網膜色素変性症・加齢性黄斑変性症・脈絡膜新生血管・緑内障の治療について|広島市の松鶴堂鍼灸整体院  English


どうして当院の眼科鍼灸は、どんどん悪化していく難病の眼科疾患
でさえ、改善していく可能性をもつ治療法なのか?ドクターからの
紹介や、全国眼科鍼灸ネットワークでも推奨されている治療法と
なりますのでご安心して施術をお受けください。




日本ではほとんどなじみがありませんが、中国では目の病気に
普通に鍼治療をしています。網膜色素変性症や加齢性黄班変性症に
鍼灸は実は非常に有効な手段なのだということは日本ではあまり
知られてないのが残念です。今後の啓蒙活動に力を入れたいです。
当院は愛知の千秋鍼灸院を代表とする全国眼科鍼灸ネットワーク
参加している鍼灸院です。広島県近郊、中国地方、四国地方にて
眼科鍼灸をお探しの方に自信をもって鍼灸治療を行っております。


難治性眼科鍼灸における院長の考え方




眼科疾患において以下のような症状に対応可能です>
黄斑変性症(滲出型・萎縮型)、網膜色素変性症、脈絡膜新生
血管、糖尿病性網膜症、緑内障などの他にも飛蚊症、仮性近視、
斜視、中心性漿液性網脈絡膜症、視神経炎など多くの治療経験
があります。鍼灸治療でこんな病気を扱っているといえばびっくり
されることも多いのですが、普通に効果をだしておりますし結果
もかなりでているのが普通になっております。先日も黄班変性症
の方や脈絡膜新生血管の方が眼科にて改善の診断を受けたり
もしました。下記にてその患者さんの喜びの声を記載しています
のでご参考にください。当院では眼科疾患においてどのような
病名であれ目に効くツボは同じですので、どのような症状であれ
1度お試しいただき、3回ほど受けていただいて効果を判定して
いただけましたらと思っております。効果を確認していただけ
ましたら、始めは週1、のちに2〜3週に1回、安定しましたら月1
にての間隔をおすすめしております。

また他にも仮性近視・弱視など子供の視力低下に対しても、
痛くない刺さない小児鍼を用いて視力の向上にも成功しています。
刺さない鍼である「てい鍼」をつかいできるだけ気持ちよく治療
をしています。

スチュワーデス、自衛隊、パイロットさんなどの目の機能の大事
な職種であって大人でも0.2〜0.3であれば少し視力を上げ
たい方にもおすすめではあります。運転免許更新時も視力強化
で来られます患者さんがおられます。



中国での鍼治療とは・・・

中国上海では積極的に目の病気に鍼治療をおこなっていました。
日本ではまず鍼治療がいいとかという話でさえも聞いた事はない
でしょう。それは日本でこの病気の治療をする鍼灸師が少ない
こともあるでしょう。私が16年前に勤めていました尼崎病院では
そのとき網膜色素変性に鍼灸治療が効くというテレビなどでの
ニュースが広がったことで一時的に何人かの患者さんがきて
いたことを今でも覚えています。

でもそれは県立など大きな病院での鍼灸治療ということでして、
普通の個人の鍼灸院で来院されることはまず少ないことだった
と思います。そういう面でもたくさん学べ救われました。

今に思えば、明治鍼灸大学、尼崎病院、上海中医薬大学と
鍼灸の最高峰にて臨床を学べた経験と知識が今の自分を
作ってもらえたと感謝しています。

基本的に目の難病であり西洋医学での投薬だけや、特別何も
治療しないで様子をみているだけなのであれば、進行を止め
ながら少しづつ良くしていく可能性のある鍼治療を試してみて
はいかがでしょうか?
鍼をしようかどうか悩んでいる方に強くお勧めします。
ただし長期的に通う意思がない方は治療の無駄になるかも
しれませんので最低でも将来的に月1で通える方だけ
おすすめしております。


よく黄班変性の患者さんに聞くのですが病院では特別治療は
しておらずまた様子をみて3ヶ月たったらきてくださいという
感じだそうです。その間に安静のみで何もしていないのであれ
ば、鍼治療を3ヶ月してみて様子をみるのもいいと思います。
基本的に悪化していくのを待つだけというケースもある中で
鍼をすることで視力がアップしたり視野が広がるというケースも
実際にかなり多くみられるからです。
逆に鍼をしてよくならなかったケースはあっても、鍼をすることで
悪化したり副作用があることは私たちが大きなミスでもしない
限り、そういう話は聞いたことがないので強く治療開始を
おすすめします。

針治療をして悪化する可能性をかんがえると・・・

1、特に目の鍼灸に対して治療経験がなくて、本などを見てツボを
  知りただそこに針をしているケース。

いくら鍼治療の経験が豊富な先生であっても、眼科に特化して
いない場合は、目の機能に対しどのように針をすれば効果が
出るのかはわからないケースがあります。
基本的に運動器疾患や内科疾患のどちらかが得意な先生が
多く感じ、眼科に対し経験がある先生は少ないと思ってます。

2、目の周囲に強く針をしたり、深く針をするケース
内出血をしたり、神経を損傷する可能性があります。
神経をショック的に刺激して回復させる方法を聞いたことが
ありますが、いろいろ事故や副作用の話をきくことが
あります。パンダの目ように大きい内出血もです。
当院では危険な施術は絶対しないことを約束します。
それでもって効果的な方法を選択し提供しております。

3、中国や香港での治療を再現してほしい
私の母校でもある上海中医薬大学や香港の眼科専門鍼灸にて
1〜2週間の集中鍼灸治療をしているという話を聞きます。
目のツボに太い針をして電気を流すという方法です。
当院では強く危険性を感じる手法だと思っていますので、
残念ながら再現はできませんが、当院のやり方がかなり効果的
であることは日々の臨床で感じております。


まずは進行を食い止めるという感覚を大事にしています。
あと良いほうの眼を悪くしないということも大事です。
悪いほうの眼をかばうことで良い方も悪くなったり、疲労を感じる
こともありますが、それを防ぐ目的でも当院では両方の目を
治療しております。特に良いほうの眼では眼精疲労を取り除く
治療をイメージしております。眼にかかるさまざまな負担を
減らすことで悪化を防げると日々感じております。
左右のバランスをよくすることでの相乗効果のイメージです。
ですので悪い目だけ見るのでなく両目を見たり、また目以外にも
全体的に診る治療が黄班変性などの場合大事なことなんだろうと
最近強く感じるようになりました。



網膜色素変性症とは視細胞が徐々に障害されていく疾患。視細胞の
中で光の強さを感じる部分である杆体がおもに破壊されます。
症状としてはまずは夜盲で始まり、進行していけば視野が徐々に
おちてきます。黄斑変性症は主に高齢者の失明原因の1つに
なります。黄斑部におこる進行性の疾患であり中心視力低下。
緑内障は眼球内部で産出された液体が外部にでにくくなり眼球内の
圧力(眼圧)が上がることにより視神経が損傷しこれにより視野狭窄
きたす病気。中心性視野狭窄が起こる疾病で進行性である疾患でも
あります。または眼圧は正常なのに視神経が損傷し視野に
欠損がみられる病気です。



網膜色素変性症などの目の病気にも晴明穴で網膜周辺を刺激する
ことによって効果があるという中国での臨床研究報告も多くあります。
当院ではさらにウツブセにて後頭部のツボ(風池、天柱、官骨・・・)にも刺鍼します。

私は上海の曙光病院において眼科への鍼灸の基本的技術を学べまし
たが日本では残念ながらその技術はあまり用いられてないそうです。
ですので私が滞在していた上海でも毎年多くの日本人患者さんが
目の治療に来ていたのに驚いていました。が日本に帰ってみれば
納得で日本人鍼灸師でこの技術を使う方は少ないということを
日本に帰ってからしることになりました。

中国では眼三鍼といいまして三方向から視神経に向けて刺入し
そこに通電をおこなっていました。通電するたびに目と鼻の奥に
刺激が伝わり視神経の循環がよくなるとの事です。
この技術はバセドー病の眼球突出にも有効なようでよく
使われています。私的には通電をしたほうが効果は確かに
高いとは感じてはいますが実際内出血をする確率はかなり
増えますし、また日本では視神経に直接打つというのは
かなり危険性も伴ないますので当院では行っていません。


現在のところ通電したからすごくよくなったという話を聞いて
いませんので当院では通常の置鍼のみにしています。
中国や香港に行っていた患者さんにその刺激について聞くと中国で
鍼をうたれた場合は目の奥にズキンと響いたそうです。
当院の場合はズンと響くという表現をされています。
これは細い鍼を使う事でおこっていると思われます。
どちらが良いかはわかりませんが安全性では血管を
傷つけない細いほうでしょうし短期間で集中して打つ場合は
太いほうが効くかなとは思っています。
でも実際この治療は長期化しますので、それなら細いほうが長く
治療を続ける上で安全ではと思っています。比較していない
ので効果についてはっきりとはいえませんがそれほど差が
あるとは感じていません。中国の最新雑誌をちょくちょく確認
はしていますが通電と置鍼の差については見当たりません。
それどころか深く打つことでの視力減少の事故が目立って
きていますので、やはり私がとった安全な鍼灸治療は
正しかったと感じております。

眼の治療的なポイントでいえば確実にツボにあてるという
ことです。ズンと重く響く反応があれば効果が高くかなりの
期待感もあります。ズンと響くのを極端に嫌うことがなけれ
ばぜひ耐えていただくと良いでしょう。


私がおこなう眼科に対する鍼治療は本場中国の上海で学んだ技術が
主になります。実際留学した2年間においてバセドー病の眼球突出
鍼治療を毎週のように研修させていただきました。おかげで
眼の周囲に鍼を打つという恐怖心はまったくありません。
日本の鍼灸学校ではまず眼部への鍼治療を教えることはありません
のでうちに研修に来た鍼灸学生さんはびっくりされています。
危険性はないのかなどの質問を良く受けますが多少の内出血は
あったとしても技術さえあればまったく危険性がないのです。

基本的に週1〜2回の治療をお願いしています。
子供の仮性近視のみ刺さない鍼を用いて、他の眼科疾患は刺す鍼を
使っています。多くの場合は鍼の効果を実感していただき、
遠方からの来院が多い疾患であります。
今まで多くの患者さんの視力や視野の向上に成功していますので
定期的に来院できますなら遠方からの定期的な来院も
おすすめではあります。

県外の方の場合は、2週に1度はご来院いただきますよう
お願いしております。 当院でおこなう鍼治療はその方の
タイプ合わせて行っております。ですので誰でもご安心して
来ていただけております。
敏感な方には弱めを、大丈夫な方は強めと使い分けることで
さらに効果が出ております。


症例1
今日大学病院での視力検査で0.8と、少し視力が上がって
いました。多少上がっている気がしていました。
半年で0.1くらい上がるのかな、という感じです。
仕事が忙しく毎週は行けませんが、よろしくお願いします。

県外の患者さんのため2週に1度くらいのペースにて治療をして
いますがこの方の場合は効果が上がっています。
すぐに結果があらわれる疾患ではありませんが
続けることでジワジワとよくなっています。
悪化せずジワジワとよくなっていくことが鍼治療の
効果だと感じております。

今日病院で視力測定をしたところ、矯正視力0.9でした。
少しずつ上がっているようです。
次はoo日(日)にoo時に予約お願いしたいです。お世話になります。

このようにはじめはそれほど変化を感じなくてもジワジワと上がる方が
多いです。眼の疾患に鍼はかなり効果的な治療だと実感しています。



当院からの重要なおしらせ

現在当院と協力して連携治療しています愛知の千秋鍼灸院さんでも
多くの良好な症例がたくさんでています。
実際に千秋鍼灸院さんは全国的な鍼灸学会でも黄班変性の
鍼治療を報告されておりますので、鍼治療の科学的な効果に関し
て詳しく知りたい方はぜひ千秋針灸院さんのホームページを
ごらんになることをおすすめします。

私も千秋鍼灸院様には研修に行かせていただき、眼科治療を勉強
させていただきました。研修をしたことで今までよりもさらに
自信をもって治療にあたれるようになりました。
そして今まで学んできた中国の技術とあわせることで、
日々よい治療ができていることを実感しています。

当院ではおもに広島・島根・山口・岡山・鳥取・香川・愛媛の患者
さんを中心に中国四国地方の患者さんに来ていただいており
ますが、それ以外の地域ではできましたらその地域の鍼灸院
様をご紹介させていただければとおもいます。
連携先に関しましては千秋針灸院にて直接お聞きください。
できたら四国・岡山・鳥取においても遠方ですからご紹介できる
ところがあれば良いのですが現在は残念ながら紹介できる所
はないそうです。

また遠方からわざわざお越しの場合は宿泊されての治療や
長めの治療や1日2回治療をおすすめします。
遠方からお越しの場合はその旨を予約時にお告げください。
できるだけ考慮させていただきます。


患者さんからの報告


1、脈絡膜新生血管に対する鍼灸治療報告

【患者様からのお声】
■7年前に突然目の前が真っ白になり1/3は失明に向かうという眼の病気になってしまいました。
これからどうやって生きていこうかと一時は失意のどん底でしたが、こちらにお世話になるようになって視力は徐々に回復し、今は安定し問題なく日常生活をおくれてます。
眼の治療以外にもその時々の身体の不調を診ていただいており本当に助かっております。
眼の治療をしてくださる鍼灸院は数少ないと思われますのでそのような病気で悩んでおられる方には特におすすめしたいと思います。

広島の鍼治療による特発性脈絡膜血管新生の口コミ感想ページ

■松鶴堂鍼灸院様
先日3回目の治療にお伺いしました00県の000と申し
ます。前回は千秋針灸院さんのHPの紹介から治療に
いかせていただきました。私のすんでいます県では
眼科領域に力をいれている鍼灸院がわからず遠方
ですが松鶴堂さんまで足を運んでよかったです
脈絡膜新生血管という病ですがアバスチンと鍼の
併用にて落ちていた視力が治療前は0.1だったのが
0.7まであがりました。
予後が非常に悪い病ですから心配していましたが
少し希望が見えてきました。
千秋鍼灸院さんでよくなる可能性があるのは
わかったのですが、正直不安でいっぱいでしたが
勇気を出してよかったです。まだ治療ははじまった
ばかりですが今後ともよろしくお願いします。


2、視神経に対する鍼治療について

■眼(視神経)の治療のために、広島駅北口側にある「松鶴堂鍼灸治
療院」という鍼灸院で鍼治療をしてもらっています。今日は治療の日。
去年は、眼科での検査でもハッキリと分かる位の回復ぶり
でした。去年の年末当たりからまたさらに回復してきた
感じがあるんで、そろそろまた眼科で検査してもらおうかな。



3、眼精疲労


【患者様からのお声】
■今回初めての来院で場所を見つけにくかったですが、入ってみると治療院の雰囲気がよく安心できました。
問診から身体がどうなっているかなど、先生が触られるだけですぐ分かりまたすぐ教えていただき私自身は鍼の治療が合っているよと優しく教えて貰いました。
鍼自体も何箇所か刺しますが痛みがなく終わった後もスッキリとし鍼も刺したまま時間が置かれるのでリラックス
できます!!

広島の鍼灸における眼精疲労の治療の口コミ感想ページ

■こんばんは。以前、目の治療でお世話になっておりました、0000です。
「年末年始のお知らせ」、ありがとうございました。
お陰様で目の調子も以前ほどはしんどくなく、
まだ若干見えにくかったり目や頭が痛くなったりはあり
ますが、良くなりつつあるのではないかと思えています。

鍼灸研修にお出かけとのこと。
お体には気をつけて、行ってこられて下さい。
ありがとうございました。

4、網膜色素変性症

【患者様からのお声】
■9年前に発症し、視野が狭くなっていくのがわかり治療もないまま病院へは検査に通う日々でした。ネットで松鶴堂の鍼を知り通い始めました。最初は2週間に1度のペースで通い始め院長先生の治療を受けました。病院は名古屋の大学病院まで行っていました。半年に1回のペースで病院へ行き、その時以前この病気の治療についてネットで調べている時に名古屋の千秋針灸院がこの病気も治療していると知り、大学病院に行く時にここにも通い始めました。千秋針灸院の院長先生と松鶴堂の院長先生と連携もあり、安心感もありました。2年くらい前から遠方を理由に病院を九州大学病院に変え、今は松鶴堂のみ通っています。松鶴堂に通い始め約7年がたちますが、現在は月1回のペースで通い病気も悪化することなく現状維持できています。いい治療、院長先生に出会え、感謝しています。

広島での鍼灸による網膜色素変性症の治療の口コミ感想ページ

■今日大学病院での視力検査で0.8と、少し視力が
上がっていました。多少上がっている気がしていました。
半年で0.1くらい上がるのかな、という感じです。
仕事が忙しく毎週は行けませんが、よろしくお願いします。



どうしても鍼治療が怖い方はどうするべきですか?

まずはしっかり問診を取るのですが、
「私は間違いなく鍼がダメ」、「前に余計に悪くなった」
とかのトラウマ「あのチク感がダメ」、「ツボにあたっ
たときの痺れる感じもいや」
という方は10人来ましたら1人はきます。
それでも当院の院長は長年の実績からその方に
あった刺激をみつけて完治まで持っていくことが
ほとんどです。院長曰く敏感な方ほど早く治るようです。

でもそういう問題ではなく、
「いくら注意をして治療をされたとしてもぜったいチク感
はいや」という強い不安感がいる方がいましたら
それはそれで鍼の不適応にあたる可能性が
高くなります。可能性で言えばうちに来る坐骨神経痛
患者さんの30人に1人くらいかな?と想像していますが
もう少し多いかもしれませんし少ないかもしれません。

さて本当にそういう状態であれば鍼をしない方がいいと
言えます。その場合は刺さない鍼と整体というコース
をご用意しております。皮膚が敏感なので刺さなくても
効いたりする方が多いのです。
整体も非常に効果的だったりもします。

鍼灸は絶対嫌だけど鍼を刺さないなら行ってみたいという
方は是非お知らせくださいね。



最後に・・・

当院では眼科鍼灸治療を開業当初から専門領域に決め
ましてすでに20年以上がすぎました。開業当初は結果を
求めすぎて強い刺激にての治療が多かったように思えます。

逆に若さゆえか即効的治癒率も高かったような気がして
おります。当時は太い中国鍼を多用していましてかなり
効果はありましたがその分効果がでなかったことも
多かったように思います。

現在は修正に修正を重ねて改良をかさねできるだけ痛く
なく弱い刺激で早く的確に治すように心がけるように
なりました。即効を求めすぎて1〜2度で治すことは
以前に比べて逆に減りましたが3回目以上の統計を
見ると以前よりは効果率は確実に毎年あがっています。
5回以上来院されました統計では
さらにはっきりとした効果がでています。
患者さんも黄班変性が治ったと報告もいただき、
驚くことが多いほどです。
医師もなんで?という顔になったりするそうです。

治療家としては即効で治そうとする姿勢が大事なのは
もちろんですがさらに大事なのは患者さんの状態を
よく把握しその方にあった治療法や治療期間を考える
ことも大事だと思うのです。治療家と患者さんがすこし
力を抜きどちらとも余裕をもって治療をおこなうことで
治療効果もあがるんだということが経験をつむことで
20年以上たってわかりました。

今回縁がありまして平成20年の正月にて北京・天津にて
眼科鍼灸の研修をうけにいったのですが眼科鍼灸に
関しては中国の有名な鍼灸病院でさえもすでに学ぶ所は
なくなっていました・・・自分の技術はすでに人から教え
てもらうというよりすでに伝えていく段階にはいったの
かもしれません。ただ自分にとって眼科治療は生涯
にわたる永遠のテーマであることに変わりはなく患者
さんに喜んでいただけますようさらに日々臨床を深め
ていきたいと思っています。



【鍼灸師であり、網膜色素変性症でもある
 鍼灸マッサージ師の先生からの推薦の声】



松鶴堂治療院 岩崎和彦先生

高知平和堂治療院の仲村といいます。
私は網膜色素変性症という目の難病を抱えています。
病院では改善の見込みが難しいと言われています。
鍼灸で何とか進行を食い止めることはできないのか
そんな思いで、ネットを探していたところ、
松鶴堂治療院を見つけて通院させていただきました。
おかげさまで良好な状態を維持できております。
岩崎先生は中国にも留学経験があり、大変治療に対して
勉強熱心な先生で、目の病気だけでなく、内科疾患、
婦人科疾患等にも精通しております。
また治療に関しましても患者様に合わせて臨機応変に
対応していただけます。
広島だけでなく中国地方で網膜色素変性症でお困りの方は、
中国地方で唯一の鍼灸治療院、松鶴堂にお越しください。
私も岩崎先生を推薦します

鍼灸指圧サロン りぐる  院長 仲村司


【患者様からいただきました声】
広島だけでなく県外からの患者様も多く来院されている治療院です。
詳しくは下をクリックしていただき口コミサイトのエキテンさんをごらんください〜。
喜びの声  

芸能人の写真
著名な芸能人の方やプロスポーツ選手やモデルさんや医師も来院

松鶴堂鍼灸治療院広島本院の口コミをもっと見る


患者さん画像患者さん画像





フォームからのご予約は前日までに、直前の場合はお電話か
携帯メール同士でsyoukakudou@ezweb.ne.jpまで
おねがいします。フォームから送信できない場合は
syoukakudou@y9.dion.ne.jpまでメールしてください。








俳優の窪塚洋介さん
多数の有名人来院

トップ
同業の鍼灸師がすすめる
鍼灸に通いたいですか?

医師・病院からの推薦も


トップ
日本人で初めて会員認定
中国上海から表彰鍼灸院
本場中国直伝の技術


トップ
広島の患者様喜びの声集





















3つの最新記事
トップ

トップ




広島県×鍼灸
広島県×整体
 広島県×マッサージ
2017年2月時点
全部門第1位獲得