コミをもっと見る


患者さん画像患者さん画像







フォームからのご予約は前日までに、直前の場合はお電話か
携帯メール同士でsyoukakudou@ezweb.ne.jpまで
おねがいします
フォームから送信できない場合は
syoukakudou@y9.dion.ne.jpまでメールしてください。








俳優の窪塚洋介さん
多数の有名人来院

トップ
同業の鍼灸師がすすめる
鍼灸に通いたいですか?

医師・病院からの推薦も


トップ
日本人で初めて会員認定
中国上海から表彰鍼灸院
本場中国直伝の技術


トップ
広島の患者様喜びの声集





















3つの最新記事
トップ

トップ




広島県×鍼灸
広島県×整体
 広島県×マッサージ
2017年2月時点
全部門第1位獲得